2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
休日の穏やかなお昼・・富田屋@宮津
2008/08/31(Sun)
舞鶴出張で2度目のお休みゆっくりと寝過ごす。
このところの雨空ではなく今日は快晴で良いお天気で身支度を調え宿から出掛ける。
出張中1度は乗ってみたかった北近畿タンゴ鉄道の悠遊号に乗り天橋立方面に向かう。
青空と穏やかにキラキラ輝いている若狭湾はとても綺麗で景色を眺めアナウンスを聞きながらのんびりと楽しむ。
天橋立1つ手前の宮津駅で降り改札を出て目の前の目的のお店でお昼ご飯を食べる事にした、天橋立は2度行った事があるので本当の目的はこのお店でのお昼ご飯。
歴史を感じさせるお店の前には待ちが出来ていて店内にも待つ方達もいらっしゃりうらちゃん一名(本当は本名をw)と書き入れ待ち人達の後ろに接続する。
団体客やファミリー客が多く一人の僕は先に案内されてカウンター席に座る。
週末の雨空が嘘のような快晴で暑さもありとりあえず休日で電車なので麦ジュースを注文し肴にいか天と貝焼きをお願いした。
事前に色々調べたら新鮮な海の幸をお手軽に頂けて人気のお店で中華そばは人気の品で注文される方も多い。
旅館も併設していてこの辺りでは有名店でもあり今回の出張中時間を作り伺いたかった。
おしながきやメニューボードに色んなメニューがありどれも食欲を掻き立てる、新鮮な地魚のメニューはどれもこれも激安です。
 富田屋・メニュー
麦ジュースを呑み終わり大人のレモンスカッシュをお願いしていか天と貝焼きを肴に趣のあるお店の空気に身を任せる。
厨房から上がった品がお客さんの所にどんどん運ばれ賑やかで活気のある空間でのんびりする。
いか天も貝焼きもとても美味しい、2杯目の大人のレモンスカッシュをお願いし本日のメインメニューの中華そばもお願いした。
 富田屋・メニュー大
相変わらず待っているお客さんも多く殆どグループ客さんなのでカウンターの角でも堂々と座っていられる、まあカウンターは4席だしテーブル席や座敷席が殆どのお店だから(笑)
丁度大人のレモンスカッシュを呑み終わる頃中華そばが提供されました。
 富田屋・中華そば
和風の香りが立つ白い丼に盛られた中華そば、上にはチャーシュー・もやし・かまぼこ・長ネギが盛り付けてあります。
先ずはスープから頂きます。
 富田屋・スープ
丼の底まで見えるほど透明感のある醤油スープは和風の出汁の味で甘味がありあっさりスッキリでグイグイいける味。
動物系は使っていない感じでやんわり感じる魚介の風味は何処と無く饂飩やお蕎麦のつゆのようでもある。
麺は中細の緩くウエーヴの掛かった麺。
 富田屋・麺
柔らかめの茹で加減でふっくらした優しい食感。
滑らかな啜り心地でするするっと口に入り喉越しも良い感じです。
具のチャーシューは程好い噛み心地で確りと味の染みた味で好みでとても美味しい。
 富田屋・チャーシュー
しゃきしゃきしたもやしと長ネギの食感は良いアクセントでかまぼこは懐かしさも感じ良い箸休めになりました。
富田屋・具
昆布風味の和風の出汁のスープは優しくジワジワと身体に染み入る味です。
量は然程では無くスルスル食べて麺や具を食べ終え残ったスープを丼の縁から味わいながら飲み干し美味しく完食です。
よくお蕎麦屋さんの中華そばは美味しいと言われますがこれ程の和風感の漂うスープの中華そばは中々無い。
あっさりしながらするする食べさせてくれる味は何処と無く哀愁すら感じてしまいます。
満足な休日のお昼ごはんを頂きお会計をしてびっくり!!
全体も2000円でお釣りが来て激安だが中華そばに至っては368円とこのご時勢に驚きのプライス。
ありがたくお会計を済ませその後3度目の天橋立を散策し暫し心を癒される。
天橋立駅から西舞鶴駅へ戻る電車はローカルな普通電車、ガタゴトガタゴト揺れに身を任せていたら心地良くお昼寝が出来た。
満足な出張中の小旅行、いい休日でした。
 富田屋・店
(08-182)
富田屋@宮津市鶴賀
中華そば368円




スポンサーサイト
この記事のURL | らーめん京都府 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://menrui6urachan.blog87.fc2.com/tb.php/694-ae52a045

| メイン |