2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
東京に分校できないかな~・・久留米とんこつラーメン松山分校@松山
2008/07/19(Sat)
松山最終日のこの日、打ち合わせを終えて会食、有り難かったが窮屈な食事であまり箸を伸ばさなかった。
今日で松山出張も終わりなので宿の目の前に鎮座している松山城に行こうと思ったがその前に気になるお店に行こうと思い足を延ばす。
お店に着き専用駐車場に車を止めて入口近くの待ち客の後ろに並ぶ。
グループ客が多く一人の僕は一つ空いたカウンター席に先に通され待ち客の皆さんに「スマヌスマヌ」と心の中で呟き「いらっしゃっいました」の独特な声に案内された厨房に面するカウンター席中程に座る。
メニューを眺めラーメン(並)580円をお願いした。
 久留米分校・メニュー
お店は何度か車で前を通ったがそのたびに窓から入る匂いに1度は伺おうと思っていたお店。
厨房は調理をするご主人さんを中心に男女各二名の五人でご自分の持ち場をテキパキとお仕事されています。
満席で活気のある店内に負けじと元気の良いスタッフさん達。
そんな明るい店内でご主人さんの調理姿など見ながら待ちました。
暫くしてラーメン(並)が提供されました。
久留米分校・ラーメン
シンプルでお手本の様なラーメン、上にはチャーシュー・スライスの茹で玉子・万能ネギが盛り付けてあります。
まずはスープから頂きます。
 久留米分校・スープ
修行先でもある[大砲ラーメン]を彷彿させる呼び戻しスープのクリーミーな豚骨スープは髄の旨さまで感じる濃厚ながら後味スッキリした味。
口に吸い付く感じで舌に絡みつく旨さはすーっと解け後に豚骨の余韻を残す。
麺は細麺より若干太く感じるストレート麺。
 久留米分校・麺
するするっとした啜り心地でシコシコした歯応え、ざらつきのある麺肌にスープがよく絡む。
硬めの茹で加減だが粉っぽさはなく細めながら小麦の詰まった味を感じられる。
具のチャーシューはしっとり柔らかく薄いが噛み心地が良い。
 久留米分校・チャーシュー
スライスの茹で玉子はいい箸休め、万能葱の独特甘味のある味は味わいをプラスしてくれます。
 久留米分校・玉子
麺はやはり軽めの量でスルスル食べてお腹と相談して替え玉(100円)を硬めでお願いした。
 久留米分校・卓上  久留米分校・麺高菜
卓上の辛子高菜を乗せて頂く、この辛子高菜がとても美味しく辛みの他に旨味もプラス。
辛味が豚骨スープに加える旨さは飽きもせずに頂けて味の変化を楽しむには最適。
スルスル食べて丼に残ったスープを飲み干し美味しく完食です。
東京辺りでは中々出会えない豚骨味で濃厚で後味スッキリの旨味の詰まった味は流石松山の豚骨の人気店と納得出来た。
お店の外に漂い僕を刺激した味は想像していた以上に美味しく満足の行くものでもあり無理して食べたかいがありました。
今回の松山出張では色んな味を堪能した。
瓢系と呼ばれる甘口の味や東京を彷彿させるNW系の味、また地元に長く愛されてきた味等色んな味を頂け満足でもありました。
ただ初日にお隣のお父さんから言われた「中華そばとラーメンはちがうんよ」の言葉は何となく分かった気もするしまだまだ探求しなくてはならない部分もあると思うし気長に謎が解ければと思います。
その土地に行けば色んな味があるのはラーメンも同じ事。
久し振りの出張で東京から遠く離れた松山と言う地にもやはり地の味があり独自のラーメン文化がある。
縁あって来た松山ですがまたお邪魔した際は今回伺いたくて行けなかったお店や気に入ったお店も絡めながらまた堪能出来ればと思います。
 久留米分校・店
(08-164)
久留米とんこつラーメン松山分校@松山市中央
ラーメン(並)580円・替玉100円




スポンサーサイト
この記事のURL | らーめん愛媛県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://menrui6urachan.blog87.fc2.com/tb.php/678-68d5c957

| メイン |