2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
オンリーワンのオリジナルスタイル・・麺や七彩八丁堀店@八丁堀
2016/02/19(Fri)
2/19 16-016麺や七彩 八丁堀店@八丁堀
喜多方らーめん(煮干)大盛820円
早めにお昼のお仕事が終わった日。
時間に余裕もあるので絶品の手打ち麺を頂きに。

お店に着いたのは丁度オープン時間で券売機で「喜多方らーめん(煮干)」を購入して店内待ちの並びに着く。

15分程で席に案内されて券を渡し大盛でお願いする。
その場で粉合わせをして打たれる手打ち麺。
調理工程を見ているだけで楽しい、時期に注文品が提供された。

丼趣は普通だが普通じゃない一杯。
ノスタルジックな雰囲気もあるがオンリーワンの喜多方らーめん(煮干)。
煮豚と低温調理の二種のチャーシューと細裂きメンマに薬味の輪切り長ネギ。
先ずはスープから頂く。

煮干しのビターな苦味を寸止めしたかのように、旨味のみを抽出したキレとコクのある醤油スープ。

合わせる麺は提供毎に小麦を手打ちする、出来立ての究極の自家製麺。
滑らかさは勿論、ソフトな麺肌であり、芯には確りとしたコシがある。
味の入り具合が絶妙な煮豚としっとり柔らかなレアチャーシュー。

歯応えの良い細割きメンマの乗せ物も主役を張れる貫禄がある。

大盛にしたのは、旨い自家製手打ち麺をたっぷり食べたいから、手揉みしてありランダムな加減も食感にアクセントが付いて楽しさもある。
それに、個人的に思うのは、このスープにはブラックペッパーが良く似合う、後半に振り入れ頂く味は、引き締まる辛味と共に穏やかな酸味も引き出す、その絶妙な味加減がけっこう好きだったりする。
今日は藤井さんが不在で佐々木君の手打ち麺を初めて頂いたが、文句などなに一つ無い、満足感のみに包まれている。
毎回食べ終えて駅へ向かう道で「旨いなぁ」と無意識に何度か呟く。
オンリーワンの自家製手打ち麺、また直ぐに食べたくて堪らなくなるのだろう。
スポンサーサイト
この記事のURL | 麺や 七彩&江戸甘 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://menrui6urachan.blog87.fc2.com/tb.php/1542-738c2da6

| メイン |