2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
好天の昼・・好日@東中野
2016/04/19(Tue)
4/19 16-031
好日@東中野
煮玉子ちゃーしうつけめん大盛1100えん
好きな味ながら暫く伺っていなかったお店があった。
特別に理由などはなくて、ただタイミングが合わなかっただけ。
地元からは電車に乗れば三つ先の街であるのだがなんとなく伺う機会がなかった。
少しづつ暖かくなってきて、最近どうしても食べたい気持ちが強くなってきていた。
今日は何としても伺うと決めて、脇目も振らずに誘惑にも負けずにこちらだけを目指し歩いていた。

お店に着き、久しぶりなので奮発して煮玉子ちゃーしゅうつけめんを大盛でお願いする。
ランチには小鉢がサービスされる、何時もならもやしの小鉢だが、今日はチャーハン小鉢を。

提供された注文品、やはり平皿の麺に目が行く。

ふんわりと香りを立てるつけ汁をザッとかき混ぜて、麺をくぐらせ馴染ませて啜り上げる。

パツパツの自家製麺は喉越しは無論で、噛むと風味が弾け飛び香りを広げる、甘辛酸のバランスのとれたつけ汁との絡みも申し分無い。

食べ始めにかき混ぜるのは底にある辛味を引き出すため、以前は後半に強くなる辛味をアクセントとして好んでいたが、食べ始めから味を均一に馴染ませるのが今は好きなスタイルでもある。
小口切りネギが浮かぶつけ汁には細かなちゃーしゅうとメンマが入っていて麺と共に絡めて頂く。

煮玉子は黄身がゼリー状のふるんとした柔らかさ、最近はこういうタイプを頂いてなかったので、なんだかとても嬉しい気がする。

麺の上にはしっとりした脂の部位の無いもも肉のちゃーしゅう。
三枚のうち一枚はそのままで、二枚はつけ汁に入れて暫く温めて頂く。
嚙み締めるたびに解けていく、こういうちゃーしゅうも最近は少ない。
合間に頂くチャーハン小鉢もなんだかとても好いお供。

麺を食べ終わりポットで提供される割りスープで〆、柔らかな味わいでホッと落ち着く。
そう言えば、以前に無化調と言うコンセプトは自分の中ではこちらから始まった気がする。
女将さんが身体に良い物をと考え作られた味、つけめんの旨さもこちらで教えられた気がする。
ずーっとつけめんだけ頂いていてらあめんはかなり前に頂いたきり、なんだかとてもらあめんも頂きたくなった。
お歳をめされたが、まだまだ元気そうで明るく優しい笑顔の女将さん。
近々また伺い、今度はらあめんを頂きたいと思う。
晴れ晴れとした気分でお店を後に、雲の隙間から青空も見える、気分もお腹も実に満足、好日の昼である。
スポンサーサイト
この記事のURL | らーめん中野区 | CM(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

| メイン |