2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
見た目に惹かれて・・みはる食堂@南部
2008/06/18(Wed)
午前中身延で打ち合わせがあり午後の打ち合わせまで時間に余裕があるので気になるお店に向かい足を延ばす。
お店は分かりやすく広い駐車場に車を停めてお店に入る。
テーブル席に座り壁のメニューを眺めチャーシューメン(大)を卵入りの麺でお願いした。
みはる・メニュー
お店は前日購入した(山梨のラーメン新版/山梨日日新聞社出版部発行)に掲載されていたお店で見た目「食べたい!」と思ったお店。
年期の入ったお店は緩い空気が流れる静かに時間が過ぎて行く。
厨房はお店同様年期の入った店主夫妻が切り盛りしていておばあちゃんが調理を担当。
のんびりとしながらぼんやりと待ちました。
暫くしてチャーシューメン(大)が提供されました。
みはる・チャーシューメン(卵麺)
湯気が立ち上がるチャーシューメン、上にはチャーシュー・めんまが盛りつけてあり長ネギがスープに泳いでいます。
先ずはスープから頂きます。
みはる・スープ
あっさりとした飲み口の醤油スープは豚や鶏の優しい動物系の味と昆布の風味がバランスよくマッチしていてほんのり香る生姜の風味がいいアクセント。
麺は中細の卵入り麺。
みはる・麺
静岡の製麺屋さんから仕入れると言う卵入り麺はほのかに黄色く色付いた緩く縮れた麺。
柔らかめの茹で加減で滑らかな舌触り、啜って頬張ると卵の旨味も感じられ風味も豊か。
具のチャーシューはロースハムのような歯応えで香ばしい風味があり噛み締めると味と香りが追い掛けてくる。
みはる・チャーシュー
めんまは歯応えがいいが僕には塩味が強めで好みの味ではなかった。
みはる・めんま
卵入りの麺は後半スープを吸ってふっくらした食感になり味わいが変わりボリュームある大盛も飽きもせずに頂ける。
スルスル食べて後半卓上の胡椒を振り入れ味をカスタマイズ。
ピリッとした胡椒の風味がいいアクセントになり食べ進む。
麺や具を食べ終え残ったスープを丼の縁から啜り込完食です。
チャーシューとめんまの塩分の濃さは土地柄なのか?僕には強すぎてお冷やをゴクゴク頂ながらたべました。
あっさりしたスープと風味豊かな卵入りの麺のコンビネーションは思った以上に満足でもうひとつの手打ち麺も試してみたくなりました。
ずーっと変わらないであろう独特のあっさり味は長年のファンが居るようで店内殆ど顔なじみといった感じでした。
中々伺える場所ではありませんがまた機会があれば伺おうと思います。
みはる・店
(08-144)
みはる食堂@南部町南部
チャーシューメン(大・卵入り麺)600円
スポンサーサイト
この記事のURL | らーめん山梨県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://menrui6urachan.blog87.fc2.com/tb.php/657-7b9e6716

| メイン |