2017 02 ≪  03月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 03
DTKのDNA・・ラーメンハウス中島@流山
2016/02/13(Sat)
2/13 16-011ラーメンハウス中島@流山
ワンタンメン850円(麺硬め)
三年前のこの時期に足繁く通ったお店がある。
閉店までの間に頂くだけ頂きたいと通い続けたお店。
そのお店が閉店してもう頂けない絶品の味、以前に何度か伺っているが、弟さんが営んでいるお店が千葉流山にあり機会があればまた伺いたいと思っていた。
味だけでは無く、想いも感じたくて。
風邪気味で体調は芳しく無いが朝早くからの私用を終えてお目当のお店に振られた後、松戸に向かい時間予約をして折り返して、再び松戸駅から電車を乗り継ぎ流山へ、地元の友人に連絡を入れると急だが快く受けてくれた、待ち合わせの平和台駅で下車して合流、お店に入る。

カウンター席の奥側に座り、再訪した時はと決めていたワンタンメンを麺硬めでお願いする。
 
こじんまりしていて新しくは無いが清潔感のある店内、厨房はご主人夫妻で切り盛り。
ご主人の調理姿など見ながら待つ。
暫くして注文品がトレイに乗せられて提供される。

丼趣からホッと落ち着く。
大きな有田焼の丼にたっぷりの麺とスープ。
乗せ物は三角海苔と飾り切りの半玉にメンマ。手前にはチャーシュー、ナルトにワンタンが泳いでいる、薬味はスープに散らされた薄切りネギと一片の柚子。
先ずはスープを一口。

ラードに蓋をされた熱々のスープ、優しい口当たりで柔らかさがある。
動物系の旨味と魚介の風味、出汁は薄めに感じるが、こう言うタイプは食べ進むうち味が味がくっきりしてくる、ラードが取れてくると徐々に顔を出す煮干しや魚介の風味がじんわりと感じられる。

麺はエッジのある中太の緩くウエーヴの掛かった麺。
硬めの茹で加減はちょっとした考えでの事であり、滑らかな麺肌でスープとの絡みも好い啜り心地。
啜り上げて頬張ると弾力があり歯切れも好い、勿論喉越しも申し分無い。

チャーシューは噛みしめると解れていくあっさり目。

歯応え良く薄味のメンマは好い箸休め。

たっぷり入るワンタンは皮大きく餡が少ないオールドタイプ、こう言うワンタンが食べたくていたので頬が緩む。
三角海苔も懐かしさがある、飾り切りの半玉は仕事の丁寧さが伝わってくる。
柔らかなスープから次第に顔を覗かせる魚介風味、時折香る柚子の香りも心地好い。
麺はたっぷりと入り食べ応えがある、飽きもせずに箸は止まらない。
麺や乗せ物を食べ終えて、残ったスープを少し置いてからゆっくりと味わいながら飲み干し美味しく完食、ご馳走様でした。
食べ終える途中からご主人さんと話をしながら頂いた。
三年程前に閉店した代田橋大勝軒@代田橋で修行された弟さんであり今年で65歳になるそう。
想い出話と共に懐かしさも十分に感じられる味を頂き、満足でお店を後に。
時間の無い中付き合ってくれた友人と駅前のベンチで一休みしながら四方山話。
また、時間を見つけて伺おう、心からそう思った一杯は身体にも心にも嬉しい一杯でもある。
スポンサーサイト
この記事のURL | らーめん千葉県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
日替わりスープと熟成麺・・必勝軒@津田沼
2011/10/21(Fri)
(11-269)
覚書きw

本来はOFFの金曜日だが今日はお仕事で船橋へ。終了後お昼ごはんを食べて帰ろうと超が付くほど久し振りにこちらへ。
20111021津田沼必勝軒・店
アイドルタイムに差し掛かる時間で以前の様な高圧的な並びも無く暫し待ち店内へ。
20111021津田沼必勝軒・ラーメン(魚介系強調スープ)750円皮ワンタン100円のメニュー
いつからは分からないが曜日ごとにスープが変わるようで今日は魚介系強調スープの日。
久し振りの味はラーメン(魚介系強調スープ)700円に皮ワンタン100円をお願いする。
相変わらず活気のある店内は明るくアットホームな雰囲気。
20111021津田沼必勝軒・ラーメン(魚介系強調スープ)750円皮ワンタン100円
運ばれてきたラーメン(魚介系強調スープ)は先ずはスープから。
20111021津田沼必勝軒・ラーメン(魚介系強調スープ)750円皮ワンタン100円の汁
超が付くほど久し振りの訪問ではあるが以前の記憶を辿れば味は鮮明に覚えている程訪問している。
限定スープの通りに香りからも魚介系が前面に押し出されているスープはややざらつく感じがあるが分厚い魚介系の味わいを動物系の旨味が確りと支えている感じがする。
適度な脂の層もありこってりはしているが必勝軒らしい和風の味わいをダイレクトに感じられグイグイいける。
20111021津田沼必勝軒・ラーメン(魚介系強調スープ)750円皮ワンタン100円の麺
麺は自家製の細めの熟成された麺。
以前のもちもちした麺が好きだったがこれは記憶をシャットアウトされた。
熟成された麺は硬めのパキパキした歯応えで以前頂いた麺とはかけ離れている。
啜り心地やスープとの絡みは好いが頬張って噛み締めると硬さだけが気に掛かる。
熟成された旨味は細麺にしては力強くあり主張してくるが好みの問題もあるが正直この味わいからは浮いていた気がする。
20111021津田沼必勝軒・ラーメン(魚介系強調スープ)750円皮ワンタン100円の肉竹
具のチャーシューは噛み心地が好く柔らかなメンマと共に好い箸休めになる。
20111021津田沼必勝軒・ラーメン(魚介系強調スープ)750円皮ワンタン100円のなると玉
なるともセミハードな味付け玉子も彩を添えて味を楽しませてくれる。
20111021津田沼必勝軒・ラーメン(魚介系強調スープ)750円皮ワンタン100円の皮ワンタン
自家製の皮ワンタンは具無しで小麦の旨さの塊。さながら麺の団子と言う感じでもっちりしていてこれは好みで旨い!。
熟成された麺は最後までそのパキパキ感をキープしていて後半はやや食べ飽きてしまった。
麺や具を食べ終え残ったスープをゆっくり味わう。
温度が下がるとさらに魚介の風味が強くなる実に力強いスープでもある。
スープを飲み干し美味しく完食です。
お冷を飲みながら少しばかり考えた、久々の必勝軒の味だがやはり気に掛かったのは食べ始めから終りまで熟成麺の事。
以前のもっちりした喉越しの好い麺が好きで不意打ちを食らった感じもするがやはりちーとばかり違和感がある。
ただこの麺が今の必勝軒の麺ならば小林店主も何か考えての事なのだろう。
もちろん日替わりのスープにも言える事だが一つの味をとことん追求しお客さんを楽しませてくれる小林店主の味なのだろう。
体調を悪くされたとも聞き少しお痩せになった感じの小林店主だったが明るくアットホームな接客のファンは多く元気そうで少しばかり安心した。
「ごちそうさまです」と言い丼を上げれば小林店主から「水曜日の濃厚鶏豚スープがめちゃ旨なのでまたどうぞ」とニッコリして言われ日替わりスープなら次は水曜日かなと思っていた腹の中を読まれて照れ笑いしてしまった。
味わい終わればやはり小林店主の味を堪能した事に変わりはなく、もちろん味だけではなく人柄も詰まった一杯を頂き心は温かい。
長い事小林店主の味を頂いてなかったのでまた機会を作り伺いお勧め頂いた味でもふらりと食べに伺おうと決めお店を後にしました。
この記事のURL | らーめん千葉県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
血統の美学・・とら食堂松戸分店@松飛台
2011/09/26(Mon)
(11-240)

定期巡礼を終えて松戸駅へ向かいながら気になっていたお店の事を考えていた。
名店である本店で修行されて独立されたお店は多々あるが暖簾分けは無かった。
そのお店から初めて暖簾分けされたお店が同じ地にあるのなら時間に余裕ある今日は訪問チャンス。
時間には余裕があるのだがお腹の余裕と相談して伺う事にした。
松戸駅からは二つのルートがあるが時間の早い方を選択し新京成線から北総線を乗り継ぎ松飛台を目指す。
スムーズにアクセスし松飛台駅を降りると駅近くのお店が目に飛び込む。
9月22日(木)にオープンしたお店だが予想していた通り店頭には待ちがある。お店に着きその待ちの列に並ぶ。風に靡く暖簾の松戸分店の文字が何だか誇らしい。
20110926とら食堂松戸分店・焼豚ワンタン麺1000円の暖簾
本店には昨年の10月24日に伺っていて久しぶりに頂き改めて旨さに酔いしれた。
本店と同じくお店前には長椅子があり座ってのんびりと待つ。
暫くして案内されてカウンター席に座りメニューを見る。
20110926とら食堂松戸分店・焼豚ワンタン麺1000円のメニュー
メニューを眺めるが気持ちは揺るがず決めていた焼豚ワンタン麺1000円をお願いした。
厨房は男性三名で女性が三名で切り盛り。男性二名の会話が耳に入ったが若い方が店主さんらしくもう一人の方はお手伝いに来られた先輩の様子。
店内はカウンター席の他にテーブル席と小上りの座敷席があるが本店同様に相席はさせておらず一人で来てもゆったりと出来そう。
また厨房は製麺室もあり広々として清潔感があり皆さん流れるように作業されている。
暫し待ち焼豚ワンタン麺1000円が運ばれて来ました。
20110926とら食堂松戸分店・焼豚ワンタン麺1000円
先ず丼を見て思わずニッコリ。本店と同じバラ肉とモモ肉と横長の焼豚が丼を覆いつくしメンマ・ほうれん草・なるとが盛り付けてあり海苔が添えられている。
ふわりと立ち上がる香りからもその美味しさが分かる感じで先ずはスープを丼の渕からずずーっと。
20110926とら食堂松戸分店・焼豚ワンタン麺1000円の汁
キラキラとした脂の層があり豚や鶏等の動物系ベースのスープの様で柔らかさの中にキリリと醤油ダレが主張する味。
本店同様に無化調なのだろう、身体にすーっと溶け込んで行く様な味わいはシンプルな味ながら実に奥深い。
麺は自家製の手打ち麺。
20110926とら食堂松戸分店・焼豚ワンタン麺1000円の麺
手打ち麺独特の滑らかさがありざらつく麺肌にスープが好く絡む。
本店よりやや硬めな印象は分店の味でもありこちらでの出店に合わせたものだろうか。個人的には手打ち麺の柔らか加減は堪らないがこの位の硬め加減が多くの方に受け入れられるものでもあると感じる。
小麦の香りや風味も豊で久しぶりに手打ち麺の旨さを再確認出来た。
具の三種の焼豚はそれぞれ違う表情を見せて楽しい。
20110926とら食堂松戸分店・焼豚ワンタン麺1000円のバラ肉
スープにも脂分を広げる役割もあるバラ肉の焼豚はジューシーで柔らかく全体的にスッキリした味わいの中でもキーポイント的な存在。
20110926とら食堂松戸分店・焼豚ワンタン麺1000円のロース肉
しっとりしていて噛み締めて旨さと食感を楽しむモモ肉の焼豚。
20110926とら食堂松戸分店・焼豚ワンタン麺1000円の長肉
横長の焼豚は柔らかさと噛み心地の双方を味わえ三種の中でも一番好みの味。
20110926とら食堂松戸分店・焼豚ワンタン麺1000円の竹
箸休めにピッタリな薄味のメンマとシャッキっと茹で上げてあるほうれん草、勿論大好きななるとも味に馴染んでいて好相性を魅せる。
20110926とら食堂松戸分店・焼豚ワンタン麺1000円もワンタン
大振りなワンタンは本店より確りとした皮とザックリした餡が印象的で手打ち麺のお店や老舗店にあるユルユルワンタンが大好きだがこの皮と餡の加減は麺同様に本店とは違う分店らしさを感じ頬が緩んだ。
具のボリュームもさることながらやはり主役は手打ち麺とスープ、啜っては飲み啜っては飲みしみじみとした旨さに酔いしれる。
20110926とら食堂松戸分店・焼豚ワンタン麺1000円の薬味
後半に卓上の刻み玉ねぎを入れて味わう、スープと好く合う香味が広がりまた楽しめた。
具や麺を食べ終えゆっくりとスープを味わう。とても美味しく満足で完食です。
丼を置き暫し余韻に浸る。分店の味を頂けた事も本店から暖簾分けされた意味も何となく理解した感じもした。
どうしても本店の味のイメージと比較してしまうがやや濃い目な味とやや硬めな手打ち麺とワンタンの食感はこちらで営む上での味なのだろう。
ただトータル的に考えれば極上の味なのは変わりなく自宅からの遠さもあるがリピートは確実なところ。
丁度手が空きお会計をしてくれた小林店主と少しばかりお話したがとても芯のある好青とも感じた。
名店の分店と重い部分も多々あるだろうがこの先沢山のファンを掴み魅了してくれるお店になるだろうとも感じた。
競馬はやらんが血統の美学も感じたお店からの帰り道はとても長いが味の回想を出来るので苦にはならないだろう。
またの訪問を楽しみにしたいお店でもあります。
20110926とら食堂松戸分店・焼豚ワンタン麺1000円の店
(11-240)
手打中華 とら食堂 松戸分店
千葉県松戸市紙敷1-8-6(北総鉄道線・京成成田空港線 松飛台駅 )
11:00~14:30 17:00~21:00(スープ切れ終了)
定休日 火曜日
焼豚ワンタン麺1000円
この記事のURL | らーめん千葉県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
師匠の味に通じる物・・市川ウズマサ@市川
2011/06/24(Fri)
(11-178)

覚書きw
20110624市川ウズマサ・中華そば680円
市川ウズマサ@市川で味玉そば780円を頂く。
職人の味を堪能して松戸駅からバスに揺られ市川駅へ。
昨年12月にオープンした時から気になっていたお店、市川駅からトコトコ歩いて訪問。
目に前に置かれた丼から立ち上る芳醇な煮干しの香り。
チャーシュー・メンマ・ほうれん草・海苔・長ネギ・海苔・味玉とシンプルなヴィジュアルも好み。
20110624市川ウズマサ・中華そば680円のスープ
スープは上に脂の層があるが豚骨由来の脂の様で煮干しの風味ともマッチしていてバランスが好い印象。
丸々とし滑らかさを持つ中太麺にも好く絡む。
具の味わいもスープと麺との相性を考えている味わいで隙が無い印象。
後半は連食だったのでお腹がきつくなってきたが重厚な青湯スープを堪能出来た。
満足で好みの味で次回はつけそばを頂に伺う決意。
師匠の味に続き弟子でもある海老原店主の味は味わいは違えど通じる物を感じ納得の一杯。
帰りの総武線の各駅停車で余韻に浸りながら自宅へ戻る、実に心地好い味でもあった。

この記事のURL | らーめん千葉県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
次はかけを・・富田食堂@松戸
2011/01/21(Fri)
(11-025)
短編
20110121富田食堂・中華そば(並)150g650円
富田食堂@松戸で中華そば(並)150g650円を頂く。
渾身の一杯を頂き昨年11月にオープンした系列店のこちらへ。
朝から営業しているお店で満席で暫し待ち入店。
柔らかだがくっきりとメリハリのある味は本店の味わいにも通じる。
食べやすさもあるが鶏油の利かせ方など芸もある。
この時間はかけは無いが次回はクリアーな味を楽しみたい。
この記事のURL | らーめん千葉県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
千葉ツアー三軒目・・BeeHive@長生村
2009/03/14(Sat)
(09-058)
仮UP
BeeHive・塩チャーシュー麺
BeeHive@長生村で塩チャーシュー麺950円とバンバンジー丼300円を食す。
師匠&サイドメニュー王との千葉ツアー三軒目、プールバーという異空間の中で味わう驚異の味に脱帽m(_ _)m
この記事のURL | らーめん千葉県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
千葉ツアー二軒目・・原田商店@勝浦
2009/03/14(Sat)
(09-057)
仮UP
原田商店・タンタンメン
原田商店@勝浦でタンタンメン650円を食す。
師匠&サイドメニュー王との千葉ツアー二軒目、前回訪問時に振られたが辛味の効いた独特な味に満足。
この記事のURL | らーめん千葉県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
千葉ツアー一軒目・・アリランラーメン 八平@長南町
2009/03/14(Sat)
(09-056)
仮UP
アリラン・アリランチャーシュウ
アリランラーメン 八平@長南町でアリランリャーシュウ(中)950円を食す。
師匠&サイドメニュー王との千葉ツアー一軒目、とてもらーめん屋さんなどあると思わない長閑な自然の中に驚きと感動の味、おばあちゃんが調理してくれたのもラッキー♪。
この記事のURL | らーめん千葉県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
素通りは出来ない・・いわせ@本八幡
2008/05/24(Sat)
午前中葛西で打ち合わせがあり午後は鎌ケ谷のお客さん宅に行くので車を走らせる。
交通情報で土曜日のこの日は船橋周辺は渋滞が多い、裏道で進もうと市川方面へ。
お昼少し前だが朝ご飯抜きでお腹も空いているので程近い僕の中では千葉の関所とも言えるお店に向かう。
お店向かいの専用駐車場に車を止めてお店に入る。
「イラッシャイマセ~~~ツ」の何時も通りの元気な声に迎えられ給水器のお冷やを入れてカウンター席に座る。
メニューは見る必要もなくネギチャーシュー(中)をお願いした。
いわせ・メニュー
久しぶりの訪問で近くを通れば素通りはほぼ不可能(笑)
厨房はおやっさんと若い女性スタッフ(娘さんかな?)のお二人で切り盛り。
おやっさんのなにかとリズミカルな調理姿等見ながら何時も通りぼんやりとしながら待ちました。
暫くしてネギチャーシュー(中)が提供されました。
いわせ・6ネギチャーシュー
何時ものヴィジュアルにホッと落ち着いてしまいます。
青磁色の平丼に盛られたネギチャーシュー(中)、上にはチャーシュー・海苔・わかめ・ゴマ油で和えられた白髪ネギが盛りつけてあります。
まずわかめを先に食べてお冷やをゴクリと飲みスープから頂きます。
いわせ・6スープ
上に背脂が覆う豚骨醤油スープは口当たり滑らかできちんと乳化した豚骨の旨味と粒々感を残す甘味のある背脂の風味を旨味強めな醤油味がしっかりと支えている。
麺は酒井製麺の中太麺。
いわせ・6麺
茹で上がり柔らかめなのでスープの絡みも良く優しい口当たりで啜って頬張ると程良いコシが食べ終わりまで続く。
個人的な好みはあるが酒井製麺の麺は柔らかめが風味、食感共に楽しめると思う。
具のチャーシューはしっとりした食感のモモ肉で食べ始めにスープに沈めて温めて頂くと噛み心地もUPしていい箸休めになる。
いわせ・6チャーシュー
海苔は麺に巻いて口に運べば食感にアクセントがつき礒の風味も楽しめる。
白髪ネギも麺と一緒に口に運べばほんのりゴマ油の風味としゃりしゃりした食感が口の中で相まって飽きもせずに食べ進める。
いわせ・6ネギ
残り1/3になった所で味のカスタマイズ。
ブラックペッパーのピリリとした風味が甘味のあるスープにアクセントをつけて食べ進める。麺や具を食べ終わりよっこいしょと平丼を両手で持ちスープを味わいながら飲み干し美味しく完食です。
食べ終えると満足感と共に満腹感の波がどしん!と来た。
若い時は軽くいけた中盛りも何かと衰えた現在のキャパではやはり苦しい(^-^;
多分僕のラーメンライフでは一番食べている味でブレを感じる時もあるが今日は当たりで嬉しい味と感じた。
味同様おやっさんにもブレはある(笑)
今日はおやっさんも元気で何となくホッとした。
近くを通れば素通り出来ない訳は味ばかりではないのだよ(^^)v
いわせ・6店

(08-132)
ニューラーメンショップ いわせ@市川市大和田
ネギチャーシュー(中)900円

この記事のURL | らーめん千葉県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ファンの多い飽きのない味・・長八@流山
2008/03/26(Wed)
春の日が眩しいです、自宅から出るとあちらこちらで桜が咲き菜の花の黄色も眩しいです、良い季節になりました。
午前中三郷で打ち合わせがあり午後は戸田で打ち合わせがあるので少し時間に余裕が出来た。
是非伺いたいお店がありお友達に連絡すると微妙な営業日もわざわざ見てきてくれて営業する事が分かり一路江戸川を渡り流山に向かう。
お店近くのお友達の家に行き一緒にお店に向かう。
お店に着くと丁度開店時間で店舗横の駐車場に車を止めてキリリとした暖簾を潜りお店に入る。
座敷席に上がりメニューを見てねぎチャーシューメンに煮玉子とめんまトッピングをお願いした。
長八・メニュー

お店は何年振りだろうか多分10年近く伺っていない。
古さを感じつつも整頓された店内は落ち着いた感じで居心地の良い空間。
少しづつお客さんも入り時には待ちも出るそうで中々の人気店。
厨房は見えませんが皆さんテキパキとお仕事されています。
暫くしてねぎチャーシューメン(煮玉子・めんま)が提供されました。
長八・ネギチャー玉竹

童の踊る丼に盛られたねぎチャーシューメン(煮玉子・めんま)、上にはチャーシュー・めんま・煮玉子・炒めネギ・輪切りネギが盛り付けてあります。
まずはスープから頂きます。
長八・スープ

細かな脂の浮くやや濁りのある醤油スープは豚や鶏等の動物系の旨みと野菜だろうか?甘味がふんわり柔らかいスープ。
軽くトロミもありあっさりしながら舌にはどっしりとした旨みを感じる。
麺は不揃いの手打ち麺。
長八・麺

滑らかな啜り心地で啜って頬張ると手打ち独特の柔らかい部分と硬い部分を感じられる食感で滑らかな麺肌にスープが絡まりやすく口に旨みを運んでくれる。
具のチャーシューはバラロールの厚みのある物がどんと気前良く3枚入り脂の部位のジューシーな感じと噛み心地の良い赤身の部位の味わいは食感にアクセントがつき噛む毎に旨さが広がります。
長八・肉

めんまはこりこりした歯応えで薄めの味が食感を引き立たせている。
長八・めんま

煮玉子はハードボイルドな確りした味。
キッチリ味の染み込んだ男性的な味わいはこのラーメンに良く合っています。
長八・玉

長ネギはシャリッとした食感と独特の風味が食べ進ませてくれる味のサポート役。
炒めネギはスープに香ばしさとこってりした風味と甘味を加え味の変化が楽しめました。
長八・炒めネギ

食べ進むうち以前の味とは違う印象が増してきた、以前は手打ち麺の旨さが印象的でスープの印象は薄かったが今回はスープの印象が強い。
豚と鶏の旨みのバランスも良い感じがする甘味のあるスープは食べ進むにつれその顔を確りと覗かせた。
麺や具を食べ終り丼に残ったスープを丼を両手で持ちスープを飲み干し美味しく完食です。
後味も良い、優しい旨さが長く残る余韻が良い。
派手さは無いが確りと作られた味には長年のファンが居る事が分かり飽きが無くたまには頂きたくなる味です。
この麺はやはり美味しい、次はつけめんでも味わってみたいと思った。
満足でお会計してをしてお店を後に。
ずーっと再訪したかったお店だったが中々機会が無く今回改めて伺え手打ち麺の美味しさと癖の無い独特の甘味のあるスープの印象は強く残りました。
忙しい中ご一緒して頂いたお友達にも感謝しつつとても良い気分で午後の打ち合わせに向かいました(^^)
長八・店

(08-104)
長八@流山市若葉台
ねぎチャーシューメン730円・煮玉子100円・めんま50円



この記事のURL | らーめん千葉県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ