2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
「D系」のまぜそば・・○心厨房@東陽町
2011/07/04(Mon)
(11-187)
覚書きw

メルマガで飛び込んできた夏限定のお知らせ。
久しぶりに伺おうと思っていたお店からだったので東西線に揺られ一路東へ。
お店に着くとポールGET!椅子に座り待つ。
定時にオープンし店内へ、あれあれ券売機、限定をポチっとな。
20110704○心厨房・夏の「D系」冷やしまぜそば850円のメニュー
ポチっとしたのは夏の「D系」冷やしまぜそば、なにやら大井町のAと言うお店の店主さんの協力の下完成したらしいw。
厨房はジャンク橋本こと橋本店主とスタッフさんの二人で切り盛り。
久しぶりなので調理しながらの橋本店主とあれこれお話。
暫し待ちの「D系」冷やしまぜそばが提供されました。
20110704○心厨房・夏の「D系」冷やしまぜそば850円
好いね~、綺麗だね~、美味しそうだね~、楽しそうだね~と~が付く言葉が頭の中を駆け巡るw。
中太麺にドロリとしたオリーブオイルドレッシングが掛けられ上には短冊切りのチャーシュー・切りネギ・ミニトマト・水菜・ブラックオリーブが盛り付けてありレモンが添えられ橋本店主お得意の赤い粉末が具材の頂上を飾ります。
20110704○心厨房・夏の「D系」冷やしまぜそば850円のドレ
味の決め手はなんと言ってもこのオリーブオイルドレッシングだろう。
汁なし系は先ず一口二口麺を口に運んでから混ぜ合わせるのが自分のスタイルだがこれは始めに確りと混ぜ込み頂くのが良さそう、まぞせばは始めから混ぜ込んで頂きます。
想像していたのはサラダ的な味だがそこはジャンク橋本、只者ではないw。
爽やかな味わいの中に確りとしたコンセプトを感じる味は違和感無く頬が緩む。
オリーブオイルドレッシングのほんのりとしながら主張する味わいは穏やかな酸味やオリーブオイルの独特な味わいが一体となり完成したもの。
これが麺と合わさると滑らかな油感もあり麺や具材を包み込む様に広がる、水菜やミニトマトのフレッシュ感やブラックオリーブのビターな味わいにもピタリと合っている。
しっとりしたチャーシューは食べ応えを感じさせラーメンの上で温まった表情とは違う一面も覗かせる。
程好くもジワジワ利いてくる辛味が味を引き締めている。
20110704○心厨房・夏の「D系」冷やしまぜそば850円のレモン
半分ほど頂きレモンを絞り入れ混ぜ込む。
酸味が得意な方ではないが最近やや酸味好きになってきた僕にはこのレモンを絞り入れた味がまた好かった。
多分始めから絞り入れるより半分ほど食べて絞り入れるが正解!の様で飽きずに美味しさを堪能する。
オリーブオイルドレッシングも食べきりタイプで丼の底にブツも残らず心惜しさも無くご馳走様です。
汁なし系は僕の中でも一つのジャンルとして好んで頂くがこの味わいは正直驚いた。
サラダ的な物を想像していた「D系」だがタレやソースと言った部分で考えれば立派に成立する。
具材も考えられたもので少しづつこの様な「D系」が頂ければとも感じた。
我が家でドレッシングと言えばオリーブオイル+醤油+生姜が定番だが市販品を使わないお宅ならどのお宅でもオリジナルはあるはず、この橋本さんちのドレッシングも大変美味しい。
始めは興味津々で伺ったが食べ終わるとそんな思いが消え満足感がジワジワ沸いてきた旨さでもあった。
この「D系」はアリ、また食べに伺おうと思ったが色んなお店で提供して欲しいとも思う味でもありました。
流石はジャンク橋本!!やるね~(笑)。
スポンサーサイト
この記事のURL | 油そば・汁なし・和えそば | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://menrui6urachan.blog87.fc2.com/tb.php/1210-a45ca037

| メイン |