2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
年越し麺
2011/12/31(Sat)
2011の年越し麺は・・・。
とみ田・年越しつけそば(濃厚にぼつけ麺
中華蕎麦とみ田@松戸 濃厚鶏にぼつけ麺
通常のつけそばと年末限定のコラボとあったが折角なのでコラボを予約しておいて12月30日(金)に受け取りに行き今年の〆はこれで。
コラボの名の通りとみ田@松戸・一燈@新小岩・道@亀有・こうじ@柏 4店のコラボで価格は850円。
作り方指南書を見てその通り作業を進め完成!。
中華蕎麦とみ田の年越しつけそば・鶏煮干しの完成
中華蕎麦とみ田の年越しつけそば・鶏煮干しの麺
麺は厳選した国産石挽き小麦をブレンドした逸品。
中華蕎麦とみ田の年越しつけそば・鶏煮干しの汁
つけ汁は濃厚な鶏白湯に大量の九十九里産の煮干しをブレンドした濃厚スープ。
中華蕎麦とみ田の年越しつけそば・鶏煮干しの豚肉
つけ汁には厚みのある豚バラチャーシューや。
中華蕎麦とみ田の年越しつけそば・鶏煮干しの鶏肉
ゴロリとした鶏肉や歯応えの好いきくらげも入っている。
多目の長ネギは定番です。
中華蕎麦とみ田の年越しつけそば・鶏煮干しの汁麺
麺の風味はお見事で確りと小麦が香りドロリと絡み付くつけ汁の味わいとマッチしている。
豚バラと鶏肉もとても美味しくきくらげのコリコリした食感は好いアクセントになっている。
途中で辛味オイルを入れるとほんのりとスパイシーな風味がプラスされ楽しいカスタマイズが味わえた。
何処と無くお雑煮の様な味わいも感じたのは気のせいだろうがこの煮干しを利かせた鶏白湯つけ汁は独創的で実に個性がある。
濃厚ながら柔らかく奥深い味わいは其々のパーツが確りと機能し結びついた味わいと言えよう。
飽きもせずに食べ進み美味しく完食、ご馳走様でした~♪
やはり妥協無き職人の作る味は旨い!、これで今年の〆が出来たのはなかなか宜しいのではないかと。
思い起こせば今年も色んな味を色んなシーンで頂いたがどれも記憶に残っている。
さて来年はどんな味に出会えるのか楽しみだがやはりリピーターな今の自分としてはまた好きなお店に通うだろうし気になる限定があればやはり頂きたい。
まだ未食の宿題店も多く抱えているがのんびりと楽しむペースは変わらないだろう。
今年も色々ありがとうございました。2012年もどうぞ宜しくお願い致しますm(_ _)m。


番外。
中華蕎麦とみ田の年越しつけそばのすいとん
年越し麺を受け取りに伺った時頂いたお店の麺と同じ小麦で作った中華蕎麦とみ田@松戸の富田店主手作りのすいとん。
富田治氏
寒い中受け取りに来店されていたお客さん達に笑顔で振舞っていた富田店主。
家宝になりそうなお土産まで頂き感謝です。
心なしか何時ものお店に立つ時の表情とは違いリラックスしているような笑顔が印象的でした。
スポンサーサイト
この記事のURL | お取り寄せ・お土産 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://menrui6urachan.blog87.fc2.com/tb.php/1361-2abf8c14

| メイン |