2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
久しぶりにガッツリ系を・・豚力@下井草
2011/07/09(Sat)
(11-193)
覚書きw

20110709豚力・細麺ラーメン650円の麺上げ
豚力@下井草で細麺ラーメン650円を頂く。
何となくガッツリ系を頂きたくお仕事途中にこちらへ。
メニューで気になっていた細麺ラーメン650円を購入。
高はしインスパイアの味から二郎インスパイアにシフトしかなり疑問も残っていた。
キャベツ率も高い野菜は普通でお願いしたのにボリュームがある、豚はやや硬めで繊維質な部位だったので解れる方が好みだった。
麺は通常使用しているカネジン食品の物ではなく福島の羽田製麺の物。
細麺とは言え一般的な中太麺クラスの平打ち麺は硬めの茹で加減が似合う力強い風味もある。
野菜で味が薄まった感じがあるが食べやすさがあり軽くも感じた。
味わい全体を考えると麺の旨さしか頭に残らず「なか星@下井草」当時の味がとても懐かしく感じてしまう。
小名木店主は何を求め何処まで行くのだろう?。
スポンサーサイト
この記事のURL | 二郎(チックな所含む) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ジャンクさの中の繊細さ・・ラブメン楽々@高円寺
2009/09/09(Wed)
(09-164)
仮UP
ラブメン楽々・0909ラブメン(小)
ラブメン楽々@高円寺でラブメン(小)500円{オープン記念価格}を食す。
2009/0908オープンの楽々@吉祥寺の生郎インスパイアのラブメン専門店。
オープン15分前到着で五番目、磯部店主と二人の男性スタッフさんで営業。
コールはニンニクでお願い、久しぶりのこの系の味も大胆な中に繊細さを感じる仕上がり。
お腹一杯で夕飯は抜き(笑)。
この記事のURL | 二郎(チックな所含む) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
注文は良く見てきちんと・・勇花@北戸田
2008/03/07(Fri)
疲れも溜まっているので朝はのんびりした。
毎週の事だが水~土はベジ妻は実家で娘っ子も学校に行ったので愛猫のペーちゃんしか居らず頭ナデナデして珈琲を入れてぼんやりした、午後は川口のお客さん宅に行くので頃合を見て自宅を出て途中でお昼ごはんを食べてから向かう事にした。
1台しかない駐車場をGETすべくシャッター狙い、自宅からは意外とすんなり行ける。
お店に着くと開店少し前で楽々駐車出来た、程なく開店しお店に入り券売機で汁なしラーメン・生タマゴを購入しアブラ・ヤサイ増しでお願いし生タマゴは別皿でお願いした。
勇花2

また100円を現金で渡しWネギ・チーズもお願いした。
勇花1

お店は2回目の訪問で前回小ラーメンを頂き美味しく頂けたので次回は汁なしをと思っていた。
今日はご主人さんお1人で切り盛りしていてどんどん入ってくるお客さんの注文も聞きながらなのでとても忙しそう。
カウンター席に座ったので前の壁など見ながらぼんやりして待ちました。
暫くして汁なしラーメンが提供されました。
勇花4

ヤサイ増したのでこんもりとお山があります。
横からのアングルはこんな感じです。
勇花3

ではと思いここで気づいた、んっ?結構汁があるな~、ご主人さんに聞いた。
う・「あの~これ汁なしなのですか?」
主・「いえ、食券頂く時に汁なしとは言わなかったのでラーメンです」
う・「・・・・・・・・・」
主・「・・・・・・・・・」
そうだ気づいたら券売機は汁なしとラーメンは共通で食券渡す時に汁なしは言うと券売機に表示がある、見落としてしまった(-_-;)
う・「大丈夫です、頂きますから」
主・「申し訳ありません」
いやいやご主人が悪いわけではないよ、見落とした僕が悪い、汁なし予定だったので数々のトッピングしてしまった(^^;
黒い丼に盛られたラーメン、上には豚・もやし・ニンニク・チーズ・Wネギが盛り付けてあります。
まずはニンニクをよけてもやしから頂きます。
勇花5

味付いた背脂が掛けてるのでシャキシャキした歯ざわりを楽しめて食べやすい感じ。
チーズと豚は丼の底に入れて熱を加えておきます、後からが楽しみです。
勇花6

Wネギは白髪ネギと玉ねぎの粗切りでこれも後からが楽しみです。
勇花7

程好くもやしを頂いたのでヨイショヨイショと天地返しをして頂きます。
勇花10

天地が返ししてもコンモリとしてます。
麺は捩れた平打ちの太麺。
勇花8

ごわつきもあるが麺肌滑らか、口に運び頬張れば硬めの歯を押し返す弾力があり粉の詰まった感じで風味も良い。
スープは透明な脂の層があるカネシの強めな味でヤサイや麺の量から言ってもこの位の味加減の方が食べ進ませてくれる。
勇花9

温めておいた豚はしっとりと柔らかで程好い解れ具合、チーズは麺に絡み付き程好い酸味と風味をプラスしてくれチーズ好きな僕は2枚合っても良い感じ。
粗切りの玉ねぎはザクザクした歯応えで甘みと辛味が良い具合、白髪ネギは味よりも食感をプラスしていた。
ニンニクの程好い辛味と風味がスープの味を引き締める前回の小よりやはりボリュームがある別皿の生タマゴを解きほぐしアブラを加えてすき焼き風にして頂く。
勇花11

食べやすくマイルドな風味が加わると味に落ち着きが出る、この食べ方で残り少なくなってきた麺をやっつける。
麺や具を食べ終え残ったスープを蓮華でひと匙掬い生タマゴの器に入れ頂く。
味が強めな丼のスープは残して美味しく完食です。
自分が誤った注文間違いでジャンクな味が楽しみたいとヤサイやチーズ・Wネギなどの有料トッピングをしてしまいかなり後半は苦戦した。
「ご馳走様です」と丼をカウンター上に上げると「どうもすみません、申し訳ありませんでした」と僕の目を見てきちんと言ったご主人の気遣いの接客にも感謝しつつお店を後に。
車に乗り近くに見つけた公園で歯磨き、何時も車のダッシュボードには歯磨きセット携帯している。
大分暖かくなったが頬を伝う風はまだ冷たい、そんな中歯を磨きながら思った次回はきちんと汁なし食べたい、その時はチーズ2枚にしようとかやっぱり小だなとか、食べ終えそんな事を考える事などあまり無いがやはり汁なしが食べれなかったのが心残りなのだろう。
それにしてもかなりお腹が苦しい(^^;
勇花12

(08-086)
ラーメン勇花@戸田市美女木
ラーメン650円(ヤサイ・アブラ)生タマゴ50円・Wネギ50円・チーズ50円

この記事のURL | 二郎(チックな所含む) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
挑みました・・二郎 新小金井街道店@小金井
2008/03/02(Sun)
少しは暖かいです、車で移動している僕には車内に入る日差しが強くなっている気もします。
午前中は小金井で打ち合わせがあり午後は調布のお客さん宅に書類を預かりに行くので時間は余裕があるので初めて行くお店に並ぶ事にした。
開店30分前に到着し専用駐車場にINしてお店に向かいテクテク歩く。
お店前に着くと前5で余裕を持ち並び日陰なので少し寒い中待つ。
定時に開店し券売機で12番の小ラーメン豚入りを購入しカウンター席に座る。
小二郎・メニュー

機会があればと思っていたお店だが平日は夜だけの営業で中々チャンスがなかった。
厨房はご主人さんと奥さんと新米らしい男性スタッフさんの3人で切り盛り。
奥さんが男性スタッフさんに色々と教えていたのだが返事もハキハキして一生懸命だった。
たまにはガッツリいきたいと前回他の黄色いお店を伺ってから丁度1ヶ月程、カネシ切れなのかな?。
独特のアロマが漂う店内でご主人さんの調理など見ながら待ちました。
暫くしてコールが掛かり「ヤサイ・ニンニク・アブラ」とお願いし小ラーメン豚入りが到着しました。
小二郎・小豚ヤニア

凄いな~(^^;
今日は伺うつもりでいたので昨晩軽めの晩ごはんを食べ今日は朝ごはん抜きにしたので勢いで豚入りを頼んだが見た目でかなりのボリューム、聞いてはいたが新小金井街道は侮れない。
上に乗せられたゴロリとしたアブラが挑む気持ちを増幅させました。
まずはニンイクをよけてヤサイや豚から挑みます!
ヤサイはキャベツ:もやしの割合が4:6位の割合でキャベツ多目は嬉しい。
小二郎・3

シャキシャキ感があり特に多目のキャベツの芯は甘味があり食べやすい。
コールしたアブラもヤサイを食べ進めるアイテムとして中々宜しい。
小二郎・2

豚は脂分少なくしっとりした歯応えで薄味、噛むと口の中で解れる感じでシャキシャキヤサイと一緒に頬張るとマッチした食感。
小二郎・1

始めはヤサイ&豚に挑み頃合を見て天地返しします。
小二郎・天地返し

4枚残した豚のうち3枚を丼の底に沈めた。
平らな太い麺に挑みます!
小二郎・5

黄色いお店の中では太い感じ、ツルンとした麺肌で滑らかな啜り心地、頬張って噛むとモチッとした歯応えがあり柔らかめだが程好いコシもある。
スープはコールしたアブラの効力もありプカプカ塊が浮いている。
小二郎・4

脂分も多くこってりしたスープだがカネシの味に甘味が加わり飲みやすい感じ。
ベースの豚骨スープの濃度も確りした感じでグルの主張は強くなく味加減は程良いバランスに感じた。
ニンニクの辛味や風味も良い塩梅にマッチして挑み進める。
沈めておいた豚は温まると解れ感が強くなる、麺と豚を一緒に頬張ったりヤサイと麺を一緒に頬張ったり味にや食感にアクセントをつけ挑んでいく。
後半はやはりお腹がきつくなってくるが箸を止めずにガシガシ噛み続ける。
麺や具を食べ終わりスープの味加減が好みだったので危うく飲み干しそうになったが蓮華を取りコールしたアブラを少しのスープと一緒に頂く、コールした礼儀もあるのでアブラだけはと挑んだ。
固形物のアブラを頂き終り残ったスープは自重して美味しく完食です。
食べ終え丼をカウンターの上に置きテーブルを拭いて「ご馳走様でした~」と言いお店を出た。
席の後ろにも待っている方も居たがやはり店外も待ち人が多い。
味加減やバランス等今まで頂いた黄色いお店の中でもかなり気に入った。
食べると言うより挑むと言う言葉がピッタリの品は挑んだ後の達成感もある。
満足でお店を後にして駐車場に向かうと空きを待っていると思われる1台の車。
良く見たらお友達が息子さんと乗っていた、お互いビックリしながらも立ち話をして思いもよらぬ所での出会いはお互いラーメン好きとは言え珍しい。
笑顔でこれから挑むお二人を送り心の中で何故か?「頑張って」とエールを送った。
この味は好きな方も多いのは分かる、最近僕もたまに挑みたくなる事もある。
これがカネシ切れなのかな(笑)
小二郎・店

(08-081)
ラーメン二郎 新小金井街道店@小金井市貫井北町
小ラーメン豚入り(ヤサイ・ニンニク・アブラ)750円




この記事のURL | 二郎(チックな所含む) | CM(2) | TB(1) | ▲ top
汁なしはいいな~・・二郎一之江店@一之江
2008/02/04(Mon)
午前中新小岩で打ち合わせ、少し長引き麺友さんに連絡するももうお食事後(-_-;)ザンネン。
ならばと未訪店の宿題店に足を延ばす。
お店と近くにコインパーキングを見つけとぼとぼ歩きお店に、到着すると外待ち1でとてもラッキー♪
5分ほどで席が空き券売機で汁なしラーメンを購入し生たまごもお願いし50円渡す。
IMG_1637_1.jpg

何度も並びを見て妥協していたお店で初めての訪問。
厨房はご主人さんと男性スタッフさんのお2人で切り盛り。
厨房を囲むようにカウンター席があり黄色いお店らしいアロマが漂っています。
先に生たまごが提供され暫くしてコールが掛かり「ヤサイ・ニンニク・アブラ」でお願いした。
「どうぞ~」と汁なしラーメンが提供されました。
IMG_1638.jpg

「魚粉は?」と聞かれ「いらないです」と言いました。
こんもりとしたヤサイが良い感じです。
鳳凰の舞う白い丼に盛られた汁なし、上にはぶた・アブラがトロリと掛かったもやしとキャベツのヤサイが盛り付けてあります。
IMG_1639.jpg

この後は自宅に戻るだけなのでコールしたニンニクもヤサイの横に鎮座しています。
IMG_1640.jpg

まずは食べやすくするためヨイショヨイショと天地返し。
IMG_1642.jpg

では頂きます(^^)
麺は平らな中太麺、タレを纏い滑らかな口当たりで口に運び頬張ると硬めの確りと粉がギュッと詰まった旨みを感じる。
IMG_1644.jpg

絡まるタレは汁なしとはいえ多め、少量のスープ+アブラで意外に澄んだ見た目と同様しつこさは無く味加減は丁度言い塩梅。
IMG_1647.jpg

ヤサイをコールしたのでアブラもコールしたが丁度良い塩梅で食べ進める。
ぶたはしっとりした食感でやや濃い目の味が箸を進めさせる。
ヤサイはもやしとキャベツの比率が6:4位で飽きもせずに食べられる、また麺と絡ませシャキシャキした歯応えを楽しんだり濃い目の味を中和させる役目はとても有難い。
ニンニクはやはり僕には黄色いお店では必要!風味や味がピタッと嵌る。
半分程食べて生たまごを丼にIN。
IMG_1648.jpg

混ぜ混ぜしてムヤムシャ食べる。
生たまごが加わるとやはりマイルドさが出て後半の味の変化が楽しめる。
案外食べやすく量も多く感じられずどんどん食べ進む。
麺や具を食べ終わり丼の底には美味しそうな味を追加したカネシダレが残った。
ほんの少しだけ飲み後ろ髪惹かれたがグッと我慢し美味しくフィニッシュです。
黄色いお店では初めて汁なし頂いたがこれは僕には食べやすくとても良い感じ。
混ぜて食べる物が好きなのでこの味わいや食べ方は僕の好みにピッタリ。
ヤサイも美味しく頂けたし特に麺と絡めて食べた時の食感はナイスなハーモニー。
麺・タレ・具共にお互いの良さを感じられる塩梅だったのだろうか、とても美味しく頂けた。
良いなこの汁なしは後味も何時もより窮屈さは無い。
そう言えば浜にも汁なしを提供する黄色いお店が・・・(^^;
まだまだ黄色いお店の未訪店はある、無理せず少しづつ行くつもりです(^^)
IMG_1636.jpg

(08-036)
ラーメン二郎・一之江店@江戸川区春江町
汁なしラーメン600円・生たまご50円




この記事のURL | 二郎(チックな所含む) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
軽く感じたのは気のせいか?・・二郎品川店@品川
2008/01/18(Fri)
昨晩お友達から「明日一緒にランチどう?」と連絡がありお仕事も一段落したので喜んでOKを出し品川駅に向かった。
品川駅でお友達と合流しもう1人のお友達が来るまでお茶しながら待つ。
合流し目的のお店に向かう。
お店に着くともう1人のお友達と合流、12,3人程の待ちがあり最後尾に接続し入店まで待つ、今日はお友達と話しながらだから待つのも楽々、て言うかその間も楽しい。
待ちの間に外の券売機で小の券を購入し席が空くまで待つ。
IMG_1313.jpg

暫くし席が空き入店、時間的なこともありお店前で合流したお友達は職場に戻った、ちょっと残念だった。
カウンター奥の席に座り札をカウンター上に置く。
お店は初めての訪問で今年初の黄色いお店。
奥に伸びるカウンター席が厨房を囲む、厨房にはご主人さんと男性スタッフさんのお二人が寡黙に淡々とお仕事されています。
じきに右手でコールの合図があり「野菜・ニンニク・脂多目」でお願いした。
「どうぞ」の声と共に小が提供されました。
IMG_1316.jpg

こんもりとした野菜の山、そんなに威圧的な風貌ではない。
ほぼもやしややキャベツの野菜の上には脂がドロリと鎮座しています。
茹で野菜なので脂は食べやすくするアイテムなのです
IMG_1318.jpg

まずはスープを一口啜ってみます。
IMG_1322.jpg

ギラリとした脂の浮くスープはカネシの味を強く感じ幾分味は濃い目。
こってりとしたスープだが食べ進むのには丁度良く感じた。
では食べやすくするために天地返しをして頂きます。
IMG_1321.jpg

麺は中太の平らな麺。
IMG_1320.jpg

黄色い店にしてはやや細い印象、ずるずるとは啜れないが滑らかな舌触りで頬張って噛むともっちりとした食感があり旨みも十分。
インパクトは無いが食べやすい感じです。
具の豚はカット形状の物がゴロリと3個。
IMG_1319.jpg

嬉しい事に味の染みた端っこでそのものズバリはかなり味が強いが食べ進む良い箸休めになった。
麺を野菜と絡めながら頂き途中で豚を齧る、そんな事の繰り返し。
野菜を増したがこれは僕的には大正解で麺と野菜の量がナイスなバランスだった。
ニンニクの風味やピリリとした辛みは後半飽きもせずに食べ進めた良いアイテムだった。
かなり一生懸命に食べた、噛み砕く口の動きも何時もより早めだ。
麺や具を食べ終わりスープを一口啜り何時も通り全部は飲み干さずに美味しく完食です。
以前感じた格闘感は何となく感じなかった、これは昨年何時もの倍は黄色いお店を食べたためか?案外軽く感じたのは事実。
ただだからと大などと言う僕には無謀な挑戦は避けたい、この位の量が美味しくいただける量だ。
丼をカウンター席の上に置き「ごちそうさまでした~」とお店を後に。
何時もの黄色いお店の食後感じる高圧的な満腹感は無く「僕でもいけるかも」とマジックに掛かったような腹具合でした。
その後品川駅までゆっくり歩き「ではまた」と順々に帰路に。
今年初の黄色いお店、まだ未訪のお店も多いがゆっくりと楽しみたい。
とても楽しく美味しいランチタイムでした。
IMG_1315.jpg

(08-015)
ラーメン二郎 品川店@品川区北品川
小(野菜・ニンニク・脂多目)600円

この記事のURL | 二郎(チックな所含む) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
踊る鰹節・・辰屋@松陰神社前
2008/01/12(Sat)
3連休の方多いのでしょうね、冷たい雨の振る中お仕事ですよ。
午前中赤坂で打ち合わせがあり午後は世田谷で打ち合わせがある、時間が詰まっていたために世田谷の打ち合わせを終えてお昼ごはんを食べる事にした。
何だかがっつりいきたい気分ならばとお店を考え向かう。
お店に着き直ぐ近くのコインパーキングに車を止めてお店に向かう。
お店に入りと満席で待ちが1名で隣に並ぶ。「お決まりでしたらどうぞ~」とご主人に言われメニューから辰醤油らーめんを野菜・ニンニク・アブラ多目でお願いした、この後は自宅に戻るだけだしね。
IMG_1238.jpg

じきに席が空きカウンター席に座る。
お店は開店した直後の暑い夏の日に伺った記憶があり多分5年以上開いていると思う、2回程待ちを見て諦めた事があります。
厨房はご主人がお一人でテキパキとお仕事されています。
二郎インスパイアのお店として名前が上がるお店でオリジナル感のあるメニューを提供されているようです、以前伺った時に美味しく頂けたので期待して待ちました。
暫くして辰醤油らーめんが提供さてました。
IMG_1239.jpg

今年初めての野菜の山です、しかも増したのでこんもりとしています。
小さめな丼ですが溢れるほどのボリューム、麺は見えませんよもちろん、上には豚・半煮玉子・もやしとキャベツの野菜・ニンニクが添えられ鰹節が振り掛けてあり踊っています。
IMG_1240.jpg

さてと、まずはこんもりとした野菜から頂きますか、少しでもやっつけないと麺が食べれません。
IMG_1241.jpg

鰹節の下には増したアブラがありしゃきしゃきのもやしとキャベツに絡めながら頂く。
鰹節の風味とアブラのこってりした味わいがもやしとキャベツを食べやすくしてる。
野菜はもやしばかりだと食べていて飽きが来るがキャベツ率も多いので有難い。
半分程食べた所で麺を引っ張り出しひと啜り。
IMG_1243.jpg

以前印象に残っていた三河屋製麺特製の極太麺。
滑らかな啜り心地と優しい歯触りは正しく饂飩の様な食感。
極太だがごわごわした感じは無く意外に優しい味でスープの乗りも良く噛むと小麦風味が伝わります。
頃合も良く食べ進んだので麺をヨイショヨイショと引っ張り出し天地返しした。
IMG_1248.jpg

やはり天地返しした方が味が全体に馴染み断然食べやすい。
スープは食べ始めは醤油の味が強く感じたが全体に馴染むと甘味もあり案外くどさは無く豚の旨みをガツンと感じニンニクの風味が実にマッチしていた。
IMG_1246.jpg

具の豚は繊維質を感じつつ解れて柔らかく濃い目の味で食べ進むうち良い箸休めになった、また1つは端っこだったのが嬉しい。
IMG_1244.jpg

煮玉子は味も確り染みて派手さは無いが味も存在感も十分でした。
IMG_1242.jpg

麺を頬張り、野菜も頬張り、豚を齧りながら食べ進む。
隣の学生と思しき2人連れは知らないで大盛りを頼んだ様子でしきりに「食べても減らない」と顔を見合わせて言っていた、しかも2人ともかなり残して帰ったよ(^^;
おじさんは何とか頑張る!
時折丼の縁から啜るスープが意外に軽く甘味のある味加減で口に残らず食べ進めた。
麺や具・野菜を食べ終え残ったスープは飲み干さずに美味しくフィニッシュです。
食べ終わりお腹はパンパンでも意外に軽い感じで後味も良かった。
ニンニクの風味が加わったスープは最後は飲み干しそうになったが惜しい事だが考えて止めた。
野菜はもやしとキャベツのバランスが良くもやし7割キャベツ3割といった配合で鰹節のお陰もあり飽きずに頂けました。
食べ終わり考えたがこの3日間三河屋製麺の麺を頂いているがどれもそれぞれに色んな顔を見せ特長があり美味しい、今時の製麺屋さんは流石に凄いと感じた。
お会計をしてお店を出るとまだ肌寒い雨空ながら気分は満足、がっつりいきたい時はこんな味がピッタリだと思いました、ただ身体の事も考えながらね(^^)
IMG_1236.jpg

(08-011)
らーめん辰屋@世田谷区世田谷
辰醤油らーめん(野菜・ニンニク・アブラ多目)700円






この記事のURL | 二郎(チックな所含む) | CM(2) | TB(0) | ▲ top
カレー味に寄り切りされた・・二郎相模大野店@相模大野
2007/10/23(Tue)
(今年418杯目)

午前中海老名のお客さん宅に行き書類を預かり午後は川崎のお客さん宅を回るので途中でお昼ごはんを食べて向うことにした、川崎と言っても新百合ヶ丘周辺なので町田方面から行く事にした。
お店を考える、朝ごはん抜きでお腹はぺこぺこ、がっつりいきたい気分でもあった、あるよそんなお店が相模大野に、躊躇無く車を走らせる。
ただ前を通り並びが多かったら止めようと考えていたがお店前を通ると外待ち1名、直ぐ近くのコインパーキングも空いていたのでそこに車を止めてお店に向う。
券売機でラーメンと和ッ!カレーを購入し外2人待ちの3番目に並ぶ。
今日の和ッ!カレーはジャワのようだ、まあこのメニューが食べたかったのでジャワでもバーモンドでもこくまろでも和ッ!カレーが食べたかったので何でも良かった。
IMG_5540_20071024213723.jpg IMG_5541.jpg

程なく「券だけ見せて~」と声が掛かり青札と赤札をかざす、暫くして席が空きそこに座り青赤2つの札をカウンター上に置く。
厨房は大きな身体のご主人さんと奥さんのお二人で切盛り、元力士と聞いていた通り実に堂々とした身体の持ち主で思わず兄貴!と呼びたくなる。
奥さんとの連係プレーも鮮やかで調理を見入ってしまう。
コールが掛かり「ニンニク・アブラ」とお願いしラーメンwith和ッ!カレーが提供されました。
IMG_5544.jpg IMG_5543.jpg

何時もの黄色いお店のフォルムに和ッ!カレーが眩しい。
もやし&きゃべつの野菜に顔を覗かせる豚、コールしたニンニクとアブラが盛付けてあります。
まずはデフォのスープをひと啜り。
IMG_5545.jpg

こってりしカネシの効いたスープは乳化度も十分な感じで味加減は好みの味で黄色いお店にしては飲みやすい感じ。
一口スープを味わったので食べやすいように天地返ししてみた。
IMG_5548.jpg

さてと、がっつり頂きますか!
麺は太い平内の様な麺。
IMG_5547.jpg

やや柔かめの茹で加減で滑らかな舌触り、啜って頬張ると程好い弾力がある。
湯切りが甘い感じもするが風味としては悪くないと思う。
具のヤサイはもやし&きゃべつが何だか程好い配合で少しクタヤサイっぽいが食べやすく良い箸休めになる。
豚は柔かく解れる感じで食べやすいく間に齧りながら食べ進む。
食べながら面白いことに気づく、混ぜずに手前から天地返ししたので右側と左側の味わいが違う、右側はコールしたニンニクの風味が広がる味、左側は和ッ!カレーが効いた和風のカレーの味わいととても面白い。
程好く食べ進んだ所で全体を良く掻き混ぜて味を均一にする、スープはカレー色に染まった。
IMG_5549.jpg

和ッ!カレーは魚粉+カレーの様で和風の風味が全体に広がり実に食べやすくカレーの味も効いて飽きもせずに食べ進めた。
麺や具を食べ終わるとかなりの満腹感って言うかお腹がきつい。
残ったカレー風味の広がったスープを少し飲み何時も通り残して美味しくフィニッシュです。
何時もは後半飽きの来る味ですが好きなカレー風味のお蔭で味の変化も楽しめ美味しく頂けましたし魚粉の風味も好みの味でした。
車に乗るとふ~っと一息、黄色いお店はやはり強暴だ!
ニンニクコールしたので途中公園を見つけダッシュボードに常備入れてある歯磨きセットで歯を磨きお客さん宅に向いました、もちろん車中もガムを噛み噛みしながらですが(^^;
噂に聞いていた元力士の店主さんのスモジのカレーは満足満腹。
カレー味に寄り切りされた感じでした(^^)
IMG_5551.jpg

ラーメン二郎@相模原市相模大野
ラーメン600円・和ッ!カレー100円


この記事のURL | 二郎(チックな所含む) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
意外に食べやすかったよ・・勇花@北戸田
2007/09/18(Tue)
(今年388杯目)

午前中は自宅でお仕事。
急ぎの見積書を作成しそれを持って午後川口で打ち合わせがあるので途中でお昼ごはんを食べて向かう事にした。
お店はチョット前に知って行きたいと思っていたお店。
お店に着くと丁度開店時間で外でのぼり等を準備されていた男性スタッフの方がいてコインパーキングも近くに見当たらなかったので車を止める場所がないか聞いたらお店前に止めて大丈夫と返事があり有り難くとめさせて頂く、好感が持てる感じがした。
店内に入り券売機を眺め小ラーメン・生タマゴ を購入しカウンター席に座りお好みを聞かれたのでアブラをお願いした。
IMG_5056.jpg IMG_5057.jpg

厨房にはご主人がいらっしゃりお二人で切盛りしている。
ご主人は富士丸(旧マルジ)出身と情報があり二郎インスパイアが味わえるよう。
店内はカウンター席と座敷席でこれからもそんな感じが伺える。
穏やかに時間が過ぎる感じでぼんやりしながら待ちました。
暫くして小ラーメンが提供されました。
IMG_5061.jpg

生タマゴとアブラは別皿で提供されました。
黒い丼に盛られた麺の上にはこんもりともやしの山と横にはブタ添えてある、ヤサイまししなくて良かった。
IMG_5063.jpg IMG_5064.jpg

まずは食べやすいようによいしょと天地返しをして頂きます。
IMG_5068.jpg

ごわつく平たい太麺は小麦がぎゅっと詰まった感じで風味が豊か。
多くは啜れないので少しづつ啜り噛むとがしっとした歯応えで凄い弾力。
IMG_5067.jpg

スープはオイリーな感じで味は強めの醤油味。
ヤサイも多いのでこの塩梅が丁度良くヤサイましにしたら味濃い目にした方が良いかも。
IMG_5065.jpg

ヤサイはほぼもやしでシャキシャキして歯ざわりもいい、ブタはしっとりした感じで噛みしめるタイプ。
どんどん食べ進みやはり想像した通り少し飽きが来たので味を変えて食べる事にした。
IMG_5069.jpg IMG_5072.jpg

生タマゴを解きほぐしそこにアブラと丼からスープを入れてすき焼き風に麺をつけて頂く。
生タマゴとアブラの塩梅も良く飽きが来た味にかなりの変化が出て美味しく食べ薦めた。
麺やヤサイ等を食べ終えると丁度無くなるいい量でペース配分ばっちりだった。
丼に残ったスープは飲み干さず美味しくフィニッシュです。
この系の味では大人しい方で纏っている感じ。
でもやはり小ラーメンでもお腹は満腹でそれなりに量は多い気がする。
意外に食べやすくまたたまには食べたいと思う味でした。
提供される前に頂いたサービス券を次回は使いたいと思う。
IMG_5059.jpg

食後ももたれずに満足でした、すきやき風が成功したかも(^^)
IMG_5073.jpg

ラーメン勇花@戸田市美女木
小ラーメン(アブラまし)600円・生タマゴ50円

この記事のURL | 二郎(チックな所含む) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
カネシ切れだよこの身体・・二郎府中店@府中
2007/09/10(Mon)
(今年381杯目)

今日は何だかスッキリしない空、午前中は国分寺で打ち合わせがあり、修了後何となくガッツリ行きたくなり行くならば黄色いお店、そうカネシ切れなのである。
幸い国分寺とは言え道路挟めば府中、その府中には黄色いお店は昼も営業しているなず、ならばとご近所にお住まいの麺友さんにコールしランチを一緒にする事にした。
近くのコインパーキングに車を止めてお店に向う、店舗前には麺友さんの姿、待ちも話しながらだと苦も無い。
定刻少し過ぎて開店し券売機でラーメンとチーズを購入しカウンター席の奥2番目に陣取り券を差し出す。
笑ったのはチーズの券、おにぎりと書いてある、何故なのか?
IMG_4946.jpg

お店はやはり人気がありオープン直後満席で待ちが出ている。
厨房はご主人がお一人で切盛り、テキパキと仕事をこなしている。
雑居ビルの一番奥にひっそりと佇むお店だがやはりそこは黄色いお店、存在感があるお店だ。
暫くしてコールが掛かり「ニンニク・アブラ」でお願いしラーメンが提供されました。
IMG_4947.jpg

久し振りの黄色いお店、やはり強暴感があり迫力がある。
こんもり盛られたもやしとキャベツ、上にはコールしたアブラ、ニンニクも脇に鎮座している、ブタの横で顔を覗かせるチーズははたしてどんな感じになるのか?
IMG_4948.jpg

まずは何時も通り天地返しをして頂きま~す。
IMG_4949.jpg

天地返しは食べやすくする為に何時もやっている、こうすると僕はヤサイが実に食べやすくなる。
まずはスープをひと啜り。
IMG_4952.jpg

アブラ増ししたお蔭で脂分はすこぶる多い、カネシの効き具合は濃い目だがこれでないとやはり黄色良い店らしくない、程好い乳化度もあり食べ進める味だと思う。
麺は平たい極太麺。
IMG_4951.jpg

こりゃ凄い!ごわごわして小麦の詰まったと言うか塊のような麺。
とてもお箸(マイ箸ですが)で一掴み等頬張れない、4or5本が精々だ、一応それだったら僕の肺活量なら啜れるがそれ以上はかなり難儀な気がする。
歯を跳ね返すような弾力と顎を疲れさせる噛み応え、まさに此方ではこの麺こそが一番のような存在感がある。
具のブタはも噛みしめるタイプで時折齧りながら食べ進む。
チーズは良かった、トロリとろけて麺に絡む、極太麺との相性も良い、チーズ好きの僕はとても満足できた。
後半ニンニクが全体に混ざると風味が感じられ飽きずに食べ進める。
満足できたのはそれだけではない、ヤサイが良かった、もやしとキャベツの比率が半々位の感じでとても好み、もやしばかりだと飽きが来る、比率の多いキャベツは偉大に感じた。
僕的には麺友さんに遅れをとらない様にように一生懸命食べた、何時も通りスープは飲み干さず麺と具を頂き美味しくフィニッシュです。
僕が食べ終わり隣の麺友さんを見るとまだ格闘中、そうだブタ入りの大だったしかもヤサイもコールしてたもんね。
なので「お先に」とつげてお店の外で待つ。
その時改めて思った、この黄色いお店は好みだ、とても満足した「また来たい」と。
食べ終えて直ぐ「また来たい」と思ったのはこのお店が初めて、昼営業をしていたり僕にとっては行きやすい場所柄という事もあるが味を含めてトータルでも満足。
その後場所を変えて珈琲を頂きながらお喋りタイム、はっきりしない空とは対照的にスッキリとした気分。
とても楽しく美味しいランチタイムでした。
IMG_4945.jpg

ラーメン二郎・府中店@府中市宮西町
ラーメン600円・チーズ100円
この記事のURL | 二郎(チックな所含む) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ