2011 12 ≪  01月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2012 04
あと二日・・二葉天沼店@荻窪
2012/01/19(Thu)
(12-017)
短編w

20120119天二葉・焼きブラック(目玉焼き乗せ)850円
ラーメン専門店 二葉 天沼店@荻窪で焼きブラック(目玉焼き乗せ)850円を頂く。
残り二日となった天沼店の営業、午後のアイドルタイムにまた伺う。
「以前提供した物でリクエストあれば作りますよ」と言って頂いていたのでまた食べたいと思っていた限定の中からお願いした逸品。
20120119天二葉・焼きブラック(目玉焼き乗せ)850円のチェンジ郎
以前頂いた時には煮込まれた細かな背脂が乗せられていたが今日はきら星@武蔵境と共有するチェンジ郎が乗せられ意表を付かれた。
20120119天二葉・焼きブラック(目玉焼き乗せ)850円の目玉焼き
目玉焼きはマー君のお遊びで添えられていたが今回もご好意に感謝m(_ _)m。
20120119天二葉・焼きブラック(目玉焼き乗せ)850円の麺
限定の中でも一時はレギュラーメニューを揺さぶるほど人気があった二葉ブラックの油そばバージョンなのだが自家製麺に濃い目のブラックのタレを絡めて焼き上げた焼き麺が香ばしく旨し。
もやしやキャベツと炒め合わされているので焼きそばの趣きだがこの濃い目のブラックのタレが焼きそばとは違うオリジナル感を見せる。
チェンジ郎を絡めると更にジャンクさが上乗せされ風味の好い麺の味わいを引き立てている。
20120119天二葉・焼きブラック(目玉焼き乗せ)850円の玉麺
半熟の黄身に麺を絡めて頂けば自然にニッコリしてしまう、チャーシューやめんまを箸休めにして食べ進む。
中盤からは全体を混ぜ合わせて頂く、チェンジ郎の風味が効果的に広がり味を纏め上げている。
ワシワシと頬張り味を堪能するまた頂けた事に感謝しながら。
麺や具を頂き終わり残ったブツに半ライス100円を投入し飯割りで〆る。
20120119天二葉・焼きブラック(目玉焼き乗せ)850円の飯割り
もはや言葉は無い、ジャンクな味わいを楽しむ最高の〆だ!。
丼を綺麗に空けて完食、ご馳走様でした。
この焼きブラックはまた機会があれば頂きたいと思っていた品で作るのに手間が掛かるのでリクエストした時に申し訳ないと思っていたが色んなご厚意に感謝しまた頂けた事に感激した。
20120119天二葉・POP
あと二日の営業になった天沼店。
おみやげらーめんをお願いしてお店を出る。
明日は営業最終日、また脚を向けるがなんとも記憶残る一日になりそうだ。
スポンサーサイト
この記事のURL | ラーメン専門店 二葉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
あと三日・・二葉天沼店@荻窪
2012/01/18(Wed)
(12-016)
短編w

20120118天二葉・大盛りメンマラーメン900円のメニュー
ラーメン専門店 二葉 天沼店@荻窪で大盛りメンマラーメン900円を頂く。
残り三日となった天沼店の営業。
懐かしさを胸に先代のおやじさんの頃よく頂いたメニューをオーダー。
20120118天二葉・大盛りメンマラーメン900円
大盛りメンマラーメン900円。
20120118天二葉・大盛りメンマラーメン900円の汁
鈍く輝く味わい深い天沼店のスープ。
煮干の味わいを動物系の旨みが後押しする。
20120118天二葉・大盛りメンマラーメン900円の麺
麺は自家製の中細麺。
二葉だけのために麺を作っていた丸八さんから何軒かの製麺屋さんの麺にシフトして自家製麺に辿り着いたのだが思い起こせばどれも天沼店のスープとの相性は良い感じで懐かしさをひしひしと感じながら啜り上げ頬張る。
20120118天二葉・大盛りメンマラーメン900円の肉
チャーシュー・メンマ・なるとの二葉トリオ。
チャーシューはーも幾度となく変わってきた。脂の無いロースの噛みしめしみじみ旨いチャーシューから脂の部位と赤身の部位の味わいが楽しめるバラ肉のチャーシューへと変わりホロリと柔らかな巻きバラのチャーシューに落ち着いた。
なるともカットが変わり大振りになりどっしり存在感があり不動のセンター位置に鎮座する。
20120118天二葉・大盛りメンマラーメン900円のメンマ
そんなにメンマは好きではなかったが二葉のメンマを食べてからメンマ好きになった。
程好く味が染み込んで歯応えが好いメンマは麺と絡めて頂いたりザクザク感をそのまま頬張って楽しんだりした。
20120118天二葉・大盛りメンマラーメン900円の玉子
ハードボイルドな玉子から中まで好い味が染み込んだ味付け玉子になるもその白と黄色のコントラストは味わいだけではなく実に絵になるアイテムだ。
寒い季節になれば柚子の風味が香り季節感も楽しめる。
大盛りにした麺を頬張りながら色んな思いが思い起こされる。
丼は先代のおやじさんの頃から変わらず両手で持ちスープを飲む時が何とも至福の頃合だ。
銀のトレイは無くなったがそれでもこの丼で味わえる一杯はやはりしみじみと旨い。
スープを飲み干し何となく天を見上げると何とも言えない気持ちが駆け巡る。
あと三日の営業、自分なりに天沼店を満喫する、色んな事を思い考えながら・・・。
この記事のURL | ラーメン専門店 二葉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
老舗の冬の味・・春木屋@荻窪
2012/01/17(Tue)
(12-015)
短編w

20120117春木屋・みそ中華そば1000円
春木屋@荻窪でみそ中華そば1000円を頂く。
20120117春木屋・みそ中華そば1000円のメニュー
老舗の冬の風物詩、期間限定の味噌味を。
アイドルタイムにさしかかる時間で待ちは無く空いていた席に座り味噌中華そば1000円をお願いする。
麺を茹で上げ丼に入れ奥の厨房に一度持って行き盛り付け提供された。
ふんわり上がってくる定番の味とは違う甘味のある香りが鼻腔を刺激する。
先ずは丼の縁からスープを。
20120117春木屋・みそ中華そば1000円の汁
表面に脂の膜がある見た目はオイリーなスープ。
甘味と塩っけのバランスが程好く一口二口と後惹く熱々のスープ。
脂は多めな印象もあっさりした味噌味が生かされた味でトータルで考えれば実に考えられた醤油味とは違えきちんと春木屋らしい仕上がり具合。
20120117春木屋・みそ中華そば1000円の麺
麺は中太の緩くウエーヴの掛かった麺。
弾力があり少し硬めが定番の味、相変わらずの独特の旨さがある麺だな~。
20120117春木屋・みそ中華そば1000円の具
具はカットされたチャーシュー・ひき肉・もやし・ニラ・赤いパプリカ・きのこできのこはエリンギですかね、天の輪切りネギがザクザクして好いアクセントです。
炒めはされてないようですがスープで煮込まれているので味は馴染んでいるのは勿論ですがもやしもシャキッとした食感を残しチャーシューやひき肉の味わいも好いサポートでこの辺りは老舗の貫禄十分の味わいです。
20120117春木屋・みそ中華そば1000円の辛味
中盤から後半は提供された辛味を振りいれ風味と味わいをプラス。
芯から冷える寒い日なので多めに入れて薄っすら額に汗を滲ませながら食べ進みます。
しかしながらやはり春木屋の麺は唯一無二の力強さがある。
独特の風味もそうだが後半までダレたり伸びることは無い、同じ食感を食べ終え迄頂けるのは本当に有難くまた嬉しい事。
麺や具を食べ終え残ったスープをじっくり味わいながら飲み干し美味しく完食です。
一言で言えばう~ん旨い!の言葉しか当てはまらない。
恥ずかしながら初めて味噌味を頂いたが随所に春木屋らしさが感じられる味は流石です。
この味噌味を頂けば自然と定番もまた頂きたくなる、なんだか温まったチャーシューの味わいがやけに好みで次回はチャーシューメンを頂こうかなぁ。
最近は味噌味も以前に比べたら頂くようになったが記憶にきちんとインプットされた味でもありました。


この記事のURL | らーめん杉並区 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
限定の鶏白湯・・きら星@武蔵境
2012/01/16(Mon)
(12-014)
短編w

20120116きら星・鶏白湯ラーメン780円
きら星@武蔵境で鶏白湯ラーメン780円(限定)を頂く。
前日メルマガで飛び込んで来た100食ほど提供予定の限定情報。
20120116きら星・鶏白湯ラーメン780円のメニュー
限定はとろ~り濃厚鶏白湯ラーメン 780円。
一仕事終えての訪問だったがオープン20分前到着でポールGET!!
少し待ち提供された限定品。上には二種の鶏肉、メンマ、海苔、ネギも長ネギと万能ネギの二種が盛り付けてありスタンプサービスの味付玉子をお願いしました。
20120116きら星・鶏白湯ラーメン780円の汁
先ずはスープから。
吉備黄金鶏の鶏ガラともみじに丸鶏を加えた100%鶏のみの濃厚スープ。
立ち上がる香りからも濃厚さが伺え丼の縁から口に運ぶと名の通りとろ~りと粘度があるスープが流れ込んでくる。
使われている吉備黄金鶏は他店でも頂いているがまったくクセや臭みも無い独特の旨味を持った鶏でその旨さを濃厚でありつつしつこくないスープに仕上げてあるのが素晴らしい。
タレの塩梅や味わいのバランスからも星野店主らしさが感じられる。
20120116きら星・鶏白湯ラーメン780円の麺
麺はウエーヴの掛かった太麺。
滑らかな麺肌で小麦の風味が豊かな麺。
食べ応えがあるのは勿論だが啜って頬張る度に口の中で小麦のカプセルが弾け広がる、スープの絡みも好くまた味わいもピタリと馴染んでいる。
20120116きら星・鶏白湯ラーメン780円の腿肉
上に乗る二種の鶏肉は確り味付された腿肉と軽く味付されたササミ肉。
柔らかで甘辛に味付された腿肉はしっとりした肉と皮脂の旨味を楽しめ麺とスープの間に味わうととても好い箸休めになる。
20120116きら星・鶏白湯ラーメン780円のささみ肉
ほんのり塩味を利かせたササミ肉は麺と絡め頂くとアクセント付き噛むと解れる肉質の好さがある。
通常パサつくあっさりのササミ肉だが柔らかでジューシーな味わいも吉備黄金鶏ならでわのものだろう。
20120116きら星・鶏白湯ラーメン780円のメンマ
柔らかながら歯応えを残す味の確りした濃い目のメンマはきら星のアイテムとしては名脇役とも言える上級品。
20120116きら星・鶏白湯ラーメン780円の玉子
少し硬めの半熟加減の味付玉子は中までタレの味が染込んでいる。
黄身をスープに溶かした味にはニッコリしてしまった。
長ネギの辛味や万能ネギの甘さも味に馴染んでいて吉備黄金鶏の旨さを引き立てている。
力強く健気な感じもする吉備黄金鶏のフルボディーの味は飽きさせる事は無い。
麺や具を食べ終え残ったスープをゆっくり味わいながら飲み干し美味しく完食です。
いやいや旨い旨い!鶏好きの僕には骨から肉まで吉備黄金鶏を堪能した味。
サービス味付玉子のお陰で親子的な味も楽しめ満足満腹です。
ここ暫くの間はこちらの限定はなるべく頂くようにしているが柱である濃厚と言うキーワードは無論だがその一つ一つの味わいの中に細やかできちんとした仕事が感じられ面白さがあるのも伺う頻度が多くなった理由でもある。
一杯の丼の中で色んな事が感じられ楽しめる味は僕のラーメンシーンの中では大切な事でもある。
気になる未食店も多いがやはり自分が楽しめる味を頂く事が今の僕にとってはベストな事なのだろう。
何時も星野店主に味の感想を聞かれるが僕は「美味しかったですよ」と言うのが殆どでどれがどうだとかこれがこうだとか言いたくは無い。
まあそれだけ何時も満足に楽しませて頂けるのでメルマガが来るとそわそわしてしまう自分がいる。
どんな素材を使ってもきっちり自分らしさを表現出来る腕を持った職人の味はやはり伺う価値がある。
この記事のURL | ラーメン きら星 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
舌と記憶に残す味・・二葉天沼店@荻窪
2012/01/15(Sun)
(12-013)
短編w

20120115天二葉・大盛り塩ラーメン800円
ラーメン専門店 二葉 天沼店@荻窪で大盛り塩ラーメン800円を頂く。
日曜日のアイドルタイムののんびりした時間。出汁の味を満喫したくて塩ラーメンを大盛りで。
大きな丼にたっぷり熱々のスープ、これまたたっぷりの麺が食欲をそそる。
20120115天二葉・大盛り塩ラーメン800円の汁
丼の縁からスープを啜ると煮干の風味が鼻腔を刺激しながら抜けていく。
出汁の味わいは僕にとっては極上で丸くは無く少しばかり角のある塩ダレの味わいに引き入れられていく。
20120115天二葉・大盛り塩ラーメン800円の麺
少し長めの自家製中太麺啜り上げると出汁と小麦のハーモニーが楽しめる。
20120115天二葉・大盛り塩ラーメン800円のトリオ
メンマ・チャーシュー・なるとの二葉トリオはたっぷりの麺やスープを堪能するのには欠かせない。
なるとに添えられた柚子胡椒の味わいもピタリと味にマッチする。
時折糸唐辛子を麺に絡め口に運び入れるとピリッとした辛さが味を引き締めまた楽しませてくれる。
20120115天二葉・大盛り塩ラーメン800円の玉子
黄身までタレの味がしみている味付け玉子は毎度ご好意で頂いているがほんのりにんにくの風味が香りとろ~りとした黄身の味わいが堪らない。
柚子は丼の奥に沈めておく、後半ほのかに香りながら冬の二葉らしい味を演出する。
たっぷりの麺とスープを堪能するがシンプルながら飽きさせない実に力のある味わい。
麺を食べ終えスープを飲む、最後の一口は柚子も一緒に流し入れ余韻を楽しむ。
残り僅かとなった天沼店の営業、確りと舌と記憶に味を残した。
今週は天沼通いが続きそうだ。
この記事のURL | ラーメン専門店 二葉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
焦がしの塩・・べんてん@高田馬場
2012/01/14(Sat)
(12-012)
短編w
20120114べんてん・焦がし塩ラーメン850円
べんてん@高田馬場で焦がし塩ラーメン850円を頂く。
先月焦がしの醤油を頂いたので塩もと思い年明け初食メニューに。
大きく厚みのある丼にたっぷりの自家製麺、油膜の張る塩スープの上に大きなチャーシューとメンマに海苔、輪切りの長ネギの上に焦がしネギが盛り付けてあります。
20120114べんてん・焦がし塩ラーメン850円の汁
丼の縁からずず~っとスープを口に運ぶ食べ始めは僕の中ではべんてんにおいてもっとも心躍る瞬間でもある。
味わいの塩味が程好い味加減をみせ出汁の味がビンビン利いてくる。
香ばしいネギ油の風味も加わり焦がし風味は醤油味より相性の好さが伺える。
20120114べんてん・焦がし塩ラーメン850円の麺
艶っ艶の自家製麺はやや柔らかめな茹で加減、田中店主不在で助手くんが調理担当だったのでこれはご愛嬌。
小麦の風味は毎度の通りでスープとの絡みは申し分無い。
20120114べんてん・焦がし塩ラーメン850円の肉
大きなチャーシューはスープに沈めておいて温まった頃頂くと食感や風味アップする、柔らかさと噛み心地の双方を兼ね備えた上級品でもある。
20120114べんてん・焦がし塩ラーメン850円の竹
メンマは甘みがあり程好い歯応えが好い箸休めになる、やはりべんてんのメンマは旨し。
焦がしネギは徐々に味に馴染んで色んな表情を見せる。
20120114べんてん・焦がし塩ラーメン850円のネギ
スープにビターな風味を広げ味にアクセントを付けるのは勿論だが麺を啜り上げた時の香りはパンチ力がある。
油分と塩味にこの焦がし風味が加わる自家製麺を啜る瞬間はぺペロンチーノの様な風味も感じる、これも極上の麺があってこその味わいだと感じる。
出汁の奥深さは何時も通りたっぷりの麺を飽きさせること無く食べ進ませる、雑然とした味わいにも感じるが実に考えられ確りと作られた味なのだと。
麺や具を胃袋に収め最後にスープを味わう、丼の縁からゆっくりじっくりと。
美味しく頂き完食、ご馳走様でした。
以前塩ラーメンを頂いた時にその味わいにやや放心状態になりかけた事があったw。
それは今までただ只管にラーメン一辺倒で頂いていた時でもありかなり衝撃を受けた。
少し惜しかったのは麺が少しだれていたこと、まあ田中店主不在で助手くんの調理ならいたしかた無く次回助手君の調理なら硬めでお願いすれば問題は無い。
眠らない街から離れて何となく脚が向かなかったのが訪問暦が空いた訳でもあるが昨年末に突発的に発症したべんてん熱は今年は治まりそうな感じがしない。

この記事のURL | らーめん新宿区 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
あの味が限定で登場・・二葉上荻店@荻窪
2012/01/13(Fri)
(12-011)
短編w。
20120113上二葉・エベレスト800円
ラーメン専門店 二葉 上荻店@荻窪でエベレスト800円(期間限定)を頂く。
代々木での晩ごはんのあと黄色い電車に揺られOFFの日のお夜食は荻窪へw。
昨年のクリスマスプレゼントで頂いた味が限定で登場とあれば伺わずにはいられない。
そもそもエベレストと言う名前を聞いた時に激盛りのメニューを想像して躊躇しながら伺ったが世界一の山の名を付けられた味は盛りではなく濃度に拘った味であった。
僕が伺ったことも食べたことも無い奈良のお店に「富士山」なる濃度日本一と謳う味があるそうだがそれを知る小林店主の右腕のマー君が「この濃度の方が凄いですよ」と解説あり頂いた味に小躍りした。
色んな面で手間も掛かる事もあり限定で登場するのか定かではなかったがメルマガで告知されまた味わえる事を喜んでの訪問であった。
20120113上二葉・エベレスト800円の汁
自家製麺を覆う鈍く輝く濃厚スープ。
20120113上二葉・エベレスト800円の肉
上にはやや薄めにスライスされたチャーシューに茹でもやしと刻み玉葱が盛られ一味があしらわれている。
20120113上二葉・エベレスト800円の汁麺
中太の自家製麺を持ち上げると絡み付く様にスープが持ち上がってくる。
麺を包み込む様にドロリと粘度の高さが分かる液体で言えばスープと言うよりソースと言っていいそれが麺と一体になって上がってくる。
ジュルジュルと音を立てて口に運べばその濃厚であり旨味の詰まった味わいが楽しめる。
ベースは鶏オンリーのスープで野菜も加え手間を掛け調節されたそう。
20120113上二葉・エベレスト800円の天地返し
チャーシューを温めたかったのと味を均一にしたかったので天地返し馴染ませる。
20120113上二葉・エベレスト800円の天地返し麺
後は只管啜り味わうのみ。
僕の好きなこってりスー大のお店の味に通ずる味でもあるがその味わいよりも濃厚で筋が通っている。
ただ濃厚さで拘っただけではなく味わいそのものがお見事。
鶏の芳醇な味わいに野菜由来の甘みが加わり一工夫されたタレが味を引き締めている。
味わいは粘度も高いので重そうに感じるが手間を掛け工夫された柔らかさをも感じる。
温まったチャーシューは程好く熱が回り噛み心地が好く解けていく様な食感。
刻み玉葱のシャクシャクした歯応えやもやしのシャキシャキ感も加わり味にメリハリもついている。
添えられた一味の辛味は程好く香りアクセントが付き塩梅が好い。
お夜食には到底思えない味わいだが今夜を外せばまた何時頂けるか分からないので少し無理をしたのも事実。
ただ身体に負担が掛かってはいるが食べたい気持ちが先に出た感じでもあった。
麺や具を頂くと底には殆どスープは残らず丼を持ち口に流し入れ完食、凄い味を頂きました。
食べ終わりは然程重くも無く心地好い余韻に包まれた自分が居た。
また食べたいと思っていた味だったがまさかこんなに早いうちに提供されるとは少しばかり驚きもあった。
お昼ごはんから晩ごはんそしてお夜食と三麺頂いたがOFFの金曜日の味わい深い心潤う三麺の〆に相応しくも感じた一杯でもありました。
この記事のURL | ラーメン専門店 二葉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
久し振りは基本の味を・・めじろ@代々木
2012/01/13(Fri)
(12-010)
短編w
20120113めじろ・醤油ら~めん750円
七重の味の店 めじろ@代々木で醤油ら~めん750円を頂く。
20120113めじろ・醤油ら~めん750円の前の逸品
間が空いたが久し振りに晩ごはんを金曜めじろで。
炙りチャーシューおろしポン酢と燻製味玉をアテに久し振りにのんびりと。
先輩達と呑む金曜めじろはやはり穏やかで落ち着くな~♪。
〆に基本の醤油ら~めんをオーダー。
じわじわ和風感に包まれていく奥深い味わいの七重の味は間が空いた事を悔やむほど完璧に近い味わいだった。
しなやかな細麺の歯切れの好さや喉越しの好さも相まってスルリスルリと胃袋に収まり気が和らぐ。
チャーシューやメンマも相変わらずの旨さでまた時間を作り一つづつメニューを順番に頂こうと心に決める。
この記事のURL | 七重の味の店 めじろ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
基本にロースを添えて・・RAMEN CiQuE@南阿佐ヶ谷
2012/01/13(Fri)
(12-009)
短編w
20120113チキュー・醤油ラーメン750円ロースチャーシュー100円
RAMEN CiQuE@南阿佐ヶ谷で醤油ラーメン750円にロースチャーシュー100円をトッピングして頂く。
20120113チキュー・醤油ラーメン750円ロースチャーシュー100円を作る須藤店主
OFFのお昼ごはんなので軽く一本頂いてから今年初の醤油ラーメンをオーダー。
何となく久し振りにロースチャーシューも食べたくなりちょっと奮発したw。
午後の濃い目な熟成スープは柔らかな味わいの中に揺らがない力強さを感じるオリジナル味。
中華鍋で動物系スープと魚介系スープとタレを火入れする独特の作り方でこの醤油ラーメンが完成する。
柔らかでとろける巻きバラのチャーシューと噛み心地の好いロースチャーシューも双方味わうと小技を利かせた一杯の丼に詰まりに詰まった個性的な須藤ワールドが楽しめる。
この醤油ラーメンの味が大好きで食べ続けているが今年もそれは変わりそうに無い。

この記事のURL | RAMEN CiQuE | CM(1) | TB(0) | ▲ top
旨野菜を油そばで・・天勝@阿佐ヶ谷
2012/01/12(Thu)
(12-008)
短編w
20120112天勝・旨野菜油そば
麺屋天勝@阿佐ヶ谷で旨野菜油そば790円を頂く。
遅いお昼ごはんで訪問するも所用の中休みありでひとっ風呂浴びて温まってから再訪問。
野菜を補給したかったので旨野菜らーめんを油そばバージョンにしてもらう。
20120112天勝・旨野菜油そばの天地返し
よいしょよいしょっと天地返しして全体に野菜を馴染ませ頂く。
シャキシャキしたもやしの歯応えと硬めに茹で上げられた中太麺の食感に甘みのある背脂や香ばしい擦り胡麻のハーモニーが加わりワシワシ頂けるガッツリ系。
温まるとトロンと麺に絡まる細切りにしたチャーシューや柔らかさの中に歯応えを残すメンマの味も加わり天勝のフルオーケストラといったところ。
タレに程好い辛味も利かせてあるのでカスタマイズの必要は無くただ只管口に運び味わうのみ。
野菜もたっぷり補給し満足満腹。
この記事のURL | らーめん杉並区 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ