2009 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2009 06
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ラーメンShow in Tokyo 2009
2009/05/29(Fri)
雨のOFFの日、日頃の睡眠不足解消でゆっくりする。
午後は本日から31日(日)まで駒沢オリンピック公園で開催されるラーメンShow in Tokyo 2009に行く予定で自宅を出て郵便局に寄ってからさらにチョット寄り道して向かう事にした。
最寄り駅から渋谷を目指し東急田園都市線に乗り継ぎ駒沢大学駅で降りてテクテク歩いて会場を目指す。
会場に到着、初日の平日小雨の中沢山の方が訪れています。
ラーメンshow2009・会場
前売りチケットを購入していなかったので先ずは食券を購入。
ラーメンshow2009・券
1杯750円の券を2枚購入して先ずは運営本部のブースでガイドブックを頂き
OOSAKIさんしうさんに挨拶して来る前から決めていたお店のブースへ。
25あるブースの中でお目当ては2軒ありどうしても食べたかったお店と以前伺ってまた頂きたいと思っていたお店、先にどうしても食べたかったお店のブースへ行く。
先ずはどうしても食べたかったこちらのお店から。
平日で空模様もあまり宜しくないので気にしていた待ちも無く券を渡し程無くラーメンを渡され飲食エリアに行き席を確保して頂きます。
ラーメンshow2009・無鉄砲
どうしても食べたかったお店は無鉄砲のラーメン。
屋外のイベントだから器は仕方ないよね。
上にはチャーシュー・メンマ・海苔・青ねぎが盛り付けてあります。
「よ~くかき混ぜてお召し上がり下さい」と言われたので素直によ~くかき混ぜて先ずはスープを一口。
ラーメンshow2009・無鉄砲汁
どろりとした口当たりの醤油味の豚骨スープは豚のエキスが詰まりに詰まった濃厚なインパクト感。
前日徹夜して仕込んだと言う味は癖や臭みなど一切無く旨味の塊。
後味は軽めの感じでしつこさも無くこれは素直に美味しいの一言。
麺は中太の捩れ軽くウエーブの掛かった麺。
ラーメンshow2009・無鉄砲麺
濃厚なスープを纏った麺を口に運ぶとやや硬めの歯応えを楽しめほのかに後味を残すカンスイの香りもむしろ味わいに合っていた感じがする。
濃厚スープに負けていない印象に残る麺だと感じました。
具のチャーシューは柔らかで程好い歯応えのメンマと香りの強い青ねぎも味のサポートをしながらマッチしていました。
想像していた以上の味に箸は止まらず夢中で食べ進みます。
麺や具を食べ終え残ったスープをゆっくりと味わいながら飲み干し美味しく完食です。
イベントでこれだけ完成された味を頂けるとはお見事!の言葉に尽きる。
濃厚さと後味の軽さを併せ持つ味は不思議な程にグイグイ引き込まれた味で是非とも機会を作りお店に伺いたくなる味でした。
1杯目を頂き予定通り次は以前食べてまた頂きたいと思っていたお店のブースへ。
こちらのお店に。
6年程前に伺って食べたい店で印象に残っていてまた頂きたいと思っていた大砲ラーメン。
一番端のブースに行き券を渡し暫し待ち提供され先程同様に飲食エリアのテント下で頂きます。
ラーメンshow2009・テーブル
大砲のラーメン、その顔を見ればどんどん記憶が蘇ってくる。
ラーメンshow2009・大砲
チャーシュー・シナチク・茹で玉子・海苔・紅しょうが・万能ねぎが盛り付けてあります。
先ずはスープから頂きます。
ラーメンshow2009・汁
白濁した豚骨スープは軽い口当たりの中にどっしりとした豚骨の旨味を感じベースが塩味なのでシャープな印象。
本店で頂いた呼び戻しスープの印象がとても強いが味の纏め加減が今回のイベントでも活かされている感じがする。
スッキリと後引く旨さはやはり美味しいです。
麺は細めのストレート麺。
ラーメンshow2009・麺
加水率低目の細麺は啜り心地や喉越しが好く硬めの茹で加減が好く似合う。
食べ始めの硬めの印象も好いが徐々にスープを吸い込みながらふっくらしていく食感もまた面白く感じました。
具のチャーシューは程好く味が染みて噛み心地も楽しめる、歯応えザクッとした薄味のシナチクはとても好みの味と食感。
ラーメンshow2009・大砲具
見た目に華を添えている茹で玉子は良い箸休めになり香りの好い海苔や万能ねぎ紅しょうがも相性の好さを感じさせてくれます。
本店で頂いた時に乗っていたカリカリ(豚脂の揚玉)はありませんが満足のいく味です。
スルスル食べて麺や具を食べ終え残ったスープを飲み干し2杯目も美味しく完食です。
デパートの催事で頂けるチャンスもあったが都合で頂けずにまた頂きたいと思っていたお店。
軽さの中にどっしりとしながら柔らかい旨味を残す味は満足の味でした。
さて2杯も頂けば当然お腹がきつくなってくる、このイベントに伺うまで前を通り堪らず食べてきた1杯があるので実質本日3杯目(^^;
折角だからもう1杯頂きたいので会場をブラブラしようと思ったら何時も美味しいラーメンを食べさせてくれる武蔵野コンビの店主さん達を見つけ暫し休憩。
お会いした事はあるが初めてお話しする方達もいて興味深い話や楽しい話を聞けた。
お腹の具合も好くさてもう1杯食べて帰ろうと券を購入しお店のブースをブラブラする。
決めていたお店の2杯は頂いたのでそれではイベントの中のコラボの1杯で〆ようと何処のコラボを頂くか考えブラつく。
気になったのはこちらのお店とこちらのお店のコラボ。
食べ始めに会場をブラついていた時ブース前に置かれていた大量の伊勢海老が残像として残っていて気になっていた。
3杯目は凪×けいすけのコラボ。
ラーメンshow2009・凪けいすけ
シンプルな見た目に箸を入れる前からとても興味が沸きます。
上にはほぐした鶏肉・メンマ・海苔・長ねぎが盛り付けてあります。
先ずはスープから頂きます。
ラーメンshow2009・凪けいすけ汁
ほんのり香っていた香りが上の脂の幕が弾けるとグワッと凶暴な程に鼻腔を刺激します。
煮干をふんだんに使い伊勢海老もこれまた大量に入れたスープは見た目のスッキリさからは掛け離れた濃い目の味加減。
煮干と伊勢海老、それぞれ個々に感じる味もあれば相乗した纏まった旨さも味わえるインパクトのある味。
双方のお店の片鱗は見え隠れするもののイベントの為の味では無く真剣勝負した真っ直ぐな味に感じました。
麺は細めのストレート麺。
ラーメンshow2009・凪けいすけ麺
主張の強いスープに対し控えめな感じもマッチングの好さを感じさせてくれ食感・風味共に楽しめる味でした。
ほくした鶏肉はさっぱりとした味で麺と絡めて口に運ぶと食感にアクセントが付きます。
薄味で程好く炊かれたメンマもザクザクした長ねぎも名脇役です。
後半流石にお腹がきつくなってくるが美味しさに端は進みゆっくりながらどんどん食べ進みます。
麺や具を食べ終え残ったスープを香りと共にじっくり味わいながら飲み干し3杯目も美味しく完食です。
2軒豚骨スープを頂いた後だったので考えて一番興味を惹いたコラボでしたが頂けば両店それぞれのパワーを感じ取れた力強い味でこれまたとても美味しい1杯でした。
主催者の方々や参加された店主さん達もご苦労は想像以上の物があったと思いますが食べ手の僕には面白さと満足感が入り混じる素晴しいイベントで素直に伺えて好かったと思いました。
イベントや催事は興味があればどんどん行きたい派ですがたまたまOFFの日が重なった事も実にラッキーな事でした。
満足で色んな方達に挨拶して会場を後に。
この様なイベントはまた次を待ちたいもの、色々と大変かと思いますがまたこの様な楽しく美味しいイベント期待して次回の開催を待ちたいと思います。
ラーメンshow2009・ガイドブック
(09-113・114・115)
ラーメンShowinTokyo2009@駒沢オリンピック公園
無鉄砲  ラーメン750円
大砲  ラーメン750円
凪×けいすけ  ラーメン750円  
スポンサーサイト
この記事のURL | コラボ・イベント | CM(0) | TB(0) | ▲ top
夜明けの塩・・コタンの笛@南阿佐ヶ谷
2009/05/27(Wed)
(09-108)
仮UP
コタンの笛・0526しおラーメン
コタンの笛@南阿佐ヶ谷でしおラーメン700円を頂きました。
夜明けの訪問は塩味で。
この記事のURL | らーめん杉並区 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
限定三種の油そば・・楽々@吉祥寺
2009/05/25(Mon)
(09-107)
仮UP
楽々・スパイシー味噌背脂そばセット
音麺酒家楽々@吉祥寺でスパイシー味噌背脂そば750円を頂きました。
比内地鶏脂の油そば・スパイシー味噌背脂そば・煮干の背脂そばの三種の限定から珍しい味噌味をチョイス。
この記事のURL | 油そば・汁なし・和えそば | CM(0) | TB(0) | ▲ top
滑らかな自家製麺・・栄華@本天沼
2009/05/23(Sat)
(09-106)
仮UP
栄華・ラーメン
栄華@本天沼でラーメン500円を頂きました。
お散歩の途中で見つけた自家製麺の中華屋さん。

この記事のURL | らーめん杉並区 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
金蓮花の旨さ・・めじろ@代々木
2009/05/22(Fri)
(09-105)
仮UP
めじろ・0522冷やし中華
七重の味の店 めじろ@代々木で冷やし中華800円を頂きました。
金蓮花と名付けられた新たな自家製麺を使用した夏の限定の味。
この記事のURL | 七重の味の店 めじろ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
感動の濃度・・九ツ家@白楽
2009/05/22(Fri)
(09-104)
仮UP
九ツ家・並ほうれん草2
九ツ家@白楽でラーメン(並)650円・青菜増し50円を頂きました。
本命のお店は感動した濃度で再訪確実。今や家系の中でもトップレベルの味。
この記事のURL | 家系(チックな所含む) | CM(0) | TB(1) | ▲ top
ついふらりと・・仁緞@白楽
2009/05/22(Fri)
(09-103)
仮UP
仁緞・つけめん味玉2
仁緞@白楽でつけめん800円・味玉100円を頂きました。
目的のお店に伺う前にちょいと寄り道w。
この記事のURL | らーめん神奈川県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
自家製麺を塩で・・二葉上荻店@荻窪
2009/05/20(Wed)
(09-102)
仮UP
上二葉・0520塩ラーメン
ラーメン専門店 二葉 上荻店@荻窪で塩ラーメン850円を頂きました。
この記事のURL | ラーメン専門店 二葉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
博多のつけ麺・・一風堂明大前店@明大前
2009/05/19(Tue)
(09-101)
仮UP
一風堂明大前店・0519博多つけ麺
一風堂明大前店@明大前で博多つけ麺850円を頂きました。
この記事のURL | らーめん杉並区 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
苦労したかいがありました・・多摩組(会場・鏡花@立川)
2009/05/17(Sun)
朝起きると急ぎのお仕事のFAXが三軒分・・・(-_-;)
少しのんびりと起きたので慌てながらデスクに向かい集中!
結構難解な書類もありお昼過ぎに終了。
身支度を整えて自宅を出て最寄り駅から立川を目指す。
サイドメニュー王に電話すると「急いで来ないと食べられないかも知れませんよ!!」と煽られたが電車ではこれまた仕方ないな~。
立川駅で降りて会場のお店を目指す、自然と足早になる。
お店付近はかなりの行列、案内のお兄さんに「二時間ほどの待ちになります・・」と言われたがここまで来て待たない訳にはいかない、持参した本を読みつつ待つ。
列は少しづつ進み色んな店主さんや知り合いと挨拶や会話しながら待つ、言われた通り二時間ほどで店内に入る。
多摩地区12軒のお店のスタンプラリー[多摩組]のイベントで12軒全部コンプリートすれば特別招待権利を頂けて一日だけの限定麺を頂ける、苦労したが何とか12軒回り当日の参加となった。
スタンプカードを見せて記念のTシャツは後日頂く事になり折角なのでタマ玉子とX丼を追加して案内された席に着く。
多摩組Vol1・券
第一回のイベントはワクワクする。
厨房や接客で参加店の店主さん達が奮闘中。
多摩組Vol1・厨房
心なしか皆さん楽しそうな感じで普段のお店の顔とは別とも感じる。
暫くしてTOKYO-Xが運ばれて来ました。
多摩組Vol1・TOKYO-X
黒い多摩組の丼に盛られたTOKYO-X、上にはチャーシュー・のらぼう・タマ玉子・海苔が盛り付けてあり別でつけ汁が提供されました。
多摩組Vol1・TOKYO-Xつけ汁
先ずはスープから頂きます。
多摩組Vol1・TOKYO-X汁
背脂の浮く青湯醤油スープは見た目の印象からは掛け離れた味でTOKYO-Xと言う素材の旨味を柔らかく表現した味。
スッキリとした後口で醤油ダレの味わいがシンプルなYOKYO-Xの旨さをサポートしている感じで繊細な一面も感じられます。
背脂の甘味は醤油ダレの効きを中和する感じで味加減は程好く纏まって仕上がっています。
麺は極太の平打ち麺。
多摩組Vol1・TOKYO-X麺
多摩の柳久保小麦と言う地粉を使った麺でギュギュッと小麦の旨さが詰まったワイルドな味わい。
力強い大地の味は口に運び噛み締めると豊かな風味を堪能させてくれます。
チャーシューはTOKYO-Xの旨さの醍醐味を味わえる気前の好い盛り具合。
多摩組Vol1・TOKYO-X肉
しっとりとした細かな繊維質を感じられる部位や噛み心地の好い部位、脂の軽やかな旨味もTOKYO-Xと言う素材の味の持ち味なのかも知れない。
味付けも素材を活かす味で旨さを堪能出来ました。
シャッキリした茹で加減ののらぼうは味にフィットした好い箸休め。
多摩組Vol1・TOKYO-Xのらぼう
タマ玉子は黄身の濃厚な味とフルンとした白身の味わいも好くこれもまた素材の好さを感じられる味でした。
多摩組Vol1・TOKYO-X玉子
別で提供されたつけ汁は骨の髄まで溶け込んだ濃厚な味で麺をドップリと付けて頂くと癖も無く濃厚な味が堪能出来き味のカスタマイズを楽しめました。
多摩組Vol1・TOKYO-X汁麺
ワイルドな麺を頬張り繊細なスープをグイッと飲みチャーシューを頬張りまたスープをグイッと飲む。
ニッコリしながら夢中で食べて麺や具を食べ終え残ったスープを頂きながらX丼を頂きます。
多摩組Vol1・TOKYO-XX丼
これまた肉の盛が気前好く300円と言う値段では頂けない豪儀な物。
葱の辛味もタレの利かせ方も申し分なくかっ込むようにしてわしわしと食べ進みます。
X丼も食べ終わり残ったスープを飲み干し美味しく完食です。
素材の好さだけではなく色んなメッセージが詰まった味だと感じ苦労して12軒コンプリートしたかいがあった味で余韻の満足感はかなり高い物でした。
第一回の[多摩組]は色々と苦労もあった事、12軒の店主さん達が集まり作り色んな思いが込められ作り上げただけの味ではないとも感じこのコラボが第二回。第三回と続く事も願いつつ楽しみにしたいとも思いました。
心から満足でまた感謝しつつ席を立ちお店を後に。
帰宅予定時間をかなりすぎたが満足な味の余韻に包まれお仕事が待つ自宅へ戻るのであります。
多摩組Vol1・お品書き
(09-100)
第一回多摩組イベント@(会場・鏡花@立川)
TOKYO-X(特別招待・無料)・タマ玉子100円・X丼300円


追記
記事が遅れていますが新しい記事をUPしながら少しづつUPしていこうと思いますm(_ _)m
この記事のURL | コラボ・イベント | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。