2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
今週の週末限定・・二葉天沼店@荻窪
2011/06/18(Sat)
(11-170)
毎週メルマガで告知される週末限定。
今週は天沼店で二葉スーパーブラック改とブラック油そばが提供されると。
20110618天二葉・メニュー
お昼の混雑を避けアイドルタイムに差し掛かる頃訪問。
お目当てはブラック油そば800円、半ライス100円とわがまま言って生たまごをお願いしたw。
厨房はマー君、ホールはTちゃん。
丁度空いた時間で先客1後客多数で満席に。
先週日曜日に二葉スーパーブラックを頂いた時にこの油そばの話になり考え中との返事があった早々に提供された。
暫し待ちブラック油そばが提供されました。
20110618天二葉・ブラック油そば
限定専用の丼に盛られたブラック油そば、上には厚切りのチャーシュー・メンマ・もやし・にらが盛り付けてありセンターには上に大量のブラックペッパーを掛けられたチェンジ郎が鎮座しています。
20110618天二葉・ブラック油そばのチェンジ郎
濃い目のタレで味付けされたブラックなチェンジ郎。
全体をよ~く掻き混ぜて頂きます。
20110618天二葉・ブラック油そばの天地返し
中太の緩くウエーヴの掛かった自家製麺にブラックの濃い目のタレが絡み付きメニュー名通りのブラック一色。
しこしこと歯応えを残す麺の味わいを引き立てている濃い口の味。
ほんのりとニンニクや生姜の風味が感じられチェンジ郎の甘味でジャンクながらバランスの好い仕上がり。
シャキシャキのもやしやニラの味わいもナイスなコンビネーションを見せて濃い目の味をしつこく感じさせない。
タレは今まで数々頂いた油そばの中でも一番濃い。
唯単にしょっぱいと言う濃い口の味ではなく甘味やビターな苦味も感じられ楽しさもある。
半分ほど頂き生たまごを解し入れ混ぜ込めばマイルドな味わいが飽きさせず箸を進ませる。
麺や具を食べ終わり半ライスを丼に入れ飯割りでフィニッシュ。
20110618天二葉・ブラック油そばの飯割り
麺を美味しく食べさせてくれたタレを残す事無く堪能出来る飯割り。
生たまご由来の纏わり付く味わいがご飯全体を包み込みレンゲでグイグイ口に運ばせる。
ジュルジュルと頂き美味しく完食、ご馳走様でした。
想像していた以上に広がりを魅せた濃い目の味わいはスープの無い油そばでも確りとオリジナル感を出し力強くジャンクな輝きを魅せてくれた。
ガッツリヘビー級のサブタイトルの通りお腹ははちきれんばかりで満腹。
チェンジ郎の甘味も好い塩梅に効きただ濃いだけの味わいではなく旨口の濃い味を楽しませてくれた。
人気があり先週から天沼店では二葉スーパーブラックが毎日夜限定で提供されているがこのブラック油そばも変化球と言うジャンルでわなく一本ビシッと筋の通った直球の味わいでもありました。
スポンサーサイト
この記事のURL | ラーメン専門店 二葉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://menrui6urachan.blog87.fc2.com/tb.php/1180-731f7ee1

| メイン |