2016 02 ≪  03月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2016 04
難解な悪魔スープ・・一条流がんこ総本家@四谷三丁目
2016/03/24(Thu)
3/24 16-023
一条流がんこ総本家@四谷三丁目
ミニスペシャル大盛(青森産 大ダラ入り)
お昼のお仕事を終えての帰り道、この所、もり蕎麦続きのお昼ご飯であったが、今日はどうしても食べたい味があった、帰路を変えて四谷三丁目へ向かう。
駅を降りてお店に向かうと20人程の待ち、覚悟はしていたので並びの後ろに着く、回転は早めなので問題は無い。
しかしながら、前後の並びの大声の話声と、嫌な臭いに嫌悪感を抱くが、iPod で音楽を聴きマスクの内側にミントを吹きかけて対策、案外と準備万端w。

今日も進みはスムーズで立ち席から椅子席になり暫くして前の二人組二つをすっ飛ばして着席、一つの席が開けば一人客は先に入れるお店のルールに感謝。
頂くのは、オンリーワン使用でミニスペシャルを醤油ダレ無しの100スープで、にこりとする家元は何時通り優しい笑顔。
今日は家元の前のかぶりつきの端の特等席、掛けられる声に応える、これは何時もの事、これもまた家元とのコミュニケーション。
暫くして提供された一杯は家元手で目の前に、これもまた特等席の特権で嬉しい。

丼趣はオンリーワン使用なので海苔五枚の襟巻き、何時もの乗せ物に悪魔肉までプラスされている豪華版だ。
悪魔カラーとも言える赤い丼に盛られたミニスペシャル。
乗せ物はチャーシュー・メンマ・カニカマ・味玉・薬味の小口ネギのレギュラーに悪魔肉と海苔五枚の襟巻き。
先ずはスープから頂く。

どっしりと旨味が詰め込まれたスープは、軽めの口当たりながら、どっしりとした重厚な旨味が口に広がる。
分厚い層はベースである悪魔スープに大ダラを加えた旨味の塊、醤油ダレ無しの100スープでお願いしたが素材の味が詰まっているので問題は無い。後口はさーっと引くキレの良さがある、後味の余韻も心地良く、これもまた家元味の一つ。

大盛にした麺は何時も通りの絶妙な茹で加減であり、しこしこして張りがある、啜り上げて頬張れば確りとした味が楽しめる。
この麺は好きなお店でも焼きを入れて使われる事もあるが、味で七変化する面白楽しい麺でもある。

絶品チャーシューや歯触り優しいメンマや味玉の外れない旨さは勿論の事。

何年振りかに頂いた悪魔肉の旨さは味の入り切る絶妙の味の濃さを感じて嬉しさがじんわり来る。

海苔は通常は必要で無い乗せ物であるが、家元味には好相性、強い磯の味を広げずに垂れる事も無く、麺を包んで頂く味も、また一つのオンリーワンの楽しみ。
家元が言っていた純正悪魔スープの進化、丁度待ちで聴いていたRandyRhoadsのguitarの音色に似ている。
クラシカルな部分を入れたネオクラシカルメタルな味、それは自分で感じた事。
重厚に響きながらオリジナルサウンドのコピー不可な味わいは正しくBLIZZARD OF OZZの頃のRandyRhoadsの響きを思わせる。
心弾むが難解である想いを受け止めて夢中で完食、ご馳走様でした。
「どうだい?」と言った家元に「凄いですね」としか言えないのは自分の言葉の足りなさ、圧倒されて言葉が見つからない。
満足で完食したのは無論だが、自分なりに今の純正悪魔スープを頂けた嬉しさもある。
ただ、ピュアな新「悪魔スープ」は頂いていないので、きちんと頂きたい。
「どうもね」と腰に手をあて笑顔の家元に「美味しかったです、「また来ます」は何時もの事。
難問であり自分で紐解くには難解の味だったが、頂けて良かった事、それだけで充分である。
今年23杯目の麺だが、そのうち三杯が家元の味。
今年の4番は家元の味ですかね。
スポンサーサイト
この記事のURL | らーめん新宿区 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
機械打ちも絶品・・麺や七彩 八丁堀店@八丁堀
2016/03/20(Sun)
3/20 16-022麺や七彩 八丁堀店@八丁堀
つけ麺 大盛870円
はとバスのツアーでスカイツリー半日コースを楽しんだ三連休中唯一の休日。
お昼ご飯を参加したお友達と食べようということになり、福岡や大阪からのお友達もいたので、折角だからとツアーの終着点東京駅からぞろぞろと歩く。

お店に着くと予想通り外待ちがある、皆んなで待てば時間も問題ない。

暫く待ち、店内に入り券売機でつけ麺を購入、大盛でとお願いして案内された席に座る。

目の前で注文毎に手打ちされる唯一無二の手打ち麺、これをお友達に味わって欲しかった。
着席すると間も無く運ばれて来たつけ麺。

丼趣から旨さが伝わるヴィジュアル、シンプルさもあるが個性も感じられる。
先ずはつけ汁を少々味わう。

ベースの鶏に強く効かせた煮干の風味、クラッシュされた煮干も入り風味は強いが、バランス感も感じる地味目だが迫力のある味わい。
ビターな風味はギリギリで煮干の苦味を抑えつつ旨さを凝縮した味。
麺は中太麺であり、自慢の手打ち麺ではなく、つけ麺は製麺機を使った機械打ち。

移転前の店舗でも使っていた物と同様であるが旨さはピカイチ。
風味も食感も厳選された小麦の風味がダイレクトに味わえる大地の力強さを感じる麺。
 
つけ汁の中にはチャーシューと細割きメンマが入る。
ジューシーで肉質の良いチャーシューと歯応えの良いメンマ、これもまた良い仕事している。

ぐいぐい引き込まれる味わい、自分の好みとぴったりで、何時でも何時までも味わいたいと思う常食の味。
味に引き込まれぐいぐい胃袋に収める、大盛だが味の飽きは微塵もない。

麺を食べ終わり、スープ割をお願いする。
しみじみと旨い〆を堪能、美味しく完食、ご馳走様でした。
遠方から来たお友達も満足された様で安心、というか自分の中では鉄板の旨さの一軒なので、味わって欲しかったと言うのが本音。
何時でも、何を頂いても外れは無し。
僕の中では大好きなお店の一軒、大人数で訪れたが、お店の対応も感謝している。
この記事のURL | 麺や 七彩&江戸甘 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
閉店前夜の宴・・四麺燈@荻窪
2016/03/18(Fri)
3/18 16-021四麺燈@荻窪
よりみちセット950円の野菜ドカラーメン。
悶々とした金曜日の夜。
中野で軽く呑もうと思い向かう電車の中でFBを見ていたら気になる投稿が。
明日伺おうと思ったお店で友人が一杯やっている、予定を変更して中野から荻窪へ、駅を降りててくてく歩きお店に向かう。

お店に付き、券売機呑みもの券を次々プッシュ、奥の席に座る友人の隣に。
乾杯して、差し入れだと言うおつまみを頂く、有難い、友人に感謝。

明日で閉店のお店であるが、暫く伺っていなかったので、少々申し訳ない気持ちがある。
杯を重ね酔モードに突入、楽しい会話に頂戴したおつまみ、暫くすると家族サービスと聞いていた店主も現れてます杯が連なる。
幾杯も重ねて翌日の起床時間を考えて最後の〆によりみちセットを、呑み物とおつまみ一品、麺がセットになったお得なセット。
最後の烏龍ハイ、おつまみは味玉、麺はお任せでお願いする。
暫くして提供された麺、看板メニューの野菜ドカラーメンだ。

厚みのある白い広口の丼に盛られた野菜ドカラーメン。
こんもり盛られた茹でもやしの上には多めの刻みニンニク。
バラロールのチャーシューも盛ってあり、丼趣から迫力がある。
先ずはスープを一口。

まろやかな醤油ダレの香りが引き締める味わいの背脂の浮く豚骨醤油スープはマイルドな味わい。
見た目の凶暴さもあるが、柔らかな味は全体を包み込む旨さがある。
麺は幅広のきしめん状の平麺。

がっつり麺と言うオリジナルの麺であるが、餅の様な食感と歯を押し返す様な弾力がある。
食べ応えがあり、味に馴染んでいる主役だ、

乗せ物のチャーシューはジューシーであり、脂の部位が多いが重さは無い。
旨い肉を食べていると満足の味の入り具合、好きだなこういうチャーシュー。

茹でもやしはシャキシャキ感が食感にアクセントを付けて、ボリュームと共にさっぱり感もプラスされる。
多めのニンニクは味にピタリと収まり影ながら主張する。
ぐいぐい食べて麺や乗せ物を頂き終わり、残ったスープをゆっくりと味わいながら飲み干す。
美味しく完食、ご馳走様でした。
食べ終わり、最後の烏龍ハイを呑みながらの酔話し、しかもながら記憶はおぼろげ。
お店を出て、自宅迄は徒歩で帰宅、途中で500缶のビールを購入して呑みながら歩く。
明日伺おうと思っていたが、今夜伺って正解、楽しく美味しい時間が過ごせた。
風は冷たいが心はほんのりと温かい、素敵な夜でもあったと歩き呑みしながら思っていた。
この記事のURL | らーめん杉並区 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
優しい重厚感・・めんさいぼう五郎左@南阿佐ヶ谷
2016/03/15(Tue)
3/15 16-020めんさいぼう五郎左@南阿佐ヶ谷
特濃つけ塩(ラー油つき)950円・大盛り50円・ライス100円
お昼のお仕事を終えて区役所に用事があり路線を変えての帰路。
用事を済まてお昼ご飯をと考えてお店に向かう。

券売機で昼夜各10食限定の特濃つけの塩950円と大盛り50円ライス100円のボタンを次々にプッシュ、空いていた席に座り券を渡しお願いする。

久しぶりの店内、丁度お昼時であり、お客さんも出ては入るの盛況ぶり。
厨房は御主人が担当、接客の奥さんの気遣いが心地良い。
暫くして注文品が運ばれて来る。

厚みのある和丼に盛られた麺と艶のある黒い器につけ汁、丼趣から濃厚なつけ汁が目を惹く。
麺には自家製のラー油と海苔が添え物としてある。
先ずはつけ汁を少し味見。

どろりと舌に絡み付く濃厚なつけ汁、ベースは基本の豚骨魚介風味であるが、ざらつく舌触りから野菜の甘味や風味が感じられる、野菜はじゃが芋の様でペースト状、もしくはマッシュ状にして加えているようだ。
重厚ではあるが重くは無い、塩味の引き締まった味も好印象。
麺は艶やかなエッジのある緩くウエーブの掛かった中太麺。

滑らかでもっちりとした食感でややざらつきのある表面につけ汁との相性の良さが伺える。
小麦の風味も充分であり大盛りにして正解。

麺をつけ汁に潜らせ頂くと否応なしに絡み付くつけ汁。
どっぷり浸したり、チョイ付けしたりと色々なハーモニーを楽しむ。

つけ汁には味わいの良い棒切りのチャーシュー

歯応えの良いメンマが入っていて良い箸休めになる。
しかしながら、特濃とは言えしつこさは無い。

ベースである確りとした豚骨魚介スープが味の柱であるがじゃが芋のトロミが洋風を思わせるが合わせた塩ダレの味が全体を纏め上げている。
野菜を多く使ったメニューを数々提供されて来たが、これも実に考えられた味である。
想像ではあるが醤油味よりは塩味が良く合っていると思わせる、麺を入れても沈まない濃厚さである。

麺に添えられた自家製ラー油は残り1/3位になった麺に混ぜ込みアクセントを付ける、甘味も感じられる辛味が、味を引き締めて違う表情を見せてくれる、甘めの味わいにピタリとマッチする味わい。

するすると食べてスープ割りはせずに、ライスの上に残ったつけ汁をオンザライス、さらに残ったつけ汁に卓上のポットから割用の魚介スープを入れて〆のお供に。
麺とはまた違う旨さを堪能、洋風にも思える〆のライスも美味しく頂き完食、ご馳走様でした、満足満腹です。
お友達から聞いていたメニューでしたが頂けて良かった。
こちらの限定は、確りとしたレギュラーの味があるからこそ楽しめる味であり、久しぶりだったがたまには伺いたいお店である。
灯台下暗しと言うが、やはり地元のお店は脚を向けたいと改めて思う。
地元には素晴らしいお店も多く、遠退いた脚をまた、確りと向けたいと思わせる味でもあった。
この記事のURL | らーめん杉並区 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
忘れてはならぬ銘品・・RAMEN CiQuE@南阿佐谷
2016/03/12(Sat)
3/12 16-020RAMEN CiQuE@南阿佐谷
醤油ラーメン780円 八穀ごはん150円 焼きトマト150円
足取りは重い。
お昼のお仕事を終えて自宅に戻るのだが、今週もまともに1日のお休みがない。
身体は疲れているしからは気持ちも切れそうだ、でも自分なりに頑張らねば。
お仕事を終えて美味しい麺でも食べて帰ろうと思案する、遠出も頭には有ったが久しぶりに近所の銘店に行こうと決めて向かう、手土産を持って。

お店に着くと店内待ち一名で、券売機で醤油ラーメン・八穀ごはん・焼きトマトと自分の基本セットのボタンをプチプチと。

6席の店内、厨房は須藤店主一人で奮闘中、後客続々と来店で店内10人以上の待ちに。
10分程で席に案内されて着席。
焼きトマトは八穀ごはんにトッピングとお願いする。
間が空いた訪問は、近所でありながら何時でも行けると思う気持ちと、なんとなくタイミングが合わなかったから。
久しぶりの須藤店主の調理を見ながらぼんやりと待つ。
じきに醤油ラーメンが運ばれて来た。

歪みのある和丼に盛られた醤油ラーメン、丼趣から引き込まれる一杯だ。
乗せ物はバラロールのチャーシュー・ロースのチャーシュー・細裂きメンマ・海苔・ほうれん草と薬味の青と白のネギ二種。
先ずはスープから頂く。

滑らかで深いコクのある豚骨ベースの醤油スープ。
舌に残り香りと旨味を広げる柔らかな味、雑味も無く旨味の塊とも言える、また独特の醤油ダレの味と中華鍋でタレとスープを合わせ煽るという調理工程は須藤店主の個性でもある。
麺は中細の三河屋製麺特製麺。

滑らかなスープの乗りの好い麺肌でシャッキリした茹で加減。
パスタで言うアルデンテの仕上がりで啜り心地や喉越しも申し分無い。

乗せ物のバラチャーシューはホロリと解れる柔らかさでとろーりと口に肉の味を広げる。

ご厚意のロースチャーシューは柔らかで噛み心地を楽しめバラチャーシューとのコントラストが面白い。

シャクシャクと歯応えの良い細裂きメンマは好い味が染みた名脇役。
茹で加減の好いほうれん草や薬味のネギ二種も味わいの中で好い仕事をしている。
やはり旨いね、久しぶりの味を夢中で食べ進む。
麺や乗せ物を頂き終わり、残したスープと共に焼きトマトをトッピングした八穀ごはんを頂く
焼きを入れて引き出された甘みに酸味が包み込まれて焼きトマト。
八種の穀物が混ざるごはんにはぴったりの相性であり、身体も喜ぶ味とも言える。
時折スープで潤しながら食べ進み、美味しく完食、ご馳走様でした。
食べ終えれば疑問が頭を覆い尽くす。
何で伺えなかったのか?と言う一言に尽きる。
こちらもそうだが、近所には久しく伺っていないお店が多い気がする。
こんなに近所で絶品の個性的な味が頂けるのだから、自分の反省点でもあり修正するところでもあるとつくづく思った。
暫く伺えなかったのか事を詫び、この味は地元の誇りでもあると改めて感じた。
心に固く決めて、須藤店主にお礼を言いお店を後に。
手土産は先月末での八周年のお祝いでこれからも宜しくと言う気持ちを込めて。
お家までの道のりは短くも色んな事を考えさせられた。
重い足取りも少しばかり軽くなった。
自分もこれからも頑張ろうと、元気も出て来た。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
想いと共に味わう・・一条流がんこ総本家@四谷三丁目
2016/03/07(Mon)
3/7 16-019一条流がんこ総本家@四谷三丁目
ラーメン醤油(自由が丘)700円
お昼のお仕事を終えて今日は何としても食べたいとムズムズしていた。
前回の訪問で塩味を頂いた時から次は醤油味をと決めていた。

定休日営業の今日はAM11:30到着で外待ち二人で楽々の待ち。
入店着席して醤油味をノーマルでお願いする。
然程待たずに提供される。

丼趣は豪華、分厚いチャーシューが三枚と半分、メンマに味玉と海苔、カニカマと昨日のスペシャルの残りだと言う味付けされた螺貝は家元からのご好意。

スープから頂くと、強目の味わいは家元の持味であるが出汁の分厚さがあり複雑なのだがキレ良く後引く味。

そのスープに泳ぐ中細麺は毎度毎度の絶妙な茹で加減でしゃっきりシコシコでありスープとの絡みが良い。

乗せ物のチャーシューは柔らかとざっくりした歯応えが味わえる。

メンマは程良い味加減で歯応えも良し、螺貝の煮付けは噛み応えがあり噛み進むと長く味が楽しめ広がる。
海苔は麺を包んで頂く、絶妙なコンビネーションで味に良く合う。

味玉はオールドタイプので中まで味が染みていて思わずニッコリ。
夢中で食べ進む味で食べながら色々な事も頭を過る。
濃い目の味は家元が屋台営業された時からの名残なのだろうか・・・とか、スープの味の作りなども色々と考えてしまう。
ただ、今まで頂いた数々のスペシャルもこのスープがあればこそ完成される味でもあり、今、家元が一番好きだと言う味がこの青湯の醤油味なのだ。
チョットの事でブレもあり、青湯スープは気を抜けないそうで、今の家元の自慢の味がこの自由が丘とも言う青湯スープの醤油味である。
定休日営業の今日は並びも少なくラッキーであり、何時も以上に美味しく頂けた気がして満足感も高い。
時折繰り出されるスペシャルも魅力的だが、この基本の味があるからこそのスペシャルであり、たまには頂かなくてはならない基本の味とも感じられる。
この記事のURL | らーめん新宿区 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
天使の作る癒しの味・・小麦と肉 桃の木@新宿御苑前
2016/03/05(Sat)
3/5 16-018小麦と肉 桃の木@新宿御苑前
天使のらぁ油900円 豚テール丼250円
癒されたい気持ちの時がある。
気持ちだけではなく胃袋もそうだが両方を兼ね備えたお店がある。
そうだ!あのお店に行こう、疲れていて眠気もあるがお昼のお仕事を終えて途中下車したのは新宿御苑前駅。

テクテク歩いてお店に向かい到着、引き戸を開けた時から「いらっしゃいませ~、お待ちしておりました」と気持ちの好い声が。

券売機で「天使のらぁ油」と豚テール丼を購入して空いていた席に座り、麺を温盛りでお願いする。
前回同じメニューを頂いたのだが、その時に次回は麺を温盛りにしてみようと思っていた。
厨房は絵理子店長と本多さんの二人で切り盛り、丁度お昼時になり後続のお客さんもどんどん入店されるが女子率高い。

時期に運ばれて来た注文品、とろり玉子のご好意に感謝。
丼趣からは目が行くのは平打ちの自社製麺に真紅に染まったつけ汁。
つけ汁にはたっぷりの豚バラ肉と千切りの長ネギ。
先ずはつけ汁を一口。

引き締まる辛味とベースである豚テールと煮干しのスープとの融合。

ほんのりとした酸味はフルーティーな桃酢であり、甘辛酸の三つの味が顔を覗かせるがメニュー名の通りに柱はらぁ油の辛味でありパンチのある背筋がしゃんと伸びる味でもある。
麺をつけ汁に潜らせて口に運ぶ。

もっちりとしてふっくらした平打ち麺は麺肌の滑らかな〆た麺よりもつけ汁とのマッチングが好い感じがして、狙い通りの味に思わず頬が緩む。

〆た麺も旨いが温盛りの麺が断然好みで豚バラ肉や千切りの長ネギを絡めて豚バラ肉のボリューム感と味わったり、長ネギのシャクシャクした食感と辛味を味わったりとシンプルながら飽きさせない味と食べ応えが楽しめる。

どんどん満たされる身と心、絵理子店長の笑顔も味わいの一つだ。
麺や具を頂き終わり、つけ汁の割物は蕎麦湯割りでお願いする。

割って温まったつけ汁と一緒に豚テール丼を頂く。

ご好意のとろり玉子も丼に加えてガツガツ頂く。
コラーゲンたっぷりの豚テール丼。
癖もなくねっとりした味がご飯を包み、そこに加えたとろり玉子も更にまろやかに全体を包み纏めている。
辛味の効いた蕎麦湯割りしたつけ汁で時折口をリセットしながら〆の豚テール丼も美味しく頂いて完食、ご馳走様でした。
食べ終えると額には汗が滲んでいて身体はポカポカ、身も心も満足で癒されました。
コンセプトである武蔵野うどんの様なつけ麺もきちんと表現されているし、それをベースにしたオリジナル味も好みであり大好きなお店の一つでもある。
絵理子店長の笑顔の接客やきちんとしている仕事振りなど感心する事もあり月一ペースであるが伺っている。
お土産まで頂いて満足で癒されてお店を後に。
天使の作る天使のらぁ油、この味は好きだなぁ。
この記事のURL | らーめん新宿区 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ソース味のまぜそば・・にぼっしー中華そば家@四谷三丁目
2016/03/04(Fri)
3/4 16-017にぼっしー中華そば家@四谷三丁目
ソースまぜそば大盛900円(限定)
3月から始まった気になる限定メニューがある。

ぐっとハートを掴む店主の竜ちゃんの繰り出す限定は「ソースまぜそば」と言う何ともキテレツなメニュー、お昼のお仕事を終えて突撃だ!。

丁度オープン時間に到着、一番乗りで着席、限定を大盛でお願いする。
以前頂いたレギュラーのまぜそばが好みにぴったりで中華そばも美味しくて自分の中ではお気に入りになっているお店でもある。
ちらほらとお客さんも入りだした頃注文品が提供された。

丼趣は具沢山で何とも言えない混ぜて焼く前のお好み焼きのようw。
紅生姜を乗せたなるとをセンターに味付けされた豚バラ肉・揚げ玉・もやし・千切りキャベツ・からしマヨネーズが盛り付けてある。

先ずは乗せ物の間から麺を引っ張り出して一口頂く。

予めタレのソースが絡められている浅草開化楼の中太麺は硬めの茹で加減。
もっちりとしながら小麦の詰まった感じの味わいが質の良さを感じさせる。
その麺を褐色に染めているソースは丸い味わいで甘みがあり個性的で好みの味加減。
想像していた味より遥かに旨い、こうなれば全体を良く混ぜ合わせてガッツリいこう。

よいしょよいしょと天地返しして具材を全体に。
ムシャムシャとワイルドに頬張り喰らう。

甘辛の味付けされた豚バラ肉はおつまみで頂きたいほど好みの味。

ザックリした千切りキャベツやシャクシャクとしたもやしに香ばしい揚げ玉と食感も楽しい。

からしマヨネーズの風味や紅生姜の味もアクセントになりどんどん箸が進む。
いや~、旨いな~、これはアリだわ。
麺を大盛にして良かったよ。
お腹も気分も満足で完食、ご馳走様でした。
春の花見用にテイクアウトも考えているそうで焼きそばとは違ったソース味の麺料理としてユニークさもある一杯。
やはり竜ちゃんは摑みどころを知っている。
冬メニューの味噌らーめんを頂けなかったのが悔やまれる。
竜ちゃんの味は好きだなぁ。僕もぎゅっと掴まれているよ。
この記事のURL | らーめん新宿区 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |