2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
オリジナル感がほしい・・円熟屋@中央市
2007/06/25(Mon)
(今年288杯目)

1軒目で食べ終わり予定していたお昼ご飯を食べに車を飛ばす。
お店に着き専用駐車場に止めてお店に入る。
券売機で6月限定のあぶらめんを購入し「生玉子入れますか?」と聞かれたので「別皿でお願いします」と言い空いていたカウンター席に座る。
IMG_3499.jpgIMG_3501.jpg

丁度お昼時で店内ほぼ満席で人気がある。
お店は厨房を囲むようにL字のカウンター席のみ。
若い店主さんが調理して年配の明るいおばちゃんスタッフさんがホール担当、このおばちゃんスタッフさんがテキパキとして気遣いがあり気持ちがいい、若い店主さんも調理に没頭している感じです。
程なくあぶらめん到着。
IMG_3503.jpg

う~ん何処かで見たフォルム(^^)
タレの和えられた麺の上にチャーシュー・上に背脂が掛けてあるヤサイ(キャベツ&もやし)・きくらげ・玉葱のみじん切りが盛付けてあります。
まずはデフォの麺を引っ張り出し啜ってみた。
IMG_3509.jpg

タレを和えられた中太麺は少し硬めの茹で上がりでアルデンテな感じ、ごわつきのある噛み心地は粉が詰まった感じで硬めで良い食感がある。
それに合わされたタレは醤油ベースの濃いめなタレで鶏油は香り付け程度で脂っぽさは無いが鶏油としての風味が少し控えめでもう少しインパクトがほしかった。
具のチャーシューは柔らかで程よい味付け、背脂を乗せたヤサイはシャキシャキして良く合っている、きくらげはコリコリした歯応えがあり良いアクセント。
IMG_3508.jpgIMG_3506.jpg

全体を良く掻き混ぜ食べ進み途中で生玉子を入れてみた。
IMG_3510.jpg

そして全体をさらに混ぜ食べ進む。
生玉子が全体に絡むとマイルド感が出てグレードUPしたがやはりタレの弱さを感じ後半は少し味に飽きが来た。
どんどん食べ進み多めに残ったタレを丼から口の中に放り込み完食です。
ぽっぽ屋や二郎の模倣と思われるが何かオリジナル感がほしい。
鶏油を使っていると書いてあったが正直風味が弱く単調な醤油味のタレの物足りなさが残った。
ただ全体的に味の纏りはあるが何か足りない気がした、その足りない物は何か分らなかったがやはり此方らしいオリジナル感はほしかった気がした。
しかし6月限定とはいえ山梨では珍しい味で今後改良しレギュラーメニューになると面白いと思う。
中太麺の食感は美味しく面白かったのでタレと具を工夫すればもっとオリジナル感が出たはずで美味しく頂けたが少し惜しい気がしました。
IMG_3498.jpg

らーめんの円熟屋@山梨県中央市若宮
あぶらめん(6月限定)590円
スポンサーサイト
この記事のURL | 油そば・汁なし・和えそば | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://menrui6urachan.blog87.fc2.com/tb.php/279-e6852944

| メイン |