2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
レトロな街並みにとけこむ老舗・・菊乃屋@半田
2008/08/09(Sat)
暑い日でした、武豊での打ち合わせが終り名古屋出張のお仕事終了。
お昼ごはんを食べてから名古屋の宿に戻ろうと行きたかった半田の老舗に向けて車を走らせる。
駐車場に車を止めてお店に向かう。
レトロで物静かな町並みに溶け込んでいる老舗 です。
店内に入り「どちらにしましょ」と言われ「普通で」と言いテーブル席に座る。
菊乃屋・メニュー
メニューには中華そばとその大盛・ライス・ビールと清い。
昭和にタイムスリップしたように思わせる店内。
厨房には年配の女性スタッフ二人が明るく気持ちの良い接客、常連さんが多いようで長年愛されてきたお店だと分かる。
穏やかに感じる空気とゆっくり流れる時間は老舗ならでわのもの、そんな空気に身を任せまちました。
暫くして中華そばが提供されました。
 菊乃屋・中華そば
提供された中華そばはシンプルな見た目からして心擽られる 。
青縁に瓢箪が踊る白い丼に盛られた中華そば、上にはチャーシュー、めんま、刻みネギが盛り付けてあります。
まずはスープを一口。
 菊乃屋・スープ
濁りのある醤油味のスープは表面に豚の背脂を溶かし込んだ脂が覆い一口目は鰹の風味を感じ後からぐぐっと鶏の旨味を感じる味でサラリとした口当たりでコクがありどんどん引き込まれていく味。
麺は細目の縮れ麺。
 菊乃屋・麺
しゃっきりした茹で加減でスープとよく絡む、啜ると感じるかん水の風味が中華そばらしく懐かしさを感じさせるてくれる。
具は程よく味の染み込んだジューシーで噛み心地の良いチャーシュー。
 菊乃屋・チャーシュー
柔らかなめんまはいい箸休め、ネギの風味と食感は実に相性が良い感じ です。
菊乃屋・めんま
丼は熱々でスープも食べ終わりまで温度をキープ もちろん麺も食感をキープ
途中で大盛にすれば良かったてやや後悔したが今の僕には丁度良い量かも知れない。
途中卓上のコショーを加えると味が引き締まると言うより一段と旨味がました感じがした。
麺や具を食べ終わり残ったスープを丼の縁から啜り込んで美味しく完食です。
食べ終わり額から滲む汗を拭きホッと溜息、後味の余韻も中々良い。
永年愛された老舗の味は想像以上に美味しく「美味しかったです、ご馳走様でした」と言い満足でお店を出たがまた直ぐに食べたくなった。
飽きの無い味で飾り気は無いが食べて十分満足させる力のある味でした。
こんなお店がやはり好きだな、僕にはとても居心地が良く美味しいお店でした。
 菊乃屋・店
(08-170)
菊乃屋@半田市銀座本町
中華そば600円
スポンサーサイト
この記事のURL | らーめん愛知県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
不意に見つけ突撃・・たけちゃん(屋台)@半田
2008/08/06(Wed)
碧南市でのお仕事を終えてこの間半田で見つけ気になっていた物があり衣浦トンネルを抜けて寄り道して名古屋に戻ることにした。
近辺に駐車場は無く必要なものがありヤマダ電機でお買い物してちょっとだけ止めさせて頂く、お買い物したからまあ良いよねm(_ _)m
気になっていた物とは屋台で通りながらラーメンの文字を見て何となく頭から離れなかった。
買い物前に通って営業しているのを確認していたのでテクテク歩き向かう。
この屋台は半田大橋側の名古屋スバル半田店の店舗前に夜な夜な現れるらしい。
近づきこの道?年という感じの親父さんが調理していらっしゃりメニューは中華そばとみそラーメンの二本立て。
たけちゃん屋台・メニュー
(フラッシュ使用出来ないので今回は写真が暗いです)
日曜日(雨の日はお休みも有るそう)は20:00-25:00までこちらで営業されているそう。
面白そうだったので作り方を見ていたらスープを丼に注ぎ入れ茹で上げ笊でしっかり湯切りと店舗と変わらない慣れた手つきで鮮やかな手捌きも見られた。
暫くして中華そばが「お待ちどう」の声と共に提供されました。
 たけちゃん屋台・中華そば
「写真撮って良いですか?」とお聞きしたらやや抵抗されたが何とか承諾して頂きパチリと。
双喜文の小降りな丼が木の笊の上に乗せられ提供されました。
フォルムからして美味しそうビールケースに板を渡した座席に腰掛け頂きます。
スープは白濁した鶏の旨味がしっかり出ている醤油味。
胡椒のピリリとした風味が良いアクセントです。
細めの縮れ麺は茹で加減しゃっきりでちゅるちゅるとした啜り心地で程よいコシがある。
具は味のしっかりした噛み心地の良いチャーシュー・歯応えの良めんま・スライス茹で玉子。
旨味も強めだか味加減が良いのでスルスルいける。
ゴクゴクスープまで飲み干し美味しく完食です。
川辺りで心地良い風が頬を掠める中とても美味しく頂きました。
正直味よりは雰囲気で頂こうと思っていましたがなかなかどうして屋台でこう言う味が楽しめたのは正直驚きました。
不意に見つけ気になったのはどうかとも思うが僕のアンテナが働いたのかも知れない。
屋台と言う限られたスペースで提供される味はけしてその辺りのお店には負けない美味しさや味がある。
食べ終わり手の空いた親父さんと少しお話したが、とても優しく温かい方でした。
寄り道してとても満足、旨みは名古屋に戻るまでずーっと続きましたよ。
たけちゃん屋台・店
(08-169)
たけちゃん(屋台)@半田市上浜町
中華そば600円

この記事のURL | らーめん愛知県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ニッコリ笑顔のモダンなお店・・麺屋 轍@半田
2008/08/02(Sat)
武豊(たけゆたかではなくタケトヨです)でのお仕事を終えて名古屋に戻る途中、お昼ごはんを食べそびれてお腹がぺこぺこだったので知多有料道路に乗る前にちょっと寄り道。
お店をらーナビで検索し決めたお店にGOGO。
お店前の駐車スペースに車を止めてお店に入る。
券売機を見て何にしようか?考えて目を惹いた極太つけ麺(中盛)を購入し案内されたカウンター席中程に座る。
 半田轍・券 半田轍・卓上メニュー
大成食品の鳥居式らーめん塾出身と聞き好みのお店だと思い伺った。
白&グレーのモダンな店内カウンター7席4人掛けテーブルが1席と落ち着いた雰囲気 で居心地は良い。
奥の厨房はご主人さんが調理、接客は奥さんは担当している。
暑い日だったのでお冷が美味しく感じる、疲れているのでぼんやりしながら待ちました。
暫くして極太つけ麺が提供されました。
 半田轍・極太つけ麺中
白い丼に海苔筏に漁粉のつけ汁と極太つやつやの麺は和風の丼に盛り付けてあります。
まずはつけ汁をよく掻き混ぜて一口。
 半田轍・つけ汁
少し濁りのあるつけ汁はさらりとした口当たりの豚骨魚介風味。
甘辛酸味がはっきりとした輪郭で強めに感じるが暑いこの季節には良いテイストです。
麺は緩くウエーヴした極太麺。
 半田轍・麺
みっしり粉の詰まった噛応えのしっかりした食感で、甘味も感じメリハリの利いたつけ汁に良く馴染む感じです。
つけ汁の中にはあぶり加減が調度良いジューシーな角切りチャーシュー。
 半田轍・チャーシュー
柔らかで味の染み込んだめんま・「の」の文字が可愛いらしいなるとに長ネギが入っています。
 半田轍・めんまなると
石原良純氏ほどではないが僕はなるとが大好きでラーメンやつけ麺に入っていると本当に心が弾む。
400gもそんなに多くは感じなくスルスル胃袋に収まる。
じわじわ効いてくる酸味と辛みが食べ進ませる味でバランスの良い味を堪能。
スルスル食べ進み麺や具を食べ終えスープ割をお願いする。
 半田轍・スープ割り
ふわりと香りが立つスープは美味しさもさらに引き立たせてくれた。
じっくり味わいながら割ったつけ汁も飲み干し美味しく美味しく完食です。
頂き終わると「そういえば大成食品直営の麺彩房も伺ってないな~」などと思い、時間を見つけまた伺いたい気分になりましたがどちらに行ってもこの系は美味しく頂ける気がします。
東京では食傷気味の味もメリハリのある味は好みの味で少し酸味が強く感じられたこちらの味も熱いこの季節にはピッタリで想像以上に美味しく頂けました。
「ご馳走様でした、美味しかったです」と言えばご主人さんも奥さんもニッコリ笑顔で丁寧に挨拶して頂きアットホームな雰囲気のお店を後にしました。
半田轍・店
(08-168)
麺屋 轍@半田市天王町
極太つけ麺(中盛)900円




この記事のURL | らーめん愛知県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ベジ妻からのご褒美・・・麺の坊・晴レル屋@大府市
2007/02/04(Sun)
(今年61杯目)
1軒目食べ終わりロープウエーで御在所岳にのぼり山頂でしばし散策。
IMG_0166.jpg

山頂は-5℃だけどさほど寒さは感じない、晴れているので気持ちがいい。
IMG_0169.jpg

少しかすんでいたのではっきり見えないが景色や眺めはいい。
その後ふもとの湯の山温泉でゆっくり入浴し身体が温まった頃出発。
四日市の行きたいお店があったが渋滞にはまり閉店時間過ぎてしまいお店が開いてなかった・・・。
そのお店はこの辺りのらーめんの基本の味となるお店で実は物凄く楽しみにしていた、普段連食は認めないベジ妻もまあ普段中々行けない所ならと快諾してくれていたので残念・・・。
落胆しながら高速道路に乗るとベジ妻が「他に行きたいお店は無いの?」と聞いてきたので「調べてない」と言えば「携帯で検索したら」と優しい言葉・・・後で聞いたらガッカリした姿が可哀想だったとの事、普段厳しいのに以外と優しいのネ(^^)。
御在所SAで車を止めて検索すると行きたいお店が帰り道で以外と近い事が分った、ベジ妻はつけめんは好きならばと伊勢湾岸道路を一路大府市へ、お店は分りやすく迷わず行けた。
お店前の駐車場に車を止めてお店に入る。
IMG_0181.jpg

券売機で僕はつけめん大盛ベジ妻はつけめんを購入、ベジ妻の気持ちに配慮し奢ってしまった。
店内に8人ほど待ちがあり暫くし案内されたカウンター席に座る、何となくご主人と目が合い「美味しいと聞いていて来ました」と一言言えば「どちらからですか?」と聞かれ「東京です」と言うとえらく恐縮され仕事の邪魔にならないように少し会話。
良く似ていらっしゃるのでご兄弟なのか?と思いきや「同級生です」と笑顔、その同級生のお二人の他に若い店員さんとテキパキした奥さんの4人で切盛りしています。
このお店某DBで知りこの辺りでは結構評判が良く機会があれば伺いたいと思っていたがまさかこんなに早く伺えるとは思いませんでした。
色んな情報で評判が良いので期待して待ちました。
程なくつけめん大盛り到着。
IMG_0185.jpg

器も統一感があり見た目から美味しそう。
まずは良く掻き混ぜてつけ汁をひと啜り。
IMG_0183.jpg

うっ旨い。
豚や鶏などの動物系の旨味と節や煮干などの魚介系の風味のバランスが凄く良い、程度な油分もあり旨味は十分。
中にはバラ肉の柔らかいチャーシューやコリコリしためんま、薬味は玉葱のみじん切り長葱と青葱の細かい輪切り、この葱の使い方が絶妙で完成度の高い味です。
IMG_0184.jpg

刻み海苔の盛られた麺は緩くウエーブの掛かった平らな中太麺。
確りと〆られツルツルした食感で口に運べばもちっとした噛み心地があり小麦の香が口の中に広がる、そのまま食べてみたが味のいい麺でした。
IMG_0187.jpg

ベジ妻からチャーシューを貰いご満悦で後は食べ進むだけ♪
ベジ妻も美味しいと言っていた♪
麺や具を食べ終わりスープ割をお願いすると。
IMG_0188.jpg

別の器で提供され「お好みで割って下さい」との事。
そのスープをそのまま少し頂いたが非常に動物系の旨味と魚介系の旨味がそれだけでも美味しく感じたほど旨味が詰まったスープでした。
IMG_0189.jpg

最後の1掬いまで美味しく堪能し完食です。
食べた後ベジ妻と顔を見合わせ「美味しいネ」と同じ言葉を発してしまった、色んな情報からでも美味しそうだとは思っていたが実際味わうと流石!と感じた。
明るくにこやかな接客もいい、この辺りの名店で間違いは無い。
このどっしりとしたスープならこの麺をあつもりで頂きたいのは個人的な感想ですが非常にレベルの高い味で満足でした(^^)V。
連食許してくれたベジ妻に感謝、また機会があれば是非伺いたいお気に入りのお店が出来ました(^-^)。
もちろん東京までの帰り道はいい気分でした。
IMG_0195.jpg

麺の坊・晴レル屋@愛知県大府市月見町
つけめん(大盛り)800円
この記事のURL | らーめん愛知県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |