2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ただ只管に頑なに・・とみ田@松戸
2013/02/02(Sat)
(13-019)
日々の麺食(食暦)。

20130202とみ田・中華そば700円のメニュー
今年初の松戸へ、人気はつけそばながら僕は毎度の中華そばを。
オープン二時間前到着も12番目、相変わらず並びが読めないな。
AM11;00オープンだが早めにお店はオープン、中華そばが先の提供でもあり前の団体さんをすっ飛ばして一順目提供。
20130202とみ田・中華そば700円
中華そば700円。
大きなチャーシューは食べ易く切れ目を入れられ乗せてある。メンマ・なると・海苔・長ネギが定番の具。
ファーストタッチは丼の縁から啜るスープから。
ドロリとした粘度のある濃厚な旨味の詰まった動物魚介スープ、味加減は濃い目でありながらワイルドな味わいの中に繊細な面も持ち合わせた味わい。
動物系のコクや魚介の味わいもバランスが取れていて荒々しさの中に店主富田治氏の頑なさが注ぎ込まれている。
太麺の自家製麺は拘った小麦の旨さが詰まっていて口に運び噛むと芳醇な小麦の風味が口いっぱいに弾け飛ぶ。
20130202とみ田・中華そば700円の葱麺
ムチムチした麺に多目の長ネギを絡めて頂く瞬間は正に至福の時。
温め頂くチャーシューは柔らかく解れていく食感が心地好い。歯応えの好い甘めなメンマも食べ進ませてくれるアイテム、具も抜かりは無い。
麺や具を食べ終わり残ったスープをじっくり、ゆっくり味わいながら飲み干し完食。ご馳走様でした。
たまにはつけそばをと考えることもあるがやはり僕にはこの中華そばが常食でもあり落ち着くメニューでもある。
月に一度は味わいたい味でもあり何とか今年も伺うつもりだが一月伺えなかったのが心残りだ。
自宅のストッカーにはこちらのお土産麺を常にキープしているのだがお店と同じ麺とスープでありながらやはりお店で頂く味は格別でもある。
今年もただ只管に中華そばだと思うがたまには看板メニューのつけそばも味わいたい。
スポンサーサイト
この記事のURL | 中華蕎麦 とみ田 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://menrui6urachan.blog87.fc2.com/tb.php/1416-1b8fe487

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。