2008 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2008 06
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
真夜中の行列・・田中商店@六町
2008/05/31(Sat)
遅いお仕事が終わり自宅へ戻る環七で車を走らせるながらふと「お腹空いた・・・」と思いお店を思い出しちょっと寄り道。
お店に向い前を通ると待ちがある(-_-;)
どうしようか考えせっかくだからと係員のいる駐車場に車を止めてお店に。
待ちは8人程で暫く待ち案内されたカウンター席に座りメニューを眺めらーめんを注文。
田中商店・メニュー
時間はpm11:00過ぎで夜のみ営業とはいえ店内は賑やか。
厨房は3人の男性スタッフさんと2人の女性スタッフさんで明るく元気にお仕事されています。移転前のお店は1度伺ったきりなので機会があれば伺いたいと思っていた。
調理姿など見ながらぼんやりと待ちました。
暫くしてらーめんが提供されました。
田中商店・らーめん
豚骨らしい香が立ち上がり食欲を刺激します。小振りな丼に盛られたらーめん、上にはチャーシュー・きくらげ・文字入りの海苔・万能ネギが盛りつけてあります。
まずはスープから頂きます。
田中商店・スープ
口当たりクリーミーな濃度のしっかりした豚骨スープは独特な匂いはあるが豚の旨味の塊でさらりとしながら舌の上に旨味が残るスープで後味は濃厚な旨味を感じつつ案外しつこくない。
麺は細い博多麺。
田中商店・麺
バリカタでお願いしたがざらつく麺肌にスープが良く絡む。
啜って頬張るとパキパキした歯応えで歯切れも良い、豚骨スープには硬めの麺がよく似合う。
具のチャーシューは2種類あり噛み心地も良く香ばしい風味があり味加減も程よい塩梅。
田中商店・チャーシュー
きくらげはコリコリした歯応えがありいい箸休めになる。
田中商店・きくらげ
万能ネギの風味はスープと麺とのマッチングがベストな薬味、。卓上の辛子高菜の風味もよく合う。
田中商店・高菜
久しぶりに文字入りの海苔を見たが面白い海苔だ。
田中商店・POP

麺や具を食べ終わり「替え玉をハリガネで」とお願いして卓上のタレを少々と胡麻を大量に投入し待つ。
田中商店・替玉
さらに硬さを増した麺は粉っぽさを感じるがこの味わいが好み♪
口に頬張り弾ける胡麻の風味と共に美味しさを堪能して麺を食べ終わる。
残ったスープを味わいながら飲み干し美味しく完食です。
食べ終わるとペタつく唇が味を物語り若い時博多に半年程お仕事で滞在した僕にはたまには頂きたくなる味でとても満足。
「夜中に替え玉はいかん!」と思いつつもこの味では理性と言う物は抑えられない。
基本の味を堪能し替え玉後は自分好みにカスタマイズ出来る博多らーめんは1度で2度美味しい(^~^)
田中商店・店
(08-134)
田中商店@足立区一ツ家
らーめん680円・替え玉120円
スポンサーサイト
この記事のURL | らーめん足立区 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
お腹にズシン!とくる味・・下頭橋ラーメン@常盤台
2008/05/29(Thu)
今日は打ち合わせ続きで忙しくお昼ご飯は移動中にコンビニのおにぎり。
浦和での最後の打ち合わせが終わりヘトヘトになり自宅に戻る途中に晩ご飯が無い事を思い出しエネルギーチャージをして帰る事にしてちょっと寄り道。
お店近くのコインPに車を止めてお店に向かう。
お店入り券売機でラーメンを購入して空いていたカウンター席に座り「脂多めで」とお願いした。
下頭橋・メニュー
移転してから伺いたいと思いつつ中々タイミングが合わずに伺えなかったお店。
下頭橋・POP
カウンター席に囲まれる厨房には店主さんと男性スタッフさんのお二人で切り盛り。
お酒を呑みながらのお客さん達や漫画を読みながら召し上がっているお客さんもいて移転前のお店とはガラリと雰囲気が違う。
漂う香は懐かしく店主さんの調理姿など見ながら待ちました。
暫くしてラーメン(脂多め)が提供されました。
下頭橋・チャーシューメン
いいね~、懐かしさと食欲をそそるヴィジュアルにややにやけました。
タップリと降り掛かった背脂の雪、上にはチャーシュー・メンマ・茹で玉子スライス・ネギが盛り付けてあります。
まずは背脂を混ぜながら少しスープを頂きます。
下頭橋・スープ
丼の底には濃いめの醤油ダレが控えその上に濃度のあるスープ、さらに上には多めでお願いした背脂の層があり断面は見れないが三層構造になっている感じで混ぜ合わせると丁度良い味加減になる。
濃いめの醤油ダレの味に甘味のあるスープと背脂の風味が加わるとパンチの効いた味になりこってりとしながら後引く旨さで後味は意外にしつこさは感じなくグイグイ引き込まれていく味。
麺は中太の緩くウエーヴの掛かった麺。
下頭橋・麺
柔らかめの茹で加減で滑らかな麺肌はスープとの絡みも良く啜って頬張ると歯応えも優しくスープとの相性も良く感じる。
具のチャーシューは温まった頃頂くとトロリとした脂身と噛むと解れる赤身のしっかりと味の染みた旨さが楽しめる。
下頭橋・チャーシュー
色濃いメンマは柔らかで程よい歯応え。
下頭橋・めんま
茹で玉子の黄身はスープに溶き入れるとい独特な旨さが加わり麺を絡め頂くとまた違う風味が楽しめる。
下頭橋・玉子

ネギの風味や食感はベストマッチでいいアクセントになっています。
下頭橋・汁麺
どんどん醤油色似ている染まる麺を啜り旨さを堪能します。
麺や具を食べ終わり残ったスープを飲み干し美味しく完食です。
食べ終えまずはふ~っと一息、久しぶりの旨さに頬が緩みました。
若い時立ち食いでワシワシ食べてた味も座ってじっくり味わうとまた違った旨さが味わえる。今のお店は以前とは比べ物にならないがこの空間でこの味を楽しめるのも有り難い気がする。またガッツリ腹に貯まる味を頂きたい時は伺いたいお店です(^^)v
下頭橋・店
(08-133)
下頭橋ラーメン@板橋区常盤台
ラーメン(脂多め)700円
この記事のURL | らーめん板橋区 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
素通りは出来ない・・いわせ@本八幡
2008/05/24(Sat)
午前中葛西で打ち合わせがあり午後は鎌ケ谷のお客さん宅に行くので車を走らせる。
交通情報で土曜日のこの日は船橋周辺は渋滞が多い、裏道で進もうと市川方面へ。
お昼少し前だが朝ご飯抜きでお腹も空いているので程近い僕の中では千葉の関所とも言えるお店に向かう。
お店向かいの専用駐車場に車を止めてお店に入る。
「イラッシャイマセ~~~ツ」の何時も通りの元気な声に迎えられ給水器のお冷やを入れてカウンター席に座る。
メニューは見る必要もなくネギチャーシュー(中)をお願いした。
いわせ・メニュー
久しぶりの訪問で近くを通れば素通りはほぼ不可能(笑)
厨房はおやっさんと若い女性スタッフ(娘さんかな?)のお二人で切り盛り。
おやっさんのなにかとリズミカルな調理姿等見ながら何時も通りぼんやりとしながら待ちました。
暫くしてネギチャーシュー(中)が提供されました。
いわせ・6ネギチャーシュー
何時ものヴィジュアルにホッと落ち着いてしまいます。
青磁色の平丼に盛られたネギチャーシュー(中)、上にはチャーシュー・海苔・わかめ・ゴマ油で和えられた白髪ネギが盛りつけてあります。
まずわかめを先に食べてお冷やをゴクリと飲みスープから頂きます。
いわせ・6スープ
上に背脂が覆う豚骨醤油スープは口当たり滑らかできちんと乳化した豚骨の旨味と粒々感を残す甘味のある背脂の風味を旨味強めな醤油味がしっかりと支えている。
麺は酒井製麺の中太麺。
いわせ・6麺
茹で上がり柔らかめなのでスープの絡みも良く優しい口当たりで啜って頬張ると程良いコシが食べ終わりまで続く。
個人的な好みはあるが酒井製麺の麺は柔らかめが風味、食感共に楽しめると思う。
具のチャーシューはしっとりした食感のモモ肉で食べ始めにスープに沈めて温めて頂くと噛み心地もUPしていい箸休めになる。
いわせ・6チャーシュー
海苔は麺に巻いて口に運べば食感にアクセントがつき礒の風味も楽しめる。
白髪ネギも麺と一緒に口に運べばほんのりゴマ油の風味としゃりしゃりした食感が口の中で相まって飽きもせずに食べ進める。
いわせ・6ネギ
残り1/3になった所で味のカスタマイズ。
ブラックペッパーのピリリとした風味が甘味のあるスープにアクセントをつけて食べ進める。麺や具を食べ終わりよっこいしょと平丼を両手で持ちスープを味わいながら飲み干し美味しく完食です。
食べ終えると満足感と共に満腹感の波がどしん!と来た。
若い時は軽くいけた中盛りも何かと衰えた現在のキャパではやはり苦しい(^-^;
多分僕のラーメンライフでは一番食べている味でブレを感じる時もあるが今日は当たりで嬉しい味と感じた。
味同様おやっさんにもブレはある(笑)
今日はおやっさんも元気で何となくホッとした。
近くを通れば素通り出来ない訳は味ばかりではないのだよ(^^)v
いわせ・6店

(08-132)
ニューラーメンショップ いわせ@市川市大和田
ネギチャーシュー(中)900円

この記事のURL | らーめん千葉県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
新味のつけ麺・・二葉上荻店@荻窪
2008/05/22(Thu)
今日は自宅でお仕事。
午前中は書類の整理や資料の作成などして時間が過ぎて行く。
朝ごはんはバナナを食べただけなのでお腹が空いてきて時計を見ると丁度良い時間。
銀行に用事もあるので愛車の吉岡に跨り一路荻窪方面に裏道でスイスイと。
銀行の用事を済ませてお昼ご飯食べて戻ろうと思い吉岡を走らせる。
お店横に吉岡を待機させてお店に入り券売機でつけ麺(中)と元祖肉飯を購入しカウンター席中ほどに座る。
上二葉・券
今日は小林店主はお休みでKさんと女性スタッフさんのお二人で切り盛り。
暑くなってきたので暫く食べていなかったこちらのつけ麺を頂きたくなった。
色々と試行錯誤で味を変えたそうなのでどんなものか?と考えていた。
Kさんと四方山話しながら待ちました。
暫くしてつけ麺(中)が提供されました。
上二葉・新つけ麺
店のロゴ入った器に盛られたつけ麺(中)、つけ汁の中には味玉・細切りチャーシューが入り長ネギが泳いでいます。
麺の上にはめんま・上に柚子胡椒を乗せたなるとが盛り付けてあります。
まずはつけ汁を良く掻き混ぜて一口。
上二葉・新つけ麺汁
スッキリとしたさわやかな酸味が香る醤油味のつけ汁は以前より鶏の旨味が強くなり醤油ダレもかめびしブランドからキッコーゴブランドに戻したそうで酸味は押さえ気味で出汁の旨味がはっきりとした味になっている。
奥底で支える海産物の柔らかい風味も良い感じでマッチしていて食べやすくなった感じもする。
麺は中太の緩くウエーヴの掛かった麺。
上二葉・新つけ麺麺丼 上二葉・新つけ麺麺
三河屋製麺の特注麺はつるつるっとした啜り具合で噛むとムチッとした弾力がある。
きちんと〆られ食感も良いが麺自体の旨さにきちんと仕事している調理の手間が感じられ何時もながら旨いと思う。
具の味玉(サービスして頂きすみませんm(_ _)m)は味のきちんと染み込んだ逸品・ザックリ薄味のめんまは何時もながら美味しい。
つけ汁の中の細切りチャーシューはつけ汁に風味をプラスして味を一段とアップさせている。
上二葉・5味玉 上二葉・めんまなると
柚子胡椒はお蕎麦の山葵の如く麺に塗し頂くと食感にアクセントがプラスされるだけではなく味にメリハリが付き楽しめる。
上二葉・麺&柚子胡椒
するする食べて麺や具を食べ終えスープ割をして元祖肉飯と一緒に頂き〆る事にした。
上二葉・新つけ割り 上二葉・新つけ&肉飯
つけ汁にスープを注げば香りが立ち上がり食欲が増してくる。
細かなチャーシューと長ネギ・胡麻の乗った元祖肉飯は具材を混ぜ込むようにして下品だがかき込むように頂くと頬が緩む。
上二葉・肉飯UP
甘めのタレが具材と共にご飯に絡み堪らない美味しさ。
時折割ったつけ汁で口をさっぱりさせて食べ進む。
割ったつけ汁を味わいながら飲み干し美味しく完食です。
確かに以前のつけ麺と比べると僕は此方の方が好みで押さえ気味の酸味も程よい塩梅で出汁の旨さを引き立たせる感じがしました。
何時も通りマイ箸を洗って頂き気持ち良く満足でお店を後に。
味を守る天沼店と進化し続ける上荻店、2つのお店はどちらも僕の大好きなお店です(^^)V
上二葉・5店
(08-131)
二葉上荻店@杉並区上荻
つけ麺(中)950円・元祖肉飯300円






この記事のURL | ラーメン専門店 二葉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
次はシャッター突撃!・・塩山館食堂@塩山
2008/05/21(Wed)
朝早く起きて山梨へ日帰り出張。
午前中から甲府で打ち合わせが続き気が付くとお昼跨ぎ。
ようやく打ち合わせが終わり後はのんびりと東京に帰るのだがお昼ご飯に目的がありちょっと足を伸ばす事にした。
塩山駅の駐車スペースに車を止めてテクテク歩きお店に。
お店に入ると丁度僕で暖簾がしまわれた(^^;アブネ~。
メニューは見ずに決めていた特製湯麺を注文すると「すみません売り切れです」と切ないお言葉(-_-;)
どうしようか?と考えたがそれではと湯麺を注文した。
塩山館・メニュー1
昼営業終了時なので僕の他には2人のお客さんしか居らずにゆっくりとした時間が流れる店内。
厨房はご主人を中心に男女各2名のスタッフさんの5人で切り盛り。
ご主人が調理をする傍らでは皆さん片付けをしています。
カウンター席でご主人のかぶり付き席なので調理姿をじっくりと見ながら待ちました。
暫くして湯麺が提供されました。
塩山館・湯麺
濛々とした湯気が立ち上り食欲をそそります。
鳳凰の舞う丼に盛られた湯麺、上には炒め煮した野菜がこんもりと盛られています。
まずはスープを一口。
塩山館・湯麺汁
熱々でやや濁りのある塩味のスープは豚の確りとした出汁が味の柱で魔法の粉も大量に入っているがくどさは感じなく味が上手く馴染んでいる感じがする。
炒め煮した野菜の旨味も加わり程よい甘味をプラスしている。
麺は極太の縮れ麺。
塩山館・湯麺麺
以前炒麺を頂いた時にプチ感動した麺。
滑らかな麺肌で口に運び頬張るとややごわつきがある力強い麺で小麦の詰まった風味は独特でほうとうや吉田うどんなどの小麦文化が根付いている土地柄なので流石山梨とも感じる。
少し食べて食べやすいように天地返しをして頂く。
塩山館・湯麺天地返し
炒め煮した具材ははきゃべつ・もやし・たまねぎと豚肉で長めに煮込んであるので歯応えは良くないが食べやすく力強い麺と一緒に頬張れば食感のコントラストも味わえ一段と旨味が増してくる。
塩山館・麺汁
半分ほど頂いて僕の湯麺の定番、卓上のラー油を掛けて味のカスタマイズ。
塩山館・ラー油 塩山館・オンザラー油
この自家製ラー油が旨い!
ピリッとした辛味の中に甘味も感じあまり油っぽさも無く香りや風味が良く良いアクセントが付き額に滲んだ汗が一段と速度を増しまた滲んできます。
麺や具を食べ終わり残ったスープを丼を両手で持ちスープを飲み干し美味しく完食です。
食べ終わりハンカチで額を拭えば何だかスッキリと良い気分。
お目当ての特製湯麺は頂けなかったのは残念だったがこの味を味わいさらに頂きたくなった。
奥さんに「特製はどの位で売り切れます?」と聞いたら「何時も早い時間には無くなりますよ」と言われ次回はシャッター突撃で伺おうと固く心に誓いました。
人気があるのが分かる独特な極太麺の湯麺はやはりこちらの名物のようです。
塩山館・店
(08-130)
塩山館食堂@甲州市塩山上於曽
湯麺660円




この記事のURL | らーめん山梨県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
看板に惹かれましたが・・五十嵐亭@東陽町
2008/05/20(Tue)
プチダイエット中、色々考えています。
毎日食べていたラーメンも色々考えています。
ただやはり食べたい、欲求には敵いません(^^;
そんな中東陽町での打ち合わせが終わりそれではと向かったお店があえなくお昼営業終了(-_-;)
まあ時間も時間なので仕方なく以前通りがかり気になっていたお店に行く事にした。
近くのコインPに車を止めてお店に入りカウンター席に座る。
メニューを見て喜多方チャーシューメンを注文した、プチダイエット中なのにね(^^;
五十嵐亭・メニュー
アイドルタイムののんびりした時間、お客さんもまばらで店内ものんびりした雰囲気。
厨房は2人の男性スタッフさんと1人の女性スタッフさんの3人で切り盛り。
まだ明るいうちだがカウンター席の端には出来上がりつつある初老の紳士がにこやかに楽しんでいらっしゃる。
そんな雰囲気の中穏やかにぼんやりしながら待ちました。
暫くして喜多方チャーシューメンが提供されました。
五十嵐亭・チャーシューメン
厚手の白い丼に盛られた喜多方チャーシューメン、上にはチャーシュー・めんま・絹さや・海苔が盛り付けてありスープには長ネギが泳いでいます。
まずはスープを一口。
五十嵐亭・スープ
細かな脂の浮く透明感のある醤油スープは豚骨等の動物系の旨味とふんわりと海産物の風味が感じられ醤油ダレの味がふわりと香り旨味過多にも感じられるがあっさりと飲みやすい。
麺は中太の縮れ麺。
五十嵐亭・麺
喜多方の五十嵐製麺から直送の多加水麺、滑らかな啜り心地で噛むと程よいコシもある。
ただ若干柔らかめなのが味に馴染んでいない感じがしてやや残念。
具のチャーシューは肩ロースのさっぱりした味、個人的にこの味ならバラ肉のチャーシューがほしかった、歯応えの良いめんまと絹さやは良い箸休めでした。
五十嵐亭・肉 五十嵐亭・めんま 五十嵐亭・絹さや
風味にアクセントを付けたくなり卓上の黒胡椒を一振り、ピリリとした風味がプラスされ食べ進む。
するする食べて麺や具を食べ終えスープは残してフィニッシュです。
食べやすい味でしたが味が単調に感じてしまい後半飽きがきてスープまでは全部頂けませんでした。
麺も風味が良かったのですが柔らかすぎでやはり後半は食べ辛くもう少し硬めだったらと残念でした。
喜多方ラーメンの味の作りは僕が子供の頃から慣れ親しんだ味と近く以前から看板を覚えていたので伺いましたが印象は薄くぼんやりとした味に感じました。
東京には中々喜多方ラーメンを食べられるお店が少なくこれからも看板見つけたら伺おうと思います。
五十嵐亭・店
(08-129)
五十嵐亭@江東区東陽
喜多方チャーシューメン750円




この記事のURL | らーめん江東区 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
〆は茶碗蒸しで・・EX@大井町
2008/05/18(Sun)
午後品川のお客さん宅に久しぶりに伺い終わると不思議にお腹が空いた。
まあ遅い朝ご飯を食べたがお昼ご飯はまだだったのでお店を決めて車を走らせた。
お店近くにコインPを見つけ運良く1つ空いていたスペースに車を止めてお店に向かう。
お店に着くと3人待ちでその後ろに並び暫し待つ。
10分ほどして「どうぞ~」と声が掛かりお店に入る。
聞いてはいたが本当に狭いお店で一番奥の空いた席まで「すみませんすみません」と言いながら通り席に着く。
メニューを見て01(つけ麺)をお願いした。
EX・メニュー
最寄り駅から程近い飲食店が連なる細い路地にお店があり前のお店を居抜きで手を加えた感じがして本当に狭いが独特な空間。
もちろん厨房も狭く個性的なご主人がテキパキと調理しています。
色々拘りもあるようで調理姿など見ながら待ちました。
暫くして01(つけ麺)が提供されました。
EX・01
黒い丼に入ったつけ汁と白く四角い深皿に盛られた麺と具。
麺の上にはチャーシュー・上に細かい大葉の乗った千切り大根が盛り付けてあります。
まずはつけ汁を良くかき混ぜて一口。
EX・つけ汁
見た目濃厚そうなつけ汁はさらりとした口当たりの塩味でやや強く感じる塩っけも食べ進ませてくれる味。
自分の目で見て仕入れると言う海産物の風味が確りとした出汁で青海苔の風味や香ばしい揚げネギの風味が良いアクセントです。
麺は角ばった太麺。
EX・麺
艶やかな麺肌で滑らかな口当たり、啜って頬張ると硬めの確りとした噛み心地で力強い麺。
具のチャーシューはつけ汁に入れて温めて頂いたが適度な噛み心地で柔らさも感じ好みの食感。
EX・肉
大葉や大根は麺と一緒につけ汁に絡めて頂くとシャリシャリの大根と大庭の香りが和風感を漂わせ面白い食感です。
EX・汁麺
麺や具を食べ終える頃「つけ汁に入れてスープ割り代わりにして下さい」と茶碗蒸しが提供されました。
EX・茶碗蒸し
つけ汁に入れて解して頂くすと中には貝柱が入っていてさらに和風の優しい味が広がりました。
EX・茶碗蒸しくずし EX・ほたて
普通にスープ割りをするより面白く初めての味ですが出来れば麺を絡めて食べてみたかったです。
ふんわり優しい茶碗蒸し割りを頂き美味しく完食です。
千切りの大根や茶碗蒸しなど和を感じさせる味はご主人が和食出身ではないかと?と思わせてくれる味で興味本位で伺いましたが一見邪道にも感じられる味も上手く纏まっていて美味しく頂けました。
街角系(某所でそう呼ばれています・笑・)の僕としては面白い空間で面白い味を頂け満足です。
何やら新しいメニューも考え中との事でまたどんな仕掛けをしてくるかの興味もあります。
EX・店
(08-128)
EX@品川区東大井
01(つけ麺)800円

この記事のURL | らーめん品川区 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
絡みつく粘度の高いスープ・・丸@三田
2008/05/18(Sun)
午前中三田で打ち合わせがあり朝ごはん抜きだったのでお腹が空いてしまい丁度近くに気になっていたお店もあったので遅めの朝ごはんを食べる事にした。
地下鉄三田駅近くのコインPに車を止めてお店に向かう。
分かり難い場所だが何とか見つけて開店早々一番乗りでお店にIN。
券売機でつけめんを購入してカウンター席に座り「150g半ライス付」でお願いして携帯のクーポン画面を見せて味付煮卵をお願いした。
丸・券
1度夜営業に伺ったが見つけるのに時間が掛かってしまいその上スープ切れで終了となってしまったお店でリベンジのチャンスを伺っていた。
清潔感のある落ち着いた和風の店内は居心地も良く気持ちが良い。
厨房には淡々とお仕事するご主人さんがお一人で切り盛り。
BGMに耳を傾けながらぼんやりとしながら待ちました。
しばらくしてつけめんが提供されました。
丸・つけめん
黒い丼には魚粉の浮いたつけ汁、白い丼に麺と具が盛り付けてあります。
まずは噂のつけ汁を一口。
丸・つけ汁
お米とじゃがいもでトロミをつけていると言う豚骨魚介風味のつけ汁は噂通りのドロリとした粘度がありスープと言うよりソースのような雰囲気で食傷気味の味もなんだか新鮮にも感じる。
粘度のインパクトに対し味はとてもおとなしめな感じがした。
丸・魚粉
上の魚粉が沈まないのも粘度のためだが流行の豚骨魚介味を色々考え試行錯誤して自分らしさを出したご主人さんの創作意欲は好感が持てる。
ただこの沈まない魚粉の粘度は驚いた!
麺はやや角ばった中太麺の緩くウエーヴの掛かった麺。
丸・麺丼 丸・麺
口当たりの優しい麺でつけ汁にくぐらせ啜り頬張れば弾力のある食感が楽しめるがもう少し主張の強い麺でも良かった気がした、ただつけ汁のインパクトが凄かっただけにそう感じたのかも知れない。
具のチャーシューはつけ汁に入れておき温まった頃頂いたが柔らかく噛み心地の良く太めのめんまは歯応えも良く良い箸休めになった。
万能ネギは麺に絡めつけ汁につけて頂いたが風味が良いアクセントになった。
味付煮卵は濃い目の味が白身や黄身に確りと染み込んで全体に味はおとなしい味に感じたので一つパンチが効いていた気がする。
丸・肉 丸・めんま 丸・味玉
食べている途中から魚粉がつけ汁に良い風味をプラスしてざらつきも気にならず飽きもせずに食べ進めた。
丸・汁麺
食べ進むと絡みつくつけ汁はどんどん無くなり提供時にご主人さんが「つけ汁のおかわり出来ますから」と言っていたのでおかわりをお願いした。
ありがたいサービスでまた熱々で魚粉の乗ったつけ汁を頂き食べ進む。
麺や具を食べ終わり残ったつけ汁に半ライスを入れて飯割りで〆る事にした。
丸・飯 丸・飯割り
麺にも絡みつくがもちろんご飯にも絡みつきます。
こう言う味は文句無しに好きです、白いご飯も好きだけど味のついたご飯も好き、多分食べながらにやけていたはずです。
飯割りも堪能して美味しく完食です。
食後は「どうぞ」と提供されたジャスミン茶でさっぱりしてホッと一息。
丸・茶
粘度のあるつけ汁に「どんなものか?」と惹かれていましたが想像以上で満足しました。
食べ終わりご主人さんと少し話ししましたが直向で誠実さが感じられる方で今は数限定で提供しているメニューもレギュラーメニューにしたいと仰っていました。
オリジナル感のあるメニューを堪能出来満足でお店を後に。
このようなご主人が考えられたオリジナル感のある味、好きです。
丸・店
(08-127)
らぁめん 丸@港区芝
つけめん(150g・半ライス付)800円・味付煮卵(クーポンサービス)










この記事のURL | らーめん港区 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
んっ?「花粉症に効くら~めん」って・・めじろ@代々木
2008/05/16(Fri)
さて自宅に戻り日も暮れて身支度を整えて自宅を出る、向かうは代々木♪
代々木駅を降りると自然と何時もより歩くのが早くなるのは気のせいかな?
お店に着き暖簾をくぐり店内に入る。
券売機で生ビールを購入し何時もの面々が揃うカウンター席に着く。
「久しぶり」のおやっさんの声、考えてみたら3週間振りね(^^;
めじろ・5ビール
まずは乾杯!ジョッキが凍っていて冷え冷えでうま~い!!
ぐびぐび一気に呑んでしまいおつまみのネギ玉を注文し芋ロックにスイッチした。
めじろ・5焼酎 めじろ・5玉子
ネギとチャーシューが入った玉子焼きはおつまみにぴったり(^^)
久しぶりなので何時も以上に色んな話が出来時間が過ぎるのがとても早く感じる。
暫く呑み本日の特製麺を頂こうと思うと店内にこんなPOPを発見した。
めじろ・花粉症POP
んっ?花粉症に効くら~めん???
田舎育ちで杉花粉など頭から被っても大丈夫な僕には必要は無いが面白そうなのでお願いした。
やっぱりおやっさんの作った物は興味があるのよ。
暫くすると本日の特製麺「もやしら~めん・花粉症に効くバージョン」が提供されました。
めじろ・もやしら~めん
餡かけのもやしら~めんです。
まずはスープから頂きます。
めじろ・もやしスープ
角切りネギの浮く醤油スープは旨味がじんじん伝わってくるおやっさんの味。
久しぶりに頂いたけどやはりこのスープは美味しいな~。
以前は塩味が好きだったけど今ではこの醤油スープが中々宜しい♪
麺は何時もよりやや太い感じがするが何か花粉症に効く物が練り込まれているとの事でおやっさんに耳打ちしたがあっさりと「違うよ~」と否定された、まあ駄舌なのでこんなもの(^^;
めじろ・もやし麺
ただ太さもそうだが何時もより歯応えが硬めに感じつつ喉越しも良くするするといけた。
もやし餡はとろみをプラスして麺に絡みつきしゃきしゃきしたもやしの歯応えと共に食感にアクセントがつきボリューム感もプラスした。
めじろ・もやし餡
味が染みていてザックリした歯応えのあるちゃーしゅーと薄味で歯切れの良いめんまは何時もながらの旨さ、久しぶりなので余計に感じてしまう。
めじろ・もやし肉 めじろ・もやしめんま
麺に何が仕掛けてあろうとやはりおやっさんの味は本当に旨い!
夢中で食べて残ったスープを味わいながら飲み干し美味しく完食です。
食べ終わり何時も口から出る言葉は「面白く美味しい」と言う言葉。
お世辞ではないが何時もこれが楽しみで金曜夜は足が向いてしまう。
暫く呑んで帰路に着く。
色々と忙しくこの所ご無沙汰になりがちだったがやはり伺って良かった。
プチダイエット中なのに1day3してしまった夜、少し反省しながらもたまには良いさと自分に甘く納得してしまった自分がいました、満足満足(^^)
めじろ・暖簾
(08-126)
めじろ@渋谷区代々木
もやしら~めん・花粉症に効くバージョン950円







この記事のURL | 七重の味の店 めじろ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
旨味と風味のバランス良さ・・維新@横浜
2008/05/16(Fri)
1軒目食べ終わり折角だからとお店を考えサイドメニュー王の案に乗って車を走らせた。
コインパーキングに車を止めテクテク歩きお店を探す、ぐるぐる回り何とかお店を発見して一安心。
お店に入り券売機を見て何にしようか?考えて肉塩らぁめんを購入して案内されたテーブル席座る。
維新・券売機
外観からするとモダンな感じでラーメン屋さんには見えない。
厨房はご主人と男性スタッフさんのお二人で切り盛り。
今年の4月に移転オープンしたお店でサイドメニュー王の推薦もあり待ち遠しいなか暑い中お店を探し回ったので喉も渇きやけに美味しく感じるお冷をグイグイ煽りながら待ちました。
暫くして肉塩らぁめんが提供されました。
維新・肉塩らぁめん
白い丼に盛られた肉塩らぁめん、上には豚と鶏2種類のチャーシュー・めんま・笹切りネギが盛り付けてありスープには細かな白ネギが泳いでいます。
まずはスープから頂きます。
維新・肉塩スープ
キラリと脂の浮く塩スープは鶏の旨味と昆布や煮干などの魚介系の風味が確りと感じられどれも突出する事なく存在感をアピール。
やや強めに感じる塩っけも切れの良い感じでグイグイいける。
麺は細めのストレート麺。
維新・肉塩麺
するするっとした啜り心地で噛むと程よいコシありぷっつり切れる歯切れが良い麺。
ややざらついた麺肌がスープを掬い上げ香りと共に旨味を口に運んでくれる。
具のチャーシューは2種類あり豚バラのチャーシューは噛み心地の良い赤身とジューシーな脂身は味も確りとして柔らかさも楽しめる。
鶏のロールチャーシューは優しい味で確りとした歯応えがあり豚バラチャーシューとの味の違いが楽しめお得な感じもした。
維新・肉塩豚肉 維新・肉塩鶏肉
柔らかで薄味のめんまは良い箸休めになった。
維新・肉塩めんま
笹切りの青ネギは麺と一緒に頂くと風味や食感にアクセントがつき細かな白ネギはスープに良い風味をプラスしていました。
細めの麺も後半まで延びもせずにコシのある食感をキープ。
するする食べて麺や具を食べ終わり残ったスープを丼を両手で持ちスープを味わいながら飲み干し美味しく完食です。
強めの塩味もキレがあり後味も良く2杯目ながら苦も無く頂け美味しさと同時にバランスの良さを感じつつ堪能出来ました。
神奈川端麗系にも感じられる味もバランスの良さと旨味の確りと詰まった味はオリジナル感も感じました。
サイドメニュー王が頂いていた醤油らぁめんも味見させて頂きましたがこちらも味の組み立てはとても好みで次回は醤油らぁめんを頂こうと思い帰りながら感じた余韻も良かったです。
あまり伺えない横浜ではまだまだ伺いたいお店も多くまだまだこのお店のような良いお店が沢山ありそうな気がします。
そんな横浜方面にお仕事ほしいな~(^^)
維新・店
(08-125)
麺や維新@横浜市西区
肉塩らぁめん950円






この記事のURL | らーめん神奈川県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。