2006 12 ≪  01月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2007 02
元の味に戻ってほしい・・江古田大勝軒@江古田
2007/01/04(Thu)
(今年の5杯目)

1軒目終わり2軒目に車を走らせる、友人が「味が変った」と言っていたので気になっていました。お店に着く7人の待ちでその後ろに並び途中注文を取りにきた奥さんにつけめん(中盛)をあつもりでお願いする。15分位でお店に入りつけめん(650円)を購入し席に着き渡す、ご主人は相変わらず寡黙に淡々と仕事をこなしている、店内も静かで逆に殺伐とした少し暗めの印象がある。程なくあつもり到着。
DSCF0439.jpg

まずはつけ汁を良く掻き混ぜひと啜り、以前感じたバランスの良い感じから明らかに動物系が濃くなった感じで魚介はぼんやりと顔を出す感じ
また甘味や酸味は抑えてある、この系は砂糖の甘味とお酢の酸味が利いているジャンキーな感じが好きなのだが足りない感じさえする、途中お酢をどぼどぼ加え酸味を補い食べ進む、つけ汁の中の具はちゃーしゅー・めんま・ゆで玉子半分でチャーシューは極薄で物悲しい味でただ筋っぽい肉を食べている感じ甘辛のめんまは柔らかで程よい味付け、麺は中太のストレートで表面がざらついた感じなのでスープとの絡みや持ち上げも良くもっちりした食感と小麦の甘さを感じ何時も通り美味しい、スープを割っていただくと味が柔らかになったがやっぱり動物形が強く感じる、スープを飲み干し完食しました。明らかに以前のバランスのいいジャンキーなつけ汁から変った感じどうしたのだろう?と首を捻ってしまった、独立後通いつめたお店で神様が作らなくなった今忠実に味を受け継いでいたと思ったがどんどん離れていく感じもする。中華そばも食べたいし時期をみてまた伺いたいと思います。
DSCF0440.jpg

江古田大勝軒@中野
つけめん650円
スポンサーサイト
この記事のURL | らーめん中野区 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
年末行けなかったお店・・しろ八@新宿
2007/01/04(Thu)
(今年の4杯目)

午前中に挨拶周りを済ませ年末行きたかったお店に向かい車を走らせる、近くのコインパーキングに車を預けお店に向かうと開店時間前なのに開いている。
DSCF0437.jpg

券売機で味噌バターらーめん(730円)と味玉子(100円)を購入。
奥の端の席に座る、12月から味噌を始めた事は知っていたがなんやかやで伺えず本日の訪問となった、作っていただきながら芳賀店主と四方山話、何だかこのお店に来ると時間がゆっくり流れる感じで居心地がいい。程なく味噌バターらーめん到着。
DSCF0438.jpg

小振りの丼にチャーシュー・もやし・味玉子・今月の野菜のちぢみほうれん草が盛付けてあり、長葱・ほぐした貝柱・糸唐辛子が飾られています。
お箸はもちろん割り箸でないお箸を使います。
まずはスープを一口、ふわっといい香がする味噌スープは背脂も浮きバターも溶かされているがくどさや油っぽさは無くこの店特有の優しい感じに仕上がってます、秋に限定で出していた豚汁らーめんが一段と美味しくなった感じです。麺はピロピロした平打ちの縮れ麺でスープと良く絡み啜って噛めば程よいコシと小麦の旨さを感じます。具のチャーシューは柔らかく、もやしはシャキシャキした食感がある、味玉子はトロリとした黄身がたまらない、その他の具も良く合っていると思います。途中わさびを頂きスープに溶かし込むと味噌味にわさびの風味が加わり引き締まった味になる、こちらのらーめんにわさびは良く合います、美味しく完食です。無化調でこれだけの旨味を出すのは凄い事だと思います。味噌らーめんは余り食べませんが美味しくいただけました。
DSCF0436.jpg

旬麺・しろ八@新宿
味噌バターらーめん730円・味玉子100円

この記事のURL | らーめん新宿区 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |