2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
身体に染み入る旨さ・・あづま家@松山
2008/07/17(Thu)
お仕事終えて宿に戻り一服、打ち合わせが長引き正直疲れた。
今日はお食事会もないので気が楽で着替えて晩ごはん食べるために外出する。
何処で食べようか考えてそう言えばと面白そうなお店があり場所を携帯で検索してテクテク歩いて向かう。
お店に着きカウンター席の中程に座りメニューを眺めこってり醤油らーめんをお願いした。
 あづま家・メニュー1  あづま家・メニュー2
営業時間がPM8:00からAM5:00までと変則的な時間でお酒を楽しみ〆にらーめんやお茶漬けを楽しん頂けるスタイルで小ぢんまりとしたカウンター席だけのお店で照明はダウンされて落ち着いた雰囲気の店内。
カウンター席と対面する厨房は若く落ち着いた店主さんがお一人で切り盛り。
身体が疲れている感じで何時も以上にぼんやりとしながら待ちました。
暫くしてこってり醤油らーめんが提供されました。
 あづま家・醤油らーめん
鳳凰の舞う丼に盛られたこってり醤油らーめん、上にはチャーシュー・穂先メンマ・海苔・万能葱が盛りつけてあります。
まずはスープを一口。
 あづま家・スープ
ふんわりくる香が食欲を刺激する醤油スープは煮干と鰹の魚粉の浮くこってり味でメニュー名の通り表面に脂の層があるがくどさもなく味の柱として存在感がある。
ベースのしっかりした豚や鶏の旨味がありキレが良くメリハリのある醤油味、少し舌に残る魚粉のざらつき感は旨みも残し次へまた次へと箸を進めさせてくれる。
麺は細目のストレート麺。
 あづま家・麺
つるんとした滑らかな啜り心地で啜って頬張ればしゃっきりした茹で上がりでシコシコした歯応えがある。
スープとの絡みは良く、持ち上げも良い、また喉越しもいい感じでスルスルと食べ進めた。
具のチャーシューは噛むとホロリと解れ肉の旨さが楽しめる。
柔らかな穂先メンマはいい箸休めになり甘味があって美味しい。
万能葱の味と香りもいいアクセントです。
また海苔は厚みがあり香りが良かった、普段は嫌な時もある海苔の磯野香りもピタッとマッチした味です。
 あづま家・チャーシュー  あづま家・めんま
スープの温度が少しづつ下がると海産物の味がジワジワと強くなり飽きもせずに食べ進める。
麺や具を食べ終え残ったスープをじっくり味わう、麺を食べている時持ち上がってくる味とはまた違う旨さがあり丼の中が少しづつ減っていくのが妙にもったいない。
じっくり味わいながらスープを頂き美味しく完食です。
食べ終わり手の空いたご主人と少しお話したがまつちかに在った[鏡花]が好きと言うのも分かる味の作りで僕のとても好みの作りでもある。
サラリーマンから転職して二年、開店して一年間はお酒&お茶漬けで営業してきてらーめんは提供してまだ一年だと言う。
試行錯誤しながららしいが独学とは言え期間限定の「夏の塩つけめん」など創作意欲は高く志も高い感じがする。
この味の造りなら塩らーめんも是非食べたい、確実に僕の好みだろうと思う。
疲れた身体に染み入る味でとても美味しく頂けました。
松山らしい感じはありませんが今まで松山で頂いた中ではかなりハイレベルな味だと思います。
あづま家・店
(08-161)
あづま家@松山市二番町
こってり醤油らーめん650円

スポンサーサイト
この記事のURL | らーめん愛媛県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://menrui6urachan.blog87.fc2.com/tb.php/675-ea184272

| メイン |