2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
あえて醤油で・・パパパパパイン@西荻窪
2011/07/06(Wed)
(11-189)
覚書きw

誰にだって好みでない味がある・・・。
好き嫌いがなければ好いのだが僕には苦手なものがある。
エスニックは味が合わないし旨いとも思わない、タイ料理などにあるすっぱ辛い温かい味など特に弱い。
やはり苦手なものは口に入れたくない。
特にパイナップルに至っては口に入れた瞬間に襲ってくるあのとげとげしさが僕には合わずに出来れば口にしたくない!!
先日某氏に「一度は食べないと・・・」と言われたお店があるが出来ればそのお店の存在すら忘れていたかった。
しかし酒の席での酔いも後押しし「近々に行くよ!!」とほざいてしまった。
意を決し西荻窪へ、暑さの汗とは違う汗も掻きながらペダルを踏む。
駅から程近いお店に着く。看板には「ラーメンとパイナップルが大好きだからラーメンの中にパインがはいってもいいんじゃない?」 と僕は挑戦的な言葉が書いてある、おーしその挑発に乗ろうじゃないか!!。
20110706パパパパパイン・パイナップル醤油ラーメン700円パイン玉子100円のメニュー
券売機を前にして少し考える一番人気(予定)のパイナップル塩ラーメンはあえて外しパイナップル醤油ラーメン700円の券をやや強めにプッシュ!ついでにパイン玉子100円も購入。
少し斜に構え肩を怒らせやや左右に揺れながらお店に入る、先客は居らず店主さんと一対一の攻防戦が始まる。
奥の席に落ち着き店内を眺めると箸入れから調味料入れやオブジェ等もパイナップルだらけ、先制攻撃にやられているがまだまだ序盤戦、気は確かだ。
渡なべスタイルにいた店主の倉田さんの無言の攻撃が続く、淡々と手馴れた手つきで調理されている。
暫し待ちパイナップル醤油ラーメン700円(パイン玉子100円入り)が提供される。
20110706パパパパパイン・パイナップル醤油ラーメン700円パイン玉子100円
店名の入った白い丼に盛られたパイナップル醤油ラーメン(パイン玉子入り)。
20110706パパパパパイン・パイナップル醤油ラーメン700円パイン玉子100円の具
上にはチャーシュー・ほうれん草・海苔・パイン玉子が盛り付けてありセンターには堂々と糸唐辛子を乗せたパイナップルが鎮座している、じわじわ攻撃してくるじゃないの!!
先ずは長ネギの浮くスープを一口。
20110706パパパパパイン・パイナップル醤油ラーメン700円パイン玉子100円の汁
先ずは甘味と酸味が香りと共に攻撃してくるやや香ばしく感じる醤油風味は後から追いかけてくる感じ。
魚介が強いお店では始めの一口目に濃さゆえの酸味を感じる事もあるがどうやらその酸味とは明らかに違う。
違和感があるわけでもなくむしろオリジナルな味わいが畳み掛けるように攻めて来る。
主張は強めで倉田店主の強い意志を感じる。
麺は細麺の緩くウエーヴの掛かった麺、歯応えも好くするすると啜り心地も好い。
具のチャーシューは柔らかさの中に香ばしい風味がありこれは好みの味、ほうれん草の茹で加減も好い箸休めになる。
さて具のセンターに鎮座しているパイナップルはこれまたパイン色したお冷のグラスを左手に持ちお冷で流し込もう作戦を考え構えてみた。
箸に取り口に運び子猫や子犬の様に二、三回あま噛みしお冷で流しいれた、この作戦は功を奏した感じがする。
好きな物は後に取っておいて食べる派の僕なので苦手な物は先に攻略する、三切れ程あったパイナップルは立て続けにあま噛みお冷で流し込み作戦でやっつけた!!
しかしまだまだ強敵がいる、そうなにも・・・と思ったパイン玉子だ。
20110706パパパパパイン・パイナップル醤油ラーメン700円パイン玉子100円のパイン玉子
割って口に運び入れる・・・・・。
あれ?ありゃりゃ・・、これ結構旨い、って言うかとても好みの味。
中まで味が確りと入っていて玉子の風味を引き立てている感じがする。
これは不意打ちを食らった、ややミドルボディーに利かされたナイスパンチを貰ってしまったw。
終盤戦は麺を啜りスープを飲むの一進一退の攻防が続く、ほのかに香るパイナップル風味はいまだに弱らない。
麺や具を食べ終え残ったスープを飲む、攻撃に耐え戦ってきたが一口また一口と口に少しづつ流し入れると勝利は近づいてきている。
スープを飲み干し丼を置き戦いは終わり後は判定を待つだけだ。
判定を待っている間に倉田店主と話をした。
とても自分を持っていてナイスガイな好青年でもあった。
「実はパイナッツプルが苦手で・・」などとも話をしたが戦い終われば笑いながら話が出来る。
パイン玉子の旨さは脱帽したが倉田店主が「もっとパイン味を強めようと思っている」との言葉を聴き今日のところ判定はドローとなり再戦が決まった。
塩味の方がやはりパイナップル感が満載で「是非に」と新たな対戦相手も決まった。
苦手な物を攻略した満足感はあったがどうやらドロー以下の負けなのかもしれない戦いでもあった。



スポンサーサイト
この記事のURL | らーめん杉並区 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://menrui6urachan.blog87.fc2.com/tb.php/1212-8584caa9

| メイン |