2017 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 05
感動が再び・・五ノ神製作所@新宿
2011/10/18(Tue)
(11-266)
覚書きw

20111018五ノ神製作所・銀ダラつけ麺900円
五ノ神製作所@新宿で銀ダラつけ麺900円(限定)を頂く。
一仕事終えてお使いで新宿へ。
何でもあの大つけ麺博2011~序章~で感動した味がお店で味わえるとの事でお使いを済ませて夜営業に伺う。
芳醇と言うか独特の香りを立ち上げるつけ汁と艶やかな自家製麺の太麺。麺の上には青葱・海苔・ガリが添えられている。
始めに油分が上にあるつけ汁を好く掻き混ぜて口にするとトロンとした口当たりでガツンと銀ダラの旨味が押し寄せてくる。
動物系は一切使わずに魚醤を利かせた味わいは正しく銀ダラ白湯スープとも言える。
濃厚でありながら口に中を支配する銀ダラの味わいは搾りに搾りきった旨さであり銀ダラのクセを生かしつつ大胆な味に仕上がっている。
20111018五ノ神製作所・銀ダラつけ麺900円の汁麺
風味好くミッチリと小麦の旨さが詰まった自家製麺の太麺をどっぷりと浸して啜り上げると滑らかな麺肌に連れられてくるつけ汁とのマッチングの好さも楽しめる。
具の豚と鶏二種のチャーシューはジューシーで噛み心地が好く三角メンマもゴリゴリした独特の味わいで好い箸休めになる。
時折ガリで口をリセットするがこの演出は心ニクイ。
多目の太麺を夢中で啜り上げ続けて気が付けば残り僅かなのが惜しい。
最後の一口の麺は十分につけ汁を絡ませて啜り上げゆっくり噛みながら味わう。
20111018五ノ神製作所・銀ダラつけ麺900円の割り
麺を食べ終え残ったつけ汁は二つのお楽しみがあり先ず一つはスープ割りで味わう。
和風の魚介出汁を加えられたつけ汁は温かでほわりと品の好い香りを立ち上げ味わい深い。
20111018五ノ神製作所・銀ダラつけ麺900円の飯割り
二つ目は白米100円を投入して飯割りを。
さらさらと絶品とも言える銀ダラ風味の雑炊が楽しめ青葱の風味がピタリと合いまた心地好い。
二つのお楽しみを堪能して美味しく完食です。
大つけ麺博~序章~で頂いた時の感動はお店で味わうとまたさらに趣もあり実に味わい深い。
もう一度頂きたいと思っていたがその日のみで序章は伺えなかったのでとても嬉しく有難い事でもありました。
本店のメルマガ頂くと魚を使った限定がよくあり僕の中では伊藤店主はさながら「魚使いの名手」とインプットされているがやはりこの味わいはお見事の一言でもある。
つけ麺の専門店なのでオープンしてから気になってはいたものの中々脚が向かなかったが次回はきちんとデフォルトの海老を堪能しようと思う。
生の魚より火を入れた魚を好む自分なのでこのローストした銀ダラ風味のつけ麺は鮮明に記憶残るのだろうな。

スポンサーサイト
この記事のURL | らーめん新宿区 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://menrui6urachan.blog87.fc2.com/tb.php/1293-64cb4c03

| メイン |