2010 02 ≪  03月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2010 04
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
唐華の魔力・・阿佐ヶ谷ホープ軒@阿佐ヶ谷
2010/03/31(Wed)
(10-071)
「仮UP」改め「手短に」w
100401阿佐ヶ谷ホープ軒・チャーシューメン850円
阿佐ヶ谷ホープ軒@阿佐ヶ谷でチャーシューメン850円・味玉50円を頂く。
久しぶりに背脂系が頂きたくなりご近所の此方へ。
見た目よりスッキリした仕上がりの豚骨醤油スープが茹で加減の好い細麺に絡みやや癖のある香りを口に広げる。
ただこの癖のある香りは嫌な感じも無く好きな人には堪らない風味なのだろう。
スープで温まったチャーシューの食感やシャキシャキのもやし等の具材もボリュームある麺とスープを食べ進ませてくれる。
後半卓上の唐華を入れピリリとした辛味をプラス。
この唐華の魔力は最大の武器かなw。
スポンサーサイト
この記事のURL | らーめん杉並区 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
最後の三条系カレー・・二葉上荻店@荻窪
2010/03/31(Wed)
(10-070)
「仮UP」改め「手短に」w
100331上二葉・三条系カレーラーメン850円の麺上げ
ラーメン専門店 二葉上荻店@荻窪で三条系カレーラーメン850円を頂く。
先週提供を終えた三条系カレーラーメン、一食分なら出来るという事で幅広の手打ち麺ではなく通常のラーメン用の麺でおねだりw。
幅広麺では無かった啜り具合が楽しめ次第に煮干風味を増すカレースープとの相性も楽しめた。
寒い季節に楽しませてくれ味の最後の一杯を頂きまた次回のカレーラーメンの登場を待ちたい。

半ライス100円を追加して飯割りも楽しむ。
100331上二葉・三条系カレーラーメン850円の飯割り
終わりだからとトッピングだったチーズの残りも小林店主からプレゼント。
ドロドロしたカレーとチーズの風味を楽しみ余韻に浸る。
この記事のURL | ラーメン専門店 二葉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
傑作でしょ・・大喜庵@高円寺
2010/03/29(Mon)
(10-069)
「仮UP」改め「手短に」w
100329大喜庵・みそとりそば850円の麺上げ
大喜庵@高円寺らーめん横丁でみそとりそば850円を頂く。
本店には無い高円寺店限定の味。
とろ~りとした鶏ベースのスープに丸い味わいの味噌のコンビネーション。
風味が好く啜り心地抜群の長い自家製麺に纏わり付く濃度のあるスープは香り味加減共に傑作と言っても好い。
あまり食べなかった味噌味を最近は頂く事も多いがその中でも抜きん出ていた味。
シンプルな具の構成も物足りなさなど微塵も感じず夢中で頂いた。
色々と大変であろう施設での営業だがこのお店の関してはそんな事も関係無い様子。
ただ裏では色んな苦労もあるとは思うが「大喜」と言うブランドには確固たる力がある。
この記事のURL | らーめん杉並区 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
かまたまagein・・二葉上荻店@荻窪
2010/03/28(Sun)
(10-068)
「仮UP」改め「手短に」w
100328上二葉・カレーかま玉(山盛り温野菜)2
ラーメン専門店 二葉上荻店@荻窪でカレーかまたま780円(メルマが限定)・山盛り温野菜50円を頂く。
昨日舌鼓を打ったメルマが限定、朝起きたら「今日も食べたい」と真っ先に浮かんだ(笑)。
温野菜との組み合わせも楽しみたくお外でのお仕事の合間に再訪。
麺を平打ち手もみ麺からラーメン用の細麺に代えて頂き味わう。
ユラユラした手打ち麺も旨かったが伸びやかな細麺も味にフィット。
山盛り温野菜はカレー味を優しくしなおかつ食べ応えをプラス。
ほぐれていく角煮も肉餡と共に中々個性的な一面を魅せてくれた。
さらにバージョンアップして限定で登場してほしいな~。

〆は半ライス100円を付属の煮干スープと共に丼に入れてリゾット感覚で。
100328上二葉・カレーかま玉の飯割り
イタリア人もインド人もビックリするカレー煮干リゾットw。
生粋の日本人の僕には堪らない旨さだったな~(笑)。
この記事のURL | ラーメン専門店 二葉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
メルマが限定のカレー(汁なし)・・二葉上荻店@荻窪
2010/03/27(Sat)
(10-067)
「仮UP」改め「手短に」w
100327上二葉・カレーかまたま780円のセット
ラーメン専門店 二葉上荻店@荻窪でカレーかまたま780円(メルマが限定)を頂く。
耳にした時から楽しみにしていたメルマが限定。
小林店主が好きなお店のカレーかまたまうどんを二葉らしく表現。
ベースは煮干の効いた醤油ラーメンのスープ+生玉子、上には焦しネギ・角煮・メンマや味のキーポイントになるキーマ風の肉餡が乗る。
食べ始めは穏やかなかまたま味を楽しみ全体に肉餡を混ぜ込んで食べ進めばカレー味が全体に広がると言う仕掛け。
汁なしのカレー味はあちこちで頂いているがこれほどニンマリした味は無かったかも。
好きな汁なし+カレーと言うコンビネーションは楽しめるアイテムだがそれを割り引いてもお世辞ではなく僕には完璧に近かった。
途中口にする煮干スープのビターな風味が一段と箸を進ませてくれた。
100327上二葉・カレーかまたま780円の飯割り
〆に半ライス100円を丼に入れて飯割り。
グッと染み入る旨さでした(^^)V。
この記事のURL | ラーメン専門店 二葉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
不意討ちされたゲリラ限定・・楽々@吉祥寺
2010/03/24(Wed)
(10-066)
「仮UP」改め「手短に」w
100324楽々・とろ~り煮干つけ麺750円(限定)
音麺酒家 楽々@吉祥寺でとろ~り煮干つけ麺(限定)750円を頂く。
メルマがで知った限定、所用もあり吉祥寺へ。
名前の通りとろ~りとしたつけ汁が中太平打ち麺に程好く絡みつく。
啜り上げれば煮干の香りもプラスされるパンチのある味わいは濃厚ながらくどさなど皆無。
不意討ちされたゲリラ限定は時間が許す限り毎回楽しみたい。
そんな不意討ちされた品のお供はたまごぶっかけ飯200円。
100324楽々・たまごぶっかけ飯200円と割り
味の染み込んだほぐしチャーシューも乗せてありコストパフォーマンスも優れている。
スープ割りしていただいたつけ汁を頂きながら全体を混ぜ込むようにしてガツガツ食べた〆の一品。
この記事のURL | らーめん23区以外 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今宵もこれで・・コタンの笛@南阿佐ヶ谷
2010/03/24(Wed)
(10-065)
「仮UP」改め「手短に」w
100323コタンの笛・みそラーメン
コタンの笛@南阿佐ヶ谷でみそラーメン600円を頂く。
毎度の夜更けの訪問、やきそばの硬麺と共に両巨頭になっている僕の定番の味。
訪問時間で微妙に変化するスープはこの日は濃い目な印象。
女将さんに癒され味に癒され今宵も満足。
この記事のURL | らーめん杉並区 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
二度目のスーパーブラック・・二葉天沼店@荻窪
2010/03/20(Sat)
(10-064)
「仮UP」改め「手短に」w
100320天二葉・二葉スーパーブラック
ラーメン専門店 二葉天沼店@荻窪で二葉スーパーブラック(週末限定)850円を頂く。
二度目のスーパーブラック、勿論半ライス150円をお供に。
濃すぎるとしか表現出来ないこのシリーズは食べ手の好みも分かれると思うが嵌る人は嵌ってしまうのも事実。
毎週微妙に変化しているそうでこの日は背脂がソース状に麺に絡み付く。
ニンニクのパンチの効いた味も馴染んでいてジャンクさがドーンと押し出された味になっている。
合間に半ライスで調整しつつ頂いた濃い味は今夜の事も考えスープは自粛して残すw。
この記事のURL | ラーメン専門店 二葉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今夜もかけを・・めじろ@代々木
2010/03/19(Fri)
(10-063)
「仮UP」改め「手短に」w
100319めじろ・かけ塩
七重の味の店 めじろ@代々木でかけ塩600円を頂く。
色々と肴を頂きながら呑んだあと軽く〆たかったのでかけを塩味で。
柔らかくじんわりと広がる和風感は七重の変化を魅せつつ楽しませてくる。
シンプルだからこそ味わえるこの感じはおやっさんが言っていた「ごはんのように食べられる味」なのだろう。
飽きない味は何時食べても満足、余韻の優しさに包まれOFFの夜を満喫。
この記事のURL | 七重の味の店 めじろ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
下町の老舗・・来集軒@浅草
2010/03/19(Fri)
(10-062)
「仮UP」改め「手短に」w
100319来集軒・ラーメン(麺上げ)
来集軒@浅草でラーメン600円を頂く。
OFFの金曜日ぶらりと浅草散策、お昼ご飯は久しぶりの老舗で。
運ばれて来た時の香りから懐かしさを感じる。
出汁濃い目の醤油スープにキラキラ輝く多目に効かせた油。
ウエービーな中太麺がそのスープを確りと纏い一体となり味が完成。
噛み締めるとホッとするチャーシューや甘めのメンマに海苔と長ねぎのシンプルな具も穏やかに身体や心に染み入る。

100319来集軒・チャーハンのアップ
一緒に頂いたチャーハン800円。
チャーシュー・玉子・玉ねぎとシンプルで穏やかな味。
玉ねぎの甘さが程好い塩味を引き立たせている印象。
次回は名物のシューマイつまみに一杯やり〆にワンタンメンなんてストーリーもこの時描いていたw。



この記事のURL | らーめん台東区 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。