2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
九条ねぎは良く合う・・六文銭@宮原
2007/08/22(Wed)
(今年356杯目)

午前中久喜で打ち合わせがあり午後大宮で打ち合わせがあるので移動し打ち合わせ修了後にとても遅いお昼ごはんを食べる事にした。
丁度宮原の駅に近いところなので久し振りのお店に行く事にした。
ただお店が移転している事は知っていたが中々見つからずやっと発見、なんだ踏み切りの際だったのネ、しかも前のお店の隣だし(^^;
お店の専用駐車場に車を止めてお店に入る。
券売機から特製もりそばと九条ねぎを購入し空いていたカウンター席に座る。
IMG_4629.jpg

丁度PM3:00過ぎの店内は空いていて一段落付いた感じ。
以前は行列が絶えないお店だったが今はどうなのだろう?逆に店内は広くなったのでお客さんの回転も良いのではと感じる。
厨房には店主さんと2人の男性スタッフと1人の女性スタッフの4人で切盛り。
明るく清潔感のある店内は以前のお店より数段居心地も良いです。
暫くし特製もりそばが提供されました。
IMG_4632.jpg

熱々のぷ~んと魚介の香りの立つつけ汁とつやっつやの麺。
まずはつけ汁をよーく掻き混ぜひと啜り。
IMG_4634.jpg

甘味がふんわりと感じるつけ汁は酸味や辛味は控え気味。
動物系のコクと魚介の風味がずつの良いバランスで確りと濃度のあるつけ汁。
麺は中細の少し角ばった麺。
IMG_4635.jpg

するするっとした啜り心地ともっちりした噛み心地。
表面が少しざらついた感じでつけ汁との絡みも良く良く口に運んでくれる。
具のチャーシューは確りした肉の食感が楽しめる、めんまは甘めで程好い歯応え。
また九条ねぎは独特の風味が甘めのつけ汁にマッチしシャリシャリした食感もあり良く合っています。
IMG_4636.jpgIMG_4637.jpg

自家製麺をつけ汁に潜らせ九条ねぎと絡め口に運ぶ。
麺や具を食べ終えスープ割りをお願いする。
IMG_4638.jpg

濃度は確りある、唇が少しべたつく。
旨味の塊のような割ったつけ汁を飲み干し、美味しく完食です。
久し振りに伺い頂きましたがやはり好みの味でつけ汁の濃度が以前に比べ濃くなった感じで頼んだ九条ねぎは正解で、風味が良くナイスな薬味でした。
お店も明るく広くなったしまた駐車場もあるのでこれからも重宝しそうなお店です。
東池袋系と言う枠にとらわれずどんどん進んで頂けたらと思います(^^)
IMG_4639.jpg

麺屋 六文銭@さいたま市北区宮原町
特製もりそば680円・九条ねぎ100円
スポンサーサイト
この記事のURL | らーめん埼玉県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://menrui6urachan.blog87.fc2.com/tb.php/347-8dd55072

| メイン |