2017 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 05
忘れてはならぬ銘品・・RAMEN CiQuE@南阿佐谷
2016/03/12(Sat)
3/12 16-020RAMEN CiQuE@南阿佐谷
醤油ラーメン780円 八穀ごはん150円 焼きトマト150円
足取りは重い。
お昼のお仕事を終えて自宅に戻るのだが、今週もまともに1日のお休みがない。
身体は疲れているしからは気持ちも切れそうだ、でも自分なりに頑張らねば。
お仕事を終えて美味しい麺でも食べて帰ろうと思案する、遠出も頭には有ったが久しぶりに近所の銘店に行こうと決めて向かう、手土産を持って。

お店に着くと店内待ち一名で、券売機で醤油ラーメン・八穀ごはん・焼きトマトと自分の基本セットのボタンをプチプチと。

6席の店内、厨房は須藤店主一人で奮闘中、後客続々と来店で店内10人以上の待ちに。
10分程で席に案内されて着席。
焼きトマトは八穀ごはんにトッピングとお願いする。
間が空いた訪問は、近所でありながら何時でも行けると思う気持ちと、なんとなくタイミングが合わなかったから。
久しぶりの須藤店主の調理を見ながらぼんやりと待つ。
じきに醤油ラーメンが運ばれて来た。

歪みのある和丼に盛られた醤油ラーメン、丼趣から引き込まれる一杯だ。
乗せ物はバラロールのチャーシュー・ロースのチャーシュー・細裂きメンマ・海苔・ほうれん草と薬味の青と白のネギ二種。
先ずはスープから頂く。

滑らかで深いコクのある豚骨ベースの醤油スープ。
舌に残り香りと旨味を広げる柔らかな味、雑味も無く旨味の塊とも言える、また独特の醤油ダレの味と中華鍋でタレとスープを合わせ煽るという調理工程は須藤店主の個性でもある。
麺は中細の三河屋製麺特製麺。

滑らかなスープの乗りの好い麺肌でシャッキリした茹で加減。
パスタで言うアルデンテの仕上がりで啜り心地や喉越しも申し分無い。

乗せ物のバラチャーシューはホロリと解れる柔らかさでとろーりと口に肉の味を広げる。

ご厚意のロースチャーシューは柔らかで噛み心地を楽しめバラチャーシューとのコントラストが面白い。

シャクシャクと歯応えの良い細裂きメンマは好い味が染みた名脇役。
茹で加減の好いほうれん草や薬味のネギ二種も味わいの中で好い仕事をしている。
やはり旨いね、久しぶりの味を夢中で食べ進む。
麺や乗せ物を頂き終わり、残したスープと共に焼きトマトをトッピングした八穀ごはんを頂く
焼きを入れて引き出された甘みに酸味が包み込まれて焼きトマト。
八種の穀物が混ざるごはんにはぴったりの相性であり、身体も喜ぶ味とも言える。
時折スープで潤しながら食べ進み、美味しく完食、ご馳走様でした。
食べ終えれば疑問が頭を覆い尽くす。
何で伺えなかったのか?と言う一言に尽きる。
こちらもそうだが、近所には久しく伺っていないお店が多い気がする。
こんなに近所で絶品の個性的な味が頂けるのだから、自分の反省点でもあり修正するところでもあるとつくづく思った。
暫く伺えなかったのか事を詫び、この味は地元の誇りでもあると改めて感じた。
心に固く決めて、須藤店主にお礼を言いお店を後に。
手土産は先月末での八周年のお祝いでこれからも宜しくと言う気持ちを込めて。
お家までの道のりは短くも色んな事を考えさせられた。
重い足取りも少しばかり軽くなった。
自分もこれからも頑張ろうと、元気も出て来た。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://menrui6urachan.blog87.fc2.com/tb.php/1546-27e7730e

| メイン |