2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
黒板メニュー・・大喜@湯島
2017/01/16(Mon)
1/16 17-011

らーめん 天神下 大喜@湯島
みそラーメン950円(限定)
スポンサーサイト
この記事のURL | らーめん文京区 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2016麺始め・・天神下大喜@湯島
2016/01/12(Tue)
2016/01/12 (16-001)
天神下 大喜@湯島
担々麺(夜限定・黒板メニュー)950円
薄切り小口の長ねぎが浮かぶ朱色のスープに辛味パウダーを振りかけられたこんもりと盛られた白髪ねぎ。
下には大きなロースチャーシュー・小松菜・豆もやし・メンマが乗せ物で。
お店自慢の地味溢れるスープに芝麻醤と辛味を合わせて優しい口当たりで辛さは後からじんわり効いてくる。
胡麻の風味は強すぎず絶妙な塩梅で辛さをまろやかに包んでいる。
合わせた中細麺は滑らかで張りのある茹で加減で喉越しも好くぷっつり切れる歯切れの好さもある。
粒感のある挽肉も好いアクセントで優しくも実に力強い味わいがある。
チャーシューやメンマの旨さは言うまでも無く、豆もやしや小松菜のシャキシャキ感も麺とのハーモニーを楽しませるアイテム、この遊び心も嬉しい。
夜限定の黒板メニューの一杯はレギュラーメニューとは違う遊び心が感じられる。
大喜の黒板メニューは外せない味と楽しさが詰まっている。
この記事のURL | らーめん文京区 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
洋風の限定品・・大至@湯島(御茶ノ水)
2013/05/24(Fri)
(13-121)
日々の麺食(食暦)

20130524大至・ハヤシつけ麺800円(限定)
大至@湯島でハヤシつけ麺800円(限定)。
チョイ呑みしたい休日突入モードの金曜の夕げ、頂きたい限定もあるお店へ。
〆に頂いたハヤシつけ麺、洋風でありながら奥底に感じるのは大至テイストの和風感。
そこに合わされる浅草開化楼の中太麺が実にピタリと合っている。
付け合わされたバケットでまた楽しみ麺を潜らせ味わいのコントラストを楽しむ。
最近頂いた限定の中でもメニュー名を聞いた時から必ず頂きたいと思っていた一杯。
こんな変化球大好きです。
この記事のURL | らーめん文京区 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
回想する旨さ・・大至@湯島
2013/02/15(Fri)
(13-036)
日々の麺食(食暦)

20130215大至・ラーメン650円
ラーメン大至@湯島でラーメン650円。
この記事のURL | らーめん文京区 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
鶏と煮干の強力タッグ・・大喜@湯島
2010/05/14(Fri)
(10-115)
「仮UP」改め「手短に」w
20100514大喜・煮干とりそば(限定)900円の麺上げ
大喜@湯島で煮干とりそば900円(限定)を頂く。
この記事のURL | らーめん文京区 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
自分の好きなスタイルで・・白山ラーメン@白山
2008/07/21(Mon)
本日は朝から目一杯の忙しさ。
お昼は移動中にマクドナルドのドライブスルーでフィレオフィシュのセット。
夜の打ち合わせもあったので帰りが遅くなった。
明日から島根の松江に行くので早めに帰ろうと思っていたが現在PM10:00近くでどうでもよくなった。
疲れた身体に元気を注入しようとお店を決めてラーメンを食べて帰ろうと考えお店を決めて向かった。
お店に着き口頭で注文を告げお代を先に支払うのは昔から変わらない。
ラーメンをお願いし7番の番号札を頂き待つ、ラッキー7、何となくいい感じだ。
白山ラーメン・メニュー  白山ラーメン・札
お店は本当に久し振りでやはり夜営業だけのお店は中々チャンスがないと伺えない。
厨房は先代から継いだご主人と男女各1名づつのスタッフさんの3人で切り盛り。
お店前には長椅子に腰掛け食べているグループや歩道にしゃがみ込んで啜っている若者、テーブル席はカップルが仲良く召し上がっていたりしてやはり人気は往年のものがある。
自分の番号を呼ばれたらカウンターに行きニンニクやコショーなどお好みで調味し後は椅子に座ろうが立って食べようが自分の好きなスタイルで味わえば良い、今となっては貴重なお店でもある。
順番を呼ばれるまで気長に待ちました。
暫くして「7番ラーメンの方~」と声が掛かり受け取りに行き丁度長椅子が空いたのでそちらで頂く事にしました。
 白山ラーメン・ラーメン
変わらないメラミン系の丼に盛られたラーメン、上にはチャーシュー・めんま・茹で玉子・海苔・長ネギが盛り付けてあります。
まずはスープから頂きます。
 白山ラーメン・スープ
細かな背脂の浮く豚骨醤油味のスープは濃い目の味でパンチがある。
旨みも強いが口に含むとツブツブ感を感じる背脂の甘味が濃い目な味を丸くしている気がする。
麺は中細の緩くウエーヴの掛かった麺。
 白山ラーメン・麺
滑らかな啜り心地の柔らかめの茹で加減の麺は口当たり優しくパンチのあるスープと反している感じもするがこのマッチングはとても不思議。
後半スープを吸いふっくらした麺の旨さも食べ始めとは違う感じの顔も見せてくれる。
具のチャーシューは確り味の染みた柔らかなもの。
スープと馴染んでいる味はこのチャーシューの煮汁が醤油ダレのベースになっていると思われる。
めんまも濃い目の味だが甘味がありいい箸休めになる。
 白山ラーメン・肉  白山ラーメン・めんま
茹で玉子は黄身をスープに溶かし入れていくとマイルドな風味がスープに加わり味の変化も楽しめる。
 白山ラーメン・玉子
長ネギの風味はピタリとはまる薬味でカウンターのおろしニンニクを入れようか考えたが今日は長ネギでだけで十分美味しく頂けた。
軽い丼がどんどん軽くなっていく、スルスル食べ進む。
麺や具を食べ終え残ったスープを丼の縁からずずっーと啜り込み美味しく完食です。
久し振りに頂きましたがやはりこの味の作りは若い時にのめり込んだ味で僕と同年代のラーメンフリークの方なら何度も頂いた味だろう。
一時は熱狂的ファンも居た背脂チャッチャ系だがこのお店の味は以前同様にこちららしいパンチの効いた味がする。
打ち合わせ続きで疲れた身体に元気を注入でき、やはり寄り道したかいがありました。
 白山ラーメン・店
(08-165)
白山ラーメン@文京区白山
ラーメン800円






この記事のURL | らーめん文京区 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
まさかのサプライズ・・台風@小石川
2007/05/28(Mon)
(今年244杯目)


午前中九段下で打合せがあり午後北池袋で打合せがあるので途中でお昼ごはんを食べる事にした。
今月開店して少したったお店もう落着いた頃と思い伺う事にした。
お店の前が300円駐車スペースなので有り難い、開店時間少し過ぎてお店が開き券売機でら~めん・肉増し・味玉を購入しカウンター席に座る。
IMG_2803.jpg

知ったお店や会社、知人からのお祝いの品もあり皆さんに愛されている感じ、ラーメン好きな若いお二人で開店したそうでモダンな感じの店内は居心地がいい。
夜はお酒も頂ける麺酒場のような感じのお店になるようです。
程なくら~めん到着。
IMG_2805.jpg

洒落た和風の器に盛られたら~めんは器も熱々でいい香りがします。
上に肉・めんま・海苔・なると・味玉が盛付けてあります。
まずはスープを一口。
IMG_2807.jpg

豚骨等の動物系+節等の魚介系の感じで目新しさは無いものの普通に美味しい、ただ濃度は確りあり出汁の濃さは他の豚骨魚介系の味と比べると濃い感じでこのあたりで差別化しているよう。
麺は浅草開化楼の中太麺。
IMG_2809.jpg

オーション使用なのか独特な硬さがありぎゅぎゅっと小麦が詰まった感じで噛むと弾力が凄い、するする口に入りスープとの絡みもいい感じで啜ると節の風味を口に運んでくれます。
具の肉は増した事もあるがほぐれた感じで柔らかく麺と絡めて頂け食感が変わって面白い。
めんまは程よい味付け、味玉は味の染み込みが良く黄身まで確り染みていて美味しい。
IMG_2811.jpg

どんどん食べ進んで居ると途中でこのお店を作られた僕の大好きな棟梁が来店「お久しぶりです」の挨拶をした後1つ席をつめてお隣に(^^)
ちょっとお話しながら楽しいランチタイム♪
相変わらずの紳士な棟梁は本当に大好きな方だ。
どんどん食べ進み最後は丼を両手で持ちスープを飲み干し美味しく完食です。
まさかのサプライズ!でお店という作品を作った棟梁とご一緒でき美味しく楽しい時間でした。
夜は麺酒場になるようですからチョット呑んで〆にら~めん食べるという事も出来そう、ただ僕の行動範囲からちょっぴり遠いのが難点ですがら~めんも美味しかったし、平打ちのつけめんも食べたいのでまた伺いたいと思います(^^)
IMG_2812.jpg

台風@文京区小石川
ら~めん650円・肉増し180円・味玉100円
この記事のURL | らーめん文京区 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |