2017 02 ≪  03月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 03
絡みつく粘度の高いスープ・・丸@三田
2008/05/18(Sun)
午前中三田で打ち合わせがあり朝ごはん抜きだったのでお腹が空いてしまい丁度近くに気になっていたお店もあったので遅めの朝ごはんを食べる事にした。
地下鉄三田駅近くのコインPに車を止めてお店に向かう。
分かり難い場所だが何とか見つけて開店早々一番乗りでお店にIN。
券売機でつけめんを購入してカウンター席に座り「150g半ライス付」でお願いして携帯のクーポン画面を見せて味付煮卵をお願いした。
丸・券
1度夜営業に伺ったが見つけるのに時間が掛かってしまいその上スープ切れで終了となってしまったお店でリベンジのチャンスを伺っていた。
清潔感のある落ち着いた和風の店内は居心地も良く気持ちが良い。
厨房には淡々とお仕事するご主人さんがお一人で切り盛り。
BGMに耳を傾けながらぼんやりとしながら待ちました。
しばらくしてつけめんが提供されました。
丸・つけめん
黒い丼には魚粉の浮いたつけ汁、白い丼に麺と具が盛り付けてあります。
まずは噂のつけ汁を一口。
丸・つけ汁
お米とじゃがいもでトロミをつけていると言う豚骨魚介風味のつけ汁は噂通りのドロリとした粘度がありスープと言うよりソースのような雰囲気で食傷気味の味もなんだか新鮮にも感じる。
粘度のインパクトに対し味はとてもおとなしめな感じがした。
丸・魚粉
上の魚粉が沈まないのも粘度のためだが流行の豚骨魚介味を色々考え試行錯誤して自分らしさを出したご主人さんの創作意欲は好感が持てる。
ただこの沈まない魚粉の粘度は驚いた!
麺はやや角ばった中太麺の緩くウエーヴの掛かった麺。
丸・麺丼 丸・麺
口当たりの優しい麺でつけ汁にくぐらせ啜り頬張れば弾力のある食感が楽しめるがもう少し主張の強い麺でも良かった気がした、ただつけ汁のインパクトが凄かっただけにそう感じたのかも知れない。
具のチャーシューはつけ汁に入れておき温まった頃頂いたが柔らかく噛み心地の良く太めのめんまは歯応えも良く良い箸休めになった。
万能ネギは麺に絡めつけ汁につけて頂いたが風味が良いアクセントになった。
味付煮卵は濃い目の味が白身や黄身に確りと染み込んで全体に味はおとなしい味に感じたので一つパンチが効いていた気がする。
丸・肉 丸・めんま 丸・味玉
食べている途中から魚粉がつけ汁に良い風味をプラスしてざらつきも気にならず飽きもせずに食べ進めた。
丸・汁麺
食べ進むと絡みつくつけ汁はどんどん無くなり提供時にご主人さんが「つけ汁のおかわり出来ますから」と言っていたのでおかわりをお願いした。
ありがたいサービスでまた熱々で魚粉の乗ったつけ汁を頂き食べ進む。
麺や具を食べ終わり残ったつけ汁に半ライスを入れて飯割りで〆る事にした。
丸・飯 丸・飯割り
麺にも絡みつくがもちろんご飯にも絡みつきます。
こう言う味は文句無しに好きです、白いご飯も好きだけど味のついたご飯も好き、多分食べながらにやけていたはずです。
飯割りも堪能して美味しく完食です。
食後は「どうぞ」と提供されたジャスミン茶でさっぱりしてホッと一息。
丸・茶
粘度のあるつけ汁に「どんなものか?」と惹かれていましたが想像以上で満足しました。
食べ終わりご主人さんと少し話ししましたが直向で誠実さが感じられる方で今は数限定で提供しているメニューもレギュラーメニューにしたいと仰っていました。
オリジナル感のあるメニューを堪能出来満足でお店を後に。
このようなご主人が考えられたオリジナル感のある味、好きです。
丸・店
(08-127)
らぁめん 丸@港区芝
つけめん(150g・半ライス付)800円・味付煮卵(クーポンサービス)










スポンサーサイト
この記事のURL | らーめん港区 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
夜の連食(田町編その1)・・むらさき山@三田
2008/02/29(Fri)
自宅に戻り書類の作成や明日必要な資料の作成をして時間を見ながら切りの良いところで止めて待ち合わせの田町駅に向かった。
最寄駅から神田駅で乗り換えて田町駅で降りると丁度待ち合わせ時間。
改札を抜け麺友さん達と合流しお店を目指す。
お店に着き順番に入り券売機でつけめんを購入しカウンター席の奥に座る。
むらさき山・券

お店は2/16に伺って以来2回目の訪問で前回は味玉そばを頂いて好みの味だったので次回はつけめんをと思っていた。
厨房はご主人さんと奥さんのお2人で切り盛り、前回居た男性スタッフさんは週末に居るらしい。
カウンター席の一番奥にはお二人のお子さんが大人しく晩ごはん食べている、小さな男の子が「ごはん」を「ごわん」と言うのだろうか?聞いてみたい。
暫くしてつけめんが提供されました。
むらさき山・つけ麺

和風の丼に盛られたつけ汁と白い深皿に盛られた麺、つけ汁からは優しい香りが立っています。
まずはつけ汁をよーく掻き混ぜ一口。
むらさき山・1

胡麻や揚げネギが浮く豚骨ベースのつけ汁は濃厚な味わいながら胡麻の香ばしさや揚げネギの香ばしさも加わり色んな香りが感じられる。
ふわっと魚介系の香りも漂うので和風感も感じられる。
酸味や辛味は程好い感じでそばのスープを濃い口にした感じです。
麺は緩くウエーヴした細麺。
むらさき山・2

見た目つやつやで確りと〆られた事が分かる。
シコシコした歯応えは少し硬めの芯が残ったアルデンテタイプ。
茹で加減で言えば「バリカタ」の様なバキバキ感があり好みの食感。
つけ汁との絡みも良く啜って頬張ると口の中に風味を広げます。
上に刻み海苔が振り掛けてあるので途中まぜて味にアクセントを付け頂きます。
具はつけ汁にチャーシュー・めんま・長ネギ・揚げネギ・胡麻が入り。
チャーシューは味の染み込みや加減も良く柔らかさもありつつ歯応えも楽しめます。
むらさき山・4

めんまは柔らかく程好い歯応えがある。
むらさき山・3

胡麻の香ばしさも揚げネギの香りや甘味もマッチしているのだが個人的な好みで言えばこの揚げネギの香ばしさはもっとほしい。
香ばしいだけではなく甘味が実にいい、有料トッピングでも良いからしてほしい、この揚げネギは好きだな~。
前半はこの揚げネギや胡麻の風味で楽しめて後半はベースの豚骨スープの味が少しづつ強く感じられた。
麺や具を食べ終えスープ割りをお願いした。
むらさき山・5

徳利にスープが入ってくる。
好みの加減で割って楽しめるの有難い、だが「もったいない」精神なので全部入れた。
魚介の香りが押し出されるように強くなり鼻腔を擽る。
案外魚介系が確りしているのが割るとハッキリする、サラリと頂け美味しく完食です。
前回頂いた味玉そばより麺の主張とスープの魚介の風味を強く感じ印象的な味でした。
味玉そばも美味しかったですがこのつけめんも好みの味。
太麺に濃厚豚骨魚介スープと言う流行の味とは一線を画しつつも細麺のつけめんは珍しいしある意味新鮮さもあり楽しめる。
「ご馳走様でした」と丼をカウンターに上げると「ありがとうございます」とご主人のキリリとした声。
中々伺える場所ではありませんがまた機会を作り伺いたいと思います。
お店の外で少し立ち話をしたら丁度「本日終了」の文字。
皆で「アブネ~」等と言いながら更けていく街に向かい歩き出します。
むらさき山・暖簾

(08-078)
中華そば むらさき山@港区芝
つけめん700円

この記事のURL | らーめん港区 | CM(2) | TB(1) | ▲ top
嗜好を擽る味・・むらさき山@三田
2008/02/16(Sat)
1軒目食べ終わり時間もお腹も余裕はある、幸い土曜日の都心は空いているので笹塚のお客さん宅に行く前に行きたかったお店に行く事にした。
コインパーキングを見つけ車を止めてお店に向かう。
お店に入りタッチパネルの券売機で味玉そばを購入し空いていたカウンター席に座る。
IMG_1951.jpg

お店は2月6日(水)にオープンした新店で置くに長く伸びるカウンターが印象的。
厨房はご主人さんと男性スタッフのお2人で切り盛り、テキパキとお仕事されています。
まだ新しくく清潔感のある店内は居心地も良く待ちも苦は無い。
調理など見ながらぼんやりと待ちました。
暫くして味玉そばが提供されました。
IMG_1952.jpg

白い丼に盛られた味玉そば、上にはチャーシュー・めんま・味玉・海苔・長ネギ・揚げネギが盛り付けてあります。
まずはスープを一口。
IMG_1958.jpg

確りと乳化した豚骨ベースの醤油味は和歌山風とイメージしていたがライトな仕上りで旨みも十分。
揚げネギの香ばしさも良く合っていて良いアクセントです。
麺は緩くウエーヴした細麺。
IMG_1957.jpg

滑らかな啜り心地で啜って頬張るとシコシコした食感がありプッツリ切れる歯応えが印象的。
啜ると感じるカンスイの風味も嫌ではなくらしい感じがする。
具のチャーシューは適度な柔らかさもあり噛み心地が良く味の染み込みも良い。
めんまは柔らかで程好い歯応えと味加減。
IMG_1953.jpg

味玉は味の染み込みが良く黄身のネットリした味わいが好みの味。
IMG_1959.jpg

油の効きも見た目ほど強くなくするすると食べ進める。
麺や具を食べ終わり残ったスープを丼を両手で持ち丼の縁から啜り込み飲み干し美味しく完食です。
食べ終わるとべたつく唇はさらりとしながら濃厚な後味を感じ好みの味で満足。
和歌山風は僕は好きな味でとても美味しく頂けた。
昨年予定していた和歌山ツアーを今年は時間を見つけ必ずや行いたいと感じた。
今度はつけめんですかね、[ごわん]はとても気になります(^^)
IMG_1950.jpg

(08-056)
中華そば むらさき山@港区芝
味玉そば750円

この記事のURL | らーめん港区 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ご飯が無いのが悔やまれる・・赤とんぼ@赤坂
2007/01/06(Sat)
(今年の8杯目)

午前中に赤坂に挨拶周りがあり終了後時計を見るとAM11:00を少し回った所、今日は朝バタバタしていたので朝ごはん抜きなのでお腹が空いてきた、それではと遅い朝ごはんを食べようと此方を選択、丁度車を止めていたコインパーキングからも近かったので冷たい雨の中お店に向かう、お店に向かうと開店時間を少し過ぎた時間だが開いていない、ただ中は明るく人の気配はあるので傘を差しつつ少し待つ、「お待たせしました」と声が掛かり店内に、券売機で気になっていたカレーつけ麺(中盛)800円を購入し道路側のカウンターに座る、食券を渡すと「今日はご飯が無いので100円戻します」とうーん最後の雑炊が出来ないのはちーと不満だがまた来る時の楽しみにしておこう、ご主人と奥さんと思しき2人で切盛りされてます、店内は和風な感じで目の前にラーメン本や雑誌などが乱雑に置いてある几帳面?な僕は少し直した(笑)。
程なくカレーつけ麺到着。
20070106192239.jpg

お盆に載せられた麺とつけ汁の器がお揃いで一体感があり見た目からいい感じ、まず上に刻み海苔が盛られたつやつやした麺を何もつけずひと啜り、中細の角ばった縮れ麺は表面が滑らかで啜り心地がいい、噛めばポキポキした歯応えが面白くパスタで言えばアルデンテの茹で加減で確り水切りされています。その麺を潜らせるつけ汁は濃度があり汁と言うよりルーと言う感じ、ベースのスープも確りと感じ程よい酸味があり節の風味も感じ和風感が漂う、辛さはマイルドでバランスが良く昨年閉店した月乃屋@曙橋のカレーつけ汁に良く似ている、良かったまたこのような味にめぐり合えて、そのつけ汁の中の具は角煮のように柔らかく味の染みた角切りの豚肉、コリコリしためんま、半熟加減が程よい味玉半分、カレーと良く合う葱の長葱とどれも美味しく頂けました、好みの味に夢中で食べ進み麺を食べ終わるとつけ汁がいい具合に残っているが今日はご飯が無いのが物凄く残念だ、カレー系のラーメンやつけ麺の最大の副産物カレー雑炊で〆れませんでしたが残ったつけ汁を味わい美味しく完食です、カレーラーメンやカレーつけ麺の文字を見ると頼まずにいられない程のカレー好きなのでまた美味しいカレー系に出会え満足です(^^)V。
20070106192044.jpg

赤とんぼ@港区
カレーつけ麺(中盛)700円

この記事のURL | らーめん港区 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |