2017 02 ≪  03月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 03
何度も脚を運びたい・・代田橋大勝軒@代田橋
2013/01/11(Fri)
(13-003)
日々の麺食。

新宿で一仕事終えて移動中にお昼ご飯を。忙しい日が続き毎日麺食出来ない。頂ける日はお店やメニューをあれこれ考え選択するのも楽しいことかな。
20131011DTK・ワンタン麺850円の店
朝からワクワクしながら仕事していた。メニューもあれこれ頭を駆け巡っていた。
暖簾をくぐりお店に入り何時もの入り口横の親父さんの調理姿を横から見るベストヴューの席に。
20131011DTK・ワンタン麺850円のメニュー
今年初のDTK(代田橋大勝軒)はワンタン麺850円をオーダー。
若かりし頃近くに住んでいて時たま伺っていたが暫し間が空き昨年僕の中でまたブレークしたお店でもある。
今日も親父さんの調理姿等見ながら穏やかに時間が流れている空間に身を任せ浸ります。
暫くしてワンタン麺が運ばれて来ました。
20131011DTK・ワンタン麺850円
ワンタン麺850円。
親父さんの麺の盛り付けが独特で手前に窪地を造りこんもりと平笊で麺を盛り上げれいく。
麺はスープから小高く顔を覗かせる、窪地には計算された様にワンタンが収まるという訳。
この窪地はワンタン麺の時だけではなくどのメニューもそうなのだ、これがDTK独特の盛り付け方。
先ずはスープから頂きます。
20131011DTK・ワンタン麺850円の汁2
表面に浮かせたラードは軽めでその脂の層の下には柔らかな味わいの和風感漂うノスタルジックな醤油スープがたっぷりとある。
毎回微妙に味が違うのもDTKの楽しみ方、今日はワンタン麺なのでやや薄めな感じもするがそれでも独特なDTKテイストが楽しめる。
ほんのりと穏やかに香る魚介の風味が心地好いしみじみとじんわり身体に染み入る味でニッコリのほほんとする自分が居ます。
20131011DTK・ワンタン麺850円の麺
麺は大栄食品の中細麺。
今日はやや柔らかめの茹で加減ながら芯に確りとした歯応えがありスープと好く馴染んでいる。
スルスルと啜って頬張って旨さを楽しみます。
20131011DTK・ワンタン麺850円の肉竹
噛み心地の好いチャーシューと柔らかなメンマを間に入れながら食べ進む。
20131011DTK・ワンタン麺850円の玉なると
飾り切りした玉子となるとが地味目に見える一杯を華やかにさせている。
ラーメンの玉子と言えば味付半熟玉子が圧倒的に多いがやはり茹で玉子はノスタルジックな味に馴染んでいます。
20131011DTK・ワンタン麺850円のワンタン
今日の具の主役はワンタン♪。
大きな皮に餡はちょっぴりなオールドタイプだがこの滑らかなワンタンが実に旨い!。
普段は蓮華は使わないがワンタン麺を頂く時はスープと共に蓮華に乗せ口に運び入れる。
麺と違う小麦の味わいが楽しめまた食べ応えがある。
20131011DTK・ワンタン麺850円のワンタン&麺
麺とワンタンを一緒に頂くと麺のシコシコ感と滑らかなワンタンの食感のコントラストも楽しいものです。
二玉の麺は食べ応えがある、しかしながら飽きないのもDTKの魅力。
最後まで熱々の味に額に滲む汗を拭きつつ食べ進みます。
20131011DTK・ワンタン麺850円の柚子
途中からほんのりと香って来る柚子の風味も味に好く馴染んでいて食べ進ませてくれるアイテムです。
麺や具を食べ終え残ったスープをじっくりと味わいながら飲み干し美味しく完食。ご馳走様でした。
食べ終え暫し浸る余韻がとても心地好いのもDTKの魅力。
幾年を重ねても変わらない味がここにはある。初めて伺った時から27年程経ってはいるがそんな気がする。
今年は頂きたくなれば伺うつもりでしみじみと味わいたい味でもある。
親父さんも僕も歳を取ったがなんとなくこの一杯を頂くと若かりし頃の様に元気が出る気がする。
食べ歩きの原点とも言えるお店はそんな感じにさせてくれる実に素晴らしいお店でもあります。
スポンサーサイト
この記事のURL | らーめん杉並区 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://menrui6urachan.blog87.fc2.com/tb.php/1400-360f4015

| メイン |