2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
何時も驚きと旨さ満開!・・七彩@都立家政
2008/10/10(Fri)
前夜の呑みとそちらで頂いた裏メニューの美味しさの余韻を引きずりながらの目覚めは大量摂取の後だが案外スッキリで朝起きてぼーっとしながらのんびりとOFFの時間が過ぎていく。
しかし呑んだ翌朝お水が旨い!朝ごはんはお水です(^^;
さてOFFのブランチは愛車の吉岡に跨り中杉通りを北上し目指すは都立家政。
開店1時間前到着シャッターGET!でのんびり座って待つ。
時期にミ酉ネ申も到着しなおさら待ち時間も楽々♪
開店前に藤井店主も忙しい準備の中顔を見せてくれて「お久し振りです」のご挨拶。
出張続きで久し振りの訪問で何を食べようか?選択するのも楽しくも迷うが藤井店主に色々お聞きしてメニューも決定。
定時に開店しお店に入り券売機で喜多方手きりらーめん(1日限定20食)とソースカツ丼を購入しカウンター席の奥に座り麺量は普通でソースカツ丼は後でとお願いした。
七彩・1010メニュー
今日は藤井店主と男性スタッフさんのお二人で切り盛り、阪田店主は不在で藤井店主の調理は初めてだが何も心配は無い流石テキパキと調理をしています。
夜営業も始まり益々伺うのも楽しみになってきているし頂きたいメニューが満載でやや困りながらも楽しみの方が大きい。
藤井店主の流れるような調理姿など見ながら待ちました。
暫くして喜多方手きりらーめんが提供されました。
七彩・喜多方手きりらーめん
ほんのり立ち上がってくる香りも何時もと違う香りでテンションは鰻登りです。
小皿の受け皿に乗った白い丼に盛られた喜多方手きりらーめん、上にはチャーシュー・めんま・長ネギが盛り付けてあります。
先ずはスープから頂きます。
七彩・喜多方手きりスープ
背脂の浮くキラリとした醤油スープは一口目ガツンと煮干の味が攻めてくる。
動物系の旨みは奥底で確りと煮干の旨みを支え喜多方らしさが前面に出ている。
味の造りは藤井店主の仰っていた通りの田舎くささも感じるがやはり此方らしい驚き満載の味に仕上がっています。
脂の利かせ方1つとっても繊細でありながら大胆な味にさらにテンションはフルスロットル突入です。
麺は手きりの平打ち麺。
七彩・喜多方手きり麺
茹で前に手もみしたウエーブ掛かった麺は滑らかな啜り心地で啜って頬張れば口の中に小麦の香りを広げ旨みを残す。
優しい食感はガツンと旨みがあるスープを纏いスルスルと胃袋に収まります。
具のチャーシューは2種類あり柔らかでジューシーなバラ肉としっとり旨みの詰まったロース肉の味のコントラストはお見事!の一言。
七彩・喜多方手きり肉
味の違いだけではなく満足する価値ある味です。
細割きのめんまは柔らかながら歯応えを残しいい箸休めになります。
七彩・喜多方手きり竹
長ネギも時たま口に感じる風味や食感は味わいに1つの幅を持たせる感じでグイグイ引き込まれていきながら食べ進みます。
スープは醤油味よりも塩味が効いた感じで田舎くささの中に此方らしい上品でありながらワイルドな味を感じさせてくれます。
麺や具を食べ終える頃ソースカツ丼も提供され残ったスープを頂きながら食します。
七彩・ソースカツ丼
このソースが実に旨い!
何でもベースはチャーシューの醤油ダレだそうで洋風感もありながら和風感も感じる味。
サックリした食感のカツに染み込んだソースの味は箸が進み長ネギと紫キャベツの味と相い舞って口の中に美味しさを広げてくれます。
勿論ご飯に染みたソースの味も旨い、塩梅といい加減といい唸ってしまう旨さです。
ガツガツ食べて残ったスープを味わいながら飲み干し美味しく完食です。
食べ終わると満腹感と共に満足感に支配された身体は身も心も放心状態に近い、大げさに感じられるかもしれないが心地良いこの感じは美味しさに支配されると何時も感じられる事です。
待っていらっしゃるお客さんも居るのでそんな状態でも「ご馳走様です」とそそくさとお店を出る。
麺帯は何時もの麺帯と同じで手きりしているので食感も風味も感じられるものは全て違う感じもするが1日20食と言う限定品も価値ある旨さです。
何れは麺帯から手打ちにしたいと仰っているのだから楽しみは増すばかりです。
藤井店主が仰っていた「少し纏まった味になってきたので良い意味で田舎くささを出すため」に喜多方にまた食べに伺った事等もお聞きしその探究心にも感服する。
煮干のガツンと聞いたスープとソースカツ丼の組み合わせは僕の好きな[牛乳屋食堂@会津若松]を思わせるコンビながらきちっと此方らしい味に仕上げてあります。
昨年感動した名品[鶏白湯つけ麺]も始まり今年もまた一味違うと言う味に次の訪問も待ち遠しい。
駅向こうに出来たお店も行こうかと考えていた食べ前も今回はこの余韻を感じたくもちろんスルー。
しかしながら何時も驚きと旨さ満載の味には感動すら覚えてしまいます。
帰り道何となく寄ったコンビニで牛乳を購入し飲む、これで完璧な気がした(笑)
暫く伺っていない喜多方会津方面もまた行きたいと思いつつ満足で自宅に戻りました(^^)V
七彩・1010調味料
(08-210)
麺や七彩@中野区鷺宮
喜多方手きりらーめん(1日限定20食)770円・ソースカツ丼370円






スポンサーサイト
この記事のURL | 麺や 七彩&江戸甘 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://menrui6urachan.blog87.fc2.com/tb.php/723-7dc9f7d4

| メイン |