2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
血統の美学・・とら食堂松戸分店@松飛台
2011/09/26(Mon)
(11-240)

定期巡礼を終えて松戸駅へ向かいながら気になっていたお店の事を考えていた。
名店である本店で修行されて独立されたお店は多々あるが暖簾分けは無かった。
そのお店から初めて暖簾分けされたお店が同じ地にあるのなら時間に余裕ある今日は訪問チャンス。
時間には余裕があるのだがお腹の余裕と相談して伺う事にした。
松戸駅からは二つのルートがあるが時間の早い方を選択し新京成線から北総線を乗り継ぎ松飛台を目指す。
スムーズにアクセスし松飛台駅を降りると駅近くのお店が目に飛び込む。
9月22日(木)にオープンしたお店だが予想していた通り店頭には待ちがある。お店に着きその待ちの列に並ぶ。風に靡く暖簾の松戸分店の文字が何だか誇らしい。
20110926とら食堂松戸分店・焼豚ワンタン麺1000円の暖簾
本店には昨年の10月24日に伺っていて久しぶりに頂き改めて旨さに酔いしれた。
本店と同じくお店前には長椅子があり座ってのんびりと待つ。
暫くして案内されてカウンター席に座りメニューを見る。
20110926とら食堂松戸分店・焼豚ワンタン麺1000円のメニュー
メニューを眺めるが気持ちは揺るがず決めていた焼豚ワンタン麺1000円をお願いした。
厨房は男性三名で女性が三名で切り盛り。男性二名の会話が耳に入ったが若い方が店主さんらしくもう一人の方はお手伝いに来られた先輩の様子。
店内はカウンター席の他にテーブル席と小上りの座敷席があるが本店同様に相席はさせておらず一人で来てもゆったりと出来そう。
また厨房は製麺室もあり広々として清潔感があり皆さん流れるように作業されている。
暫し待ち焼豚ワンタン麺1000円が運ばれて来ました。
20110926とら食堂松戸分店・焼豚ワンタン麺1000円
先ず丼を見て思わずニッコリ。本店と同じバラ肉とモモ肉と横長の焼豚が丼を覆いつくしメンマ・ほうれん草・なるとが盛り付けてあり海苔が添えられている。
ふわりと立ち上がる香りからもその美味しさが分かる感じで先ずはスープを丼の渕からずずーっと。
20110926とら食堂松戸分店・焼豚ワンタン麺1000円の汁
キラキラとした脂の層があり豚や鶏等の動物系ベースのスープの様で柔らかさの中にキリリと醤油ダレが主張する味。
本店同様に無化調なのだろう、身体にすーっと溶け込んで行く様な味わいはシンプルな味ながら実に奥深い。
麺は自家製の手打ち麺。
20110926とら食堂松戸分店・焼豚ワンタン麺1000円の麺
手打ち麺独特の滑らかさがありざらつく麺肌にスープが好く絡む。
本店よりやや硬めな印象は分店の味でもありこちらでの出店に合わせたものだろうか。個人的には手打ち麺の柔らか加減は堪らないがこの位の硬め加減が多くの方に受け入れられるものでもあると感じる。
小麦の香りや風味も豊で久しぶりに手打ち麺の旨さを再確認出来た。
具の三種の焼豚はそれぞれ違う表情を見せて楽しい。
20110926とら食堂松戸分店・焼豚ワンタン麺1000円のバラ肉
スープにも脂分を広げる役割もあるバラ肉の焼豚はジューシーで柔らかく全体的にスッキリした味わいの中でもキーポイント的な存在。
20110926とら食堂松戸分店・焼豚ワンタン麺1000円のロース肉
しっとりしていて噛み締めて旨さと食感を楽しむモモ肉の焼豚。
20110926とら食堂松戸分店・焼豚ワンタン麺1000円の長肉
横長の焼豚は柔らかさと噛み心地の双方を味わえ三種の中でも一番好みの味。
20110926とら食堂松戸分店・焼豚ワンタン麺1000円の竹
箸休めにピッタリな薄味のメンマとシャッキっと茹で上げてあるほうれん草、勿論大好きななるとも味に馴染んでいて好相性を魅せる。
20110926とら食堂松戸分店・焼豚ワンタン麺1000円もワンタン
大振りなワンタンは本店より確りとした皮とザックリした餡が印象的で手打ち麺のお店や老舗店にあるユルユルワンタンが大好きだがこの皮と餡の加減は麺同様に本店とは違う分店らしさを感じ頬が緩んだ。
具のボリュームもさることながらやはり主役は手打ち麺とスープ、啜っては飲み啜っては飲みしみじみとした旨さに酔いしれる。
20110926とら食堂松戸分店・焼豚ワンタン麺1000円の薬味
後半に卓上の刻み玉ねぎを入れて味わう、スープと好く合う香味が広がりまた楽しめた。
具や麺を食べ終えゆっくりとスープを味わう。とても美味しく満足で完食です。
丼を置き暫し余韻に浸る。分店の味を頂けた事も本店から暖簾分けされた意味も何となく理解した感じもした。
どうしても本店の味のイメージと比較してしまうがやや濃い目な味とやや硬めな手打ち麺とワンタンの食感はこちらで営む上での味なのだろう。
ただトータル的に考えれば極上の味なのは変わりなく自宅からの遠さもあるがリピートは確実なところ。
丁度手が空きお会計をしてくれた小林店主と少しばかりお話したがとても芯のある好青とも感じた。
名店の分店と重い部分も多々あるだろうがこの先沢山のファンを掴み魅了してくれるお店になるだろうとも感じた。
競馬はやらんが血統の美学も感じたお店からの帰り道はとても長いが味の回想を出来るので苦にはならないだろう。
またの訪問を楽しみにしたいお店でもあります。
20110926とら食堂松戸分店・焼豚ワンタン麺1000円の店
(11-240)
手打中華 とら食堂 松戸分店
千葉県松戸市紙敷1-8-6(北総鉄道線・京成成田空港線 松飛台駅 )
11:00~14:30 17:00~21:00(スープ切れ終了)
定休日 火曜日
焼豚ワンタン麺1000円
スポンサーサイト
この記事のURL | らーめん千葉県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://menrui6urachan.blog87.fc2.com/tb.php/1277-4bb5e022

| メイン |