2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
記憶に残す味と店・・めじろ@代々木
2013/04/20(Sat)
(13-097)
日々の麺食(食暦)

20130420めじろ・ら~めん750円
七重の味の店 めじろ@代々木でら~めん750円。
ゆっくりじっくり頂き記憶と身に味を染込ませる。

20130420めじろ・おやっさん
「今までお世話になったね」とおやっさんこと大西店主に言われたが色々お世話になったり楽しませて頂いたのは僕の方で色んな出会いや思い出があったお店。
きっとこれからも記憶に残る味と店であることは言うまでもない。
おやっさんありがとうございましたm(_ _)m

スポンサーサイト
この記事のURL | 七重の味の店 めじろ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
久し振りは基本の味を・・めじろ@代々木
2012/01/13(Fri)
(12-010)
短編w
20120113めじろ・醤油ら~めん750円
七重の味の店 めじろ@代々木で醤油ら~めん750円を頂く。
20120113めじろ・醤油ら~めん750円の前の逸品
間が空いたが久し振りに晩ごはんを金曜めじろで。
炙りチャーシューおろしポン酢と燻製味玉をアテに久し振りにのんびりと。
先輩達と呑む金曜めじろはやはり穏やかで落ち着くな~♪。
〆に基本の醤油ら~めんをオーダー。
じわじわ和風感に包まれていく奥深い味わいの七重の味は間が空いた事を悔やむほど完璧に近い味わいだった。
しなやかな細麺の歯切れの好さや喉越しの好さも相まってスルリスルリと胃袋に収まり気が和らぐ。
チャーシューやメンマも相変わらずの旨さでまた時間を作り一つづつメニューを順番に頂こうと心に決める。
この記事のURL | 七重の味の店 めじろ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
久しぶりに基本を・・めじろ@代々木
2011/09/14(Wed)
(11-236)
覚書きw

20110914めじろ・塩ら~めん750円
七重の味の店 めじろ@代々木で塩ら~めん750円を頂く。
新宿で打ち合わせがありその後ベジ妻に申し付け頂いたお使いのため南口の高島屋へ。
お使いを済ませてサザンテラスを抜けて代々木でランチタイム。
久しぶりなので一番好きな塩ら~めん750円をポチッとな。
厨房はR君でユウキさんは奥で作業中、喉が渇いていたので大人のジャワティーをお願いしスローダウンw。
アイドルタイムの店内は近隣の学生さん達がわいわいガヤガヤ。
暫しスローダウンして麺をお願いする。
提供された塩ら~めんはやはり綺麗で立ち上る香りがまた溜まらん。ご無沙汰していたのにだし玉ありがとうですm(_ _)m。
20110914めじろ・塩ら~めん750円の汁
スープは青湯スープで鶏の旨味と魚介の風味がバランス良くネギ油の香ばしさもあり奥深く切れ味鋭い和風感が何処までも続く。
一口に青湯スープを端麗系と言われる方も居るがそれはとても違和感がある。
七重の味のスープは青湯だが重なり合いどっしりと重厚な旨さがある。そこにネギ使いの魔術師のDNAが加わり一杯の味が完成する。
今日のスープも徐々に表情を変え七重の味に変化しているやはりこの味わいは独特だ。
20110914めじろ・塩ら~めん750円の麺
麺は細麺のストレート麺。
しなやかでプッツリ切れる歯切れの好さがあり細麺ながら実に力強い風味がある。
麺の風味もそうだがスープとの絡みも好くするりと胃袋に収まる。
具のチャーシューが今日は一段と美味しく感じた、ジューシーで香ばしく炙られてあり素晴らしい出来栄えでもあった。
甘口のメンマも柔らかで好い箸休めになるだし玉の柔らかな味わいは頬が緩む。
めじろでの食べ方と言えば左手に丼を持ちスープを飲み麺を啜るの繰り返し、一口一口で味わいの広がりがあるのも七重の味だろう。
麺や具を食べ終え残ったスープをゆっくりと飲み干し美味しく完食です。
いはやは旨かった!久しぶりに僕の中での七重の味の基本を頂き大満足のランチタイムとなった。
食べ終えユウキさんとあれこれ話し、あれどうなったの?あっそうなの?ふ~ん、へ~。と色んな話をした。
暫く話していると学生の団体さんが来店され丁度頃合も良かったので席を立った。
久しぶりに味わったがやはり七重の味は独創的な旨さがある。
何時何を頂いても満足するお店はない、味に作り手のソースも入っての事だがやはり好きなお店のランチタイムは満足で価値あるものでもある。
この記事のURL | 七重の味の店 めじろ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
夏の風物詩・・めじろ@代々木
2011/07/25(Mon)
(11-208)
覚書きw

20110725めじろ・冷しサワーら~めん(塩)850円のシュワ2
七重の味の店 めじろ@代々木で冷しサワーら~めん(塩)850円を頂く。
松戸のからの帰り道に新宿で所用を済ませて暑さに負けひんやりと涼を摂るw。
毎年夏の風物詩とは数々あれこの唯一無二のシュワシュワはめじろならでわ。

20110725めじろ・冷しサワーら~めん(塩)850円のシュワ1
ユウキさんお勧めの塩味でお願いしシュワシュワを注入。

20110725めじろ・冷しサワーら~めん(塩)850円のシュワ3
確りと〆られシコシコした細麺を啜り上げれば魚介の風味と共に炭酸のシュワシュワが心地好く入ってくる。
食べ始めのシュワシュワ感は長くは続かないが食べ終わるまで飽きさせないのが幾重にも折り重なる七重の味。
頂き終り器を置けば満足感と共にスッキリした心地好さがある。
冷しメニューは色んなお店で提供されているが際物に見えてしまうが実は完成された個性的な味なのでもある。
女将にも会えて良かったよ~(笑)。
この記事のURL | 七重の味の店 めじろ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Only to oneself・・めじろ@代々木
2011/06/20(Mon)
(11-174)
覚書きw
先週の18日(土)に伺った時に限定の「天草大王醤油ら~めん」が売り切れ・・・・・。
20110620めじろ・天草大王醤油ら~めん
しかも僕の横で食べている方の一杯が最後・・・・・。
涙目になりながら居ると横の方が「味見します?」と言ってくれたがお断りした。
本当は食べたいけど一口食べたら悔しさが今の100倍いや1000倍になり頬には一筋の熱いものが流れ落ちるはず。
そんながっくししてジャワティー割りなど煽っている僕にユウキ店主から神の声が・・・。
「今日はタレが無くなったので出来ないけど天草大王の鶏油が少しありますから油そば作りますよ」

その言葉に感激しまた感動し零れ落ちそうだった熱いものが嬉しさのあまり頬を伝う、悔し涙が嬉し涙になった瞬間でもあった、ジャワティー割りをガブガブ呑んでその晩はスキップしながら帰った。

そして指定された月曜日、ちょっとした贈り物を片手に代々木へ向かう。
今日はユウキ店主のお誕生日、贈り物を渡し暫し待つ。
ワクワクする抑えようの無い気持ち、もう天草大王醤油ら~めんを食べ逃した悔しさは何処にも無い。
目の前に運ばれ来た丼、限定一食の一杯。
20110620めじろ・天草大王油そば500円
あえて具はお願いせずにシンプルな味わいが食べたかった。
底にタレと鶏油が仕込まれつけ麺用の中太平打ち麺の上に薬味の二種類のネギ。
それでは心して頂きます。
20110620めじろ・天草大王油そば500円の麺上げ
先ずは全体を混ぜずに一口。
旨い!!、何と言えば好いのか判らないがとにかく旨い!!
20110620めじろ・天草大王油そば500円のタレ
底に仕込んである特製醤油ダレと天草大王の鶏油の風味がまた旨い!!
鶏油は癖があり敬遠する方も居るがこの天草大王の鶏油の旨味は驚きが先に来る。
バターの様な滑らかで艶やかな甘味と繊細な風味、麺に絡まるその美しさと言ったら今まで口にした鶏油の中でも類を見ないほどの味わいが口に広がる。
ユウキ店主特製の醤油ダレとの旨さが相まって感動する程旨い!!!。
20110620めじろ・天草大王油そば500円の玉絡め
「どうぞ」と提供されたたまごの黄身を絡めればもはや言葉など無い旨さ。
夢中で食べ進み丼には残ったタレが。
20110620めじろ・天草大王油そば500円の飯割り
当然半らいすを発注し飯割りを楽しむ。
ある師匠が「箸が振るえた」事がある味があったと言っていたが今の僕は蓮華が若干揺れている。
味わうと言うより感動を口に運んでいる。
飯割りを食べ終え合掌、ご馳走様でした。

しかしながらこれ程までにシンプルながら奥深い味わいを堪能したのは何時以来だろう。
作り手の熱意が伝わる味があるが素材の旨さをだけを堪能出来たある意味贅沢な味わいでもあった。
食べ終えると自分だけに創ってくれたユウキさんに感謝。
ユウキさん有難う、そしてHappy Birthday ♪。
この記事のURL | 七重の味の店 めじろ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
新サイドメニュー・・めじろ@代々木
2011/02/04(Fri)
(11-044)
覚書きw
20110204めじろ・鯵塩ら~めん850円
七重の味の店 めじろ@代々木で鯵塩ら~めん850円を頂きました。
元祖鮮魚系の味は頑なだ!

20110204めじろ・ふりかけご飯(サービス)
来週からランチタイムに提供される豚フレークご飯を試食。
ラー好きには堪らないふりかけご飯。
この記事のURL | 七重の味の店 めじろ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
三つの味の油そば(塩)・・めじろ@代々木
2011/01/21(Fri)
(11-026)
短編
20110121めじろ・油そば(塩)750円
七重の味の店 めじろ@代々木で油そば塩750円を頂く。
塩味はら~めんでもお気に入りだが油そばの塩味もなかなか旨い。
柔らかさの中にシャープな切れ味を持つ味わいはめじろ独特のもの。
がっつり混ぜて頂く味わいはスープが無くとも物足りなさなど皆無。
葱が効果的に主張するのもめじろ独特の味わい。
この記事のURL | 七重の味の店 めじろ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
三つの味の油そば・・めじろ@代々木
2011/01/14(Fri)
(11-015)
短編
20110114めじろ・油そば醤油750円(焦がし葱100円)
七重の味の店 めじろ@代々木で油そば醤油750円に焦がし葱100円をトッピングして頂く。
醤油・塩・味噌と三つの味が揃う油そばは油そば専門店でもそうは無い。
少しづつ配合を変えたりしている麺もタレも具も奥底にあるめじろテイストを守り楽しませてくれる。
混ぜて食べる油そばだが少しづつ麺とタレを絡めながら頂くのも味わいの一つで多目のタレが嬉しい。
半分程頂き玉子の黄身を混ぜ込めばニッコリするカスタマイズが楽しめる。
大好きな焦がし葱の風味も味わいにマッチした。
20110114めじろ・油そば醤油750円(焦がし葱100円)のおやっさん
今年初めて逢ったおやっさんこと会長。
何だか券売機を見て企んでいた(笑)。

この記事のURL | 七重の味の店 めじろ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
焦がし葱の魔力・・めじろ@代々木
2011/01/07(Fri)
(11-006)
短編
20110107めじろ・かけ塩600円(焦がし葱100円)
七重の味の店 めじろ@代々木でかけ塩600円に焦がし葱100円をトッピングして頂く。
初めじろはチョイ呑みして〆にかけ塩をお願いして大好きな焦がし葱でカスタマイズ。
柔らかくも力強いスープに香ばしい焦がし葱の風味が好く似合う。
かけと言うシンプルなスタイルだからこそ焦がし葱の利き具合や相性の好さが堪能出来る。
葱使いの魔術師のDNAは確りと受け継がれている。
この記事のURL | 七重の味の店 めじろ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
上品&ワイルド・・めじろ@代々木
2010/06/18(Fri)
(10-158)
「仮UP」改め「手短に」w。
20100618めじろ・牛南蛮ら~めん850円の麺上げ
七重の味の店 めじろ@代々木で牛南蛮ら~めん850円を頂く。
上品な旨味とワイルドな旨味が融合した限定麺。
この記事のURL | 七重の味の店 めじろ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ