2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
色んな食べ方が出来ます・・こくぼ家@甲府市
2007/09/03(Mon)
(今年372杯目)

今日は山梨でお仕事。
朝早く家を出てAM9:30に甲斐市に到着し打ち合わせ、終了し午後塩山で打ち合わせがあるので向うと途中に遅い朝ごはんを食べる事にした。
今日もやはり甲府盆地は蒸し暑く何となく汁なしの気分でならばと行くお店を決めた。
お店に着くと丁度開店時間でお店前の駐車場に車を止めてお店に入る。
壁のメニューで確認し券売機で油ソバを購入しカウンター席に座り現金でライスをお願いした。
IMG_4818.jpg

コの字のカウンター席が2つある牛丼屋チックなつくりの店内は家系らしい香りが充満し元ハウザーの僕には堪らん香りだ。
山梨では最初に出来た家系と聞いていたお店で六角家の流れを汲むかまくら家出身のようです。
今回3回目の訪問で初めて油ソバを頼んでみた、デフォのラーメンも好みなので期待して待ちました。
暫くして油ソバが提供されました。
IMG_4819.jpg

いいねいいね、デフォでスープと生玉子が付いてきます。
油ソバにはタップリの刻みチャーシューとほうれん草に海苔、いかにも家系の油ソバと言った趣き。
IMG_4822.jpg

まずは麺をそのまま3本ほど頂いてみた。
IMG_4823.jpg

家系王道の酒井製麺の中太麺、もっちりとした食感はやはり王道ならではの旨さがある。
そして全体を良く掻き混ぜて頂いてみることにした。
IMG_4824.jpg

軽く鶏油の効いた醤油ベースのタレはテイストも十分に家系の味。
刻みチャーシューもほうれん草も絡めて頂くとやはり旨い。
油ソバではよくチャーシューがそのままだったりするがやはり細切りや刻みは嬉しい気がする。
食べながら頂くスープがまた旨い、確りと出汁が感じられ粘度も濃度もある、これを後半麺に入れてラーメンのようにして頂いても良いだろう、ただ僕は飯割りをするつもりですが。
少し食べて生玉子を割りいれて全体をさらに混ぜて食べ進む。
IMG_4826.jpg

大好きな玉子が加わるとやはりマイルドさがプラスされいっそう美味しく食べ進める。
麺を食べ終わるとやはり考えていた通りのタレが残りそこにライスを入れて飯割り。
良く掻き混ぜてスープと共に頂く。
IMG_4828.jpg

好みの味に生玉子がプラスされたタレで飯割りしたのだから旨くないわけが無い。
一口食べてはスープを啜ると頬が緩む。
〆も満足の味わいで美味しく完食です。
このCPでスープと生玉子が付くとはとても有り難く有る意味お徳感がある油ソバで食べ方を色々自分好みにして頂けるのもとても嬉しい事です。
山梨では老舗の家系のお店はこれからも時たま伺うものと思います(^^)
IMG_4816.jpg

こくぼ家@甲府市国母
油ソバ600円・ライス200円

スポンサーサイト
この記事のURL | 油そば・汁なし・和えそば | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://menrui6urachan.blog87.fc2.com/tb.php/366-b10f3630

| メイン |