2006 12 ≪  01月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2007 02
杉並探検隊その2・・中村@杉並区
2007/01/19(Fri)
(今年33杯目)

1軒目の量が多くないので決めていた連食を決行するべくよしこちゃんを操り南へ、久しぶりの中村くんのお店に向かう。
この中村くんは昨年開店しもう直ぐ1周年になる、僕の中では2006新人賞のお店、修行した弁慶@葛飾区の味を守りつつ考案したオリジナルメニューも出している。10分位で着いた。
お店に入ると「お久しぶりです」と中村くんの元気な声と笑顔、「こちらこそご無沙汰で」と挨拶し席に着く。
僕は昼営業は初めてで伺い始めてから夜営業ばかり行っていた、昼営業は何回か伺おうと思ったが何時も満席で待ちが出ているときが多かったのでたまたま伺えなかった、一番はコインパーキングなどの駐車場が遠く、路駐をしない僕は何となくタイミングが悪かった、今日はよしこちゃんなのでその心配は無い。
気になっていた魚だし和風つけめんを注文する。
卓上のメニューはこんな感じ。
DSCF0620.jpg

裏には好みも。
DSCF0621.jpg

目の前の壁には塩豚骨らーめん650円などと言う新メニューも出ている、次はそれかな(^^)。
程なく魚だし和風つけめん到着。
DSCF0623.jpg

麺の上には。
DSCF0622.jpg

バラロールの薄いチャーシュー3枚と味玉が盛付けてあり刻みのりが振り掛けてあります。
つけ汁は。
DSCF0624.jpg

魚粉が浮いて和風と言えども濃厚そう。
中にはめんまが入り薬味で長葱も浮いている。
まずつけ汁をひと啜り、熱いつけ汁は大量の魚粉が浮きガツンとくる和風感がある、ベースはこちらの豚骨スープで油分もあるがくどさは無く醤油ダレを和風に工夫しているそうで濃厚ながら和風感が漂っている、非常に良く出来たつけ汁だ。
麺は浅草開化楼の平打ち麺。
DSCF0625.jpg

もっちりとした弾力がありいい噛み心地だある、濃厚なスープに負けないどっしりとした主張の強い麺だ。
具のチャーシューはつけ汁にしゃぶしゃぶして食べると薄切りなので直ぐに柔らかくなりいい塩梅だ、味玉は少しハードだが味の染み込みが良く黄身がネットリしている、刻み乗りも麺と一緒に啜ると香がいい、つけ汁の中のめんまはいい歯応えがある。
麺や具を食べ終わりスープ割をお願いすると。
DSCF0626.jpg

タップリとした量を長葱を添えて別の器で出してくれる、自分で調節できるのが有り難い。
ベースのスープは柔らかさもあり癖が無くスーッと入る味、調節したつけ汁は豚骨風味がましサラッとした感じになり美味しい余韻に浸りながら完食です。
つけ汁に大量の魚粉が入るのでざらつく感じが苦手な方は駄目かと思いますが僕は風味として考えざらつきは嫌ではないので堪能できます。
大好きな中村くんのお店でまた美味しい一品を味わえました、笑顔で明るい接客と仕事ぶりは好感が持てます、今度は塩豚骨らーめん食べに伺おうと思います。
このつけめんナイスですよ(^^)V。
DSCF0627.jpg

らーめん中村@杉並区
魚だし和風つけめん700円。


杉並探検隊はまだまだ続きます・・・・・。
スポンサーサイト
この記事のURL | らーめん杉並区 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
杉並探検隊その1・・東京あってり麺梅里店@杉並区
2007/01/19(Fri)
(今年32杯目)
今日は自宅でお仕事、午前中書類の整理などをし区役所と郵便局に用事があるので妻の自転車よしこちゃんを借り向かう、依然僕の愛車の吉岡はメンテナンス中早く注文したサドルと部品が届く事を願うばかりだ。
用事を済ませ気になっていたお店に向けペダルを漕ぐ、よしこちゃんはママチャリなのでスピードは出ないが最近段々乗り心地が良くなってきた、お店に着きよしこちゃんを待機させ店内に、カウンター席に案内されてメニューから基本のあってり麺を注文する。
卓上のメニューはこんな感じ。
DSCF0613.jpg

またトッピングのメニューはこんな感じ。
DSCF0614.jpg

厨房に3人の男性とホールが1名の女性スタッフで切盛りしています。
軽井沢の創作料理店のお店で五反田と立川のラーメンスクエアにお店があったがラーメンスクエアを終了し今は五反田店とここ梅里店の2店舗らしい。
店内はお洒落なダイニングのようで夜は少し飲んで〆にラーも出来る感じです。
麺の湯切りが特徴あり「シュー、シュー」と言いながら中腰でポーズを決め湯切りしているシュー、シューとはそう聞こえただけで本当は何と言っているか不明です(^^;。
程なくあってり麺到着。
DSCF0615.jpg

写真をお願いし撮ったらその間にスープに薄っすら膜が張った。
小振りな和風の丼にチャーシュー・めんま・海苔・ほうれん草・味玉半分が盛付けてあります。
まずはスープをひと啜り、濃厚と思いきや優しい味がする、煮干や昆布、節などの魚介の風味がドーンと来る、動物系は鶏を中心とした物だろうこれが結構あっさりした中に溶け込んでいる感じでコクを凄く感じ、名前の通りあっさりとこってりが両方感じられ面白い風味だ。
DSCF0617.jpg

麺は中細のストレート麺。
茹で加減が良くつるっと口に入り噛めばしこしこした食感がある、スープも良く持ち上げてくれる。
具のチャーシューはブラックペッパーが振り掛けてあり柔らかさがあり適度な噛み応えがある、めんまは歯応えが良くいい味付け、ほうれん草は茹で加減が良く、味玉は味の染み込みが良く黄身がトロリとして美味しい。
量はさほど多くなく最後は丼を両手で持ちスープを丼から直接飲み干し美味しく完食です。
名前の通りあっさりとこってりが融合し上手くお互いのいいところが出ていると感じました、量は多くないので替え玉などのメニューもありました。
スタッフの方々の接客もいいし基本のメニューの他にも気になるメニューがありますのでまた伺いたいと思います(^^)V。
DSCF0612.jpg

東京あってり面梅里店@杉並区
あってり麺700円

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この記事のURL | らーめん杉並区 | CM(2) | TB(1) | ▲ top
たまには食べないとネ・・戎@西台
2007/01/19(Fri)
(今年31杯目)

午後赤羽で打合せが終わり自宅に帰る途中にもう1軒寄り道(^^)。
裏側のコインパーキングに車を止めてお店に。
DSCF0610.jpg

外のメニューを眺めお店に入りカウンターに座り、中華そば(醤油)とサバ寿司のセットを注文、こちらに来るとメニューを見るけどこれしか頼んだ事が無い。
久しぶりの訪問、実は目的があった、和歌山系の味が大好きな僕は今年密かに「1人で行く和歌山ラーメンツアー」を企画していてそんな事を考えていたら東京の和歌山系が食べられる一番好きなこちらが気になって仕方なかった、そんなラヲタです(^^;。
程なく中華そば到着。
DSCF0605.jpg

いいねー香からして美味しそう。
たっぷり入ったスープの上にチャーシュー・めんま・かまぼこ・長葱が盛付けてあります。
スープを啜ると豚や鶏の動物系の味が滑らかに感じ和歌山から取り寄せていると言う醤油のどっしりとした風味が効いて非常に美味しい、きちんと乳化しているので臭みなど一切無く旨味の塊だ。
DSCF0606.jpg

麺は中細の丸いストレート麺でつるつるした啜り心地と噛むと程よい弾力があり少しかんすいの香もするがこれが和歌山系らしくいい風味にも感じられる。
DSCF0609.jpg

具の煮豚のチャーシューは適度な噛み心地があり噛むと肉汁が広がる、めんまはコリコリした食感があり味つけが程よい、かまぼこは和歌山系には外せない具だ、長葱はスープとの相性が抜群でこってり感を中和してくれる。
DSCF0604.jpg

セットだと50円(通常100円)のサバ寿司は箸休めに丁度良く相性のいい一品だ。
美味しいスープを飲み干し完食です。
こちらは開店したての頃からちょくちょく伺っていたお店で久しぶりでしたが美味しかったです。
和歌山系はお取り寄せで和歌山市の某店から6食入りを定期的に取り寄せて自宅で食べている程好きです、こちらの味を堪能し「1人で行く和歌山ラーメンツアー」を実行する事を固く決意しました(^^)。
DSCF0611.jpg

中華そば専門店・戎@板橋区
中華そば(醤油)サバ寿司セット600円。
この記事のURL | らーめん板橋区 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
子供に戻った感じです・・日の出屋@京成牛田
2007/01/19(Fri)
(今年30杯目)
1月18日(木)

お昼に北千住で打合せがありその前にFILEさんのレポを見て行きたい!いや行くと頷いたお店に訪問。
場所が分ったがパーキングがなく少し離れた所にコインパーキングを見つけ車を止めてとぼとぼ歩きお店に向かう。
AM11:00少し過ぎにお店に入りテーブル席に着きメニューを眺めワンタンメンを注文。
昭和を感じさせるノスタルジックな店内は店頭でおせんべいやどら焼などの和菓子を販売。
DSCF0603.jpg

店内は4人掛けのテーブルが4卓ありテーブルも椅子もレトロだ。
目の前に懐かしい自販機があり。
DSCF0602.jpg

何だか無性に飲みたくなり三ツ矢サイダーを注文。
DSCF0596.jpg

瓶入りていうのがいいじゃない(^^)。
喉を潤しながら待っていると程なくワンタンメン到着。
DSCF0597.jpg

いいね、いいねいかにも美味しそう。
赤縁の丼の上にチャーシュー・めんま・海苔・さやいんげん・かまぼこ・なると・ワンタン・長葱が盛付けてあります、何だか豪華だ。
透明で綺麗なスープを啜ると鶏のやんわりした風味が来て甘味は野菜だろうか?とてもバランスがいい、醤油もあっさりした感じでゴクゴクと幾らでも飲めるスープだ。
麺は中細の縮れ麺。
DSCF0600.jpg

スープと良く絡みしこしこした食感がある。
メインのワンタンはこんな感じ。
DSCF0601.jpg

餡が小さめの皮を楽しむタイプ、チュルンとして好きな味だ。
チャーシューは噛めば噛むほど美味しい感じ、めんまは優しい味付け、なんたって具沢山で嬉しいがなるとが二つっていうのが堪らない実に美しいのの字だ。
堪能しながら食べ進み最後は丼を手で持ちスープを飲み干し美味しく完食です。
スッキリとした味で安心して頂ける実に美味しいラーメンでした、これで無化調というのも素晴らしい、こういうお店は何時までも続けて頂きたい、何だかいいお店を知りました(^-^)。
DSCF0594.jpg

日の出屋@足立区
ワンタンメン650円。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この記事のURL | らーめん足立区 | CM(2) | TB(1) | ▲ top
| メイン |