2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
刺激感注入・・平太周味庵@大崎広小路
2017/04/28(Fri)
4/28 17-035

平太周味庵@大崎広小路
爆盛油脂麺(平日15:00~限定) 880円

ライス 150円
〆はアブライスで。
スポンサーサイト
この記事のURL | らーめん品川区 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
イメージは変わらず・・のりや食堂@大井町
2011/08/29(Mon)
(11-227)
覚書きw

20110829のりや食堂・中華そば650円
のりや食堂@大井町で中華そば650円を頂く。
品川で打ち合わせを済ませて気になっていた限定品を頂に行くも終了(-_-;
朝ごはん抜きでお腹がとても空いていたので鈍い頭を回転させて久しぶりのこちらへ。いつの間にか店名に食堂って付いていたのねw。
券売機で中華そばを購入し空いていたカウンター席に腰掛ける。
アイドルタイムの時間で店内も緩めの雰囲気。って言うか以前の活気も無いような気がする。
八重洲地下街に出店した時は?マークが頭に浮かびまくったが好きなお店だったので何度か訪問した。
色んな事をぼんやり考えていたら運ばれてきた中華そば。
スープから味わえばまろやかな豚骨スープに醤油ダレのマッチした和歌山中華そばが以前と変わらず味わえる。
20110829のりや食堂・中華そば650円の汁麺
麺を啜れば以前より灌水の風味は弱めで食べやすくなった印象、気のせいか以前より柔らかめな気がする。
具のチャーシューやメンマも味に馴染み好い箸休めになる。
青葱は以前同様に味に馴染んで多目なのも嬉しいところ。
ただ以前乗せてあった梅形のかまぼこが無いので見た目もそうだが地味で印象が弱い。
量は以前同様に然程多くなくごはん物のサイドメニューを頼めば好かったかなとちーと後悔した。
麺や具を食べ終えスープを飲み干し完食、ご馳走様でした。
このお店をラーメン本で知り伺って味わった時に軽く衝撃を受けた。
その時味わった時は僕の中では未知の味で閉店したまっち棒@池尻と共に僕を和歌山ラーメンというジャンルに引き入れてくれたお店でもあったその後出来た戎@西台も通ったな~。
ただ当時から比べれば味わいに変わりはなく十分美味しい中華そばだと思う。
色んなラーメン店が開店し味のトレンドも変わってきているのも事実。良く言えば只管拘りの味を追い続けている、言葉を変えれば置いて行かれた感はある。
ただこの味はのりやの味としてずーっと変わってきてはいないのだろう。
あの梅形のかまぼこはやはり復活して欲しいものとも考える。
思い出に浸りながら味わっていただけにそこが少し引っかかったところ。変わらず頑張って欲しいお店でもあります。
この記事のURL | らーめん品川区 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
裏路地の名物メニュー・・天華@品川
2008/09/19(Fri)
風邪でやや熱があるが少しづつ回復の兆しはある、ただ咳が止まずに鼻もグズグズでまったく困ったものだ。
午前中新宿で打ち合わせがあり終了後免許の更新が本日までなので前回の更新同様府中より空いていてスムーズにいく鮫洲に向かう。
その前にお友達とお昼ごはんを食べるので品川駅で待ち合わせ、山手線に揺られ向かう。
品川駅に到着し改札を抜けてお友達と合流、元気そうで何よりだった。
お店のチョイスはお友達に任せてある、何だか面白いメニューのお店があるそう。
港南口を出ると以前とは見間違う程の景観で近代的な高層ビルが立ち並びネクタイ族がゾロゾロいて街の様子も様変わりしたよう。
駅前には昭和を感じさせる路地がある、お友達の後を歩き都会の喧騒とは掛け離れたそんな裏路地を進む。
お店に着くと待ちがある、暫く待ってお店に入る。
入口横の給水機でお冷を汲み席に座りメニューを眺め名物らしいコショーそばをお願いした。
天華・メニュー
忙しくお客さんの出入りも激しいお昼時の店内だがそんな事は無縁の様な穏やかで緩い空気が流れている。
L字のカウンター席に対面する厨房にはご主人さんご夫婦がテキパキとお仕事。
奥さんの大きく明るい声が店内に響きご主人さんの無駄の無い動きは長年培ってきたものだろう。
枯れた感じの店内だが居心地は良くやけに落ち着く。
お話したりご主人さんの調理姿など見ながら待ちました。
暫くしてコショーそばが提供されました。
天華・コショーそば2
これは凄い!名の通りだ!白い丼に一面に振り掛けられたコショーの鮮烈なフォルム、モウモウと湯気が立ち上ります。
天華・コショー
箸を何処から入れようか迷うも思いを決めてコショーを除けるようにして麺を引っ張り出汁食べ始める。
天華・麺
熱々の餡を纏った中細で緩くウエーヴの掛かった中華麺。
柔らかな茹で加減で優しい食感、昔ながらの懐かしい中華麺の味。
絡みつく餡は塩味で湯麺の様な優しい味付けで薄味が懐かしい感じもする。
コショーはその凶暴な見た目とは裏腹に辛味はきつくなく風味が良い。
卓上にはギャバンブランドのブラックペッパーもあるが食べた事無いコショーなので後で調べたらボルネオ産のコショーとの事でこだわりがあるのでしょう。
麺や餡と混ぜながら頂くと甘味すら感じる独特の風味が全体を纏め上げ引き立たせている感じがする。
餡の中には白菜・もやし・長ネギ・の野菜と竹の子・豚肉が入り歯応えと風味をプラス。
麺に絡みつく野菜や豚肉は食感にもアクセントを付け食べ進ませてくれる。
天華・具 天華・具麺
食べ進むにつれ餡が緩みスープ状になると食べやすさは増してきてズルズル食べ進める。
天華・スープ
大量のコショーもスープに溶け込んでいき味を引き立たせてながら主張してくる。
口で感じる辛さは強くないが額には汗が滲みどんどん引き込まれていく味です。
量は然程多くなく熱々なので何時も以上にゆっくり頂く。
麺や具を食べ終え残ったスープを丼を両手で持ち味わいながら飲み干し美味しく完食です。
汗を掻き食べ終わりは爽快感すらあった。
お会計をしてお店を出たが余韻は暫く続いた、凶暴な見た目とは違う品格を感じる味はファンも多いことでしょう。
こだわりのコショーを使った名物は始めて頂いた味でとても面白く満足出来た味でした。
裏路地にある居心地の良いお店は他にも気になるメニューもあるのでまた時間を作り訪れたい、心地良い余韻は長く続きました。
独特なスパイスを使ったこだわりの味だったが、ある意味一番のスパイスはあのご主人さんと奥さんなのかも知れない。
天華・店
(08-195)
天華@品川区港南
コショーそば750円





この記事のURL | らーめん品川区 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
〆は茶碗蒸しで・・EX@大井町
2008/05/18(Sun)
午後品川のお客さん宅に久しぶりに伺い終わると不思議にお腹が空いた。
まあ遅い朝ご飯を食べたがお昼ご飯はまだだったのでお店を決めて車を走らせた。
お店近くにコインPを見つけ運良く1つ空いていたスペースに車を止めてお店に向かう。
お店に着くと3人待ちでその後ろに並び暫し待つ。
10分ほどして「どうぞ~」と声が掛かりお店に入る。
聞いてはいたが本当に狭いお店で一番奥の空いた席まで「すみませんすみません」と言いながら通り席に着く。
メニューを見て01(つけ麺)をお願いした。
EX・メニュー
最寄り駅から程近い飲食店が連なる細い路地にお店があり前のお店を居抜きで手を加えた感じがして本当に狭いが独特な空間。
もちろん厨房も狭く個性的なご主人がテキパキと調理しています。
色々拘りもあるようで調理姿など見ながら待ちました。
暫くして01(つけ麺)が提供されました。
EX・01
黒い丼に入ったつけ汁と白く四角い深皿に盛られた麺と具。
麺の上にはチャーシュー・上に細かい大葉の乗った千切り大根が盛り付けてあります。
まずはつけ汁を良くかき混ぜて一口。
EX・つけ汁
見た目濃厚そうなつけ汁はさらりとした口当たりの塩味でやや強く感じる塩っけも食べ進ませてくれる味。
自分の目で見て仕入れると言う海産物の風味が確りとした出汁で青海苔の風味や香ばしい揚げネギの風味が良いアクセントです。
麺は角ばった太麺。
EX・麺
艶やかな麺肌で滑らかな口当たり、啜って頬張ると硬めの確りとした噛み心地で力強い麺。
具のチャーシューはつけ汁に入れて温めて頂いたが適度な噛み心地で柔らさも感じ好みの食感。
EX・肉
大葉や大根は麺と一緒につけ汁に絡めて頂くとシャリシャリの大根と大庭の香りが和風感を漂わせ面白い食感です。
EX・汁麺
麺や具を食べ終える頃「つけ汁に入れてスープ割り代わりにして下さい」と茶碗蒸しが提供されました。
EX・茶碗蒸し
つけ汁に入れて解して頂くすと中には貝柱が入っていてさらに和風の優しい味が広がりました。
EX・茶碗蒸しくずし EX・ほたて
普通にスープ割りをするより面白く初めての味ですが出来れば麺を絡めて食べてみたかったです。
ふんわり優しい茶碗蒸し割りを頂き美味しく完食です。
千切りの大根や茶碗蒸しなど和を感じさせる味はご主人が和食出身ではないかと?と思わせてくれる味で興味本位で伺いましたが一見邪道にも感じられる味も上手く纏まっていて美味しく頂けました。
街角系(某所でそう呼ばれています・笑・)の僕としては面白い空間で面白い味を頂け満足です。
何やら新しいメニューも考え中との事でまたどんな仕掛けをしてくるかの興味もあります。
EX・店
(08-128)
EX@品川区東大井
01(つけ麺)800円

この記事のURL | らーめん品川区 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
気持ちのこもった味・・ボニートボニート@武蔵小山
2007/11/14(Wed)
(今年442杯目)

午前中日比谷で打ち合わせがあり午後は目黒で打ち合わせがあるのでお昼ごはんを食べてから伺う事にした。
今日は電車移動でしかも珍しくスーツ姿何かビジネスマンみたい(^^;
打ち合わせは武蔵小山から直ぐ近いのでこの辺りのお店は宿題店も多く以前からの行きたかったお店に行くことにした。
武蔵小山駅で降りお店の場所は分るので一直線に進んだ。
お店に入り券売機から正油らーめんと半煮豚丼を購入し案内されたカウンター席に座り、「麺の茹で加減は?」と聞かれたので初めてなので「普通で」とお願いした。
IMG_0291_20071115180134.jpg

お店は小ぢんまりした感じで明るく居心地も良い感じ。
厨房はご主人さんと奥さんのお二人で切盛りされておりテキパキと仕事をこなしています。
お客さんにはご主人さん自ら注文品を運ばれていて見ていて気分も良いです。
店内には魚介の良い香が漂い期待して待ちました。
暫くしてやはりご主人さん自ら運んでこられ正油らーめんが提供されました。
IMG_0294_20071115180545.jpg

青縁の丼に盛られた正油らーめん、上には大きな煮豚・たけのこ・わかめ・かいわれ大根が盛付けてあります。
まずはかいわれ大根を先に食べてお冷を飲みスープから頂きます。
IMG_0296_20071115180907.jpg

ふんわりと魚介の香るスープは店名の由来でもある鰹や煮干の旨味がどん!と来て豚骨等の動物系は陰ながら確りと支えている感じ。
油の層もあるがスッキリした口当たりで甘めな醤油味は好みの味です。
麺は中位のストレート麺。
IMG_0299.jpg

シャッキリした茹で加減でするするっとした啜り心地で噛むと程好いコシがあります。
具の煮豚は大きく厚みがあり食べ応えがあり味加減柔かさ共に好みで美味しい。
たけのこは歯応えが良く良い塩梅の味付けで良い箸休めです。
わかめは他のお店なら真っ先に食べていますがかいわれ大根を先に食べた時に少し食べたら何時も感じる磯臭さが無くこれならと後で食べる事にしました、このらーめんと相性が良い感じです。
IMG_0297_20071115182224.jpg IMG_0298_20071115182244.jpg

どんどん食べ進み麺や具を食べ終え残ったスープを頂きながら半煮豚丼を頂きます。
IMG_0300.jpg

半とは付いているが結構なボリュームで丼と煮豚が盛付けてあり大好きなガリが添えてあります。
確りタレが染み込んだ煮豚はご飯と抜群の相性でとてもお得な感じがします。
途中でスープを啜りながら頂き食べ終え最後は丼のスープを飲み干し美味しく完食です。
食べている途中にお客さんが丁度引けてご主人の城下さんから話しかけて頂き色んなお話をしながら頂け美味しく楽しく頂けました。
素材を厳選しお客さんの身体の事まで考え作られている品はとても美味しく後味も抜群でした。
中々伺えない場所なのですがまた一つ好きなお店が増えました。
お腹も気分も満足満腹でお店を後にし午後の打ち合わせに向いました(^^)V
IMG_0290_20071115183157.jpg

ボニートボニート@品川区小山
正油らーめん680円・半煮豚丼300円


この記事のURL | らーめん品川区 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン |