2017 02 ≪  03月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 03
変わらない味と空間と・・代田橋大勝軒@代田橋
2012/11/21(Wed)
(12-348)

日々の麺食。
20121121DTK・チャーシュウ麺850円のメニュー
お仕事の移動中で余り時間が無かったが代田橋で途中下車し和泉沖縄タウンへ。
足早に歩きながら目指すお店はDTK(代田橋大勝軒)のみ、一度だけ文具店をチラ見して(謎)脇目も振らず歩道橋を渡り沖縄タウンへ。
その沖縄タウンを抜け右へ曲がればお店が見えてくる。何だかとても安心する。
暖簾を潜りお店に入り僕の中で一番好きな入り口横の特等席に陣取る。
注文はチャーシュウ麺850円と半餃子210円、今日はこれでDTKを楽しもう。
アイドルタイムの緩い店内、親父さん一人で切り盛り。
この特等席は真横からだが親父さんの調理作業が全部見渡せそのパフォーマンスも味の一つになっている。
麺を茹で平笊を巧みに操り麺を上げる、そんな工程を見れるから僕の中では特等席。
暫し待ちチャーシュウ麺が提供されました。
20121121DTK・チャーシュウ麺850円
センターの茹で玉子が華やかなヴィジュアル。
大振りなチャーシュウが四枚・メンマ・海苔・柚子が盛り付けてありスープ全体に長ネギが泳いでいます。
先ずはスープを一口。
20121121DTK・チャーシュウ麺850円の汁
軽めに利かせたラードの油分と同時に入ってくる煮干の風味が絶妙な加減でマッチングの好さを見せる醤油味のスープ。
柔らかな味わいの中に十分なコクと旨みがあり身体にじわじわ染み入る味。
今日のスープも申し分無し、この味わいが好きだなぁ。
20121121DTK・チャーシュウ麺850円の麺
麺は細麺の緩くウエーヴの掛かった麺。
茹で加減は伺う毎に多少の違いがありそれもDTKの味わい。
今日は若干緩めだが芯にはシコシコした歯応えがあり滑らかで啜り心地、喉越しも申し分ない。
大栄食品の細麺を一番旨く食べさせてくれるお店とも言えよう。
20121121DTK・チャーシュウ麺850円の肉
四枚のチャーシュウは大降りで食べ応えがある。
しっとりしながら噛み締めると解れながら旨みを長く広げる。
脂のある部位と無い部位が二枚づつ乗せてあるが脂の有無だけで味のコントラストが楽しめるのもまたDTKの味。
スープに沈めて置き温まったチャーシュウの味わいは格別でもある。
歯応えを残しつつ柔らかな味わいのメンマはとても好い箸休めになる地味だが好い仕事されている名脇役だ。
20121121DTK・チャーシュウ麺850円の玉
飾り切りされた茹で玉子が細やかで繊細な味を物語る上で一番の物と言えよう。
センターに置かれた茹で玉子だがただ一つの飾り切りだけで思わずニッコリしてしまうきちんと仕事された物だ。
20121121DTK・半餃子210円
途中で提供された半餃子。
全体を焼かれカリッと香ばしい仕上がり。餃子はお酢だけで頂くのが僕の頂き方でカリッとした皮の中はジューシーな具の旨さが詰まっている。
麺の合間に頂くサイドメニューとしてやはり餃子は無敵だ!。
大振りな丼で二玉入る麺量もダイナミックだが箸を止めさせず食べ進ませる味わいがまたDTKである。
浮かぶ柚子の風味が時折口に入れるスープの味わいを膨らませている。柔らかでビターな煮干の味わいに実に心地好くマッチしている。
最後まで同じ食感が味わえる細麺も後半はスープを纏いふっくらした表情を見せまた食べ進ませる。
麺や具を食べ終え残ったスープをゆっくりゆっくり一口一口味わいながら飲む。
飲み干し丼を置くと「ふ~っ」と心地好い吐息が漏れる。
今日も大満足大満腹。ご馳走様でした。
何時もなら暫し余韻に浸るが今日は時間が無い。お会計をして足早にお店を後にする。
来た道を駅まで戻るが余韻に浸りながら足早に戻る。
夕暮れ迫るローカルな街並みも何だかそんな足を早めている。
若い時は定番とも言えるお店であったが暫くは間が開きまた近頃たまに伺うお店になっている。
月日は経ち変化する世の中で変わらない味と空間は何故か引きがある。
20121121DTK・チャーシュウ麺850円の店
やはり僕の中ではDTKは素晴らしいお店の中の一軒である。
そんな事を感じてしまう数少ないお店の一つでもある。
スポンサーサイト
この記事のURL | らーめん杉並区 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
コメント
- ばうさん。 -
いえ、どういたしまして。
2013/02/16 16:32  | URL | Urachan #-[ 編集] ▲ top
- 管理人のみ閲覧できます -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/12/18 02:33  | | #[ 編集] ▲ top
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://menrui6urachan.blog87.fc2.com/tb.php/1397-5e53a42a

| メイン |