2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ブームの先駆者・・ぶぶか@吉祥寺
2008/10/14(Tue)
さて雨のこの日も自宅でお仕事。
夕方吉祥寺で打ち合わせがありその前に時間も空いたので遅いお昼ごはんを食べようとお店を考える。
雨も降っているので近くのお店を選択して向かう。
お店に入りカウンター席の入口近くに座りメニューを見て油生玉子そばと半ライスをお願いして玉子は別皿にして頂いた。
ぶぶか・メニュー
お店は超久し振りで4年振り位だろうか?
厨房を囲むカウンター席には3人の男性スタッフさんが持ち場を担当しながら調理。
お昼時は行列出来るほど人気があるお店だがアイドルタイムの時間だとすんなり入れました。
何時も通りぼんやりしながら待ちました。
暫くして油生玉子そばが提供されました。
ぶぶか・生玉子油そばセット
小振りの丼に盛られた油そば、上にはチャーシュー・めんま・海苔・なると・長ネギが盛り付けてあります。
ぶぶか・油そば
先ずは麺を一口。
ぶぶか・麺
タレを絡められた中太のやや角ばった麺はモッチリとした食感で口に運び頬張れば程好い弾力とコシがある。
絡まるタレはほんのりニンニクの香りとごま油の風味が効いた濃い目のタレでしつこさはあまり感じずに多めなので後の飯割りもお楽しみです。
ぶぶか・タレ
具のチャーシューは柔らかさと噛み心地を持つ煮豚で柔らかなメンマ同様にいい箸休めになります。
ぶぶか・肉 ぶぶか・めんま
海苔は麺を包んで頂くと磯野香りが口に中に広がり違った味を楽しめます。
少し食べて味のカスタマイズ、先ずはお酢を少々とラー油をタップリ入れて辛味を効かせてお酢のほんのりした酸味をプラスして頂きます。
ぶぶか・ラー油
次に生玉子を加えさらにマイルドさを楽しみます。
ぶぶか・生玉子
味のカスタマイズを楽しめ1つの丼の中で色んな味をたのしめるのも油そばの醍醐味です。
スルスル食べて麺や具を食べ終えると丼の底には想像通りのタレが残ります。
〆はやはり飯割りです。
ぶぶか・飯割り
お箸で全体が混ざるようにして頂きます。
生玉子と合わさったタレがご飯を包み込みまた違った美味しさが楽しめます。
丼を左手で持ちかき込むようにして頂きます。
〆の飯割りを食べ終えお冷をゴクリと飲み干し美味しく完食です。
最近は油そば系を提供するお店も増えていますが以前の油そばブームの時代から頑なに油そばを提供し続けているお店はお客さんも殆どが油そばを注文していました。
やはりタレは独特の味で麺の風味を引き立たせる濃い目の味でした。
たしか以前はあちこちにあったお店も此方を含め3店舗となりましたが美味しく頂け満足で何時までもその姿勢を崩さずに頑張ってほしい味とお店でした。
らーめんは以前水道橋店で頂いた事がありますが機会を見て次回はらーめんを頂きたいとも考えますがやはり油そばを注文するのでしょうね、多分。
ぶぶか・店
(08-214)
ぶぶか 吉祥寺店@武蔵野市吉祥寺南町
油生玉子そば(生玉子別皿)640円・半ライス120円








スポンサーサイト
この記事のURL | 油そば・汁なし・和えそば | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://menrui6urachan.blog87.fc2.com/tb.php/730-1724fb38

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。