これもOK・・・ラーメンむろや@新宿区
2007/02/04(Sun)
(今年63杯目)
四谷三丁目で私用を済ませ、まだPM3:00前なので大丈夫とこちらに向かって歩く。
お店に入り券売機でつけめん中盛を購入。
券を渡しながら渕上店主に「動物だけの出来ます?」と聞くと「今作る物が終われば作ります」と快くOK貰いホッとした、1日1杯か2杯それも忙しい時には出来ないと聞いた試作中のメニューらしく本当に有り難い(^^)。
FILEさんやS谷さんのブログを拝見し気になって仕方なかったメニューで動物系の出汁+魚粉+化調入りの醤油ダレはどんな味になるのか楽しみ。
注文し座ろうとしたら声が掛かる、こちらの隣のビルに住むお友達、席を移動し横に座る、そういえばこちらが美味しいと薦めたのは僕だった(^^)。
程なくつけめん中盛濃厚魚粉バージョン。
IMG_0210.jpg

見た目は何時ものつけめん、すこしつけ汁が油分が多そうな感じ。
まずはつけ汁をよく掻き混ぜひと啜り。
IMG_0209.jpg

とろりとしたとろみがあるつけ汁は豚や鶏の濃厚な旨味を感じる、何時もの和風テイストも鯖節や鮭節等の魚粉のおかげで保っているが動物系の出汁が濃い感じ、食べ進むうち唇が粘ついた程濃かった、タレに化調を使っているそうだが過剰では無い様で特に嫌な感じも無い、ただただ動物系が濃かった。
IMG_0211.jpg

これに浅草開化楼製の中太麺を絡めて食べると何時もの風味と違い面白い、啜ると魚粉の味を感じ噛むと動物系の旨味を感じる何だか不思議に旨い。
具は角切りチャーシュー・穂先めんま・水菜・長葱・柚子が入る。
何時もの風味とは違うがむろやらしさは十分感じる、しかも和風テイストのむろやを確り感じる。
麺を食べ終わりつけ汁はスープ割はせずそのまま味わった、少し節のざらつきが気になる人はいるだろうが僕は問題ない、ただもう少し細かい方が合うような気がするのは個人的な好みでどういうバランスになるかと思っていたが想像以上に美味しく堪能できました。
食後は唇がべたつくほど動物系が濃かったつけ汁ですが確りとむろやらしい和風テイストの味でした(^^)V。
渕上店主忙しい中我がまま聞いて頂き感謝です、有り難う御座いましたm(_ _)m。
IMG_0206.jpg

ラーメンむろや@新宿区四谷
つけめん中盛(濃厚魚粉・試作中)700円
スポンサーサイト
この記事のURL | らーめん新宿区 | CM(4) | TB(1) | ▲ top
美しい料理・・・らぁめん達人@江戸川区
2007/02/04(Sun)
(今年62杯目)
流石に昨日は900km以上運転したので起きられなかった・・・、ベジ妻は仕事なので朝8:00に起こすようにお願いしたが起きて時計を見たらAM9:00近く、ベジ妻からメールが入っていてどうやら起こしたけど起きなかったらしい。
西葛西の親戚の家に用事があり今日はハンドルを握りたくないので電車で向かう、まあ阿佐ヶ谷から一本で行けるからいいか。
早めに用事を済ませ直ぐ近くのこちらに初訪問。
お店に入り券売機で塩つけ麺と瓢亭玉子を購入し1つだけ開いていたカウンター席に座る。
和風の小洒落た店内はらーめん屋さんというより旨い物食べさせてくれそうな小料理屋さんと言った感じ、物腰の柔らかい奥さんと職人といった感じのご主人さんのお二人で切盛りしています、僕が席に着いてからも待ちが出るほどで人気が有るのが分ります。
程なく塩つけ麺到着。
IMG_0198.jpg

うっ美しい。
四角いお盆に乗せられた麺が盛付けてある細長い器と丸いつけ汁の器、つけ汁と同じ調節用のスープが入った徳利状の器とお盆が黒、麺とつけ汁の器が淡い色、盛付けも美しく一体感がある。
料理は見た目も大切と言うが正しく見た目で美味しそうです(^^)。
IMG_0199.jpg

まずはつけ汁をひと啜り。
スッキリとした塩味のつけ汁は程よい酸味や辛味もあり旨味も十分、添えられたスープは薄くなったら入れる物で細やかな気遣いも嬉しい。
中にはバラ肉の柔らかいチャーシュー・瓢亭玉子・もやし・笹切りの葱が入り多目の岩海苔が浮いています、岩のりの香が良く食べ進ませてくれます。
IMG_0200.jpg

麺は中細の少し角ばった麺で盛り付けが美しく箸で摘みやすい。
麺の上には瓢亭玉子半分・めんま・細めの刻み海苔が盛付けてあります。
つけ汁の中の具や麺の上に盛られた具はどれも一仕事している感じで特に秀逸なのはめんま、味加減が程よくコリコリした歯応えがありこれは美味しい、単品でお酒のつまみとして食べたいほど美味しかった。
麺はきりりと〆られ表面が滑らかで確りとしたコシがありシコシコした歯応えがありつけ汁との絡みも良かったです。
IMG_0204.jpg

喉越しのいい麺を和風の香のするつけ汁につけ食べ進みスープ割をお願いするとまた徳利状の別の器で提供してくれた。
これを自分好みで割って和風感がさらにアップしたつけ汁を飲み干し美味しく完食です。
IMG_0205.jpg

これは奥さんにお聞きしたら「パパイヤの味をつけたお塩で少し味を見て欲しい」との事だったので少し舐めてみたらまろやかな甘味のある塩で味の調節用なのかこのお塩を使ってあるのかお聞きしなかったが好きなように使っていいらしい。
個々で頂いても美味しいものを一体感のある器に綺麗に盛り付け、今までこんなに美しい盛付けのつけ麺は初めてでした。
正に料理と言うような塩つけ麺を頂きお腹も気持ちも満足でした、コストパフォーマンスも素晴らしいですし他のメニューも頂きたいと思いますのでまた暫くしたら伺おうと思います(^^)V。
IMG_0196.jpg

らぁめん達人@江戸川区西葛西
塩つけ麺650円・瓢亭玉子100円
この記事のURL | らーめん江戸川区 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ベジ妻からのご褒美・・・麺の坊・晴レル屋@大府市
2007/02/04(Sun)
(今年61杯目)
1軒目食べ終わりロープウエーで御在所岳にのぼり山頂でしばし散策。
IMG_0166.jpg

山頂は-5℃だけどさほど寒さは感じない、晴れているので気持ちがいい。
IMG_0169.jpg

少しかすんでいたのではっきり見えないが景色や眺めはいい。
その後ふもとの湯の山温泉でゆっくり入浴し身体が温まった頃出発。
四日市の行きたいお店があったが渋滞にはまり閉店時間過ぎてしまいお店が開いてなかった・・・。
そのお店はこの辺りのらーめんの基本の味となるお店で実は物凄く楽しみにしていた、普段連食は認めないベジ妻もまあ普段中々行けない所ならと快諾してくれていたので残念・・・。
落胆しながら高速道路に乗るとベジ妻が「他に行きたいお店は無いの?」と聞いてきたので「調べてない」と言えば「携帯で検索したら」と優しい言葉・・・後で聞いたらガッカリした姿が可哀想だったとの事、普段厳しいのに以外と優しいのネ(^^)。
御在所SAで車を止めて検索すると行きたいお店が帰り道で以外と近い事が分った、ベジ妻はつけめんは好きならばと伊勢湾岸道路を一路大府市へ、お店は分りやすく迷わず行けた。
お店前の駐車場に車を止めてお店に入る。
IMG_0181.jpg

券売機で僕はつけめん大盛ベジ妻はつけめんを購入、ベジ妻の気持ちに配慮し奢ってしまった。
店内に8人ほど待ちがあり暫くし案内されたカウンター席に座る、何となくご主人と目が合い「美味しいと聞いていて来ました」と一言言えば「どちらからですか?」と聞かれ「東京です」と言うとえらく恐縮され仕事の邪魔にならないように少し会話。
良く似ていらっしゃるのでご兄弟なのか?と思いきや「同級生です」と笑顔、その同級生のお二人の他に若い店員さんとテキパキした奥さんの4人で切盛りしています。
このお店某DBで知りこの辺りでは結構評判が良く機会があれば伺いたいと思っていたがまさかこんなに早く伺えるとは思いませんでした。
色んな情報で評判が良いので期待して待ちました。
程なくつけめん大盛り到着。
IMG_0185.jpg

器も統一感があり見た目から美味しそう。
まずは良く掻き混ぜてつけ汁をひと啜り。
IMG_0183.jpg

うっ旨い。
豚や鶏などの動物系の旨味と節や煮干などの魚介系の風味のバランスが凄く良い、程度な油分もあり旨味は十分。
中にはバラ肉の柔らかいチャーシューやコリコリしためんま、薬味は玉葱のみじん切り長葱と青葱の細かい輪切り、この葱の使い方が絶妙で完成度の高い味です。
IMG_0184.jpg

刻み海苔の盛られた麺は緩くウエーブの掛かった平らな中太麺。
確りと〆られツルツルした食感で口に運べばもちっとした噛み心地があり小麦の香が口の中に広がる、そのまま食べてみたが味のいい麺でした。
IMG_0187.jpg

ベジ妻からチャーシューを貰いご満悦で後は食べ進むだけ♪
ベジ妻も美味しいと言っていた♪
麺や具を食べ終わりスープ割をお願いすると。
IMG_0188.jpg

別の器で提供され「お好みで割って下さい」との事。
そのスープをそのまま少し頂いたが非常に動物系の旨味と魚介系の旨味がそれだけでも美味しく感じたほど旨味が詰まったスープでした。
IMG_0189.jpg

最後の1掬いまで美味しく堪能し完食です。
食べた後ベジ妻と顔を見合わせ「美味しいネ」と同じ言葉を発してしまった、色んな情報からでも美味しそうだとは思っていたが実際味わうと流石!と感じた。
明るくにこやかな接客もいい、この辺りの名店で間違いは無い。
このどっしりとしたスープならこの麺をあつもりで頂きたいのは個人的な感想ですが非常にレベルの高い味で満足でした(^^)V。
連食許してくれたベジ妻に感謝、また機会があれば是非伺いたいお気に入りのお店が出来ました(^-^)。
もちろん東京までの帰り道はいい気分でした。
IMG_0195.jpg

麺の坊・晴レル屋@愛知県大府市月見町
つけめん(大盛り)800円
この記事のURL | らーめん愛知県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
スッキリ甘口・・・らーめん門蔵@鈴鹿市
2007/02/04(Sun)
(今年60杯目)
2月3日(土)
毎年節分の日に年の変わり目として毎年選んだ神社にベジ妻とお参りに行く。
IMG_0121.jpg

4時に自宅を出発し東名で一路西へ、丁度浜名湖SAで日の出。
目指すは三重県鈴鹿市の椿大神社(つばきおおかみやしろ)。
IMG_0126.jpg

お参りをし境内の茶室(松下幸之助氏が寄与)でお茶を頂く。
その後湯の山温泉に移動すると中にお昼ごはんのお店を選択。
まったく情報が無く行き当たりばったり、ここで良いかとお店を決め駐車場に車を止めてお店に入る。
丁度お昼時、待ちが出るほどで人気が有る事が分る、5分ほど待ちテーブル席に案内されて、僕はしょうゆらーめん。
IMG_0158.jpg

昨年の12月16日にオープンしたという店内は明るく広い、資本チックな感じもしたがそうではなさそう、若い店員さん達がきびきびと働いています。
メニューにセット物や一品料理もあり他のお客さんはセット物を頼んでいる方が多いです、ちなみにベジ妻は餃子セット、もちろん半ライスは僕が食べます(^^)。
程なくしょうゆらーめん到着。
IMG_0159.jpg

細かい背脂が浮く透き通った醤油スープに麺が泳ぎその上にチャーシュー・めんま・海苔・味付玉子半分・薬味の長葱が盛付けてあります。
まずはスープを一口、あっさりとしたしょうゆスープは少し甘めでスッキリとした味で動物系の旨味がじわじわ来る、甘さは野菜だろうか?甘い方だが嫌な感じは無くゴクゴク飲める感じ、細かい背脂がいいアクセント。
IMG_0161.jpg

麺は細目の少しウエーブの掛かった麺。
細めながらモチモチした食感があり啜り心地も良くスープを良く持ち上げる。
具のチャーシュは柔らか、めんまは少し甘めでいい歯応えがある、味付玉子は硬茹でで程よい味付け。
甘めな味付けが食べ進ませてくれ半ライスとの相性もいい感じ。
さほど量は無くスープを飲み干し美味しく完食です。
トロリとした感じの甘めなしょうゆスープは初めてでしたが違和感も無く頂けました。
余談ですが小振りな餃子もベジ妻から頂きましたが皮がパリパリで中の餡が確りとした味で美味しかったです、ただ卓上にお酢が無くこちらの方では餃子にお酢は使わないのか?何時もお酢で食べている僕は不思議でした、甘口しょうゆらーめん以外といけました(^^)。
IMG_0156.jpg

らーめん・門蔵@三重県鈴鹿市伊船町
しょうゆらーめん630円
この記事のURL | らーめん三重県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |