2007 01 ≪  01月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2007 02
こんな味だったかな~・・和尚@国分寺
2007/01/11(Thu)
(今年17杯目)

連食予定で行ったため、本当はもう1軒立川で行きたいお店があったが(大好きな華厳の滝ではないよ)国分寺に気になっているお店があり電車で移動。
国分寺で降り、その店に向かうもシャッター???。張ってある紙を見ると平日は当分の間夜営業のみとの事でがっくりしながらせっかくだからと足を延ばし以前塩ラーメンを頂き美味しかったお店に向かう。
お店に向かうと何時もの大漁旗が無くまたしても休み?と思ったが営業中の看板を見てホッとしてお店に入る、カウンターに座り未食のつけメン(塩)と味玉を注文する、ご主人が調理しお父さんがホールの担当、以前はこの時間だとお客さんも多かったが僕が店に入り出るまで常連と思しきご婦人が1人来ただけ、何か以前と比べ活気が無いのは気のせいか?。
大漁旗は金具が壊れつるせないらしい。
程なくつけメン(塩)到着。
麺の上にチャーシュー・めんま・なると・山くらげ・海苔が盛付けてありつけ汁の中に味玉・薬味のネギが入っています。
まずはつけ汁をひと啜り、ん?温い、少しではなく物凄く温い、それが第一印象、節等の魚介の味が香りやんわりと鶏などの動物系の旨味がくるが物凄く温い、温いなんてもんじゃない冷たいといってもおかしくない。
麺はきんきんに水で〆られた中太麺で少し硬めないい歯応えがあるがいかんせんこの冷やされた麺を冷たいつけ汁につけて食べるのは嫌だ、どんどんつけ汁の温度が下ってくる。
具も全て冷たいチャーシューは脂身が多いのでニチャッとした噛み心地が嫌だ、めんまは味付はいい感じだが筋っぽい、山くらげはコリコリした食感はいいがまったく味が無い、味玉は味加減は良く半熟加減もいい。
何とか麺を食べ終わりスープ割をお願いすると、最初に一緒に出された醤油さしのような器に入った温いスープで割ってくれとの事、確かスープ割をすると熱々にしたステンレスで温めてくれたはずだが僕の勘違いだろうか?、冷たいスープをゴクゴクのみフィニッシュです。
つけ汁自体は味は美味しいのですが如何せん冷たく寒いこの時期には不向きで暑い夏に食べたら美味しそう。
以前食べた塩ラーメンが美味しかったので期待して伺いましたが帰り道は寒さに凍えながら国分寺駅まで歩きました。
お客さんが居ないのは・・・。
でもまた塩ラーメンは食べたいと思いますがつけメンは食べることが無いと思います(^^;。
和尚@国分寺 
つけメン(塩)790円・味玉110円

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
番外編
阿佐ヶ谷に戻り不満な気分を満たす為余り和菓子を食べない僕が引っ越してきてから嵌っている物があります、それを買いに行きました。
DSCF0532.jpg

うさぎや@阿佐ヶ谷 どらやき170円。
かわがふんわりもちっとして中の餡子は甘さの加減が絶妙ですっかり虜です。
今日は濃い目の番茶を入れておやつで頂きました。
とても美味しいですよ(^^)V。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
20070211183031.jpg
20070211183058.jpg

和尚@国分寺市
スポンサーサイト
この記事のURL | らーめん23区以外 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
焼も旨いネ・・凪@立川
2007/01/11(Thu)
(今年16杯目)

今日は自宅でお仕事、お昼近くになり自宅で仕事する時はだいたいベジ妻(ベジタリアンなのでそう呼んでます)がお昼ご飯を作ってくれるがもう半年になるが義理のお母さんが入院中のため週の3、4日は実家に戻っているので自分で作るか食べに行くか選択するとどうしてもラーに走ってしまう、今日は電車で立川へ♪、快速→特快と乗り継ぐと結構阿佐ヶ谷から早く着く。
立川駅で降り南口に出てラーメンスクエアーに向かう、初めて行ってみた。
お店は決めていたので目当てのお店に行き券売機で焼きラーメンと炙りチーズを購入しお店に入る。
厨房前のカウンター席に案内されて可愛らしい女性スタッフさんに券を渡し待つ。
施設にありがちな暗めな店内だがごちゃごちゃしていないので意外とスッキリした感じ、厨房には生田店主の他2名で調理されています。
程なく焼ラーメン到着。
写真を撮っていいか?確認すると「俺ですか?」と生田店主、噂の通りフレンドリーな方だ。
渋谷では食べた事があるが炙りチーズをトッピングしたので印象は違う。
作りか方は角切りのチャーシューともやしをフライパンで炒めそこに豚骨スープと醤油ダレを入れて茹で上げた博多麺を投入し混ぜ合わせるそれをお皿に盛り付けチーズを乗せバーナーでチーズを炙り博多ネギを散らし完成する。
豚骨スープと醤油ダレが絡まった博多麺はしこしこした食感でスープが適度に染み込み美味しい、また炙りチーズを絡めて頂くと濃厚さが増しチーズの酸味が良い方に感じ食べ進んでいける。
具の角切りチャーシューは味加減が程よく肉の食感が楽しめる、もやしもしゃきしゃきしていいアクセントだ。
ゆっくり味わおうと思ったが量は少ないのであっという間に完食です。
ベースの豚骨スープが美味しいからこのようなメニューも出来るのではないかと思います、濃厚でクリーミーな感じで美味しかったです、ただ量が少ないので普通盛りで食事とするのは無理があると思う。
サイドメニューとしてまたお酒のつまみに頂きたい1品です(^^)。
20070211182922.jpg
20070211182954.jpg
凪@立川
焼きラーメン650円・炙りチーズ100円
この記事のURL | 油そば・汁なし・和えそば | CM(2) | TB(0) | ▲ top
初・油その2・・九州GTラーメン@武蔵境
2007/01/11(Thu)
(今年15杯目)

午後武蔵境での打合せが終わりもう1軒気になっていたこちらに訪問。
さすが駅に近いので駐車場は無く30分100円の有料駐車場を見つけ車を預けお店に向かう。
外観は物凄く派手な感じだがこちらも変った油そばを食べさせてくれるらしい、やっぱり外見で判断してはイケナイヨネ。
お店に入り券売機で特製油ソバを購入しカウンターの奥に座る。
間口が狭いが奥行きのあるカウンターだけのお店で店名の通り豚骨ラーメンが看板メニューのようでそれに各種トッピングや増量がある。
頼んだ特性は味玉や具が増量されているようです。
ご主人と女性スタッフの2人で切盛りしています。
程なく特製油ソバ到着。
DSCF0530.jpg

タレの混ざった麺の上にチャーシュー・めんま・長葱・味玉・なると・キムチが盛付けてあり丼のふちに期待している辛味噌がちょこんと付いています。
まず具をどけて麺をひと啜り、お手本のような醤油ダレに絡まった麺は三河屋製麺中太麺で少し硬めの茹で上げだがタレとの絡みも良く噛むと弾力があり美味しいです。
タレは本当に油そばの基本のような醤油ダレで少し油が多い気がするがくどさは無くいい塩梅です。
少しデフォで麺を味わい全体を良く掻き混ぜて食べ進む。
具のチャーシューは柔らかくほぐれる感じで麺と絡め食べられ嬉しい、めんまは極普通の感じ、味玉は味の染み込みが良く、大量の長葱はいいアクセントになっている、キムチは辛味より程よい酸味がありお酢を入れなくてもいい酸味がプラスされた、期待していた辛味噌はいい具合に辛さがプラスされピリカラ感がUPし食べ進めました、最後まで飽きることなく完食です。
僕は油そばならだいたい美味しく感じるので今日の2軒も美味しく頂けました、両店とも辛さに独特な物がありオリジナル感があり楽しめました、中毒は当分続き直りそうにありません(^^)V。

DSCF0529.jpg

九州GTラーメン@武蔵野市
特製油ソバ680円
この記事のURL | 油そば・汁なし・和えそば | CM(0) | TB(0) | ▲ top
初・油その1・・一平ソバ@小金井
2007/01/11(Thu)
(今年14杯目)

1月10日(水)訪問。
昨年の夏の暑さが和らいだ頃に油そばに嵌ってしまい、今だ中毒症状は完治せず今年もずーっと付き合い続けて行くのだろう、まあ苦しい病気ではないので良いかと思います(^^)。
昨年色々お店を探し出し油そばを探求していたが独特な辛味がある2軒の連食まずは1軒目で此方に向かう。
お店の横に有り難い事に駐車場がありそこに車を止める、外の看板にはお店の名前と油ソバの文字がでかでかと表示してある、期待が持てる。
お店に入り券売機で基本の一平ソバ(中)とトッピングでネギ・卵(生)を購入し券を渡し「卵を別皿で」とお願いし真ん中の大きなテーブルに座る。
法政大学が近いので学生さんと思しきお客さんが多い、僕の時と違っていまは大盛など食べている学生さんは少なく時代も変ったと思う。
程なく一平ソバ到着。
DSCF0525.jpg

タレの混ざった麺の上にチャーシュー・めんま・なると・山のような白髪ネギが盛付けてあります、まずはネギをどけて麺を穿り出しひと啜り。
濃い感じの醤油ダレで和えられた中太麺はもっちりとした食感で表面が滑らかなのでタレと良く馴染んでいる、醤油ダレは濃いが塩辛さはなく甘味もあり多分チャーシューの煮汁をベースにしたものだろう。
2口ほど麺を味わい、ここでチャーシューとナルトをどけて卵を入れ良く掻き混ぜる。
DSCF0526.jpg

いい具合に混ざりチャーシューとなるとを戻しパチリ。
後はひたすら食べ進む、卵が混ざりマイルド感がUPしじゅるじゅる食べ進む、途中ここで楽しみにしていた自家製の特製ラー油を3匙ほど入れお酢を少し入れると期待していた通りのピリカラ感が増しさらに食べ進む。
具のチャーシューはジューシーで適度な噛み応えがありこれは非常に美味しい、ただ角切りか短冊切りの方が良く馴染んだと思う、めんまは薄味で柔らかく、白髪ネギは大正解しゃきしゃきして風味も合いいいアクセント。
どんどん食べ進み気が付けば丼は空で美味しく完食です。
油そばは途中で自分好みの味付けが出来るのでこの自家製の辛いラー油は非常に美味しかったです、今まで食べた油そばの中でもかなり上のランクです、美味しかったです(^^)V。
DSCF0528.jpg

一平ソバ@小金井市
一平ソバ(中)600円・ネギ100円・卵(生)50円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この記事のURL | 油そば・汁なし・和えそば | CM(2) | TB(0) | ▲ top
何時もの〆・・天勝@阿佐ヶ谷
2007/01/11(Thu)
(今年13杯目)
1月9日(火)夜。

仕事も終わり久しぶりの新宿へGO!。
思いで横丁で2軒はしごしご機嫌で帰宅途中に〆のらーめんを食べるべくこちらに少しまともな千鳥足で伺う。
お店に入り券売機でらーめんを購入し席に座る。
若いご主人は何時も丁寧に仕事をこなし安心して見ていられる、今一番好きなお店なのでただらーめん食べようかではなくここで〆たく伺ってます。
程なくらーめん到着。
DSCF0524.jpg

細かく綺麗な背脂が浮く豚骨醤油スープの上に、チャーシュー・めんま・海苔・薬味の長葱が盛付けてあります。
まずはスープを一口、濃厚だがサッパリした感じの醤油豚骨スープは臭みやクセなど無く旨味が凝縮している、ご主人が厳選した群馬の銘柄豚を使い豚骨醤油+背脂にありがちな雑な感じは無く上品にまとまっています。
麺はご主人が色々ためし選んだ草村製麺の中太麺で滑らかな啜り心地ともっちりした食感で噛めば小麦のぎゅーっと詰まった旨味が感じられます。
具のチャーシューは肉質が良く噛めば噛むほど美味しい、めんまは最近変えたようでコリコリ感が増しいいアクセントになってます。
豚骨醤油と言えども軽い感じで食べ進み最後は残ったスープを蓮華で掬い堪能しながら美味しく完食です。
味のブレも無いし何時も美味しく〆られるので此方の前を通るとつい寄ってしまいます、ただ昼営業は伺ったことが無く何時も呑んだ帰りでここでいいか?では無くここで食べたいと思い伺っていて僕の中では阿佐ヶ谷NO1です。
11月に引っ越してきてからかなり伺ってますがこれからも伺い続けることは間違いありません。
後味も軽くもたれず満足感が大きいです。
何時も美味しいらーめんをありがとう(^^)V。
20070211180011.jpg

麺屋天勝@阿佐ヶ谷
らーめん630円
この記事のURL | らーめん杉並区 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |