2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
試食会・・下北沢一幸@下北沢
2016/04/24(Sun)
4/24 16-034下北沢 一幸@下北沢
煮干し豚つけめん980円(試食レセプションで無料)

フードジャーナリストのはんつ遠藤氏に試食会のお誘い頂き、東京で一番始めに住んだ街 下北沢へ。
参加された皆様からも色々な意見や感想があった。
味の作りや盛り付け、価格などはお店が色々と考えればいい。
食べ手の僕は個性が感じられればそれでいい。
✳︎詳細はまた。
スポンサーサイト
この記事のURL | らーめん世田谷区 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
限定の合間に基本の味を・・一風堂明大前店@明大前
2013/05/30(Thu)
(13-127)
日々の麺食(食暦)

20130530一風堂明大前店・白丸元味750円
一風堂明大前店@明大前で白丸元味750円。
移動の合間に遅めのランチ。
限定ばかり頂いているが限定の無い谷間なので基本の白丸元味を。
癖も無く食べやすい豚骨スープにノーマルでも硬めに茹で上げられた細麺が好く合う。
この味が一風堂の基礎になっている事は紛れも無く限定の柱にもなっている味でもある、たまには頂きたい味でもある。
この記事のURL | らーめん世田谷区 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
自慢の看板メニュー・・木八@下高井戸
2013/05/02(Thu)
(13-107)
日々の麺食(食暦)

20130502木八・チャーシュールーメン1400円玉子50円
木八@下高井戸でチャーシュールーメン1400円にゆでタマゴ50円をトッピング。

20130502木八・チャーシュールーメン1400円の肉
ルーメンとはチャーシューが10枚入る看板メニューのチャーシューメンの事、ちなみに5枚入るのがチャーシューメン。
この記事のURL | らーめん世田谷区 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
旨楽しい変化球・・共楽@下北沢
2013/04/24(Wed)
(13-100)
日々の麺食(食暦)

20130424共楽下北沢・豚かつラーメン680円
共楽@下北沢で豚かつらーめん680円。
シンプルな醤油ラーメンの上にラーメンスープで煮込まれたかつ煮が乗る変化球メニュー。

20130424共楽下北沢・豚かつラーメン680円を半ライス100円でセルフカツ丼
勿論半ライス100円をお願いしてセルフカツ丼も堪能。
この記事のURL | らーめん世田谷区 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
豪快にワシワシと・・中田兄弟@明大前
2013/04/11(Thu)
(13-086)
日々の麺食(食暦)

20130411中田兄弟・つけ麺特盛(ランチサービス600g)880円
中田兄弟@明大前でつけ麺特盛(ランチサービス600g)880円。
この記事のURL | らーめん世田谷区 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
期間限定メニュー・・一風堂明大前店@明大前
2013/04/10(Wed)
(13-085)
日々の麺食(食暦)

20130410一風堂明大前店・鶏豚ソバ(温玉ごはんセット)790円の鶏豚ソバ
一風堂明大前店@明大前で鶏豚ソバ(温玉ごはんセット)790円。
期間限定の鶏豚ソバ。

20130410一風堂明大前店・鶏豚ソバ(温玉ごはんセット)790円の温玉ごはんセット
セットの温玉ごはんセット。
この記事のURL | らーめん世田谷区 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
味噌味の限定・・一風堂明大前店@明大前
2013/02/06(Wed)
(13-025)
日々の麺食(食暦)

20130206一風堂明大前店・味噌赤丸バターセット(ご飯)850円
一風堂明大前店@明大前で味噌赤丸バターセット850円(限定)をバターご飯セット。
この記事のURL | らーめん世田谷区 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
赤旨の限定・・一風堂明大前店@明大前
2012/11/20(Tue)
(12-347)

日々の麺食。
20121120一風堂明大前・赤旨ベジ彩麺850円(期間限定)のメニュー
一風堂の先日から始まった限定を頂に明大前店へ。
弟子でもある麺の坊砦@渋谷とソラノイロ@麹町とのコラボメニューで今年の東京ラーメンショー2012でも提供された一杯。
東京ラーメンショー2012で知人の一杯を味見させてもらっていたがやはり店舗での限定とならば気になる一杯でもある。
注文は赤旨ベジ彩麺850円と温玉のせごはん230円。
ここ暫くは限定を頂く時には明大前店を利用しているが何処の店舗でも伺った時から食べ終わるまで気持ち好く頂けるのもこのグループの姿で河原イズムが確りと浸透しているよう。
アイドルタイムの穏やかな店内、暫し待ち注文品が運ばれて来ました。
20121120一風堂明大前・赤旨ベジ彩麺850円(期間限定)
白い丼とのコントラストが鮮やかな感じもする期間限定の赤旨ベジ彩麺850円。
上にはチャーシュー・鶏ミンチ・ラタトィユ・トマトピクルス・万能葱・辛みそ(トマトペースト)が盛り付けてあります。
先ずはスープから。
20121120一風堂明大前・赤旨ベジ彩麺850円(期間限定)の汁
ベースは白丸のスープだと思いますがそこにトマトスープを合わせた感じ。
程好い酸味とフルーティーな味わいが豚骨スープにマッチしてさらりとした口当たりで飲みやすくやんわりと旨さを広げる。
20121120一風堂明大前・赤旨ベジ彩麺850円(期間限定)の麺
麺は細麺の通常麺でしこしこした歯応えとストレスの無い啜り心地が一風堂らしく、スープの絡みも好い感じでスルスルいけます。
20121120一風堂明大前・赤旨ベジ彩麺850円(期間限定)の具
スープが多めでPOPの写真通りとはいかない盛り付けでありますがトマトピクルスの爽やかな味わいやラタトィユの柔らかな味わい、また鶏ミンチのふわりとした食感も味に馴染んでいます。
トマトオイルが全体に広がると麺を啜り上げ入ってくる香りが一段と立ちまた辛みその味わいが広がれば程好い辛味が味を引き締め色んな表情を見せてくれます。
麺や具を堪能し残ったスープと一緒に温玉のせごはんを頂きます。
20121120一風堂明大前・温玉のせごはん230円
温玉を崩し混ぜ込みながら頬張り時折スープを口に運びます。
ただ惜しいのは注文終わり一番先に温玉のせごはんが提供されたので冷めてご飯が乾いたこと。
スタッフさんにも伝えましたがご飯物は先に食べたい人も居るかと思いますが僕のように後で食べたい人も居るはずで真っ先に提供され麺が提供されたのがその5分後だったのでオペレーションに疑問も感じました。
ただ一風堂ならばその点は解消されるはずでせめて麺と同時か注文時にいつ提供して良いか?聞いて頂けると有り難いとも感じました。
ともあれ温玉のせごはんを食べ終わり残ったスープを飲み干し完食。ご馳走様でした。
11・6(金)~12・31(月)までの限定提供で噂ではカップ麺でも発売されるよう。
一風堂の限定はなるべく頂きたいと思っているし頂くと満足出来る味が多い。
巨大なグループでありながら確りとした芯を持ち進んでいるのも脚を運ばせている一つの要因であり次の限定は何か?と待ち遠しい気もある。
今年最後の限定を頂きまた年明けの限定を楽しみに待ちたいと思います。
この記事のURL | らーめん世田谷区 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
街のエース的存在・・中田兄弟@明大前
2012/11/08(Thu)
(12-339)

日々の麺食。
20121108中田兄弟・塩らーめん690円とチャーシュー丼300円
中田兄弟@明大前で塩らーめん690円とチャーシュー丼300円を頂く。

一仕事終えて移動中に途中下車し毎度の遅いお昼ご飯を。
20121108中田兄弟・塩らーめん690円のメニュー
何年ぶりに伺うのか把握していないが前回は醤油味を頂いたので今回は塩味を。
アイドルタイムで穏やかな店内、今は通し営業になったようで伺いやすくなった。
ぼんやり調理作業など見ていると暫くして注文品が提供されました。
20121108中田兄弟・塩らーめん690円
ヴィジュアルも立ち上がる香りからも美味しさが伝わってくる感じがします。
スープから口に運ぶと柔らかさの中にどっしりとした旨さを感じるキレの好いシャープな味わい。
動物系の旨さと魚介の風味がマッチしていて揚げネギの香ばしさが好いアクセントです。
中細のストレート麺も滑らかな麺肌でスープと好く絡みさっくり切れる歯切れの好さがありスルスルといけます。
肉厚のチャーシューや太目のメンマも好い箸休めであおさの香りがやんわりと味に広いがる塩梅が個性も感じられます。
20121108中田兄弟・チャーシュー丼300円
ぶつ切りされたチャーシューの上に白髪ネギをあしらったチャーシュー丼300円。
噛み締めるとザクザクした歯応えで味の染み込んだチャーシューがご飯にピッタリ。
20121108中田兄弟・塩らーめん690円の店
暫く伺っていなかったがやはり実力があるお店だ。
明大前のエース的存在のお店はまた暫くしたら伺おう。

この記事のURL | らーめん世田谷区 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
何処でも変わらない味と接客・・一風堂明大前店@明大前
2008/10/23(Thu)
午後から新宿で打ち合わせがありPの事も考えて電車で移動。
長い打ち合わせが終り遅いお昼ごはんを食べようと考え久し振りのお店に行こうと初台へ。
駅を降りてトボトボ向かうもシャッターが下りているよ~(T_T)
中休み中だった店主さんがわざわざ表まで出てきてくれてチョットだけお話、またの機会に伺おう。
夕方久我山に行かなければならずにお腹がペコペコなのでお店を考え乗換駅の明大前近辺でお店を検索、本当に携帯でも色々検索出来るのはとても有難い。
小振りだが雨も降っているので駅近くのお店に決めて向かう。
お店に着き空いていたカウンター席に座りメニューを眺め赤丸かさね味(玉子入り)を麺カタメでお願いした。
一風堂明大前店・メニュー
この系は久し振りの訪問で此方のお店は初めての訪問。
携帯の検索中に何となく豚骨気分になり此方に決めた。
アイドルタイムの時間だが授業を終えた近くのM大学の学生さんなどで広いお店も賑やか。
厨房は4人の男性スタッフさんがご自分の持ち場で明るくテキパキとお仕事されています。
お冷がお茶って言うのもお箸が割り箸ではない事も何となく好感が持てます。
一風堂明大前店・箸&お茶
お茶を頂きながらぼんやりしながら待ちました。
暫くして赤丸かさね味(玉子入り)が提供されました。
一風堂明大前店・赤丸かさね味玉子入り
朱色の丼に盛られた赤丸かさね味(玉子入り)、上にはチャーシュー・きくらげ・もやし・玉子・青ネギ・うまみ玉・香油が盛り付けてあります。
先ずはうまみ玉や香油に気をつけながらベースのスープを一口。
一風堂明大前店・赤丸かさね味スープ
細かな背脂の浮く豚骨スープはこってりしていながら後味がすーっと引く感じでライトな印象。
軽めの味わいにも確りとした旨みがあり全国に多数の店舗を展開するお店だがこの味を何処でも頂けるのは嬉しい気がします。
麺は中細の博多麺。
一風堂明大前店・赤丸かさね味麺
カタメでお願いしたのでシャッキリとした茹で加減で1本心を残した感じの歯応えが心地良い。
ざらつく表面にスープも乗り旨みと香りを口に運んでくれます。
具のチャーシューは柔らかで程好い味加減。
一風堂明大前店・赤丸かさね味肉
シャキシャキのもやしは食感にアクセントがつき青ネギの風味も味にマッチしています。
玉子は薄味が実にいい味加減で黄身のトロリとした食感もいい塩梅でした。
一風堂明大前店・赤丸かさね味玉子
途中からうまみ玉と香油を麺に絡め頂きます。
うまみ玉は絡みの効いた味わいで香油はビターな風味が印象的。
一風堂明大前店・赤丸かさね味赤 一風堂明大前店・赤丸かさね味黒
個人的な好みから言えば香油は要らなくてうまみ玉をもっとほしい気もしました。
麺や具を食べ終わり替玉をハリガネでお願いし卓上に色々ある調味料や薬味の中から胡麻を丼にタップリとスリスリして待ちました。
豚骨スープにすり胡麻タップリは僕の好み♪
胡麻の香ばしさと豚骨スープの旨みが良く合って替玉後は色んな味を自分好みで楽しめますがこの味の組み合わせが一番好きです。
半分程食べて辛味がほしくなり辛子高菜を入れて味のカスタマイズ。
一風堂明大前店・赤丸かさね味高菜
ピリリとした辛味が味に広がりを持たせ飽きもせずに食べ進みます。
替玉後の麺も食べ終わり残ったスープを丼を両手で持ちスープを飲み干し美味しく完食です。
久し振りに此方の味を頂きましたがお店は違えど安心して頂ける味と思い満足しました。
スタッフさんの仕事振りも気分が良くきちんと教育されえているのが分かる気持ちの良さでした。
本当は[極]を頂きたかったのですが又に機会に回して頂いた赤丸かさね味でしたが一杯の丼で色んな表情を見れての満足感もありました。
予定があり時間も押していたので明大前駅までダッシュして改札をくぐり井の頭線に飛び乗る。
とてもお腹が空いていたお昼ごはんでもあり満足で久我山に向かいました。
一風堂明大前店・店
(08-220)
一風堂明大前店@世田谷区松原
赤丸かさね味(玉子入り)900円・替玉150円











この記事のURL | らーめん世田谷区 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。