これもやっぱり(^^)・・二葉上荻店@杉並区
2007/02/08(Thu)
(今年69杯目)
今日は自宅でお仕事、資料の作成したり整理をしたり気がつくとお昼過ぎ、ベジ妻のママチャリよしこちゃんに跨り荻窪にGO。
目指した二葉天沼店は臨休・・・火曜日が休業日だと思っていたが最近木曜日や金曜日の臨休が多い気がする、ならばと上荻店を目指す。
お店横によしこちゃんを待機させお店に入る。
20070208144944.jpg

券売機で油そばと元祖肉飯を購入。
女性スタッフに案内されたカウンター席の真ん中に座る、開店してから暫く経つがオペレーションは慣れたのか良くなった感じがある、限定であった天沼店の油そばとどう違うのか?楽しみにして待ちました♪。
IMG_0312.jpg

先に元祖肉飯が到着。
その後ほど無く油そば到着。
IMG_0311.jpg

見た目はオーソドックスな感じ以前限定であった天沼店とは具が違う感じ。
タレの和えられた麺の上にチャーシュー・めんま・なると・長葱が盛付けてあり長葱の上に謎の物体が鎮座しています。
まずはデフォで麺をひと啜り、中太の緩くウエーブの掛かった麺はもっちりした感じで程よいコシがありタレとの絡みはいい感じ。
タレはラーメンと同じ醤油ダレに油が入るがしつこい感じは無く少し多い目のタレが麺と良く絡み魚介の微かな風味を感じる。
具のチャーシューは柔らかく麺の下に入れておき温めて食べると何時も通り美味しい、めんまも程適度な味つけと程よい歯応えがある。
謎の物体は。
IMG_0313.jpg

何だか酸味がある漬物状の物、葉ニンニクか行者ニンニクの漬物かな?
酸味がいいアクセントでした。
途中ついていたレモンを絞り後は全体に良く掻き混ぜ頬張り続ける。
IMG_0314.jpg

レモンの酸味でキリッと引き締まった味を堪能し美味しく完食です。
ちなみに元祖肉飯は。
IMG_0312.jpg

ごはんの上に角切りのチャーシューに輪切りの長葱、油そば同様全体を良く混ぜ頂くとごはんとタレの染み込んだチャーシューと長葱がいい具合に混ざり一体感があり美味しかった、タレの味加減や量が抜群で最近食べたサイドメニューのご飯の中ではピカイチでした。
油そばの量が多くないので両方で丁度良い量でした。
上荻店の油そばも美味しかった、やっぱり以前あった天沼店の油そばも久しぶりに食べたいと思いました、満足・満足(^^)/。
IMG_0315.jpg

二葉・上荻店@杉並区上荻
油そば700円・元祖肉飯300円
スポンサーサイト
この記事のURL | ラーメン専門店 二葉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
元祖坦々麺・・江ざわ@鴨川
2007/02/08(Thu)
(今年68杯目)
2月7日(水)
午後のお客さん回りも終わり東京への帰り道前から気になっていたこちらに訪問。
看板に「元祖坦々麺の店」とあり前を通るたびに気になっていた。
ネットで調べたら勝浦辺りにラー油を使った独特の坦々麺を出す店が何軒もありこちらは鴨川だがこのお店の先代のご主人が以前勝浦にお店を構えこの独特な坦々麺を作っていたそうでそのお店からラー油坦々麺が広まったそう、現在は2代目のご主人が鴨川でこちらのお店をやっている、本当に元祖のお店だ。
お店の前に車を止めて店内に入りメニューからもちろん坦々麺を注文。
IMG_0293.jpg

店内は座敷もあり席数が多い。
メニューには麺の他にも丼物や定食一品料理もありレトロな昭和の食堂といった感じ、好きだな~こういう感じ。
程なく坦々麺到着。
IMG_0294.jpg

見た目から凄い!
真っ赤と言うか茶褐色の玉葱が浮くスープに白髪ネギがこんもりと盛られている。
まずはスープを一口。
IMG_0297.jpg

ベースはさっぱりとした醤油味でかなり大量のラー油が入っている、ただ分離している感じは無く上手く混ざり合っている不思議なスープ、辛さは僕は辛いもの好きなので大丈夫だが辛いもの苦手な方はキツイかも?口の中はさほど辛味は残らないが身体は正直で汗がどっと出てきた、事前情報で持ってきたタオルが有り難く食べている僕はトレーナーを脱ぎTシャツ姿、でもこの方が食べやすかった。
麺は中細の縮れ麺。
IMG_0296.jpg

少し柔らかめの茹で加減でスープとの絡みが良くただ啜ると咽てしまうのでおとなしくちゅるちゅる食べた、細めだけど以外ともちもち感がありいい噛み心地でした。
具は玉葱・ひき肉・ゴマ・白髪葱で玉葱は炒めてあるのか甘味がありいいアクセント、ひく肉とゴマは具と言うより薬味のような感じ、白髪ネギはシャクシャクした食感があり後半はスープの熱でしんなりとし麺と絡めて食べると違った食感が楽しめた。
さほど量は多くないので辛いスープも最後の一滴まで飲み干し美味しく完食です。
IMG_0298.jpg

千葉には竹岡式醤油らーめんという独特ならーめんもあり一部ではこれを勝浦式ラー油坦々麺と呼んでるらしい。
ただ一般的な坦々麺を想像するとかなり面食らうと思う、正に勝浦式からの丼の電話番号が時代を感じてしまう。
帰り道もっと辛い大辛を食べてみたくなったのは正直な感想です(^^)。
IMG_0291.jpg

IMG_0292.jpg

元祖坦々麺の店・江ざわ@鴨川市北風原
坦々麺730円
この記事のURL | らーめん千葉県 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
磯の香り・・かいと@いすみ市
2007/02/08(Thu)
(今年67杯目)
2月7日(水)

朝早く家を出て今日は外房のお客さん廻り。
丁度PM1:00過ぎに時間が空きお昼ごはんを食べに昨年11月11日にオープンしたこちらに向かう。
お店に入りカウンター席に座りメニューから浜塩ら~めんを注文。
IMG_0284.jpg

IMG_0285.jpg

店内はお洒落なカフェのようで内装や装飾もこだわりがある感じ。
若いイケメンのご主人と2名の女性スタッフで切盛りしています。
接客もなれた感じで落着いた感じの店内は居心地がいいです。
程なく浜塩ら~めん到着。
IMG_0287.jpg

青縁の丼の中にタップリとしたゴマが泳ぐスープ、上にちゃーしゅー・めんま・海苔・薬味の細葱が盛付けてあります。
まずはスープを一口。
IMG_0289.jpg

熱々の鶏の旨味がじんわりくるスープは魚介系とのバランスも良くスッキリとした感じ、塩+ゴマの余り好きではない組み合わせも何だか妙にマッチしている、塩っけも丁度良く美味しいスープです。
IMG_0288.jpg

麺は中細のストレート麺。
啜り心地が良く噛むと小麦のいい香がする。
食べ進むうち饂飩のような感じもし滑らかで優しい感じの麺です。
具のチャーシューは炙ってあり香ばしく程よい味付け、めんまは歯応えが良く多目なのが嬉しい。
するする食べ進み何だか後半はスープが魚介系が強くなってきたこれも面白かった、最後は丼を持ちスープを飲み干し美味しく完食です。
この辺は1月に1回位は来ていて余り好きなお店がありませんでしたがこちらが出来たおかげで行くのも楽しみになるでしょう。
帰りに外に居たご主人が車のナンバーを見てか「遠い所すみません、気を付けてお帰り下さい」と会釈して頂いたのも嬉しかったです、僕も「美味しかったです、また来ます」と返しいい気分で午後の仕事に行けました(^^)V。
IMG_0283.jpg

IMG_0290.jpg

ら~めん・かいと@いすみ市大原
浜塩ら~めん700円
この記事のURL | らーめん千葉県 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン |