2009 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2009 12
今年の味噌は・・二葉上荻店@荻窪
2009/11/30(Mon)
午前中のお仕事終えて銀行に用事があり荻窪に。
月末で混む銀行での用事を終えてこの頃大分寒くなってきたので温まろうと気になるメニューがあるお店に脚を向ける。
お店に入り券売機を眺める気になるメニューの食券を購入して空いていたカウンター席に座る。
上二葉・1130メニュー
毎度毎度のお気に入り店、厨房は小林店主と女性スタッフさんのお二人。
毎年味噌ラーメンは頂くが今年の味噌ラーメンはこちらの人気メニューにもなった燕三条系ラーメンがベース。
基本の燕三条系のラーメン・つけ麺、ラーナビ限定の薫三条のラーメン・つけ麺・油そばと頂いたが今回の味噌味もとても楽しみにしていた。
久しぶりの小林店主との四方山話など他愛の無い会話をしながら待ちました。
暫くして野菜たっぷり味噌ラーメンが提供されました。
上二葉・1130野菜たっぷり味噌ラーメン
メニュー名の通りこんもり盛られたもやしとキャベツ、バラチャーシューとメルマガ会員サービスのロースチャーシュー・海苔・めんま・赤い柚子胡椒を乗せたなると・柚子・玉葱が盛り付けてあります。
先ずはスープを一口。
上二葉・1130野菜たっぷり味噌ラーメン汁
どんよりした冬空の様な背脂が泳ぐ味噌スープ。
代名詞である煮干し等の節の風味と味噌ダレの味わいはお互いの風味や持ち味を強く主張せず調和のとれた味に仕上がっている。
ただその調和のとれた味はトロンとした口当たりで口に入るとビターな煮干し等の節の風味や醤油っぽい味噌ダレの風味単体の旨さも舌で感じられる。
甘味のある背脂は味噌の角を丸く感じさせるサポート役、素材もさることながら計算された重なり合う味が楽しめる。
麺は幅広の平打ち麺。
上二葉・1130野菜たっぷり味噌ラーメン麺
こちらの燕三条系でもお馴染みとなった手もみを加えた麺。
滑らかな麺肌で啜って頬張ると柔らかさの中に弾力があり風味も申し分ない。
柔らかめの味わいは燕三条系には好く似合う。
上二葉・1130野菜たっぷり味噌ラーメン野菜
もやしとキャベツの野菜は軽く茹でられシャキシャキした歯応えをプラス。
上二葉・1130野菜たっぷり味噌ラーメンバラ肉
バラチャーシューは柔らかさとジューシーさを楽しめる。
上二葉・1130野菜たっぷり味噌ラーメンロース肉
ロースチャーシューは噛み心地と食感を楽しめ二つのチャーシューはそれぞれ違った表情を見せるがどちらも二葉の味。
上二葉・1130野菜たっぷり味噌ラーメンなると
食べ進むうち赤い柚子胡椒を少しづつ溶かしながら頂くと辛味の相性の好さも感じられる。
途中で全体を好く馴染ませ天地返し。
上二葉・1130野菜たっぷり味噌ラーメン返し
程好い辛味が全体に混ざると甘味や風味も引き立つ、玉葱の風味も好いアクセント。
上二葉・1130野菜たっぷり味噌ラーメン竹
薄味で歯応えの好いめんまは味わいの中で好い箸休めになる。
上二葉・1130野菜たっぷり味噌ラーメン柚子
毎年冬になると柚子の風味は季節感を感じられ楽しいものだ。
麺は柔らかな茹で上がりだが後半までダレずにその食感をキープしながらスープを纏いふっくらした感じになるのは食べ手にとって飽きもせずに食べ進ませる。
グイグイ引き込まれる味とは反対に寂しくなる丼、楽しみつつ夢中で頂く味がある。
麺や具を食べ終えお腹と相談してやみつきロース御飯で〆る。
上二葉・1130やみつきロース御飯
試作で頂いた時よりくっきりとしたタレの味がキーポイントで玉葱の風味が心地好い。
ロースチャーシューも麺と頂いた時よりその旨さがくっきりと出てくるこれで250円はかなりの物。
時折スープを頂きながらワシワシ頂く、食べ終わり残ったスープを飲み干し美味しく完食です。
食べ終わると額には薄っすらと汗を掻きポカポカと身体が心から温まった感じになる。
野菜が無ければまた違った感じに感じられた味わいもマッチングの好さが感じられた。
50円増しで温野菜をプラスしてみても面白いと思う。
何時も心地好く満足させてくれるお店の今年の味噌は寒空の中染み入る味でもありました。
上二葉・0717看板
(09-203)
二葉上荻店@荻窪
野菜たっぷり味噌ラーメン900円
やみつきロース御飯250円
スポンサーサイト
この記事のURL | ラーメン専門店 二葉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
三条はカレーだ!・・ネスパス新潟館@表参道
2009/11/20(Fri)
(09-202)
仮UP
ネスパス新潟館・1120カレーラーメン
ネスパス新潟館@表参道でカレーラーメン200円を食す。
お買い物があり定期的に伺っているが本日から開催している三条物産展で提供されている大衆食堂正広@三条のお土産用のカレーラーメンが提供されていたので迷う事無く頂く。
甘口のスープにピリリと利かせたカレー風味が穏やかだが何処と無く郷愁を漂わせる。
現在は通販していないが準備中との事でトッピングなどで自分好みで楽しめそう。
二代目の阿部店主さんとお話して三条カレーラーメンマップも頂きとても有難い、越後に帰省した際は是非脚を運んでみたい。
この記事のURL | カレー(らーめん・つけめん) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「和」の限定・・めじろ@代々木
2009/11/20(Fri)
(09-201)
仮UP
めじろ・1120鴨つけめん
七重の味の店 めじろ@代々木で鴨つけめん1200円(期間限定1日20杯)を食す。
17日(火)から始まった期間限定を頂くために久しぶりに昼営業に訪問。
「和」はめじろの味の柱だけどこの和風感をラーメンやつけめんで表現出来るお店もそうは無い。
スッキリとしながら奥深いつけ汁にシコシコの自家製麺をくぐらせ口に運ぶと怯む程その「和」が感じられる。
炙った鴨やつけ汁の脂分も鴨肉もめじろの味に嵌った感じ。
チョイとお高めの値だけど頂けば満足感の方が上回る(^^)V。
この記事のURL | 七重の味の店 めじろ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
プレオープン・レセプションに突撃・・ちゃんぽん太郎@西早稲田
2009/11/13(Fri)
(09-199・200)
仮UP
ちゃんぽん太郎・1113ちゃんぽん(から揚げトッピング)
ちゃんぽん太郎@西早稲田でちゃんぽん(唐あげトッピング)とラーメンを食す。
11/16オープンのお店のプレオープン・レセプションに訪問。
色んな具材が沢山入りボリューム満天ながらスッキリした味わい。
ランダムに焼きが入った麺は香ばしい部分と緩い部分があり食感が面白い。
唐あげをトッピングしたけど違和感無くカリッとした歯応えでアクセントがついた。
ちゃんぽん太郎・1113ブタめし
ブタめしは柔らかで一味の風味が好いアクセント。
お腹に相談して気になったラーメンも頂いた。
ちゃんぽん太郎・1113ラーメン
柔らかな脂の浮くふっくらとした旨味は豚骨だけではなく鶏の味がよく出ている。
関連の一風堂の麺よりやや太めで角ばった麺の食感も面白くスープをとの絡みもいい塩梅。
看板のちゃんぽんよりむしろこちらのラーメンが印象深かった。
ちゃんぽん太郎・1113あんかけちゃんぽん
同行者のあんかけちゃんぽんやも味見させて頂いたが皿うどんに通じる味は卓上の調味料で色んな変化球が楽しめそう。

その他餃子も頂いたがチョイ呑みでも使えそうなメニュー構成。
これだけ頂いてプレオープン・レセプションなので無料とはこのご時世有難いねw。
この記事のURL | らーめん新宿区 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ラーナビ限定の三品目・・二葉上荻店@荻窪
2009/11/12(Thu)
(09-198)
仮UP
上二葉・1112薫三乗(つけ麺)
ラーメン専門店 二葉上荻店@荻窪で薫三乗(ラーナビ限定)850円を食す。
ラーメン→油そばと食べて三度目の限定はつけ麺で。
個性的な手切りの平打ち麺は柔らかめだと物凄く僕の嗜好にジャストフィト。
麺単体の旨さとつけ汁単体の旨さが口の中で奏でるハーモニーは色んな音階を経て余韻を残し消え往く感じ。
今日のスープは燻製煮干しの旨さがくどさの一歩手前ギリギリの所でピタリと止まっていて食べながら唸ってしまった。
三バージョン頂いたがどれもとても美味しかったです(^^)V。
この記事のURL | ラーメン専門店 二葉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
期間限定の強力タッグ・・太麺堂@高田馬場
2009/11/11(Wed)
(09-197)
仮UP
太麺堂・1111太ラーメン(肉増し・味玉)
太麺堂@高田馬場で太ラーメン650円(通常800円)・肉増し250円・味玉100円を食す。
本日オープンで12月30日までの期間限定営業のお店。
太宣言すると通常800円の太ラーメンが650円で頂ける(僕は「見ての通り身体が太い」と書きましたw)
麺劇場 玄瑛@博多と浅草開花楼の強力なタッグ、初日は玄瑛の入江店主と浅草開花楼の負死鳥カラスさんのコラボで営業。
塩味が強めの味わいは上に浮く脂がだんだん混ざりこんでいくうち色んな表情が見れる。
かぼちゃを始めとする具も主張の強い太麺に負ける事なく存在感十分。
軟骨チャーシューはトロリとしてこれで一杯やれそう(笑)。
この記事のURL | らーめん新宿区 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
楽しませてくれるツボ・・RAMEN CiQuE @南阿佐ヶ谷
2009/11/10(Tue)
(09-196)
仮UP
チキュー・1110白湯ラーメン(鮭節)
RAMEN CiQuE @南阿佐ヶ谷で白湯ラーメン750円を食す。
青湯ラーメンの日に伺ったが都合で青湯スープが仕込めずに白湯スープでラーメンを頂く。
使っている素材もさることながら塩味っていうのがまたツボ。
何時も弄ってくれる須藤店主のツボを擽る心は有難く美味しい。
チョイ呑みの後だったが鮮明に味の輪郭は見えていた。
この記事のURL | RAMEN CiQuE | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今夜は醤油で・・めじろ@代々木
2009/11/06(Fri)
(09-195)
仮UP
めじろ・1106かけ醤油
七重の味の店 めじろ@代々木でかけ醤油600円を食す。
柔らかな味わいはめじろの味、好い意味で前進している感じがする。
醤油と塩のかけを交合に頂いているがそれは意味のあっての事。
全粒粉の自家製麺は秀逸。
この記事のURL | 七重の味の店 めじろ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
大つけ麺博第3陣・・日比谷パティオ
2009/11/06(Fri)
金曜日はOFFの日、さて三週連続の大つけ麺博のラスト第3陣に突撃。
今日も空模様何とかなったね、寒さがましたけど心地好い気分。
最寄り駅から東京メトロを乗り継ぎ日比谷へ向かう。
券売機の列に並び暫し待ちオープン。
今回もお友達とシェアして色んな味を楽しむ。
先ずは僕が並んだブース。
つけめん四代目けいすけ@本郷
大つけ麺博第三弾・四代目けいすけ
伊勢海老と渡り蟹のつけ麺
香ばしい香りが並んでいる時から鼻腔を突き抜ける程香りが楽しめた逸品。
海老と蟹の旨さが融合し此方らしさを忠実に再現。
麺も複数の種類を使っていた様で面白く楽しさもある。
つけ汁を超えたソースと言う言葉が似合う味わい。

らーめん処 潤@燕
大つけ麺博第三弾・潤
燕三条流つけそば「背脂の乱」
僕の育った越後のジャンクフード的な味がこのイベントに参加。
潤と言えば岩海苔だけど今回は背脂の使い方が興味深い。
こってりしていながら後味スッキリは燕の味。

アイバンラーメン@芦花公園
大つけ麺博第三弾・アイバンラーメン
全粒粉のwhitechickenのつけめん
「ラーメン界の黒船」事アイバンさんが繰り出すオリジナル味。
洋風でもきちんとつけ麺に仕上がるとは流石。
クリーミーな鶏白湯がまったりと麺に絡みムチッとした自家製麺が押し出されてくる感じ。

せたが屋@世田谷
大つけ麺博第三弾・せたが屋
ひるがおの塩つけ麺
オーソドックスなせたが屋の味で勝負。
クリアーな中に芳醇な旨味を感じるメリハリのついた味。
ダイレクトな味に極太めんまが好印象。

前略っ。つけそばまるきゅう@池袋
大つけ麺博第三弾・まるきゅう
阿波尾鶏の塩つけそば
お店は未訪で宿題店。
スッキリとした鶏の旨味の詰まった味わい。
薬味の笹切り葱が好いアクセントでストレートに旨味だけを引き立たせている。

頑者@川越
大つけ麺博第三弾・頑者
ネクストレベル
動物魚介の先陣を切った名店。
濃厚で嫌味の無いバランス感覚に溢れた味は唯一無二の味。
お店で頂いた時より麺の旨さに唸ってしまった。

博多新風@博多
大つけ麺博第三弾・博多新風
博多豚骨つけ麺
(09-194)
シェアした中で一番楽しみにしていた味。こういうイベントでないと中々食べられない。
大つけ麺博第三弾・博多新風(三種)
7つの味を食べてマジ喰いはチャーシュー&ネギ&味玉の三種をトッピングで。
大つけ麺博第三弾・博多新風(三種)麺
今回は浅草開化楼の特製麺を使用。
シコシコした歯応えと風味豊かな細麺。
大つけ麺博第三弾・博多新風(三種)汁
豚骨の旨味の詰まった濃厚なつけ汁はくどさも無く案外軽い仕上がりだが風味溢れた味。
大つけ麺博第三弾・博多新風(三種)肉
柔らかく香ばしいチャーシュー。
大つけ麺博第三弾・博多新風(三種)葱
香りと旨味をプラスする名脇役のネギ。
大つけ麺博第三弾・博多新風(三種)味玉
玉子好きにはたまらないトロリの味玉。
大つけ麺博第三弾・博多新風(三種)汁麺
グイグイ引き込まれた味は麺とスープを別にしたと言うアンバランスさは感じられず一体となり身体に染み入る。
元々のこってり好きだがただ濃厚さだけを主張する豚骨100%の味とは訳が違う。

今回第3陣7軒8杯を頂き二日間限定出店の佐野JAPANは頂け無かったが満足で会場を後に。
色んなお店が第1陣から出店していたがイベントとは言えレベル高い味に満足。
こういうイベントはとても楽しく面白みもある、またこの様なイベントがあれば時間が許す限り脚を運びたいと思う。
しかし佐野JAPAN食べたかったな~(苦笑)。
ああでもとても楽しい三週間でした(^^)V。
この記事のURL | コラボ・イベント | CM(0) | TB(0) | ▲ top
豚骨発作・・馬鹿豚や@阿佐ヶ谷
2009/11/05(Thu)
(09-193)
馬鹿豚や・1105こってりとんこつBランチ
馬鹿豚や@阿佐ヶ谷でこってりとんこつ680円・Bランチ150円を食す。
朝起きると突然「今日は豚骨らーめんが食べたい!!」と発作が起きたw。
近所で行く豚骨味のお店から久しぶりに此方をチョイス。
ランチタイムなのでBランチにして半ライスと替玉をお願いして味は醤油味を。
大きな粒々した背脂は舌で押しつぶすと風味を広げてくれる、濃厚だがスッキリとした豚骨スープにしこしこ麺がマッチング。
替玉はバリカタでお願いして卓上の胡麻と辛子高菜でカスタマイズ。
馬鹿豚や・1105こってりとんこつ飯割り

〆は半ライスにに残ったスープを掛けて飯割りでジエンド。
発作も治まり満足満腹(笑)。
この記事のURL | らーめん杉並区 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |