2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
午後の濃厚スープ・・二葉天沼店@荻窪
2008/10/06(Mon)
朝起きて自宅でお仕事。
急な〆切りもあり頑張って書類の作成や資料の作成等してFAX送信。
時計を見ればPM2:00、お腹はペコペコで郵便局に行く用事もあり愛車の吉岡に跨り一路荻窪方面に。
郵便局の用事を済ませお昼ごはんを食べようとお店を考え向かう。
お店に着き隣のカレー屋横に吉岡を待機させてガラガラと引き戸を開けてお店に入る。
何時もの定位置のカウンター席に座りメニューはチラ見して塩ラーメンにワンタントッピングをお願いする。
天二葉・menu
最近は上荻店に伺う事が多く天沼店は久し振り。
厨房はM君が担当してホールは女性スタッフさんが担当。
午後のユルリとした店内はのんびりした雰囲気。
天二葉・1006店内
店内に漂う煮干のアロマ効果は味覚中枢を刺激すると共に穏やかな気持にさせてくれる。
先代の頃のカウンター席とは違うが懐かしい雰囲気は残り落ち着く感じも居心地良さをUPさせてくれる。
そんな僕にとっては懐かしさも感じつつ居心地の良い空間でぼんやと待ちました。
暫くして塩ラーメン・ワンタントッピングが提供されました。
天二葉・塩ワンタンメン
この丼が結構好きだったりする(^^)
白い丼に盛られた塩ワンタンメン、上にはチャーシュー・めんま・ワンタン・柚子胡椒を乗せたなると・糸唐辛子が盛り付けてありスープには長ネギが泳いでいます。
先ずはスープから頂きます。
天二葉・塩ワンタンメンスープ
店内の香り同様に煮干の味が塩味に押されつつふんわりとした旨みを感じさせ豚骨等の動物系の旨みは奥底で確りと味を支えている感じ。
アイドルタイムの時間なのだがこの時間のスープは午前中に比べると濃厚さが増す感じで熟成した濃厚な旨さがあり強めに効かせた塩味と共に刺激しながら押し寄せてきます。
麺は中太のストレート麺。
天二葉・塩ワンタンメン麺
茹で上げ硬めで緩くウエーブした麺の啜り心地は滑らかで啜って頬張れば程好い弾力と歯応えがありスープとの絡みは良くマッチングの良さが感じられる。
具のチャーシューは厚みがあり味の染み込んだ柔らかでありながら赤身の部位のホロリと解れていく感じと脂の部位トロリとした塩梅がとても良く僕の好物でもあります。
ザックリした甘味のあるめんまは歯応えを楽しめいい箸休めになります。
天二葉塩ワンタンメン肉 天二葉・塩ワンタンメンめんま 
柚子胡椒は辛味の中に塩っけのある爽やかな風味がお蕎麦の山葵のように麺に乗せて口に運べば香りと風味を楽しめ麺の甘味や風味を引き立たせまた違った顔を覗かせてくれます。
糸唐辛子のピリリとした辛味も同様で2つの違う辛味がいい塩梅で効果的に味に幅を持たせます。
天二葉・塩ワンタンメン辛味
ワンタンは大振りで餡の確りした味と厚みのある滑らかな皮が印象的で以前のオールドタイプも好きだったがこのボリュームと味はとてもお得な感じがし蓮華に乗せて口に運べば頬が緩みます。
天二葉・塩ワンタンメンワンタン
美味しさも堪能しながらボリュームもあり食べ応えがある。
スルスル食べて麺や具を食べ終え残ったスープを丼を両手で持ち味わいながら丼の縁から啜り込み美味しく完食です。
食べ終え丼を置いたその顔は多分かなりの笑顔(^^)
最近は上荻店に伺う事が多いがやはり此方の味はホッと落ち着く安らぎの味がある。
醤油味の旨さもあるが塩味の旨さは僕の嗜好にピッタリで何時も満足させてくれる味と想いです。
「ご馳走様~」とお会計をして満足でお店を後に。
さてPM7:00迄に作成しなければならない書類もあるし急いで吉岡で帰路につく。
満足感と満腹感に浸りながら裏道を進み自宅に戻るのであります。
天二葉・1006店
(08-206)
二葉天沼店@杉並区天沼
塩ラーメン850円・ワンタン100円











スポンサーサイト
この記事のURL | ラーメン専門店 二葉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://menrui6urachan.blog87.fc2.com/tb.php/724-3946bec5

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。