2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
ホッと落ち着く味・・福寿@南台
2008/02/11(Mon)
午後笹塚での打ち合わせが終わり後はベジ妻に言われた買い物をして自宅に戻るだけなので何となく中野通りに車を走らせ北上した。
南台商店街の交差点を左に曲がりコインパーキングに車を入れた。
一昔は賑わっていたであろうこの商店街も人影もまばらでシャッターの下りたお店が多く閑散としている、そんな商店街の中コインパーキングの目の前にあるお店に暖簾を潜り入る。
お店は僕のラーメン師匠との会話で思い出したが味は憶えていなかった、正統派の中華そばと言う印象しか無く機会があれば行きますと言っていたのだが正直忘れていた。
空いていたカウンター席に座り壁の飾り気無いメニューの中から中華そばをお願いした。
IMG_1840.jpg

お店は本当に久しぶりで15年位は伺っていない、以前の仕事の時に近くにお得意さんがありただ中華そば食べただけと言う印象、昔と変わらない[日本一の中華そば]の看板にその当時も惹かれたのか。
先客2名の男性は常連さんと思しき方達でビールを呑みながら3連休最終日の昼下がりの時間を過ごしているようでお店ののんびりした雰囲気に妙にマッチしていた。
店内はタイムスリップした昭和の雰囲気がプンプン、そりゃそうだ!開店して今年で47年目、老舗の部類で[日本一]でお馴染みの福寿のご兄弟のお店。
厨房にはお店同様年季の入ったご主人さんと奥さんのお2人で切り盛りしている。
ご主人さんは僕の目の前で野菜炒めを作っている、奥にある[天人常充満]の文字のある暖簾の下で中華そばは調理される。
[天人常充満]とはお経だと思いググッてみたら「この世は天の神々やすばらしい人間達で満ち溢れている」と言う法華経のお経の中の言葉だそう。
そんな有難いお言葉の暖簾の下で奥さんが僕の中華そばを調理している。
TVから流れる音に耳を傾けつつぼんやりしながら待ちました。
暫くして中華そばが提供されました。
IMG_1842.jpg

鳳凰の舞う白い丼に盛られた中華そば、実にシンプル。
上にはチャーシュー・めんま・ほうれん草・長ネギが盛り付けてあります。
まずはスープを一口。
IMG_1843.jpg

濃い見た目のやや濁りのある醤油スープは細かな油が浮きスッキリとした味わい。
ふんわり香る醤油の風味と煮干の風味を動物系が支えつつ甘味もあり落ち着いた味。
福寿同様お蕎麦屋さんで修行した片鱗を感ずる味、カエシの味がそんな感じか。
麺は細めの縮れ麺。
IMG_1844.jpg

チリチリとした口当たりの滑らかな啜り心地の麺。
頬張って噛むと柔らかめだが程好いコシがありスープとの絡みは良い。
具のチャーシューは柔らかくホロリと口の中でほどけた、脂分は無く食べやすい。
IMG_1846.jpg

めんまは色黒の肌を持ちながら甘めで程好い味付けで柔らかめだがザクッとした歯応えがある。
IMG_1845.jpg

ほうれん草はシャッキリした茹で加減、味と共に見た目鮮やかでアクセントがつく。
IMG_1848.jpg

長ネギは甘めのスープをキリッとさせ相性の良い風味をプラスしている。
スルスル食べ進める、実に優しい味だ。
後半にさしかかり卓上のブラックペッパーで味のカスタマイズ。
IMG_1850.jpg

ピリリとしたブラックペッパーの風味が甘めのスープに実に良く合い懐かしさと共に郷愁をさそう。
量は然程多くなくスルスルと胃袋に収まっていく、スープを吸った麺もふっくらして別の顔を見せる。
麺や具を食べ終え残ったスープを丼の縁から啜る、この味わいも堪らない。
両手で持った丼のスープを飲み干し美味しく完食です。
食べている途中にご主人さんは出前に出たようで手の空いた奥さんが「いい食べっぷりだね」と言ってくれた。
穏やかなユルイ空気が流れる店内で頂いたたわいの無い言葉は何だかとても嬉しく感じた。
今時のラーメンとは一線を画しつつずーっと愛されてきた味なのだろう流行の味も良いがやはりこんな味が好きだし基本の味なのだろうとつくづく感じた。
ラーメンは好みの味もある食べ物だと思うが僕の年代の方達ならこの味の良さを分かって頂く方も多いはず。
流行のラーメンも良いが時たまこのような味でリセットしたい気がする。
奥さんにお会計をお願いしてポケットからワンコイン取り出しお願いした。
ガラス戸を引きお店を出た、のんびりと穏やかな気分で肌寒い季節には有難いキラキラしている昼下がりの温かな日を浴びながらお店を後にした(^^)V
IMG_1839.jpg

(08-048)
日本一の中華そば 福寿@中野区南台
中華そば500円
スポンサーサイト
この記事のURL | らーめん中野区 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://menrui6urachan.blog87.fc2.com/tb.php/564-9db2c5ec

| メイン |