2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
6周年記念メニュー・・ソラノイロ@麹町
2017/06/17(Sat)
6/17 17-044

ソラノイロ 麹町本店@麹町
天塩の渡り蟹のビスク~ゴエンニカンシャ~」 1500円(6周年記念メニュー)
スポンサーサイト
この記事のURL | らーめん千代田区 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
基本メニューを・・九段斑鳩市ヶ谷本店市ヶ谷
2017/02/17(Fri)
2/17 17-024

九段 斑鳩 市ヶ谷本店@市ヶ谷
らー麺720円・麺大盛り120円(タレ スープ増量)
✴︎海苔・穂先メンマは御厚意
この記事のURL | らーめん千代田区 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
丸ごとクエ・・五ノ神水産@神田
2016/02/16(Tue)
2/16 16-014五ノ神水産@神田
らーめんクエ搾り1000円(限定)
〆のご飯(限定専用ご飯)150円
メルマガを拝見してどうしても気になって仕方なかった一杯を頂きに、お昼のお仕事を終えて突撃。

お店に着くと外待ち7番目、進みも早く時期に店内へ、券売機で限定と〆のご飯(限定専用ご飯)を購入して空いた席に座り待つ。
暫し待ち提供された限定「らーめんクエ搾り」。

香りからワクワクする此方の限定である。
丼趣は何時も通りに品のある仕上がり。

白い高台の丼にスープと麺、乗せ物はクエのほぐし身と岩海苔に花麩、薬味は輪切りの青ネギ。

一口スープを口に運ぶと柔らかさの中に濃密な味が詰まっている。
クエ由来の脂や旨味は癖もなくじわじわと旨さを広げて、まるでクエ鍋でも食べている様な感覚に入って行く。

麺は中細の緩くウエーヴの掛かった麺。
しゃっきりした茹で上がりのシコシコした歯応えのある麺。
スープの持ち上げも良く、食感や風味も申し分無い。
スープを飲んだ時の味わいと麺を啜った時の香りのコントラストも楽しく、搾り出した美味しさを堪能出来る。

〆はご飯に乗せ物の細かなフレーク状のクエを乗せて、スープを掛け回してお茶漬け風で。
何年振りかに頂いた高級魚でもあるクエだが、此方の味の引き出し方ならば間違いの無い味に仕上がると思っていたが、それを遥かに超える味にプチ感動しながら帰宅。
小一枚で満足感に溢れる感動の一杯。
やはり此方の鮮魚は一味も二味も違う。
この記事のURL | らーめん千代田区 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
祝開店・・東京駅斑鳩@東京駅ラーメンストリート
2011/04/09(Sat)
東京駅一番街にある東京ラーメンストリート 六厘舎TOKYO・らーめんむつみ屋・塩専門ひるがお・蟹専門けいすけ北の章(二代目けいすけ海老そば外伝からリニューアル)の4店舗で営業していたが昨日4/8(金)から東京駅斑鳩・麺処ほん田・ジャンクガレッジ・麺や七彩/TOKYO味噌らーめん江戸甘の4店舗が加わり8店舗に。
本当は山に行くはずのOFFだったが天候も悪いので取りやめ第二最寄り駅から向かう事にした。
第二最寄り駅から東京駅は中央線一本で行ける。最寄り駅は土日は快速が止まらないので第二最寄り駅から乗ったのだが週末昼時の中央線快速は混雑も無く座れたのでのんびりと向かった。
新たに4店舗が加わりオープン2日目と言う事もありどのお店も混雑し待ちの列が伸びてる。
伺おうと考えていたお店は二店でどちらも僕の大好きなお店だ。
先ずは東京駅斑鳩へ。
九段斑鳩の初めての出店、頑なに店舗は九段斑鳩のみとして営業されていたが今回の初の支店は耳にした時からとても気になっていた。
スタッフも長年勤めるベテランが多く何時伺っても満足していた。また近くに4年程事務所を借りていた事もあり週に2・3回は伺っていた。
看板メニューの本枯れ鰹節や特注鯖節を使った魚介スープと豚骨や鶏がらなどの動物系スープのブレンドした合わせスープのらー麺を頂くのが常だろうが気まぐれの僕は気になった海老香る辛旨らー麺800円を頂くことにした。
券売機で食券を購入して待ちの列に、30分程で席に案内された。
厨房は坂井店主を中心にバタつく事も無く淡々と営業、流れる雰囲気が場所は違えど本店を感じさせてくれた独特なものでもある。
そんな穏やかな空気に包まれ暫し待ち注文品が運ばれて来ました。
20110409東京駅斑鳩・海老香る辛旨らー麺800円の麺上げ
海老香る辛旨らー麺800円。
スープは斑鳩独特の口当たり柔らかでじわじわ旨さが伝わってくる動物魚介の合わせスープ。
海老の風味は辛味を利かせた香味油からと思われるが香りと共に味に馴染む柔らかさも持つ。
前回本店に伺った時に新作のラー油豚骨らー麺を頂いたがヴァージョンアップしきちんと斑鳩らしさを出しつつ新たな味になっている。
麺は本店とは違いカネジン食品製の中細麺を使用。
滑らかな麺肌を持ちながらぷっつり切れる歯切れの好さがありスープとの絡みや相性も好い印象を受けた。
具は巻きバラのチャーシューに柔らかく長い穂先メンマと海苔、薬味には長ネギ。
巻きバラのチャーシューの香ばしさがスープに柔らかく広がりをもたせるのも好印象、長い穂先メンマは歯応えを残しつつ柔らかく味付けも程好い塩梅。
食べ進むうち僕の感じる斑鳩の味が随所に感じられ飽きさせない。
夢中になり食べ進むがその味わいに包まれながら頂く味は本店とも変わらず魅了してくれた味なのだろう。
スープを飲み干し丼を置けばホッと穏やかな気持ちになれた。
初めて斑鳩の味を頂いた方や訪問暦が数回の方ははぼんやりしている味に思えるかもしれないがこの斑鳩の味は一言で言えば柔らかさと素直さと言うのがキーワードになっている気がする。
厳選された素材をベストの状態で提供するからこその味の柱は確りとしてぶれない。
満足の一杯後インターバルを取り14:00~19:00迄の限定を頂くためにまた食券を購入して列に並ぶ。
さて限定は無理しても頂こうと考えていた汁なし。
「3種チーズのまぜそば」と「海老香る辛旨まぜそば」の二つの味の限定だが今回は3種チーズのまぜそばを頂く事にした。
汁なし系が好きな僕が混ぜる美学に引き込まれ影響を受けたお店の中の一つでもある。
本店の名品チーズガーリック油そば(現在はチーズガーリックまぜそば)を頂き元々麺とスープなら圧倒的なスープ派で毎回の如く完飲するスープが無い汁なし系の魅力に嵌ったお店の新作なら少々腹がきつくても頂かないわけにはいかない。
こんな事で根性を出す事も無いが気張ってみた。
再び列に並び案内されて席に着く、暫し待ち注文品が運ばれて来ました。
20110409東京駅斑鳩・3種のチーズまぜそば850円
3種のチーズまぜそば850円(14:00~19:00迄の限定)。
生たまごはすき焼き風にとスタッフさんが言っていた。
タレは丼の底にあり麺の上には巻きバラのチャーシュー・水菜・パルミジャーノ・レッジャーノ やレッドチェダー等の3種のチーズが盛り付けてあり白ゴマが振り掛けてあります。
また途中の味変えにとお酢とガーリックチップが一緒に提供されました。
チーズを全体に絡める様に好く混ぜ込んで頂きます。
元々のタレの味が穏やかながら全体にチーズのクリーミーでマイルドな絡まると味わいがピタリと落ち着く。
チーズの塩っけが活かされた味わいは計算されたものでありお見事の一言。
一つのチーズでは味わえない複雑さも3種のチーズをを使用した事で楽しめオリジナル感満載。
熱が加わればトロリとした味わいが広がるがパルミジャーノ・レッジャーノ やレッドチェダーのハード系のチーズの他に何かフレッシュ系のチーズを使っている様な風味も感じられる。
多すぎても少なすぎてもいけないチーズの量も中細麺に絡まり麺自体の旨さを引き立てている。
水菜のフレッシュ感はバジルやルッコラをイメージさせるが的はぶれていない。
時折プツリと当たり弾ける白ゴマの風味も馴染んでいる。
途中生たまごを溶き解しすき焼き風に付けて頂いたがマイルドな味わいがさらにステップアップした印象を受け一口食べて丼に回し入れ全体に絡めた。
後半お酢を少量とガーリックチップを入れて更にカスタマイズ。
チーズ由来の酸味とお酢の酸味が相まって全体にこってりとした味わいを引き締めた感じがした。
麺を食べ終え丼の底にはソースが残る始めから想定内でご飯180円も購入していたので飯割りで〆る。
20110409東京駅斑鳩・3種のチーズまぜそば850円の飯割り(ご飯180円)
ご飯によーくソースを絡め口に運ぶ、お腹はパンパンだがけして無理をして味わっているわけではない。
麺を美味しく食べさせてくれた味はご飯でも楽しめる。
洋風な味わいに包まれるご飯の味はお米の甘ささえ引き立ててくれた味わいでもあった。
飯割りも食べ終えご馳走様です。
汁なし系は武蔵野の油そばから発信され其々のお店で独自の味わいになっているがやばり基本は麺の風味や旨さを活かすタレの存在。
タレは醤油ベースの味わいが元々だが今では和の枠に捉われず洋の味わいも増え多種多様な個性的な味も増えた。
本店でも感じた事だが和の中に洋を意識した味の斑鳩の汁なし系だが新たな店舗でもまた違った顔を見せてくれた。
コンセプトは洋かもしれないが奥底にはきちんと和の柱があり堪能出来た、このまぜそばも本店のまぜそばと肩を並べる位の堂々とした逸品でした。

坂井店主の作る味は何度頂いてもまた食べたくなる味がありまた新たな味を楽しめるスペースが出来た。
本店と同じようなメニューのラインナップだが一つ一つが何か違うのかも知れない。
ただ今日また二つの味を頂いた事で改めて感じた坂井イズムはこれからも楽しめる事は間違い無い。


この記事のURL | らーめん千代田区 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
何かがあるから並ぶのだろう・・さぶちゃん@神保町
2010/02/26(Fri)
(10-043)
「仮UP」改め「手短に」w
100226さぶちゃん・半ちゃんらーめん
さぶちゃん@神保町で半ちゃんらーめん690円を頂く。
OFF日のお昼ごはん、外出していた事もあり暫くご無沙汰のお店に突撃。
丁度お昼前に到着し行列七番目に。
誰もが此方で頼むと言えばこの半ちゃんらーめんしかない。
油の利かせ方や麺の柔らかさなど忘れ掛けていた味を思い出させてくれた。
噛み心地の好いチャーシューや甘めのメンマも名脇役で次第に引き込まれる。
醤油味のちゃーはんはこのお店ならではの作り方と味わい。
古き好き味は一日でも長く続けて欲しい、何かがあるから並んでも食べたい味なのだろう。
この記事のURL | らーめん千代田区 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
品格を感じる・・九段斑鳩@九段下
2009/12/11(Fri)
(09-206)
仮UP
斑鳩・1211本枯れ鰹醤油らー麺
九段斑鳩@九段下で本枯れ鰹醤油らー麺(限定)770円を食す。
久しぶりの訪問、油そばを食べようと思っていたけど期間限定の表記に目が行き注文。
柔らかで品のある斑鳩の味の中でもさらに素材に拘った限定は食べなきゃ損する。
塩味で食べた時よりスープにメリハリが付きインパクト重視の巷の味とは異なるどっしりとした風格が漂う。
青葉インスパイアと言われるがもはや「斑鳩の味」は単独で突き進んでいる。
真っ直ぐに王道を一歩一歩着実に歩いているお店だと感じる。
坂井店主の調理姿や気の使い方も伺う楽しみの一つでもある。
この記事のURL | らーめん千代田区 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
郷愁の美味・・青島ラーメン@秋葉原
2009/08/28(Fri)
(09-155)
仮UP
青島ラーメン・0828青島ラーメン(50円チャーシュー)
休日の食べ歩き二軒目。
青島ラーメン@秋葉原で青島ラーメン600円+自家製チャーシュー増し50円を食す。
行きたかった新店にようやく訪問、生姜醤油味が東京進出なら越後育ちの僕はじっとしてはいられない(笑)。
麺の印象意は違えど茹で加減に納得、生姜の利かせ方やチャーシューの味もお見事の一言。
この味が東京で頂けるなんて・・・ああ素晴らしい。
この記事のURL | らーめん千代田区 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
期間限定の塩坦々麺・・斑鳩@九段下
2008/05/08(Thu)
忙しい日が続いています、最近ラー食も間隔を空けていたりして調整しながら頂いています。
朝から打ち合わせの連続でお昼ごはんを食べるタイミングを逃がしてしまった。
この日最後の打ち合わせが九段下で終ったのが丁度PM4:30過ぎ、そう言えば久しく伺っていないお店が近くにあるし気になるメニューが始まっているのでコインPに止めておいた車に戻り荷物を置き向かう事にした。
お店に着くと開店20分前でシャッター1番乗り♪昼夜10食づつの限定なのでこの位しないとハードルは高そうな気がした。
じきにお客さんも並びだし開店前に男性スタッフさんが出て来て「メニューがお決まりでしたらどうぞ」と言われ「限定の塩坦々麺ありますよね?」と言えば「大丈夫です」と言われ〆の飯割り用のご飯も注文しようかどうしようか考えたが久し振りなので「特製で塩坦々麺を」とお願いしお代を渡す。
斑鳩・塩坦々麺券
開店前丁度10人チョイの並びで定刻通り店内に入りカウンター一番奥に座る。
坂井店主は居らず阿部チーフが調理をメイン担当、「暫くです」とお互い挨拶をして本当にそうだと妙に納得してしまった。
坂井店主が居なくても坂井IZMをきちんと受け継ぐ阿部チーフが居れば問題が無い。
限定の期間をお聞きすると「期間は設けずに夏位までやります」との事。
流石人気実力店、店内直ぐに満席となる。
男性スタッフさん達もお互いの持ち場を淡々としながらこなし見ていて気持ちも良いです。
暫くして特製塩坦々麺が提供されました。
斑鳩・特製塩坦々麺
特製と名のつくメニュー通り具は別盛です。
厚みのある和風の丼に盛られた塩坦々麺、赤いのスープには胡麻が泳ぎ真ん中には肉味噌状の具がありその上には長ネギの青い部分と白い部分の細切りが盛り付けてあります。
斑鳩・塩坦々麺
別皿にはチャーシュー・めんま・煮玉子が盛り付けてあります。
まずはスープから頂きます。
斑鳩・塩坦々麺汁
ベースは本枯節の塩味のスープで鰹の香りがふんわり感じ上にある赤い脂の層は辛味は柔らかい味で塩スープと合わさると香りや風味が一段と引き立つ感じ。
温度の低さを良く言われるがこの香りがあってこそのこちらのスープだと何時もながら感じます。
麺は細めの特製麺。
斑鳩・塩坦々麺麺
無臭にんにく&キムチ練り込んだ特製麺との事で太さも勿論だが見た目からして面白い。
するするっとした啜り心地で噛むとシコシコした歯応えがある。
無臭にんにく&キムチの風味はほんのり香る程度でスープとのマッチングは言うまでも無く良く合っています。
上の肉味噌餡はひき肉・山くらげ・絹さや・きのこ等が入りスープに溶かしながら頂くとより一段と坦々麺っぽい味に変わってくる。
斑鳩・塩坦々麺肉味噌
きのこはしめじやえのきだけ等複数使っていてきのこ好きな僕はちょいと嬉しい。
別皿提供のチャーシューは柔らかで噛むと口の中でホロリと解れる食感と優しいながら確りとした味。
程好い歯応えと味のめんまと煮玉子も途中で箸休めにしながら食べ進む。
斑鳩・特製具
白い部分と青い部分の両長ネギも胡麻も食感にアクセントをつけながら風味をプラスしています。
和風の丼も厚みがありスープの温度も食べ始めからキープしていて有難い。
時折感じる「カリッ」とする歯応えはなんだろう?分からなかったが食感にアクセントが付き面白みもありました。
後半にいくにつれ麺を啜ると鰹の風味が強く感じられ味の変化も楽しめます。
するする食べて麺や具を食べ終え残ったスープをゆっくりじっくり味わいながら飲み干し美味しく完食です。
食べ終え阿部チーフに「ご馳走様でした旨いですね」と言えば「ありがとうございます」とニッコリ。
「来週から味噌担々麺海老風味を始めますよ」と新たな夜限定20食の限定も教えて頂き躊躇無く「また来週来ますよ」とお伝えしお店を後に。
3軒隣に事務所を借りていた時には週2,3回伺ったお店でこれだけ久しく伺って無かったのを少し反省した。
お店を後にして車に戻りかえりの車中でも余韻に浸る。
やはりこちらの味は本当に好みの味でレギュラーメニューもそうだが限定もこちららしさを感じさせながらオリジナル感も改めて感じさせてくれ満足感が身体全体に広がった。
このメニュー同様来週からのメニューも替玉が出来るそうでその楽しみ方もある、ただこの坦々麺シリーズには飯割りは合うはず、〆の飯割りの楽しみは来週からの限定の時の楽しみにしておこう。
食べた直後なのに何だかとても待ち遠しい気がします(^^)
斑鳩・看板
(08-119)
九段 斑鳩@千代田区九段北
特製塩坦々麺(期間限定)1,080円

この記事のURL | らーめん千代田区 | CM(2) | TB(1) | ▲ top
こちらに来ればやっぱり・・斑鳩@九段
2007/01/24(Wed)
(今年43杯目)
午前中九段で打合せがあり終了後AM11:00開店のこちらにシャッター、開店5分前で5人待ちの6番目ラッキーだなー。
今年初めての訪問♪2年前まで事務所が3軒隣にあったときから比べると伺う回数は激減しているが今でも好きなお店の1軒で伺うことが嬉しいていうか楽しみ九段に来たら伺わずにはいられない。
時間通り開店し券売機から期間限定の海老の味噌そば四川風味(昼夜15杯限定)を購入し案内されたカウンター席に座る。
今日は坂井店主が調理チラッと見てニコッとした、僕も笑顔で軽く会釈こんなやり取りが心地いい、今日は阿部チーフが居ないのが少し残念、何だか最近伺うと調理は坂井店主がしている時に遭遇する、偶然だろうか?。
程なく海老の味噌そば四川風味到着。
DSCF0715.jpg

何時も感じるがこちらのメニューはまず香がいい。
香ばしそうなスープの上にチャーシュー・めんま・長葱のみじん切り、ニンニクチップが盛付けてあります。
まずはラー油の乗っていない部分のスープを一口、ネットリとした濃度のあるどっしりとした味噌スープは海老の香りが程よく香り動物の旨味や魚介の風味もやんわりと香る、味噌は味噌臭さはど微塵も感じず山椒の香がいいアクセントだ。
麺は平打ちの少しウエーブの掛かった麺。
DSCF0717.jpg

これは油そばなどにも使われる麺で油が多いメニューにがピッタリ、タレやスープと良く絡む麺でもっちりした噛み心地があり小麦のいい香がする。
具のチャーシューは何時も通り温まった頃頂くと柔らかさがあり噛むと肉の味が楽しめるチャーシューらしいチャーシュー、めんめは薄味で柔らかさがある、ニンニクチップは香ばしくいいアクセント。
途中からラー油の部分を全体と混ぜ込みながら頂くと辛いもの好きな僕には辛味より山椒の風味を感じ、少しオイリーな感じだったが味噌味はスッキリした感じよりこういうこってりした感じの方が僕は好きだ。
口の中は辛さは程良いが額には汗・・・身体は正直だ。
最後は何時もの通り丼を両手で持ち美味しく完食です。
僕は余り味噌味は食べない方ですが味噌味を食べるならこのくらいどっしりとしてこってり感のある味が好きです。
こちらに来ると帰りがけは必ず口から出る言葉「美味しかったです、ご馳走様でした」と決まり文句を言いお店を後にしました。
お腹はポッカポカ気分もポッカポカです、満足・満足(^^)V
しかしこちらの限定は(もちろんレギュラーメニューも)どれも美味しく値段に比べ割安感を感じるのは僕だけでしょうか?。
DSCF0719.jpg

九段・斑鳩@千代田区
海老の味噌そば四川風味(期間限定)770円。
この記事のURL | らーめん千代田区 | CM(2) | TB(1) | ▲ top
| メイン |