2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
まいったたまげた旨かった・・不如帰@幡ヶ谷
2008/10/04(Sat)
2日間続いた爆呑みの寝起きだったが案外爽やか。
朝はゆっくりして愛車の吉岡に跨り月例詣りの神明宮に行く。
先月のお礼と今月の無事を祈り一路目指すは幡ヶ谷。
何でも10月土日限定の大変美味しいメニューがあると煽られ愛車の吉岡を操り青梅街道→環七→水道道路で幡ヶ谷に到着。
お店近くに吉岡を待機させ角を曲がると開店1時間前で2人待ちの3番目。
暫くするとサイドメニュー王も現れ並びなおして4番目のポジションにて待つ。
時期に昨晩以来の大御所や初めましてのカフリンガさんやご近所の主も新型マシーンに跨り登場し並び話しながら待つ。
この夏の限定の冷しを食べ損ねその時の情報だと限定提供日はかなり並びがキツイ事を感じ1時間前に到着しようと思って気合を入れていたので待ち時間も楽々苦にならない。
定時に暖簾が出され開店しお店に入り券売機でフランス鶉の塩そば(10月土日限定・1日12食)を購入しカウンター席に座り現金でフランス鶉の親子ごはん(10月土日限定・1日10食)をお願いした。
不如帰・鶉メニュー 不如帰・フランス鶉ご飯POP
「ご無沙汰です」と挨拶の通りお店は久し振りで2月に一汁三煮干 裏不如帰の限定を頂いて依頼の訪問。
厨房は怪我も癒された山本店主と奥さんのお2人で切り盛り。
今年の夏の限定の冷しを食べれずにいて色んな情報を見て悶絶していたので期待以上に気持が高ぶる。
何時もとはほのかに違う店内に漂う香り。
そんな香りに待ちきれんばかりの気持を抑えつつじっと我慢で待ちました。
暫くしてフランス鶉の塩そばが提供されました。
不如帰・フランス鶉の塩そば1
立ち上ってくる香りも何時もとはかなり違う趣があります。
黒いトレーの上の白い高台の丼に盛られたフランス鶉の塩そば、上には鶉肉・蛤・鶉の玉子・上に青海苔を乗せた白髪ネギ・笹切りの青ネギが盛り付けてあります、見るからに綺麗なそばで箸を入れるのが勿体無いビジュアルですがそれはそれ。
先ずはスープから頂きます。
不如帰・フランス鶉汁
初めにふわりと来る香りと旨みははこちらの代名詞の蛤の持ち味。
ジワジワ感じる旨みと風味はフランス鶉だろうが鶏と違ったワイルドな感じもしつつ品のある味。
味加減やバランスも良く後口の余韻もスッキリとした旨みや香りを残し思わず「旨い」と口を開いた。
麺は細めのストレート麺。
不如帰・フランス鶉麺
エッヂのある口当たり優しい麺で滑らかな啜り心地で啜って頬張ると程好い弾力とコシがある。
スープの持ち上げも良く噛んだ時の麺の風味とスープの旨みも口の中で優しく弾ける感じでスルスルと食べ進める。
具の鶉肉は炙りが入り香ばしさもあるが肉質が確りしていて噛んだ時の弾力が歯を押し返す感じで噛み締めるとジューシーな旨みが口に広がります。
不如帰・フランス鶉肉
鶉の玉子は醤油味で強めに味付けしてあり1個と半分で半分の断面を見せると言う細かな細工は山本店主らしい仕掛けも感じる。
蛤は無論の旨さで「なかなかいい素材が無い」と言っていた事もあったがやはりこちらの味の中心である。
不如帰・フランス鶉玉貝
2種類のネギは味と食感の違いを楽しめる。
白髪ネギは麺と絡めて口に運べば歯応えを楽しめ笹切りの青ネギは風味を楽しめる。
不如帰・フランス鶉白ネギ 不如帰・フランス鶉青ネギ
こういうネギ使いにも山本店主のセンスが感じられます。
当たり前だが食べ進むと寂しくなる丼の中が妙に恨めしい。
ホント食べながら口から出る言葉は「旨いな~」と言う言葉しかない。
麺や具を食べ終え残ったスープを飲みながらフランス鶉の親子ごはんを頂きます。
不如帰・フランス鶉の親子ごはん
フランス鶉の親子ごはんはほぐした鶉の肉と鶉の生玉子薬味として刻み海苔と笹ネギが盛り付けてあり醤油ダレが掛けてあります。
全体を良く混ぜ込みかき込むようにして頂きます。
時折スープを飲みながら頂きますがこの味わいがまた堪らない塩梅で夢中で食べます。
フランス鶉の親子ごはんを食べ終わり残ったスープを丼を両手で持ち味わいながら飲み干し美味しく完食です。
食べ終えると「ふ~っ」と口から漏れた溜息も余韻のうち。
しかしながらやられた味で言葉も見つからずただ「旨い」の言葉しか見つかりません。
JGの中では抜きん出ているセンスとオリジナル感のある味は「素晴らしい」の一言。
1280円と言う値段はけして高いとは思わず食後にまた直ぐもう一杯食べたくなる味でとても満足出来ました。
大衆文化から始まったラーメンですが料理として考えればここまでオリジナル感満載で完成度の高い味は中々無い。
「また次の限定も考えてますよ」と言う山本店主の言葉に満足しながら期待しつつお店を後にしました。
不如帰・暖簾
(08-205)
そばはうす不如帰@渋谷区幡ヶ谷
フランス鶉の塩そば(10月土日限定・1日12食)1280円・フランス鶉の親子ごはん300円(10月土日限定・1日10食)
スポンサーサイト
この記事のURL | らーめん渋谷区 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
コメント
- カフリンガさん -
こちらこそどうでした。

んっ?僕を何処かで・・・(^^;

ラーメン屋さんではないとすると新宿西口界隈かどこかの競輪場ですかね?(笑)

まあ結構言われますよ、影武者はいませんが(苦笑)

これからも宜しくお願い致します。
またどこぞで見かけたら気軽に声掛けて下さい、ラーメン屋さんじゃなくても(^^)
2008/10/05 15:25  | URL | うらちゃん #.Ogxcsls[ 編集] ▲ top
-  -
今日はどーもでした。でも…もしかしたら自分何処かでうらちゃんさんのこと見たことあったかも。。。しかもラーメン屋じゃなかった気が(笑)。
2008/10/04 19:54  | URL | カフリンガ #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://menrui6urachan.blog87.fc2.com/tb.php/714-cf1a16f5

| メイン |