2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
自作の会へ・・麺屋NO MORE BLOOD@新宿
2013/01/14(Mon)
(13-005)
日々の麺食

その日朝起きてカーテンを開けると。
20130114麺屋NO.MORE.BLOOD・の行く前
一面の銀世界。
連休最終日だけど全く関係無い、ただただ溜まっているお仕事をこなすだけ。
少しばかり仕事が捗る、雪国育ちの自分にはこの天候や窓の外の景色はテンションが上がるのかな。
午後仕事を切り上げて身支度を整えてお家を出る、雪に弱い都内の交通機関はマヒしている様だ、新宿駅を目指す。
新宿駅は何時もの休日より人が多い気がする、ただ成人式の日だが晴れ着姿を見かけないのは寂しい気もする。
雪道を歩くのは慣れたものだ、身体に染み付いている事は歳を重ねても変わらない。
20130114麺屋NO.MORE.BLOOD・の前の道
歩を進め辿り着いたゴールデン街、小路も雪景色。
20130114麺屋NO.MORE.BLOOD・店
お伝え頂いた時間より早く到着したがドアを開けてお店に入る、麺屋NO MORE BLOOD、実に好い店名だ。
その店主さんは只者ではない。ラーメンフリークでありながら色んなグルメに長けていてしかも自作麺を数々作り出すナイスガイ、一児のパパでもある。
20130114麺屋NO.MORE.BLOOD・のメニュー
空いていたカウンター席に座り店内を眺めメニューを見る。
20130114麺屋NO.MORE.BLOOD・の酒肴
周りの仲間から頂いたアテを肴にウーロンハイをちびりと。
同席した方達は店主さんの人柄を表すように多種多彩な面々、色んな会話が実に心地好く酒と共に身体に染み入ります。
肴も流石の腕前で隙が無い、自分も楽しむスデを知っている店主さんだから我々の擽り処もぐっと掴んでいる。
20130114麺屋NO.MORE.BLOOD・の味見した油そば
隣の知人が食べていたメニューには無い油そばを味見させて頂いた。
いやはやこれはもはや趣味の域を超えている、ホロ好い加減も心地好く後の予定もあるので〆に麺をお願いする。
厨房やオペレーションの関係で二杯づつの提供で大変そうだがどこと無く楽しげなのは伝わってくる。
暫し待ち麺が提供される。
20130114麺屋NO.MORE.BLOOD・オレの塩べんとき500円
オレの塩べんとき500円。
店主さんの様々な自作麺を拝見したがこうやって実際に頂くのは初めてで先ずは見た目で楽しませてくれる。
20130114麺屋NO.MORE.BLOOD・オレの塩べんとき500円の肉
その食感と味がじわじわ伝わってくるチャーシューや。
20130114麺屋NO.MORE.BLOOD・オレの塩べんとき500円のミンチ竹
手間を掛けたであろうメンマ。
20130114麺屋NO.MORE.BLOOD・オレの塩べんとき500円のなると
心擽られるのの字のなるとも二枚。
20130114麺屋NO.MORE.BLOOD・オレの塩べんとき500円の辛味
薬味の葱の上には辛味が盛りつけてあり一つの丼の中に想いと魂が詰め込まれている感じがする。
先ずはスープから頂く。
20130114麺屋NO.MORE.BLOOD・オレの塩べんとき500円の汁
たっぷりと出汁が詰まっている味わいだが塩ダレの切れ味が斬新な感じもする。
重ねた味わいながら動物系のコクと魚介の旨さがビンビンと伝わってくる、オリジナルで個性的な味わいだ。
20130114麺屋NO.MORE.BLOOD・オレの塩べんとき500円の麺
麺は自家製の太麺。
店主さんが手に入れたレトロで貴重な製麺機で作られた特製麺。
滑らかな麺肌にスープが良く絡む、啜り心地も好く啜り上げ頬ばれは口に中に小麦の風味が弾け飛ぶ。
ザックリしながらジューシーなチャーシューや歯応えの好いメンマを間に挟み味わう。
香りと共に残るスープの塩っけが後引く感じで箸が進む。
辛味を溶き入れると味の変化を感じるより全体が引き締まった味わいになる、しかしながら好く考えられているなあと感心する、店主さんの食べ歩きの経験や感じ方が表されている感もある。
麺や具を食べ終わり残ったスープを味わいながら丼の縁から口に運ぶ。
脂分も取れて魚介の風味が押し出された味はこの一杯に掛けられた素材と手間がどれだけの物かも考えさせられた味で有難く楽しく旨い一杯を頂き感謝、ご馳走様でした。
調理中の真摯な表情も時折見せる穏やかな表情も店主さんの人柄で実に楽しく美味しい時間を過ごさせて頂いた。
この後お仕事せねばならないので時間を見てお店を出る。
自身も色々日常を楽しまれている店主さんだが今日はお誘い頂き感謝、とても心地好い時間と満足な一杯を頂いた。
また一緒にのんびりと杯を傾けながらあれこれ話したいものだ、そんな事を想いながら雪道の歩を進めるのでした。

スポンサーサイト
この記事のURL | コラボ・イベント | CM(2) | TB(1) | ▲ top
コメント
- 店主さん。 -
お誘い頂きありがとうございました。
楽しく美味しい一杯に出会え有難く心に残る味でした。
また機会があればお誘い頂けると嬉しいです。
2013/03/03 14:07  | URL | Urachan #-[ 編集] ▲ top
-  -
ご来店ありがとうございました!!

褒め殺して頂いて恐縮ですw

またイベントの際は是非とも宜しくお願いします!!
2013/02/16 16:58  | URL | 店主 #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://menrui6urachan.blog87.fc2.com/tb.php/1402-6832513a

- 麺屋 NO MORE BLOOD@新宿ゴールデン街 「オレの塩べんとき de 初出店」 -
ヤル!! って言った手前 オレたちはゼッタイ ヤルんですけど いろいろ思い返すと 戦い だったなぁと   (ちなみに看板は戦後の補修後) このひと月あまり 常に脳裏に この事 …
2013/02/16 16:59  そんなに食うなら走らんと
| メイン |