2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
限定の鶏白湯・・きら星@武蔵境
2012/01/16(Mon)
(12-014)
短編w

20120116きら星・鶏白湯ラーメン780円
きら星@武蔵境で鶏白湯ラーメン780円(限定)を頂く。
前日メルマガで飛び込んで来た100食ほど提供予定の限定情報。
20120116きら星・鶏白湯ラーメン780円のメニュー
限定はとろ~り濃厚鶏白湯ラーメン 780円。
一仕事終えての訪問だったがオープン20分前到着でポールGET!!
少し待ち提供された限定品。上には二種の鶏肉、メンマ、海苔、ネギも長ネギと万能ネギの二種が盛り付けてありスタンプサービスの味付玉子をお願いしました。
20120116きら星・鶏白湯ラーメン780円の汁
先ずはスープから。
吉備黄金鶏の鶏ガラともみじに丸鶏を加えた100%鶏のみの濃厚スープ。
立ち上がる香りからも濃厚さが伺え丼の縁から口に運ぶと名の通りとろ~りと粘度があるスープが流れ込んでくる。
使われている吉備黄金鶏は他店でも頂いているがまったくクセや臭みも無い独特の旨味を持った鶏でその旨さを濃厚でありつつしつこくないスープに仕上げてあるのが素晴らしい。
タレの塩梅や味わいのバランスからも星野店主らしさが感じられる。
20120116きら星・鶏白湯ラーメン780円の麺
麺はウエーヴの掛かった太麺。
滑らかな麺肌で小麦の風味が豊かな麺。
食べ応えがあるのは勿論だが啜って頬張る度に口の中で小麦のカプセルが弾け広がる、スープの絡みも好くまた味わいもピタリと馴染んでいる。
20120116きら星・鶏白湯ラーメン780円の腿肉
上に乗る二種の鶏肉は確り味付された腿肉と軽く味付されたササミ肉。
柔らかで甘辛に味付された腿肉はしっとりした肉と皮脂の旨味を楽しめ麺とスープの間に味わうととても好い箸休めになる。
20120116きら星・鶏白湯ラーメン780円のささみ肉
ほんのり塩味を利かせたササミ肉は麺と絡め頂くとアクセント付き噛むと解れる肉質の好さがある。
通常パサつくあっさりのササミ肉だが柔らかでジューシーな味わいも吉備黄金鶏ならでわのものだろう。
20120116きら星・鶏白湯ラーメン780円のメンマ
柔らかながら歯応えを残す味の確りした濃い目のメンマはきら星のアイテムとしては名脇役とも言える上級品。
20120116きら星・鶏白湯ラーメン780円の玉子
少し硬めの半熟加減の味付玉子は中までタレの味が染込んでいる。
黄身をスープに溶かした味にはニッコリしてしまった。
長ネギの辛味や万能ネギの甘さも味に馴染んでいて吉備黄金鶏の旨さを引き立てている。
力強く健気な感じもする吉備黄金鶏のフルボディーの味は飽きさせる事は無い。
麺や具を食べ終え残ったスープをゆっくり味わいながら飲み干し美味しく完食です。
いやいや旨い旨い!鶏好きの僕には骨から肉まで吉備黄金鶏を堪能した味。
サービス味付玉子のお陰で親子的な味も楽しめ満足満腹です。
ここ暫くの間はこちらの限定はなるべく頂くようにしているが柱である濃厚と言うキーワードは無論だがその一つ一つの味わいの中に細やかできちんとした仕事が感じられ面白さがあるのも伺う頻度が多くなった理由でもある。
一杯の丼の中で色んな事が感じられ楽しめる味は僕のラーメンシーンの中では大切な事でもある。
気になる未食店も多いがやはり自分が楽しめる味を頂く事が今の僕にとってはベストな事なのだろう。
何時も星野店主に味の感想を聞かれるが僕は「美味しかったですよ」と言うのが殆どでどれがどうだとかこれがこうだとか言いたくは無い。
まあそれだけ何時も満足に楽しませて頂けるのでメルマガが来るとそわそわしてしまう自分がいる。
どんな素材を使ってもきっちり自分らしさを表現出来る腕を持った職人の味はやはり伺う価値がある。
スポンサーサイト
この記事のURL | ラーメン きら星 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://menrui6urachan.blog87.fc2.com/tb.php/1375-83f13aea

| メイン |