2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
汁なしはいいな~・・二郎一之江店@一之江
2008/02/04(Mon)
午前中新小岩で打ち合わせ、少し長引き麺友さんに連絡するももうお食事後(-_-;)ザンネン。
ならばと未訪店の宿題店に足を延ばす。
お店と近くにコインパーキングを見つけとぼとぼ歩きお店に、到着すると外待ち1でとてもラッキー♪
5分ほどで席が空き券売機で汁なしラーメンを購入し生たまごもお願いし50円渡す。
IMG_1637_1.jpg

何度も並びを見て妥協していたお店で初めての訪問。
厨房はご主人さんと男性スタッフさんのお2人で切り盛り。
厨房を囲むようにカウンター席があり黄色いお店らしいアロマが漂っています。
先に生たまごが提供され暫くしてコールが掛かり「ヤサイ・ニンニク・アブラ」でお願いした。
「どうぞ~」と汁なしラーメンが提供されました。
IMG_1638.jpg

「魚粉は?」と聞かれ「いらないです」と言いました。
こんもりとしたヤサイが良い感じです。
鳳凰の舞う白い丼に盛られた汁なし、上にはぶた・アブラがトロリと掛かったもやしとキャベツのヤサイが盛り付けてあります。
IMG_1639.jpg

この後は自宅に戻るだけなのでコールしたニンニクもヤサイの横に鎮座しています。
IMG_1640.jpg

まずは食べやすくするためヨイショヨイショと天地返し。
IMG_1642.jpg

では頂きます(^^)
麺は平らな中太麺、タレを纏い滑らかな口当たりで口に運び頬張ると硬めの確りと粉がギュッと詰まった旨みを感じる。
IMG_1644.jpg

絡まるタレは汁なしとはいえ多め、少量のスープ+アブラで意外に澄んだ見た目と同様しつこさは無く味加減は丁度言い塩梅。
IMG_1647.jpg

ヤサイをコールしたのでアブラもコールしたが丁度良い塩梅で食べ進める。
ぶたはしっとりした食感でやや濃い目の味が箸を進めさせる。
ヤサイはもやしとキャベツの比率が6:4位で飽きもせずに食べられる、また麺と絡ませシャキシャキした歯応えを楽しんだり濃い目の味を中和させる役目はとても有難い。
ニンニクはやはり僕には黄色いお店では必要!風味や味がピタッと嵌る。
半分程食べて生たまごを丼にIN。
IMG_1648.jpg

混ぜ混ぜしてムヤムシャ食べる。
生たまごが加わるとやはりマイルドさが出て後半の味の変化が楽しめる。
案外食べやすく量も多く感じられずどんどん食べ進む。
麺や具を食べ終わり丼の底には美味しそうな味を追加したカネシダレが残った。
ほんの少しだけ飲み後ろ髪惹かれたがグッと我慢し美味しくフィニッシュです。
黄色いお店では初めて汁なし頂いたがこれは僕には食べやすくとても良い感じ。
混ぜて食べる物が好きなのでこの味わいや食べ方は僕の好みにピッタリ。
ヤサイも美味しく頂けたし特に麺と絡めて食べた時の食感はナイスなハーモニー。
麺・タレ・具共にお互いの良さを感じられる塩梅だったのだろうか、とても美味しく頂けた。
良いなこの汁なしは後味も何時もより窮屈さは無い。
そう言えば浜にも汁なしを提供する黄色いお店が・・・(^^;
まだまだ黄色いお店の未訪店はある、無理せず少しづつ行くつもりです(^^)
IMG_1636.jpg

(08-036)
ラーメン二郎・一之江店@江戸川区春江町
汁なしラーメン600円・生たまご50円




スポンサーサイト
この記事のURL | 二郎(チックな所含む) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://menrui6urachan.blog87.fc2.com/tb.php/546-3eff1b22

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。