2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
純和風の冷し・・よしきゅうZen@吉祥寺
2011/07/16(Sat)
(11-200)
覚書きw

20110716よしきゅうZen・冷し生姜ラーメン850円
よしきゅうZen@吉祥寺で冷し生姜ラーメンを頂く。
色々とお世話になっているBarのマスターから教えて頂いたメニュー。
何年振りに伺ったか忘れたが随分と綺麗になりお店の印象が変わった。
運ばれてきた冷し生姜ラーメンはチャーシューが盛り付けてあるものの多めに乗る天かすやわかめからどこかしらお蕎麦屋さんの冷したぬきチック。
20110716よしきゅうZen・冷し生姜ラーメン850円の汁
長ネギの浮くスープは醤油ベースで甘味強めのこれまた純和風のお蕎麦屋さんのつゆに近い、っていうかそばつゆという印象。
生姜はほんのりと利かせてある訳ではなく主張が強くメニュー名に抜かりないほど味の柱になって存在感がある。
キンキンに〆られた麺のシコシコした歯応えも好く天かすの油分が全体の味を包み込むように効果的な感じがする。
甘めの味わいだが生姜の爽やかさが心地好い、暑い日にはホッとする様なアリだと感じた面白いメニューでもあった。



純和風の味を頂きふと思った事がある。
最近色んな方々がラーメンのタレを「かえし」と表現しているが「かえし」とは醤油に砂糖や味醂を加えた物の事でそれを鰹や昆布で取った出汁と合わせてそばつゆが完成する。
僕はラーメンも好きだがお蕎麦も頂くこと多いのでラーメンのタレを「かえし」と表現する事にとても違和感がある。
お蕎麦屋さんの「かえし」はラーメン屋さんで言う「タレ」と同じようなものだが醤油の他に塩味や味噌味など色んな味があるラーメンは「タレ」で好いのではなかろうか。
あと魚粉と言う言葉も個人的には好みではない、粉末だから「ぎょふん」なのだろうが「ふん」やはり違和感がある。
だから魚粉は魚の粉と記してしまう、どうでもいいことなんだろうけどねw。
スポンサーサイト
この記事のURL | 冷やし | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://menrui6urachan.blog87.fc2.com/tb.php/1228-9e2233fe

| メイン |