2017 02 ≪  03月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 03
2017 初麺・・らーめん愉悦処 鏡花@立川
2017/01/01(Sun)
1/1 17-001
らーめん愉悦処 鏡花@立川
おやっさんのきまぐれ 900円(限定)
✴︎コーチン、しゃも青湯出汁醤油に岩清水で育った良質な背脂を振っています
岩清水豚のチャーシュー大判2枚のせ
スポンサーサイト
この記事のURL | らーめん愉悦処 鏡花&にぼぶら | CM(0) | TB(0) | ▲ top
卒業の一杯・・鏡花@立川
2013/02/09(Sat)
(13-027)
日々の麺食(食暦)

20130209鏡花・斜汀の寒桜鮭親子ラーメン900円
らーめん愉悦処 鏡花@立川で斜汀の寒桜鮭親子ラーメン900円(限定・ポール君の卒業制作)
この記事のURL | らーめん愉悦処 鏡花&にぼぶら | CM(0) | TB(0) | ▲ top
華厳の滝は封印中・・鏡花@立川
2011/01/07(Fri)
(11-004)
短編。
20110107鏡花・うにラーメン900円(おやっさんのきまぐれ)
らーめん愉悦処 鏡花@立川でうにラーメン(おやっさんの気まぐれ)900円を頂く。
何回か頂いているうにシリーズも今回が三つ目かな。
以前のうにラーメンと比べシンプルながら食べ進ませてくれる味。
岩海苔の磯風味もジワジワ利いてきて玉子の黄身を麺と絡ませ啜り上げると思わずニンマリ。
雲丹の風味を生かした味だが柔らかい味わいは鏡花の持ち味かな。

20110107鏡花・ビール
折角なので出来上がるまで生ビールを。
華厳の滝は長らく封印中の町田店主だが久しぶりに厨房に立つ姿を見て元気で安心した。
しかしビールがスタイニーからエビスになったのはとても嬉しく思うw。
この記事のURL | らーめん愉悦処 鏡花&にぼぶら | CM(0) | TB(0) | ▲ top
笠岡ラーメンインスパイア・・鏡花@立川
2010/04/14(Wed)
(10-086)
「仮UP」改め「手短に」w
100414鏡花・かしわねぎそば900円の麺上げ
らーめん愉悦処 鏡花@立川でかしわねぎそば900円(おやっさんの気まぐれ4/1~5/末限定)を頂く。
一軒目で満足して更なる満足を求め下り線に乗るw。
入り口を入れば久しぶりの町田店主の声。
以前から興味があった笠岡ラーメンのインスパイアが頂けるとの事でワクワク。
「油好きだったよね?」と言われ「いや」と言うはずも無く大きく立てに頷いた。
歯応えの好いかしわ肉と笹切りの長ネギ、表面に黄色く浮かぶのはかしわの鶏油。
増された老鶏の鶏油は癖も無く奥が深い。
頂いた事が無い笠岡ラーメンもこちらがミッションすれば旨すぎる味になる。
ラー博に期間限定で笠岡ラーメンの老舗が出店しているはず、機会があれば伺ってみよう。
美味しい物を連食出来とても満足な緩い一日(笑)。
この記事のURL | らーめん愉悦処 鏡花&にぼぶら | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2009/12/16(Wed)
(09-210)
仮UP
鏡花・1216ウニラーメン
らーめん愉悦処 鏡花@立川でおやっさんの気まぐれ・ウニラーメン(期間限定)を食す。
前回頂き唸った味がブラッシュアップして再登場。
前回よりやや淡い感じのスープだがもちろん丼の中に広がる雲丹の風味は申し分無し。
岩海苔の風味もマッチングの好さを見せて雲丹豆腐の味に酔いしれる。
磯の香りが詰まった一杯にまた今回も脱帽。
にぼぶら@立川からブラブラ歩いたが町田店主がお休みだった事がただ残念w。
この記事のURL | らーめん愉悦処 鏡花&にぼぶら | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ぶらぶらと立川へ・・にぼぶら@立川
2009/12/16(Wed)
(090-209)
仮UP
にぼぶら・1216汁なしぶらぶら
にぼぶら@立川(多摩館)で汁なしにぼぶら650円を食す。
行こう行こうと思っていた多摩館へ初訪問。
基本メニューを食べようと思っていたけど汁なしや油そばの文字を見るとスルー出来ない(笑)。
注文の度ベースのタレを調合する独特な作り方。
煮干を効かせたタレに背脂も入りかなりオイリーな見た目とは違いピンと煮干の味がそのオイリーさを包み込むように主張してくる。
三河屋製麺のシコシコに茹で上げられた細麺ともやしのシャキシャキ感が好いアクセント。
にぼぶら・1216ぶらぶら丼
ぶらぶら丼350円。
汁なし系定番の「飯割り」をそのままメニューにしたような嬉しい丼。
麺とは違った味が楽しめボリューム感満載。
この記事のURL | らーめん愉悦処 鏡花&にぼぶら | CM(0) | TB(0) | ▲ top
多摩組一軒目・・鏡花@立川
2009/03/10(Tue)
(09-050)
仮UP
鏡花・0310煮干中華そば
らーめん愉悦処 鏡花で煮干中華そば(おやっさんの気まぐれ)950円を食す。
多摩組一軒目はまずは此処から、くっきりと品のある味わい。
この記事のURL | らーめん愉悦処 鏡花&にぼぶら | CM(0) | TB(0) | ▲ top
古き良き味を再現・・鏡花@立川
2009/02/17(Tue)
午前中急ぎの書類の作成をしてそそくさと自宅を出る。
愛車の吉岡を荻窪のランドマーク、タウンセブンの駐輪場に止めて向かうは立川。
快速とは言えこの先は各駅停車、のんびりと電車に揺られうとうとしながら向かう。
立川駅で降りてテクテク歩きお店を目指しお店に到着し店内に入る。
券売機でおやっさんの気まぐれを購入して案内されたカウンター席に座る。
鏡花・旭川味噌ラーメンPOP
今日は町田店主は不在で厨房はHさんがメインポジション、JさんがサポートしWさんが接客担当、いよいよHさんが動き出すのか。
丁度お昼過ぎの時間店内は緩やかな雰囲気でライトダウンされた落ち着く空間は僕には居心地の良さがある。
毎回楽しみにしているおやっさんの気まぐれだが事前に町田店主からコンセプトも聞いていて伺うチャンスを狙っていた。
暫くしておやっさんの気まぐれ[旭川味噌ラーメン]が提供されました。
鏡花・旭川味噌ラーメン
店名入りの白い丼に盛られた旭川味噌ラーメン、上にはチャーシュー・めんま・もやし・長ネギが盛り付けてあります。
先ずはスープから頂きます。
鏡花・旭川味噌ラーメンスープ
町田店主が感銘を受けたと言う[ふるき@旭川]を再現したと言う味噌スープはさらりとした口当たりで鶏等の動物系の旨味と海産物の風味がマッチした味で味加減もバランスも程好い感じ。
醤油っぽい風味を感じる味噌ダレは甘味もあり後からピリリと感じる辛味が好いアクセントになっています。
麺は細めの縮れ麺。
鏡花・旭川味噌ラーメン麺
しゃっきり硬めの茹で加減で口に当たる縮れ具合が印象的。
スープが絡む麺肌は啜り心地も好く啜って頬張るとシコシコした歯応えを感じプッツリ切れる歯切れの好さがあり細めながら主役的な存在感があります。
具のチャーシューはしっとりとした歯触りで噛むと解れながら旨みを残す、さっぱり目の味もスープに浸し温めて頂くと味に馴染んで食味が増します。
鏡花・旭川味噌ラーメン肉
めんまは通常の極太とは違う物で程好く炊かれ味加減も好く柔らかながら歯応えがあり好い箸休めになります。
鏡花・旭川味噌ラーメン竹
ひき肉と炒めて煮込まれたもやしはシャキシャキした歯応えを残し旨味を纏い麺と絡めて頂くと食感に一段とメリハリが付き楽しめます。
鏡花・旭川味噌ラーメン野菜
食べ進むと麺がスープを吸いふっくらとしながら歯応えを楽しめ違う表情を見せる。
炒めたひき肉は丼の底に残りながら味をプラスしていく感じで食べ進むうち自然とカスタマイズする味を楽しめます。
スルスルと食べ進み麺や具を食べ終え残ったスープを丼の縁からじっくりと味わいながら飲み干し美味しく完食です。
毎回楽しみにしているおやっさんの気まぐれもらしさを感じる味は美味しく頂け満足の味。
今回の味は事前に町田店主から聞いていたが何処となく郷愁を感じる味は弄りまくった味とは違いストレートに感じる味でもあり古き良き味と言う感じがまさにピッタリとする味でもありました。
食べ終わりWさんと少しお話してお店を後に。
味噌味は余り好んで頂かないが寒空の中の冬に頂くと一段と味わいが増す感じもする。
ポカポカと温まった身体で冬の凛とした空気を感じつつテクテク歩き立川駅方面に進むのであります。
鏡花・0217店
(09-032)
らーめん愉悦処 鏡花@立川市柴崎町
おやっさんの気まぐれ 旭川味噌ラーメン900円
この記事のURL | らーめん愉悦処 鏡花&にぼぶら | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2009年食べ始め・・鏡花@立川
2009/01/01(Thu)
年明けも元旦の午前中から自宅で堪っているお仕事をしてお昼過ぎに自宅を出て中央線に乗り向かうは立川。
元旦の電車は空いていてすんなり座れて心地良く電車に揺られる。
立川駅で降りて頬を突く寒風の中テクテク歩きお店に向かう。
お店に入り券売機はスルーして待ち席に座る。
厨房には町田店主、目線が合い挨拶、思わず手を振ってしまったw
待ち席で座っているとHさんが注文を取りに来て現金でワンコインを支払い笹川流れ潮ラーメン(元旦限定100食お年玉ラーメン)をお願いした。
鏡花・笹川流れ潮ラーメンPOP
暫くして案内されたカウンター席の端に座る。
混み合うお正月の店内、厨房は町田店主を中心にWさんがサポート、JさんとHさんがホールを担当している。
今年のラーメンシーンは何処からにしようか?考えていました、元旦から営業している好きなお店を頭に浮かべると此方しか頭に浮かびませんでした。
調理している町田店主、調理の合間に声を掛けて頂いたりしてお気遣いにも感謝。
のんびりと待っている独特のライトダウンした落ち着きある空間もとても心地良いです。
暫くして笹川流れ潮ラーメン(元旦限定100食お年玉ラーメン)が提供されました。
鏡花・笹川流れ潮ラーメン
店名入りの白い丼に盛られた笹川流れ潮ラーメン、上にはチャーシュー・岩海苔・長ネギが盛り付けていありスープにはブラックペッパーが泳ぎます。
先ずはスープから頂きます。
鏡花・笹川流れ潮ラーメンスープ
優しい口当たりの柔らかい味、塩角も無く丸みのあるスープ。
鶏の旨みと鯛の旨みがジワジワ来る、ブラックペッパーのピリリとした辛味も柔らかい味の中で好いアクセントになっています。
塩角も無く丸みのあるスープはすっきりとした旨みの引き出し方はらーめん愉悦処 鏡花らしさを感じつつ今年の食べ始めとしては中々の美味しさ。
麺は細めのストレート麺。
鏡花・笹川流れ潮ラーメン麺
ユラユラとスープに揺らぐフォルムからも分かるが滑らかな啜り心地で喉越しの好い麺。
芯を残した程好い茹で加減でスープとの絡みも良くスープとの相性も好い感じがする。
具のチャーシューは柔らかさと噛み心地を兼ね備え薄味が良く合っている。
鏡花・笹川流れ潮ラーメン肉
岩海苔は麺と絡めて頂くと口の中に磯の香りを残しつつ溶けていく感じ。
鏡花・笹川流れ潮ラーメン海苔
途中からは丼を左手に持ち右手に持つ箸で麺を啜ってはスープを丼の縁から啜るの繰り返しで旨さを堪能します。
スルスル食べて麺や具を食べ終え残ったスープをじっくりと味わいながら飲み干し美味しく完食です。
あ~っ美味しかった、食べ終わりの旨みの余韻を残す感じもらーめん愉悦処 鏡花らしい感じで今年の食べ始めとしては満足の一杯です。
クリアーで後惹く旨さは食べ始めと一緒でこの感じが何を頂いても満足出来るのも僕の中で好きなお店の理由でもあります。
食べ終えると調理をWさんと交代してわざわざ席に来て頂き色々とお話しする。
今年のコンセプトや今現在のお店の方向性やら近況、また来月の限定メニューの事等暫くお話した。
お店以外で会う事もあるがここ二度の訪問はご不在でしたがやはり町田店主がいらっしゃるとお店の雰囲気も一段と締まり調理姿は何時もの「町田さん」とは違い歳は僕よりちょっとお兄さんだが「おやっさん」としての風格がある。
身体の具合も気を付けながらきちんと体調管理されているようで元気そうだったのがなにより。
僕はやはり自分の気に入った味の美味しい物を創ってくれる店主さん達が好きなリピーターなのだと思う。
宿題店や課題店は沢山あるが毎年スタンスは変わらないと思う。
そんな今年のラーメンシーンを此方からスタート出来て満足です。
鏡花・笹川流れ潮ラーメン店
(09-001)
らーめん愉悦処 鏡花@立川市柴崎町
笹川流れ潮ラーメン(元旦限定100食お年玉ラーメン)500円
この記事のURL | らーめん愉悦処 鏡花&にぼぶら | CM(2) | TB(1) | ▲ top
磯の香りに包まれて・・鏡花@立川
2008/12/15(Mon)
午前中立川のクライアントと打ち合わせ今日は電車で向かう。
お昼前に終了してさてランチタイム、北口から南口に貫けてお店を目指す。
お店に着き券売機でウニラーメン(おやっさんの気まぐれ)と〆のお楽しみごはんを購入して案内されたカウンター席に座る。
鏡花・1215POP
今日は町田店主が不在でWさんがメインで調理を担当、HさんがサポートでJさんがホールを担当。
丁度お昼時の店内はほぼ満席をキープしてお客さんも出ては入るの繰り返しでさすがの人気。
何時もながらライトダウンされた店内は落ち着く感じで居心地が良い。
毎度の事ながら何も考えずのんびりと待ちました。
暫くしてウニラーメン(おやっさんの気まぐれ)が提供されました。
鏡花・1215ウニラーメン1
ふわりと磯の香りが立ち上って来ます。
店名入りの丼に盛られたウニラーメン(おやっさんの気まぐれ)、上にはチャーシュー・岩海苔・ウニ豆腐が盛り付けてあります。
先ずはスープから頂きます。
鏡花・1215ウニラーメンスープ
トロリとした口当たりのスープはウニ独特の旨みがじんわりと感じられ舌に香りを残す。
ベースの鶏白湯の確りとした旨みがあるからこそウニが活かされている感じがする。
優しい味わいの中に此方らしいイズムを感じられる味は食材その物を活かすだけではなく確りとらしさを感じられる味わい。
麺は細めの角ばった麺。
鏡花・1215ウニラーメン麺
今回の限定に合わせたと思われる滑らかで啜り心地の良い麺。
程好く茹で上げられた麺は啜り心地もさる事ながら頬張って噛むとシコシコした歯応えがありもちろん喉越しも好い感じがする。
優しくも主張のあるスープに対し細めの物足りなさは無く相性やバランスも良く考えられている感じが受け取れる。
チャーシューはウニダレを纏い確りとした歯応えがある物。
香ばしさと食感は一体感があり味も馴染んでいる感じがします。
鏡花・1215ウニラーメン肉
岩海苔は麺に絡めて口に運び磯の香りを楽しめ味わいに馴染みながらサポートしている感じがします。
鏡花・1215ウニラーメン海苔麺
ウニ豆腐は〆のお楽しみ♪
鏡花・1215ウニラーメン豆腐
ご飯の上に乗せて置き麺を啜ってはスープを丼の縁から飲み美味しさを堪能します。
麺や具を食べ終え残ったスープをウニ豆腐を乗せたごはんに掛けて〆の飯割りを頂きます。
鏡花・1215ウニラーメン飯割り
三つ葉をあしらったウニ豆腐を崩しながらお茶漬けの如くかっこむ様に頂くとウニ豆腐の柔らかい味と三つ葉の食感や香りも好いアクセントになりサラサラと口に運び美味しさを堪能出来ます。
〆の飯割りを食べ終わり残ったスープを丼を両手で持ちグイッと飲み干し美味しく完食です。
食後も磯の香りに包まれ満足感も十分。
軽やかな鶏白湯スープに確りと活かされたウニの旨みは価格は高めも納得の味でこの価格で頂けるのも有難い美味しさでした。
手の空いたWさんと少しお話をしてお店を後に。
町田店主不在はちょいと寂しいがきちんとした仕事はスタッフさんに浸透していて毎度の事ながら満足感も高く食べ終わりの心地良さは言うまでも無く次の限定もとても楽しみです(^^)
鏡花・1215店
(08-267)
らーめん愉悦処 鏡花@立川市柴崎町
ウニラーメン(おやっさんの気まぐれ)1000円・ごはん200円
この記事のURL | らーめん愉悦処 鏡花&にぼぶら | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ