2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
次はシャッター突撃!・・塩山館食堂@塩山
2008/05/21(Wed)
朝早く起きて山梨へ日帰り出張。
午前中から甲府で打ち合わせが続き気が付くとお昼跨ぎ。
ようやく打ち合わせが終わり後はのんびりと東京に帰るのだがお昼ご飯に目的がありちょっと足を伸ばす事にした。
塩山駅の駐車スペースに車を止めてテクテク歩きお店に。
お店に入ると丁度僕で暖簾がしまわれた(^^;アブネ~。
メニューは見ずに決めていた特製湯麺を注文すると「すみません売り切れです」と切ないお言葉(-_-;)
どうしようか?と考えたがそれではと湯麺を注文した。
塩山館・メニュー1
昼営業終了時なので僕の他には2人のお客さんしか居らずにゆっくりとした時間が流れる店内。
厨房はご主人を中心に男女各2名のスタッフさんの5人で切り盛り。
ご主人が調理をする傍らでは皆さん片付けをしています。
カウンター席でご主人のかぶり付き席なので調理姿をじっくりと見ながら待ちました。
暫くして湯麺が提供されました。
塩山館・湯麺
濛々とした湯気が立ち上り食欲をそそります。
鳳凰の舞う丼に盛られた湯麺、上には炒め煮した野菜がこんもりと盛られています。
まずはスープを一口。
塩山館・湯麺汁
熱々でやや濁りのある塩味のスープは豚の確りとした出汁が味の柱で魔法の粉も大量に入っているがくどさは感じなく味が上手く馴染んでいる感じがする。
炒め煮した野菜の旨味も加わり程よい甘味をプラスしている。
麺は極太の縮れ麺。
塩山館・湯麺麺
以前炒麺を頂いた時にプチ感動した麺。
滑らかな麺肌で口に運び頬張るとややごわつきがある力強い麺で小麦の詰まった風味は独特でほうとうや吉田うどんなどの小麦文化が根付いている土地柄なので流石山梨とも感じる。
少し食べて食べやすいように天地返しをして頂く。
塩山館・湯麺天地返し
炒め煮した具材ははきゃべつ・もやし・たまねぎと豚肉で長めに煮込んであるので歯応えは良くないが食べやすく力強い麺と一緒に頬張れば食感のコントラストも味わえ一段と旨味が増してくる。
塩山館・麺汁
半分ほど頂いて僕の湯麺の定番、卓上のラー油を掛けて味のカスタマイズ。
塩山館・ラー油 塩山館・オンザラー油
この自家製ラー油が旨い!
ピリッとした辛味の中に甘味も感じあまり油っぽさも無く香りや風味が良く良いアクセントが付き額に滲んだ汗が一段と速度を増しまた滲んできます。
麺や具を食べ終わり残ったスープを丼を両手で持ちスープを飲み干し美味しく完食です。
食べ終わりハンカチで額を拭えば何だかスッキリと良い気分。
お目当ての特製湯麺は頂けなかったのは残念だったがこの味を味わいさらに頂きたくなった。
奥さんに「特製はどの位で売り切れます?」と聞いたら「何時も早い時間には無くなりますよ」と言われ次回はシャッター突撃で伺おうと固く心に誓いました。
人気があるのが分かる独特な極太麺の湯麺はやはりこちらの名物のようです。
塩山館・店
(08-130)
塩山館食堂@甲州市塩山上於曽
湯麺660円




スポンサーサイト
この記事のURL | らーめん山梨県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://menrui6urachan.blog87.fc2.com/tb.php/644-a50984a0

| メイン |